りんご たべる ん ご。 「たべるんごのうた」がニコニコで大ブームに デレマス・辻野あかり、ネットも巻き込んだシンデレラストーリー: J

【デレマス】今ニコニコ動画でたべるんごのうたが流行っている

りんご たべる ん ご

スマートフォン用ゲームアプリ 『アイドルマスター シンデレラガールズ』が5月21日、「第9回シンデレラガール総選挙」と「ボイスアイドルオーディション」の結果を 多くのプロデューサーとアイドルにとって重要なこのイベントで、大きな話題を生んだのが「ボイスアイドルオーディション」で1位を獲得し、見事ボイスを獲得した 「辻野あかり」だ。 彼女は2018年に登場したアイドルだが、ニコニコ動画に投稿されたひとつの動画 「たべるんごのうた」を軸に今年春から人気が急上昇し、まさにシンデレラストーリーを駆け上った。 「りんご」と辻野あかり 辻野あかりは2018年12月20日15時に『アイドルマスターシンデレラガールズ』で初登場したアイドルだ。 6thLIVEで告知された「7人の新アイドル」のうちのひとり目で、同期には過去に した「夢見りあむ」、ボイスオーディションで2位を獲得したゲーム好きの「砂塚あきら」と同期となっている。 出身地である山形県を前面に押し出したキャラクターで、好きなものとして挙げている「りんご」と「らーめん」(山形県はらーめんの外食消費量日本一)はどちらも山形県の名産品となっている。 実家はりんご農家で、手伝いをしていたため体力には自信がある。 彼女の親はアイドル活動を通してりんごのPRをさせようという魂胆があったためか、いつもライブ会場やイベント会場では実家のりんごを持ってPR活動をしている。 なお実家の農作物が台風によって壊滅的な被害を受けたという実体験から「頑張るのが好きじゃない」と語っており、その控え目な性格はこの経験から来ているものではないかと推測できる。 りんごは好物であるだけには留まらず、辻野あかり自身の見た目もりんごに近いものとなっている。 りんごの葉のようなアホ毛と、顔がすぐ赤くなることから「あかりんご」というあだ名がついている。 ちなみにアホ毛は可動式であり、3DCG表現としてはかなり珍しい仕様となっている。 語尾に「んご」をつけることが特徴的だが、これはネットに出てきた都会で流行っているという誤情報を鵜呑みにしてしまったためらしく、今でも無意識にその語尾を発してしまうことがある。 山形弁は可愛くないと思っているため発さないようにしているが、とっさに「なしてや…」という言葉が漏れてしまう時がある。 「りんごろう」というりんごを模したマスコットと共にすることが多く、後述する「たべるんごのうた」では、大きな活躍を見せてくれるが、扱いは若干雑なようにも見える。 ニコニコ動画で大流行「たべるんごのうた」 辻野あかりという名前が広まっていった要因として挙げられる代表的なものと言えば だろう。 この動画がニコニコ動画に投稿されたのは2020年1月11日で制作者はバチさんというプロデューサーだ。 (画像はより) 辻野あかりが、山形のりんごを「たべるんごー」といいながら紹介する歌で、曲の最後で唐突に「こいつはりんごろう」とりんごろうを紹介する。 簡素でありながら、非常に中毒性があるために局所的に人気となった。 このシンプルな情報量と、最初からMADの素材として利用されることを想定したために添付された後半のBB(ブルーバック)素材が、他プロデューサーのクリエイター精神を燃やし、これから派生するMADの大量派生に貢献した。 歌詞 たーべるんごー たべるんごー やまがたりんごをたべるんごー おいしいりんごをたべるんごー いっぱいたべるんごー(ンゴー) たーべるんごー たべるんごー やまがたりんごをたべるんごー あーまいりんごをたべるんごー もりもりたべるんごー(ンゴー) こいつはりんごろう(ンゴー) (画像はより) 『アイドルマスター』シリーズとMAD文化は切っても切り離せない程親密な関係で、この「たべるんごのうた」もその流れを汲んでいる。 2020年1月に投稿された本作であったがその後も関連動画が増え続け、現在に至る。 はじめのうちは動画の伸びは緩やかで、若干停滞気味な時期もあったが、2月下旬頃から再び急激に関連MAD動画が続々と投稿されている。 その第2次ブームとも呼ばれるブームの火付け役が という動画を制作したアイマスMAD古参プロデューサーのメカPさん、そしてそれに影響を受けて動画を制作した のyoutt6さんだ。 おもにこの2つの動画が、これ以降の「たべるんごのうた」派生作品の可能性を大きく開拓したと見ることができる。 「人力ボーカロイド」で「たべるんごのうた」を歌わせたり、オリジナルの歌詞を追加するなどの要素が特徴として挙げられる。 あまりにも派生作品が多すぎるため、いくつかピックアップして紹介する。 まずこちら は 『ドクターマリオ』モチーフの動画だ。 おなじみのBGMに合わせて歌ってくれるかわいらしい動画となっている。 お次はこちら。 『MUGEN』とはユーザーが自由にキャラクターやステージを追加することのできる2D格闘ゲームのことだ。 タグに「MADの数だけ強くなる女」というものが付けられており、まさにMADの数だけ強くなったアイドル、辻野あかりを表すタグとなっている。 現段階でパート3まで動画が投稿されている。 最後に紹介するのは という動画だ。 こちらは 『キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲』のTAS動画に辻野あかりをトラッキングしたものとなっている。 エンディングではいままでの派生動画を振り返っていく形となっているので、ぜひTASが好きな方は「たべるんごのうた」入門としてこの動画を観ていただきたい。 応援したくなる辻野あかりの魅力 辻野あかりを構成する要素として「たべるんごのうた」は非常に重要であるのだが、魅力はそれだけではない。 「ボイスアイドルオーディション」で1位を獲得したのは彼女自身のポテンシャルと、 ネタ要素だけではなくしっかりと彼女の魅力を伝えようとしていた「たべるんごのうた」派生作品の制作者の熱量のためであるに違いない。 一番最初の動画を制作したバチさんも「紹介されるのりんごろうさんだけであかりに一切触れられてないの流石に責任を感じた」とのことで、本来の目的であった彼女の魅力を伝える を第2次ブームのタイミングで投稿している。 彼女の魅力は、地元山形県とその名産品、また家族を愛する温かさにある。 自分を育ててくれた存在には感謝の気持ちをしっかりと持って接する。 農家の娘だからこそよりそのような気持ちが強く芽生えたのかもしれない。 また、表情が豊かでアホ毛でも感情を表現できるのが非常にかわいらしい。 ぎこちない笑顔も、ドレスを妄想して楽しみにする顔も、彼女のアイドルらしさを表現する一面だ。 また同期の夢見りあむと砂塚あきらとコミュニケーションを取る姿もみられ、これからの彼女らの関係にも期待していきたい。 二次創作では、もともとボイスを獲得していた夢見りあむが、辻野あかりと砂塚あきらのボイス獲得を祝福する姿が描かれており、感動的であった。 多くの人たちのたゆまぬ努力と応援が辻野あかりのボイス獲得に繋がった今回の「ボイスアイドルオーディション」。 どのようなボイスが付くのか、非常に楽しみである。

次の

『デレマス』辻野あかりのファンソング『たべるんごのうた』を“レゴで”再現…インパクトある実体化に「草」「またすごいのが

りんご たべる ん ご

(より)。 の出身であるが、のを勧めるといった内容の歌なのだが、曲の最終盤で唐突にの紹介が挟まれる。 と曲調のからか徐々に再生数を伸ばしており、にはを突破した。 にはに到達している。 奇しくもこの日はが「」に登場して1周年の日であった。 その後、にでがになり、再生数が急上昇。 にはを達成した。 また生もどんどん増えており、その勢いはとどまるところを知らない。 かもしれないんご。 歌詞 たーべるんごー たべるんごー をたべるんごー おいしいをたべるんごー いっぱいたべるんごー(ンゴー) たーべるんごー たべるんごー をたべるんごー あーまいをたべるんごー もりもりたべるんごー(ンゴー) こいつは(ンゴー) 空前のたべるんごブーム にされた本作であったがその後もじわじわと関連作品が増加しつつある。 一時落ち着きつつあったが、下旬頃から再び急にたべるんごのうたに関するが次々とされている。 週間では、中のをほぼ占拠し、その他のでも独壇場となった。 詳細はを参照。 また、関連は既に2,000件を突破している。 まさに「 空前のたべるんごブーム」と言えるであろう。 またをえたには「伝説入りんご」が付けられている。 『たべるんごのうた』から2日にして、くも関連を作る流れができた。 このあたりが第1次であり、その後も少しずつ関連がされ続けた。 ここまでされているの特徴は、• 『たべるんごのうた』をなどで歌わせる。 または別音で『たべるんごのうた』をする。 『たべるんごのうた』に使用されている音で、他の楽曲を歌わせる。 元の 伴奏、、作成など。 のいずれかである。 つまり、この時点での関連はあくまで「元である『たべるんごのうた』を何らかの形で利用した作品」であった。 そのため、の範囲に多少の制限があったと考えられる。 そこから、関連の頻度は標準的に減少していったが…。 ただし、 この時点ではまだ『たべるんごのうた』のをによって歌わせたものであり、あくまで第1次の延長線上にあると考えられる。 この内で初めて、元『たべるんごのうた』にはないが挿入され始めた。 このように、複数を経て第2次『たべるんごのうた』が始まった。 特徴として、それまでの「で『たべるんごのうた』を歌わせる」という流れが「既存の楽曲を『たべるんごのうた』と関連したに変える」という方向へとしたことが挙げられる。 これにより、以前のように元の曲調やによる歌にされなくなり、できる曲の幅が広がった。 また、元にもあったの名前紹介がお決まりとなっていることも特徴である。 その後さらには加速し、のみならず、元を用いたも増加していった。 また、技術部やなどの変わり種も参戦した。 ただし、どのでも紹介ノはおおよそ達成されている。 とは、第2次たべるんごのうた開始とほぼ同じ時期に登場した、簡単に歌をきるである。 それ以前にもこのを用いたはされていたが、どがのであった。 これらのでを使ったたべるんごのうたが日のを浴びたことにより、あえてを使わない、路線が急増していった。 これにより、の技術を持たない者もに参入できるようになった。 また、元となる歌を必要としないため、のい曲なども扱えるようになり、「ごのうた」のような作品が登場した。 たべるんごルネサンス たべるんごのうたから生したやが次々にされる中で、そのもととなる楽曲の時代が遡っていく現が一部で見られた。 それらのには、らしく「」が付けられているものが多い。 この現には明確な継起がないため、代表的なものを上げておく。 この現を見て、ある人は「」と言い、ある人は「が死ぬ前に見ている」と言った。 果たして相は如何に…。 各所への影響• の「の活字三昧」にて、が『たべるんごのうた』をするがされた。 この出来事はとなり、のトド入りも果たした(ただし頭が取れた「べるんごのうた」という形でのトド入りだった)。 での特集が組まれ 、たべるんごのうたの特集記事も作られた。 でも、アナのを受けてたべるんごのうた特集の記事が作られた。 では、「たべるんごのうた」生をまとめた記事が組まれた。 のをにしていた氏が、『たべるんごのうた』のをした。 このはされてすぐに総合毎時を獲得した。 町のPR「ウサヒ」が、で『たべるんごのうた』をしたをした。 という肩書だが、町のでも紹介されており、実質である。 なお町は、の中でも特ににを入れているである。 からまでのが開催され、が見事となった。 同時に開催されたでは位だったものの、未の中ではであり、こちらも健闘した。 その他の関連動画 やまがたりんごをたべるんご 関連リンク• 関連項目 アイドルマスター 元ネタ• キャラクター• (の)• (の)• () その他の関連項目•

次の

謎の中毒性!? 「たべるんごのうた」とは? 『デレマス』辻野あかりのファンソングが話題沸騰中、関連動画が次々と量産される

りんご たべる ん ご

「んご」の由来はりんご?それとも... 200人近いアイドルが登場するアイドルマスターシンデレラガールズだが、すべてのキャラクターに声優が起用されているわけではない。 今回のボイスアイドルオーディションは、恒例の人気投票「シンデレラガール総選挙」と並行して行われたもので、上位に入選したキャラクターに声優が採用され、ゲーム中などで「ボイス」が付くことになるというもの。 辻野あかりは18年12月20日にゲームに登場。 山形県出身でりんご農家の娘で、地元の山形りんごをPRに熱心という設定が与えられ、髪形もりんごを想起させる。 約4年ぶりの新キャラとして、注目を集めた。 ところが、セリフの中で口癖として「んご」を多用しているのである。 5ちゃんねる(2ちゃんねる)で使われるいわゆる「なんJ語」の「ンゴ」に由来しているのでは、と話題になり、登場当日にはすでに「なんJ語を使うアイドルが現れた」とツイッターのトレンドになっていた。 セリフの中には「んご... 都会で流行ってるって、ネットに書いてあったのに。 おかしいな?」というものもあり、明言こそされていないが意識してキャラクターが作られたのではと考えられる(ただし、「ンゴ」はなんJを離れ、若い世代の間でも流行語として広まったという経緯があるが)。 「麿」登坂アナやビリー・バンバン菅原進も参戦 登場から1年余りが経った20年1月11日に、ニコニコ動画に「たべるんごのうた」という動画が投稿された。 辻野あかりが山形りんごをアピールする内容の歌だが、音声は合成ソフトを利用したいわゆる「ゆっくりボイス」である。 これがブレークすると他のユーザーから関連動画も多数投稿され、実在の楽曲と組み合わせたMAD動画まで次々と生まれている。 ネタとして楽曲が採用されたアーティストは宇多田ヒカルさん・ポルノグラフィティ・サカナクション、また「暴れん坊将軍」のテーマやアニメソングなど多岐にわたった。 ニコニコ動画の再生数ランキングでは、この「たべるんごのうた」ネタの動画が数カ月にわたり上位に載り続けたほどだ。 さらにネットユーザーだけでなく著名人もこのブームに乗る。 通称「麿」の元NHK・現フリーアナウンサーの登坂淳一さんは「たべるんごのうた」を朗読する動画「【読んでみた】たべるんごのうた 辻野あかり【元NHKアナウンサー 登坂淳一の活字三昧】【カバー】」を4月14日にYouTubeチャンネルに投稿。 また以前から「アイドルマスター」の楽曲を歌っていたビリー・バンバンの菅原進さんもこの曲を歌唱する動画を4月18日にニコニコ動画に投稿した。 辻野あかりは登場時からネットカルチャーに親和性の高いキャラクターだったが、これらの援護射撃も得票につながったようだ。 ニコニコ動画の「たべるんごのうた」にも、結果発表後多くの祝福コメントが寄せられ、「祝勝会」の様相を呈している。 砂塚あきら・夢見りあむ... それぞれの形でネット文化反映 このボイスアイドルオーディションでは2位に砂塚あきらというキャラクターもランクインした。 辻野あかりに遅れて19年1月にゲームに実装されたが、趣味でゲーム配信をやっており、タグを付けて自撮りを投稿するのも習慣という、近年のSNS事情を反映したようなアイドルだ。 そして2人の後に19年2月に登場したキャラクターの夢見りあむもまた、メンタルの弱さを自虐的に吐露する台詞があり、またアイドルオタクな設定を与えられ「炎上アイドル」のイメージが生まれた。 辻野あかり・砂塚あきら以上にエッジの効いた設定のためか、同年の投票企画「第8回シンデレラガール総選挙」で早くも総合3位にランクインしてボイスを獲得していた。 ネットのトレンドを反映したキャラクター性を帯びて相次いで登場した辻野あかり・砂塚あきら・夢見りあむの3人。 ゲーム中やファンの間でも新アイドル組として、トリオを組んで扱われることが多かったこの3人が、トレンドを作り出してきたユーザーの格好の話題になって今回の企画で全員のボイス付与にまで至った。 ともあれ、辻野あかりのボイス獲得で「~んご」のセリフが後日実際に声優により表現されることが決まったが、架空のキャラクターとはいえなんJが発祥のネットスラングを話すアイドルが出現するに至ったわけで、セリフを聞いた際にネット民がどんな反応を見せるかも気になるところだ。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の