大学 受験 塾。 大学受験を突破できる学力がつく!評判の良いおすすめ塾特集

【初心者向け】大学受験の塾・予備校選びマニュアル|おすすめは?いつから通う?費用は?

大学 受験 塾

【タイプ別】大学受験塾の選び方 このカテゴリでは、大学受験対策のための塾・予備校の選び方として、タイプ別に合う塾をご紹介しています。 日ごろから勉強する習慣がない 今までの高校生活は、部活や友人との付き合いが一番で、勉強はあまりやってこなかった…という方はこのページを参考にしてみてください。 まずは、 毎日勉強する習慣を身につけるのが先決です。 弱点克服したい教科がある 受験に必要な教科の中に自分の苦手科目がある、という方はこのページをご覧下さい。 大学受験をするなら、英語や数学、国語などの主要教科を苦手なままにしておくのは絶対にNGです。 通学圏内に塾・予備校がない 家から通える範囲、学校の近くにめぼしい塾や予備校がない人も、自宅にインターネット環境があれば、有名予備校の人気講師の授業を受けることができます。 ウェブを使った講義なら通 塾時間もゼロですから、その分を勉強時間にまわすことができ、効率的に勉強することができます。 レベルの高い講義を受けたい 基礎的なことを教える学校や塾の授業では物足りない、もっとハイレベルなところを目指して勉強したい!という上昇志向のある方におすすめの予備校を紹介しているページです。 ハイレベルな予備校、ハイレベルなコースには、ハイレベルな受験生が集まってくるので、周囲のライバル達からいい刺激を受けられます。 人によっては受験を突破するための モチベーションアップにも役立つでしょう。 自分を追い込むことで実力を発揮するタイプの人におすすめです。 もう勉強したくない!受験勉強が嫌になってしまった時の意欲回復方法 一生懸命受験勉強を頑張って来たけれど、突然すべてを放り出してしまいたくなることがあります。 教科書なんて見たくない、英語を見るだけでイライラしてしまうなど、受験勉強がとにかくいやになってしまう原因には、いろいろなことが考えられます。 例えば、毎日勉強している間に慢性的な睡眠不足になり、心身ともに健やかな状態を保てないときや、勉強しているのになかなか成績が上がらないときなど。 こちらでは、こうしたさまざまな理由によって勉強の意欲が失せてしまったときに、どのように回復すればよいかについて解説しています。 高校中退後の大学受験におすすめ!東京の人気塾・3選 「高校卒業程度認定試験」を受けるにあたり、独学で学ぶ人も多いですが、高校に通っておらず、単位をまったく取得していない人がゼロから独学で勉強するのは難しいものがあります。 高校受験に特化した塾では、大検取得に向けたコースを開設しているところも多く、過去問の対策や出題傾向、 合格のポイントなどを効率よく指導してくれるので、大検受験を目指す人にとってとても有意義です。 東京で大検受験におすすめの塾は、主に「河合塾」と「代々木ゼミナール」と「四谷学院」の3つ。 こちらでは、これらの塾の特色やおすすめポイントについて解説しています。 大学を再受験したい人におすすめの東京で人気塾3選 高校卒業後大学に進学したけれど、いろいろな事情から中途退学してしまったという人もいると思います。 その後、やっぱり大学で学び直したいと大学の再受験を考えている人は、できるだけ浪人をせずに大学に再入学するために、大学受験に特化した塾でしっかり勉強するのがおすすめです。 塾には大学の再受験に特化したコースを設けているところがあります。 こちらでは、大学の再受験におすすめの「河合塾」、「東進ハイスクール」、「四谷学院」の3つの塾について、その特色やおすすめのポイントなどについて解説しています。 まずは体験!東京の3つのおすすめ大学受験塾のお試し授業 塾選びは大学受験においてとても充用な要素のひとつです。 塾のカリキュラムが子どもに合っているか、個別と大人数のどちらが合っているか、講師との相性はどうかなど、 事前に知りたいことはたくさんありますね。 多くの塾では「体験授業」をすることが可能で、実際に授業を受けてみて成績を伸ばせるかどうかを判断することができます。 実際に授業を受ければ、子どもも納得して入塾できるはずです。 塾選びに悩んでいる人は、まずは体験授業を行っている塾を探してみましょう。 こちらでは、体験授業を行っている「トリプレット・イングリッシュ・スクール」と「河合塾」、「東進ハイスクール」の3つの塾について解説しています。 自分にぴったりの能力別授業が受けられる東京の大学受験塾3選 塾で学べるのは勉強だけではありません。 コミュニケーション能力や人間性など、 いろいろな能力を伸ばすための塾もあります。 大学受験では面接を行うところもあるので、そうした大学を受験する子どもは、学力だけではない本人のさまざまな能力を伸ばすことがとても大切です。 こちらでは、子どもの能力を伸ばすことができる塾を3つ、「鶏鳴学園」、「モチベーションアカデミア」、「武田塾」についてご紹介しています。 帰国生におすすめ!東京の人気塾3選 大学受験には帰国生枠があるので、帰国子女は帰国生枠に特化した勉強をする必要があります。 親御さんも、帰国したばかりだと日本の受験についての情報が乏しいので、 独学で学んで合格するには不安があるという人も多いようです。 塾の中にはこうした帰国生コースを設けているところがあり、こちらではその中でもおすすめの「河合塾」、「駿台予備校」、「代々木ゼミナール」の3つの塾について開設しています。

次の

大学受験のための個人指導塾に通っています。

大学 受験 塾

確実に大学に合格できる「指定校推薦」と、実績で勝負できる「公募推薦」 推薦入試でおなじみなのが、 「指定校推薦」と 「公募推薦」。 指定校推薦は、大学が高校に一定数の推薦枠を与えるもの。 受け入れる大学や推薦する高校のレベルによって、募集人数や条件は異なる。 入試の種類(1) 指定校推薦とは?• 早稲田大学や慶応大学、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)クラスになると、評定平均4. 5以上と高いレベルが求められるが、推薦されればほぼ間違いなく合格できる。 ただし、この指定校推薦を利用する場合、他の大学は受験できない。 また、入学後の素行に問題があったり、中退してしまうと、次年度から出身校の推薦枠が縮小されたり、指定を取り消されたりするケースもあるため、重い責任があるということも忘れてはならない。 指定校推薦のポイント• 受け入れる大学や推薦する高校のレベルで募集人数や条件が異なる• 有名大学では評定平均4. 5以上が求められる• 推薦されれば、ほぼ間違いなく合格できる• 利用する場合、他の大学は受験できない• 入学後の行いによりペナルティが発生することもある• 入試の種類(2) 「公募推薦」とは?• 一方の公募推薦は、推薦入学を受け付けている大学を高校生が選び、学校長から推薦状をもらって受験するというもの。 評定平均よりも、取得した資格や、部活動・校外活動などでの実績が選考の対象となる。 指定校推薦より条件が幅広く、実績の内容次第では、上位大学への入学も十分にあり得る入試制度だ。 しかも、他校を受験することもできる。 ただし、指定校推薦とは違って合格は約束されておらず、試験に合格しなければ入学することはできない。 公募推薦における人気大学の競争率は高く、課題も難しくなるため、気は抜けない。 また、書類を提出してから審査通過までにはそれなりの日数がかかり、それ以降、面接や小論文が課せられる。 第二志望の面接日に第一志望の二次選考が重なってしまうということもあるため、 余裕を持ったスケジューリングが不可欠だ。 公募推薦のポイント ワンランク上の大学にも合格しやすい、人物重視の「AO入試」 AO入試は、大学側が求める学生像にあてはまる受験生を受け入れようというもの。 学業成績より人物を重視して合否を決定する。 基本的に筆記試験はなく、一次試験で面接を行い、その人となりが見極められ、通過するとレポート提出や自己アピールのプレゼンテーションなどが課せられる。 AO入試は高校の成績を合格基準に設けないことから、一般入試では学生が集まりづらい私立大学などが実施するものと思われがちだが、多くの有名私立大学や国立大学でもAO入試を取り入れている。 AO入試は、学力本位の試験ではないぶん、ワンランクまたはツーランク上の大学を目指すこともできる。 予備校では、そんなAO入試のための面接対策や自己アピール講座を開いているところもあるので、チェックしておきたい。 大学受験の合格に向け、得意科目を活かせる入試方式を吟味 大学によっては、得意科目で点数を稼げる入試制度を用意している。 3教科のうち、2教科もしくは成績の良かった2教科で合否を判定する大学や、各大学または学部が取り決めた点数配分で採点する「 傾斜配点」を実施しているところもある。 たとえば、国語で70点を取れば、それが割り増しされ、極端なケースでは2倍の140点として判定するという具合だ。 また、試験日が3日設けられて、受験生はその中から自由に1日を選択できる制度もある。 スケジュールが過密な受験生にとって、とてもありがたいだけでなく、受験料と願書を3回分提出すれば3日すべて受験することも可能となっているため、チャンスが広がることにもなる。 入試制度が多様化する今、さまざまな大学の入試方式を吟味して、自身の強みが最も活かされる方法で受験できる大学を探すことも重要である。 模試は何処で受けられるの? 模試は塾や予備校で受けることができます。 ただし、受験する場所によって精度が異なるので注意しましょう。 模試は塾や予備校が独自で問題を作っているものです。 全員が100点満点を取れるテストでは意味がありません。 できるだけ本番に近いレベルのテストである必要があります。 そのため問題作成者には相応の知識とセンスが問われるのです。 現在、最も人気があると言われているのは予備校御三家のひとつ「河合塾」の模試。 年間300万人が受験する試験であり、受験者だけを見ると英検やTOEICを凌ぐ規模です。 模試において受験者数は非常に重要です。 サンプルが多いということはそれだけデータが正確になるということ。 つまり偏差値や学校合格率の信頼性がより高くなることを意味しています。 模試を行っている企業はいくつもありますが、大切なのは模試を受けることではなく、データの正確さです。 そのためにはある程度規模が大きい塾または予備校で受験することをお勧めします。

次の

【完全版】大学受験で合格できる塾・予備校の選び方8つのポイントを解説

大学 受験 塾

オススメの塾・予備校ランキングまとめ 早速、ランキングを発表したいと思います。 500人の学生を対象にアンケート調査を行った結果、最も通塾していた学生数が多かったのは「河合塾」でした!しかし第2位の「東進ハイスクール」と4人差ということもあり、この二つが二大巨塔と言えるでしょう。 以下の表は、ランキング第10位までの集計結果になります。 ランキング 塾名 通塾者数 第1位 河合塾 104名 第2位 東進ハイスクール 100名 第3位 駿台予備校 64名 第4位 Z会 15名 第5位 大学受験ナビオ 13名 第5位 代々木ゼミナール 13名 第7位 四谷学院 12名 第8位 臨海セミナー 10名 第8位 早稲田アカデミー 10名 第10位 鉄緑会 8名 受験に関する情報が充実していたのが良かった。 ただし、付属サービスが多すぎて後から気づくことがあった。 特徴的である「入試逆算型」のオリジナルテキストは、指導講師との相性も重要になりそうです。 集団授業で分かりづらい点があれば、チューターにサポートしてもらうなど、自発的に学ぼうとする力も必要になるでしょう。 また、合格に向けたきめ細かなサポートを受けられるよう、河合塾の提供するサービスにアンテナを張っておくべきと言えそうです。 第2位 東進ハイスクール 林修先生をはじめ、数々の個性的な講師が在籍している東進ハイスクールが第2位にランクイン。 河合塾には及ばなかったものの、やはり難関大学を目指す受験生からの信頼は厚いようです。 東進ハイスクールの強みは、「学習の高速化」と「優秀な講師陣や担任によるサポート」にあります。 また映像授業であるため、時間や場所に縛られることなく、自分のペースでハイレベルな授業を受けられるのが大きな魅力です。 「夏の大会まで部活動を続けたい!」「習い事と両立させながら勉強したい!」という学生からの人気は絶大でしょう。 東進ハイスクールの特徴は以下の3つです。 アットホームな雰囲気で生徒同士の仲が良かった。 ただし、チューターから少し放任気味だった。 東進ハイスクールでは、生徒の努力次第で1年分の授業を平均2ヶ月程度で受講することもできます。 高速学習は強みでもありますが、「わかった」から「できる」まで、自身での反復学習も必要となりますので、自習環境はとても重要です。 自習室やチューターの雰囲気は教室によって異なるため、見学の際によく見ておくと良いでしょう。 第3位 駿台予備校 三大予備校の一角を担う駿台予備校は第3位にランクイン。 安定して合格者を輩出し続ける秘訣はどこにあるのでしょうか。 駿台は、コースや模試の充実化に力を入れています。 一般的な集団指導だけでなく個別指導など幅広い指導形態が揃っており、まさに「生徒一人ひとりにカスタマイズされた授業」を提供していると言えるでしょう。 創設者の山崎氏の思いが、今もなお、独自の教育方針である「愛情教育」で体現され続けていることが起因しています。 生徒一人ひとりと愛情を持って向き合ってくれるため、手厚いサポートが受けられるのです。 先生が親身に相談に乗ってくれた。 しかし、若干受講料が高かった。 コースが充実している分、自分に最適なものを選択できるかが重要です。 その際、カリキュラム内容だけでなく、講師の口コミなども確認しておくと良いでしょう。 コースをうまく活用し、インプットとアウトプットのバランスを整えるのも合格への近道と言えそうです。 第4位 Z会 小・中学生も通えるZ会が第4位に。 もはやこの名前を知らない受験生はいないと言ってもいいのではないでしょうか? Z会が多くの生徒を難関校合格に導ける理由は、切磋琢磨できる仲間と共に自分の志望校に適した授業を受けられるからであると言えます。 また、プロ講師に教えてもらえるにも関わらず、受講料が他の大手塾と比べると平均的であることも大きな魅力です。 ぜひ詳しい分析記事もご参照ください。 自分のスピードで進められるので、習い事と両立できた。 性格によっては課題を溜め込んでしまう危険性あり。 自分のペースで勉強できるのがキーワードのようですね。 部活もちゃんとやりたい方にオススメです。 大手塾による「講師の専門化」が進んでいる中、ナビオはその象徴とも言える存在です。 生徒一人ひとりをサポートする充実した学習環境と、大学受験専門講師による様々な形態の授業がナビオの強みです。 「講師の専門化」を行うことは講師の授業準備の負担を減らすだけでなく、さらなる指導の良質化にもつながります。 「行ける大学ではなく、行きたい大学へ、行くべき大学へ行こう」という教育方針を掲げていることからも、生徒の第一志望合格を助けたいという強い意思と覚悟が見て取れますね。 和やかで質問しやすい雰囲気だった。 自習室も良かった。 やはり段階別の指導は評判が良いようですね。 ぜひ一度参加してみたいものです。 第8位 臨海セミナー 大学受験以外でも有名な臨海セミナーが第8位にランクイン。 校舎の規模が大きいだけに、やはり知見の広さが秘訣なのでしょうか? 臨海セミナーは実績ある大手指導塾への通塾を希望している方や、部活動や習い事などで時間に余裕がない受験生にもオススメです。 なぜなら大手塾でありながらも少人数の共演授業などの指導力の高さが特徴であり、忙しい受験生でも通いやすいような環境整備を行っているからです。 日本の最難関である「東京大学」の合格者を100名以上輩出するなど、その実績も非の打ち所がありません。 先生と教材は共に質が高い。 生徒同士も仲が良く、通いやすかった。 大手塾ならではの受験競争という雰囲気ではなさそうですね。 マイペースに勉強したい人にオススメです。 第9位 早稲田アカデミー 中学受験で有名な早稲アカがなんと第9位にランクイン!さすがです! 第一志望に合格させるための環境、講師、フォロー体制がしっかりと築かれていて、「自ら考える力を養う」ことを念頭に置いた授業が展開されています。 「本気でやる子を育てる」という教育方針を掲げている通り、ライバル意識や競争が促される雰囲気が合格実績を生み出していると言っても過言ではないでしょう。 大手塾の中でも、早慶の合格者を数多く輩出していることが特徴的です。 講師との距離が近いのが良かった。 しかし、教室が狭かったのは改善してほしい。 授業内容に関する不満はありませんでしたが、教室は狭いらしいです。 やはりハード面での環境整備も大事ですよね。 第10位 鉄緑会 東大生と言えば鉄緑会と言っても過言ではありません。 第10位にランクインしてしまったのは、その他の大学への進学者数が少ないのが順位に響いてしまったのでしょうか? 鉄緑会に通えば、隣で勉強している子もほぼ全員東大を目指す人で構成されていて、東大合格に向けて集中できるのが大きな魅力です。 「東大生が教え、東大生と学び、東大合格を目指す」という塾づくりをしている鉄緑会ですが、意外にも受講料は他の大手大学受験塾と比べると比較的安価です。 しかし、対象校以外の中学校・高校に通っている場合は入学試験が必要になるなど、まさに日本のトップの頭脳集団と言って間違いありません。

次の