日本 医科 大学 千葉 北 総 病院。 日本医科大学千葉北総病院

外来診療担当表・スタッフ紹介|日本医科大学千葉北総病院

日本 医科 大学 千葉 北 総 病院

診療内容 診療対象疾患 後天性心疾患(虚血性心疾患;狭心症、心筋梗塞合併症、弁膜症;大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患など、不整脈;心房細動の外科治療、ペースメーカー治療)、大動脈疾患(大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤)、末梢動脈疾患(末梢動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症)、静脈疾患(下肢静脈瘤など)等の、小児循環器分野の対象となる先天性心疾患を除くすべての心臓血管外科の対象疾患。 診療内容 当科では、平成19年度より心臓血管外科部門の医師スタッフが、一新しました。 当科では、平成6年1月本院開院以来印旛村はもとより、印西市、佐倉市、成田市、白井市をはじめとする広い地域の循環器疾患の治療に邁進してまいりました。 本年度より、充実した設備のもと、より広範囲の皆様に、確固たる科学的根拠に基づいた治療戦略(サイエンス)と、外科医として必須の精緻な手術手技(アート)、そして、患者さんに信頼され、ともに泣き、ともに笑える人間同士のつながりを重視した信頼関係を構築すること(ヒューマニティ)に全力を尽くしてまいります。 診療に当たっては、日本胸部外科学会指導医(心臓血管外科)、心臓血管外科専門医を中心に、循環器内科専門医、放射線治療医、麻酔専門医をはじめ、循環器疾患に精通した看護師、臨床工学技士とともに、連携を密にしながら、チーム医療を実践しております。 中央手術部では、心臓外科手術専門の最先端の手術機器が完備された手術室を持ち、心臓外科手術に精通した麻酔専門医並びに専門看護師、臨床工学技士とともに、安全で確実な手術を行っております。 集中治療室は、心臓血管外科の場合、術後急性期に使用されます。 集中治療専門医、臨床工学技士、専門看護師とともに、24時間体制の綿密な治療を行います。 高度な機器を備えており、あらゆる病態に対応できます。 一般病棟は循環器センター病棟として、3階東病棟が設置され、循環器内科専門医、心臓血管外科専門医が中心となって密接な連携を持ちながら診療科にとらわれず、患者さんにとって最も有効な治療方針を検討し、診療を行っています。 循環器センターでは、定期的に症例検討会を行っており、関連各科の専門医が集合し、一例一例、最も有効な治療法を検討しております。 疾患別治療方針 後天性心疾患 1. 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞合併症) 冠状動脈の狭窄や閉塞に伴い発症する虚血性心疾患の治療は、まず循環器内科医による的確な診断が必須です。 当院では、多くの循環器専門内科医がその診断にあたっています。 治療方針は患者さんに対して侵襲の低い治療から行われます。 具体的には、経皮的なカテーテル治療です。 カテーテル治療は、治療技術・治療機器は飛躍的な進歩を遂げており、多くの狭心症患者さんが、本法により治療されます。 病変の部位や性状などから、循環器内科医がカテーテル治療に向いていないと判断された患者さんが、外科治療の対象となります。 手術は、冠状動脈バイパス術が選択されます。 主として人工心肺を使用しないオフポンプ・バイパス術を行いますが、血行動態など患者さんの病態に応じて、また合併する弁膜疾患などを有する場合には、人工心肺を使用し安全性や根治性を追求します。 使用するグラフト血管は左右の内胸動脈、右胃大網動脈などの有茎動脈グラフトをこの順に優先し、吻合数に応じて、撓骨動脈や下肢の静脈グラフト等の遊離血管を追加使用します。 近年、腎機能障害例や重度の脳動脈硬化症例、糖尿病症例が増加しており、脳合併症はもとより、創部感染症などをも含めた術後合併症を低減させることを念頭に、皮膚縫合までを含めた本学独自の閉創法 ASSI法 を駆使して手術を行っています。 虚血性の心不全や僧帽弁逆流に対しては、Dor手術やSAVE手術といった左心室形成術、僧帽弁形成術も積極的に行います。 心筋梗塞合併症として、心破裂や心室中隔穿孔、乳頭筋断裂による僧帽弁逆流がありますが、いずれの疾患も緊急手術でしか救命しえない場合が多く、積極的に対応していきます。 弁膜疾患(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患) 大動脈弁狭窄症、並びに閉鎖不全症は、人工弁置換術を行います。 年齢や、生活状況に鑑み、生体弁・機械弁の適合を判断します。 70歳以上の場合は、一般的に生体弁を使用します。 重度の大動脈弁狭窄症では、心筋障害を伴うことが多く、術中の心筋保護法にも細心の注意を払い、最先端の方法で行っています。 僧帽弁弁膜症は、閉鎖不全症の場合、自己弁を温存する弁形成術を第一選択に行っています。 後尖病変は言うまでもなく、前尖病変の場合に於いても、人工腱索を用いた形成術を行います。 狭窄症の場合は、弁の石灰化を伴うことが多く、人工弁置換術を選択しますが、病変によっては交連切開術など、温存できる場合もあります。 三尖弁疾患は、単独で起こることは稀ですが、DeVega法やMC3リングを用いた弁輪形成など、自己弁温存の弁形成術を主体に行っています。 後述するように、弁膜疾患には心房細動を合併することが多く、心房細動を有する患者さんには、当教室が開発したRadial手術を同時に施行しよりよい血行動態と術後のQOL quality of life の改善に全力を尽くします。 大動脈疾患 1. 胸部大動脈瘤(非解離性) 動脈硬化症を主因とする大動脈の拡張性病変である、胸部大動脈瘤は遠位弓部大動脈に好発します。 動脈瘤の形状に応じて手術適応が考慮されますが、紡錘形の場合、おおむね最大短径5. 5cmを超えるようになると手術適応と考えられます。 嚢状瘤の場合は、動脈瘤の大きさと無関係に破裂しやすいので、手術適応と考えられます。 手術は弓部大動脈に及ぶ場合は、近年の研究成果により、最も脳合併症の発症が低い選択的脳分離体外循環を併用した超低体温循環停止下に、人工血管置換術を行います。 近年脳保護法や心筋保護法の進歩により、手術成績は向上しております。 本治療は、第一義的に動脈瘤の破裂を防ぐことを目的に行われますから、より低侵襲化を図るために、外科的ステントグラフト挿入術や、放射線血管内治療医と連携しながら、経皮的ステント挿入術や外科治療との利点を生かしあったハイブリッド治療も積極的に行っていきます。 急性大動脈解離 本疾患は、突然発症する極めて死亡率の高い急性疾患です。 解離腔が上行大動脈に存在する場合は、StanfordA型解離と呼ばれ、緊急手術の適応となります。 治療は、内膜裂孔(エントリー)を含む上行大動脈置換術が行われます(弓部にエントリーが存在する場合には、上行弓部置換術)。 まれに、上行大動脈径が5cm未満で解離腔が血栓化しており、心タンポナーデもない症例がありますが、この場合厳重に経過観察し、手術なくしても治癒する症例もあります。 解離腔が上行大動脈に存在しないStanford B型の場合には、積極的な降圧治療が行われます。 急性期には手術適応とならない場合が多いのですが、強固な疼痛や腹部臓器や下肢等の虚血症状を有する場合には緊急手術となります。 近年、多くの施設で本疾患の手術が施行されるようになってきましたが、当教室では20年以上も前から本疾患の外科治療に積極的に取り組んでおります。 腹部大動脈瘤 腹部大動脈瘤は、症状もなく他の検査などで偶然発見されることの多い疾患です。 破裂すると、やはり致死的な病態となりますので、早期の手術が必要です。 腎動脈分岐後より起こるものがほとんどで、手術成績も良好です。 ただし日本人の場合、総腸骨動脈や内腸骨動脈瘤を伴うことも多く、当院では瘤を残さず根治性を目指しています。 腎動脈分岐部より中枢側から起こる大動脈瘤は、臓器保護や視野展開など通常の大動脈瘤に比べて手術手技が煩雑になりますが、極力動脈瘤の残存が起こらないように手術を行います。 胸部大動脈瘤と同様に、低侵襲治療として経皮的ステントグラフト挿入術も当院放射線科血管内治療医と連携して、積極的に行っております。 日本医科大学は心房細動手術における世界でのトップリーダーの役目を果たしてきました。 今後も積極的に多くの患者さんの心房細動を正常な調律に復帰させることを目指して、治療に取り組んでまいります。 また、ペースメーカー治療は本邦最大の経験数を誇ります。 心房細動手術 日本医科大学では1994年からMaze手術、Maze手術を改良したRadial手術を施行してきました。 総手術数は440症例を超えております(2013年現在)。 洞調律復帰率は約90%と海外の一流施設と同等の成績を誇ります。 我々は20年以上に渡り、Maze手術を考案した米国ワシントン大学のDr. Coxやその後継者Dr. Damianoと共同に研究を行い、不整脈手術の向上に貢献してきました。 日本だけでなく、海外でも不整脈手術を牽引する存在であると自負しております。 弁膜症を伴った心房細動では弁形成術、生体弁置換術とともに心房細動手術を施行することで、積極的に術後ワーファリン フリーを目指しております。 また、弁膜症などの器質的心疾患を伴わない孤立性心房細動の場合でも、脳梗塞など血栓塞栓症の既往や心房内血栓の症例に対しては心房細動手術を行っております。 心房細動手術は(1)肺静脈を電気的に隔離、(2)心房壁に切開線を置くことで肺静脈からの巣状興奮を遮断、心房を大きく廻るマクロリエントリーを遮断することによって、洞調律を維持する手術です (図1)。 近年では外科用アブレーションデバイス (図2)を用いることにより手術時間の短縮、手術侵襲の軽減を図っております (図3)。 ペースメーカー手術 洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈 (図4、 5)に対して、循環器内科 不整脈グループと協力して電気生理学的検査を行うとともに、ペースメーカー治療も施行しております (図6、7、8)。 不整脈の病態に応じた機種の選定を行い、術前・術後は循環器病センターの病棟でモニタリングを行っております。 心臓血管外科医による徹底した創部管理と不整脈学会会員(外科2名、内科2名)による極め細やかな管理を心がけております。 植え込み型除細動器 当院では4名の不整脈学会会員(内2名は不整脈学会評議員)を擁し、心室細動・心室頻拍に対する植え込み型除細動器 (図9)施設基準を満たしております。 さらに、ドクターズ ヘリにて遠方より心室細動の患者さんを収容することができます。 ペーシングによる心不全治療(両心室ペーシング) 重症心不全の中には心室の収縮が均一でない場合があります。 そのような患者さんに対して右心室と左心室側壁からペーシングすることによって均一な収縮を得ることができ、良好な心拍出の改善が得られます (図10)。 末梢血管疾患 下肢閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤に対する治療も最先端の治療法(血管内治療など)を含め、放射線科血管内治療医とも連携しながら積極的に取り組んでいます。 閉塞性動脈硬化症 人工血管や大伏在静脈による血行再建術を行っております (図11、12、13、14)。 間歇性跛行を来たした患者さんばかりでなく、糖尿病や透析における足の難治性潰瘍の症例でもバイパス手術やステント治療など行っております。 下肢静脈瘤 以前は大伏在静脈の全ストリッピングや瘤切除が主流でしたが、近年は大伏在静脈 選択的ストリッピングとともに硬化剤注入による硬化療法を組み合わせて治療しております。 (各Figureの使用に関しては掲載の承諾を得ております。

次の

放射線科|日本医科大学千葉北総病院

日本 医科 大学 千葉 北 総 病院

当室の特徴 日本医科大学千葉北総病院 集中治療室 医局長 白壁章宏 集中治療室は主に集中治療部(内科)、救命センター、胸部外科(主に術後)の症例が入室します。 われわれ集中治療部(内科)は浅井 邦也部長を筆頭にスタッフ数名で構成されています。 スタッフは全員ICU専従で勤務しています。 我々集中治療部(内科)の診療対象となる症例は急性冠症候群、心不全、大動脈解離を始めとした心血管系救急疾患を始め、敗血症、多臓器不全などの内因性重症患者も入室することがあり幅広く内科系重症患者さんの集中診療を行っています。 最近は入室患者数も多く忙しい毎日ではありますが、医師スタッフ、コメディカル全員結束し、すべてのICU入院患者様が元気に退院できるよう日々奮闘、努力しております。 皆様と同じゴールを共有するために 集中治療室 看護師長 佐々木圭子 集中治療室にご家族や知人が入院されてたとお聞きになったら、普通の入院以上にご心配になると思います。 まずは入院されたご家族の顔を見て、医師からの説明を聞かないことには不安が高まるばかりだと思います。 私たち医療者は毎日の環境ですが、患者さんやご家族には人生における大きな事柄です。 私達看護師は、その「大切な、大きな人生のひと時」に関わらせて頂ける事に、大きな責務と喜びを感じております。 救急車やドクターヘリで搬送されて、当院を初めて受診された方もいらっしゃると思います。 そのような皆様にも安心して治療を受け、千葉北総病院に搬送されて良かったと感じていただけるよう、千葉北総病院の職員として、医療チームの一員として、看護師として、お世話にあたらせて頂く所存でございます。 患者さん・ご家族の皆様もチームの一員として、ぜひとも御自身の治療に積極的に参加して頂きます事を切に願っております。 患者さんに寄り添い、前進するため共に考える看護 集中治療室 主任看護師 慢性心不全看護認定看護師 高橋みどり 病を抱えて入院される方の不安や動揺は大きいと思います。 看護師として、患者さんやご家族がお互いの存在の大切さや絆を深めてもらう機会になるような橋渡しを心掛けています。 その中で、患者さんやご家族に寄り添いお話を聞かせて頂き、これまでどのような人生を歩んで来られたかを大切にしたいと考えております。 これらの関わりを通して、集中治療室にいる早い段階から心疾患の進行や状況に応じて、平穏な日常生活を取り戻せるように退院に向けた生活の方法を一緒に考えていきます。 患者さんの「生きがい」や「目標」を入院生活の糧とし、1日も早く社会復帰出来る様に、多職種でコミュニケーションを取りながらサポートさせて頂くことを努力致します。 感染症で苦しむ患者さんを減らしたい 感染症看護専門看護師 桐明孝光 感染症看護専門看護師は、施設や地域における個人や集団の感染予防と発生時の適切な対策に従事するとともに、感染症の患者さんに対して水準の高い看護を提供する役割があります。 集中治療室に入室する患者さんは、侵襲の大きい術後や治療のために多くのカテーテルが挿入され、易感染状態にあります。 その反面、敗血症などの重篤な感染症を起こした患者さんも治療のために入室します。 易感染者と感染者が混在する病棟で伝播を防止しながら、患者さんの早期回復を支援するため、医療従事者の感染対策に対する認識の向上、手指衛生の徹底、医療環境の整備や看護ケアの改善などに取り組んでいます。 感染症で苦しむ患者さんが少しでも減るように、集中治療に関わる医療スタッフ全員を巻き込みながら取り組んでいきたいと考えています。

次の

放射線科|日本医科大学千葉北総病院

日本 医科 大学 千葉 北 総 病院

日本医科大学 千葉北総病院の求人情報詳細 資格 助産師、看護師 雇用形態 正社員 求人内容 1. 病棟 2. 外来 3. 手術室 4. 賞与(回数):2 賞与用補足:5. 休日・休暇 4週8休制 祝日 年末年始休暇 夏季休暇 有給休暇 育児休業取得実績あり ドクターヘリで有名です 1998年に完成した救急搬送患者さまなどに対応するヘリポートには、2001年よりドクターヘリが常駐しており、救急車で対応できない救急搬送にご利用いただいています。 現在は昼間飛行のみですが、2008年には出動回数はすでに4000回を超えています。 充実した研修制度 中途入職の方にも様々な研修が用意されていますので、ブランクのある方も安心です。 システムやルールの違いなど戸惑うことが多い内容や、特に安全管理に関することは、実践を通じて確実かつ丁寧に指導します。 部署責任者との面談を通じて相互理解を深め、必要に応じてプリセプターも指導に当たります。 ご自身の看護観をさらに洗練させていくよい機会となるはずです。 教育委員によるマンツーマンの演習指導が効果を上げています。 時にはストレス解消のための講習会も行っています。 また、高度医療センターとして循環器・消化器・呼吸器・脳神経部門はセンター方式をとり、診療科相互の連携を強化することで、高度な医療を提供できる体制をとっており、地域医療に貢献しています。 とくに2001年10月1日から同院を基地病院として、千葉県ドクターヘリ事業が開始され、ドクターヘリによる救急救命では全国でも有数の実績を挙げてきています。 2008年7月31日現在、出動回数はすでに4000回を超えています。 【診療科目】 内科(循環器内科/神経内科/腎臓内科/血液内科/内分泌内科/消化器内科/呼吸器内科)/外科/胸部・心臓血管・呼吸器外科/脳神経外科/整形外科/小児科/眼科/女性診療科・産科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/放射線科/メンタルヘルス科/麻酔科/形成外科/リハビリテーション科/救命救急センター/歯科 【病床数】 600床 所在地 千葉県 印旛郡印旛村 鎌苅1715.

次の