ふるさと 納税 シミュレーション。 ふるさと納税の控除限度額 計算シミュレーション【税理士監修】

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくある質問

ふるさと 納税 シミュレーション

ふるさと納税の最大の魅力は、 「2,000円の負担で豪華な返礼品と交換できる」 という点に尽きますが、 自己負担額を2,000円におさめるためには自分の控除上限額を知っておく必要があります。 「翌年の税金を自分が選んだ自治体に"先払い"する」のがふるさと納税です。 なので、本来支払うべきはずの税金よりも多く寄附してしまうと、自己負担額がその分増えてしまうことになります。 しかし、会社員であれば、年末調整の際に会社が税金の計算を済ませてくれているため、計算方法を知らない方も多いのではないでしょうか? そこで、誰でもかんたんに税金の計算ができるように、次の2種類の「ふるさと納税控除限度額シミュレーター」をご用意しました。 この記事の目次• ふるさと納税の控除限度額の目安がわかる早見表と簡単シミュレーション 冒頭でも軽く触れましたが、ふるさと納税の控除限度額の計算は非常に複雑で、計算には「給与収入・家族構成・社会保険料・住宅ローン控除・医療費控除... 」などたくさんの項目から算出する必要があります。 ただ、大まかな目安であれば「給与収入」と「家族構成」から計算することができます。 こちらでは、とをご用意しました。 例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。 また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。 こちらの金額もあくまで目安です。 ここで注意点があります。 住民税の所得割額は、 前年の所得に対して計算されているものです。 したがって、前年と今年の所得が大きく異なる場合、限度額も変わってしまうので注意して下さい。 「ふるさと納税 控除限度額」に関する良くある質問 最後にふるさと納税の控除限度額についてよくある質問についてお答えしておきます。 ここに書いてある質問については、別ページで詳しく解説しているものもありますので、もっと詳しく知りたいという方は、ぜひリンクをクリックして該当の記事をご覧ください。 ふるさと納税と住宅ローン控除や医療費控除は併用するとどうなるの? 併用することに問題はありませんが、ワンストップ特例制度が利用できなくなったり、控除限度額が引き下がるといった影響があります。 住宅ローン控除を利用した場合と医療費控除を申請している場合で影響が変わるので、それぞれお調べください。 控除上限額より多く寄付してしまったけどどうなるの? 控除限度額よりも多く寄付してしまうと、自己負担額が2,000円で収まらなくなってしまいます。 上記はふるさと納税で税金がどのように控除されるかのイメージ図ですが、上限額(所得税と住民税)の計算を間違えてしまうと自己負担額(青色の部分)だけ伸びてしまうということです。 寄付したい金額は何月からどうやって控除されるの? こちらも先ほどのイメージを使ってご説明します。 あなたの控除額を確認するにはワンストップ特例制度を利用したか確定申告をしたかで、確認方法が異なります。 控除額の確認方法は下記のページをご覧ください。 まとめ ふるさと納税を自己負担額2,000円でするために「控除上限額」は必ず確認しなくてはいけないことです。 こちらの記事では、あなたならいくらなのか確認できるように控除上限額のシミュレーターや目安、計算式をご紹介しました。 控除上限度額は一人一人の所得や家族構成などによって大きく変わるものなので計算が大変ですが、シミュレーターを使えばさほど難しくないことがお分かりいただけたかと思います。 こちらでふるさと納税の控除限度額を調べることができたら、あとは申し込む返礼品とサイトを決めて申し込みを行うだけです。 お得なふるさと納税の制度を利用して、2,000円で普段買えない豪華な返礼品を受け取りましょう。 迷ったらコレ! 年会費が無料• 高還元率だから ポイントが貯まる• 審査も早い! スピード発行• 車によく乗るなら ETC機能付き• 旅行や海外出張で マイルが貯まる• カード支払が多い人には 利用限度額が高い カードの種類• 指定なし• 一般カード• ステータスカード 年会費• 指定なし• 初回無料• 永年無料 国際ブランド• ポイント還元率• 指定なし• キャッシュバック• ANAマイレージ• JALマイレージ• 楽天ポイント• Amazon券• Tポイント 対応電子マネー• 指定なし• 発行スピード• 指定なし• 最短翌営業日• 3営業日以内• 1週間以内• 2週間以内 利用限度額 付帯保険• 国内旅行保険• 海外旅行保険• 盗難保険• ナビナビクレジットカードでは、情報の正確性・客観性・信憑性を担保するために厳正な品質チェックを行っておりますが、 掲載事業者が提供するサービスや国家が定める法律、規約の変更により、当サイト掲載時の情報と一時的に相違が出る可能性がございます。 万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「」よりお知らせください。 内容を確認し、厳正な調査を行ったうえで、速やかに訂正いたします。 提携事業者のサービスへのお申込みにあたっては、提携事業者のサイトやパンフレット等で「会員規約・特約および規程類」「個人情報の取り扱いに関する重要事項」「利用規約」等を事前に必ずご確認下さい。 当サイトで判断できない情報に関しては、大変お手数ですが各提携事業者に直接お問い合わせ下さい。 また、提携事業者の各サービス内容及びキャンペーン等に関するご質問はお受けでき兼ねますので「」 から対象クレジットカードの詳細情報をご確認いただき、それでもご不明点が解消されない場合は、各事業者の公式サイトにてお問い合わせください。 ブラウザ・OS等のご利用環境や情報の暗号化(SSL)については、「」をご確認ください。 なお、「当サイトの掲載情報の取り扱いと正確性について」に定めがない事項は当社が定める「」 が適用されるものとします。

次の

ふるさと納税限度額のシミュレーション比較!大手5社で検証してみた

ふるさと 納税 シミュレーション

ふるさと納税という制度では、控除上限額内におさまる寄附であれば、寄附合計額から自己負担額2,000円を差し引いた分が、所得税・住民税から控除・還付されます(その年の所得税から還付され、翌年の個人住民税から控除される)。 控除上限額は収入の形態や金額、家族構成、お住まいの地域によって異なります。 そこで、当サイトでは、収入の形態・金額、家族構成を入力するだけで控除上限額を計算できる簡単なシミュレーションと、社会保険料や住宅ローン控除なども含めて算出する詳細なシミュレーションの2つを用意しました。 寄附の目安としてお使いください。 なお、マイページの「控除額シミュレーション」に寄附上限金額を入力すると、あとどれくらい寄附できるのか、ひと目で分かる機能をご利用になれます。 詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。 個人事業主編 自己負担金の2,000円でできる寄附金額上限の目安を示した表です。 「確定申告書」の控え、「特別徴収税額決定通知書(住民税課税決定通知書)」をお手元にご用意ください。 なお、下記の表はあくまで目安です。 詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。 独身 65歳未満。 夫婦 配控あり 65歳未満。 寡婦 65歳以上 70歳未満。 独身 65歳以上 70歳未満。 夫婦 配控あり 65歳以上 70歳未満。 寡婦 0 0 0 0 0 0 11,000 3,000 5,000 0 0 0 20,000 11,000 14,000 12,000 4,000 6,000 28,000 20,000 22,000 24,000 15,000 18,000 37,000 29,000 31,000 36,000 27,000 29,000 46,000 38,000 40,000 46,000 38,000 40,000 58,000 49,000 52,000 58,000 49,000 52,000 69,000 60,000 62,000 69,000 60,000 62,000 79,000 71,000 73,000 79,000 71,000 73,000 公的年金収入以外にも給与や家賃収入がある場合の上限額• 1 所得金額を算出する。 項目Aの合計額が所得金額となる。 BはAの計算式です。 A B 公的年金 =公的年金収入ー公的年金控除 民間の個人年金 =年金収入ー必要経費 不動産所得 =不動産収入ー必要経費ー青色申告特別控除 給与所得 =給与収入ー給与所得控除• 2 課税所得金額を算出する。 1 の所得金額から、社会保険控除、配偶者控除、扶養控除、基礎控除、この他の所得控除の合計を控除する。 課税控除金額 = 所得控除 - 所得控除• 3 住民税所得割額を 2 の課税所得金額から算出する。 4 上限額を算出する。 3 で算出した住民所得割額を図2にあてはめて計算する。 *註3 公的年金収入以外の収入がない場合の目安です。 住宅ローン控除などの税額控除を受けている方などは異なります。 詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。 最後に ふるさと納税ニッポン!では、控除上限額等のご質問には対応いたしかねますのでご容赦くださいますようお願い申し上げます。 正確な控除上限額を知りたい場合は、お近くの税理士や、お住まいの自治体におたずねください。 なお、シミュレーション結果については、あくまでも参考値としてご利用ください。 住宅ローン減税などと併用されている方は、上記の計算式では対応できない場合がございます。 正確な控除上限額を知りたい場合は、お近くの税理士や、お住まいの自治体におたずねください。 また、控除額シミュレーションで算出された計算結果について、何らかのトラブルや損失・損害などが発生したとしても一切の保証をいたしかねますので、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

次の

寄付可能額をしらべる

ふるさと 納税 シミュレーション

注意事項 今年1月~12月の控除上限金額は今年の1月~12月の収入・所得・控除によって決まります。 大抵のお客様がお持ちの資料は去年のものであるはずです。 退職・転職・不動産の建て替えや修繕・事業業績の上下・医療費控除等、去年と今年を比べた場合、数字が大きく変わる場合は、控除上限金額も大きく変動する事にご留意ください。 また、当シミュレーションのご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害等につきしては、弊社は一切保障を致しかねます。 予めご了承くださいませ。 計算シートのご利用は以上免責に同意した方のみご利用下さい。 実際の寄附金額を入力していただき、所得税・住民税の税の控除額を必ずご確認ください。 ご注意ください。 分離課税には対応しておりません。 参考値としてご利用下さい。 また、一時所得がある場合は確定申告にて申告が必要です。 お手元にあるシートを下記よりお選びいただき、必要事項をご入力ください。 黄色い枠内をご入力ください。 書類の下の選択項目もすべて入力して下さい。 エクセルファイルをダウンロードしたい方は。 入力・選択が終わりましたら「計算する」を押すと、控除上限金額が下部に表示されます。 計算内容を修正した際にも「計算する」ボタンを押していただかないと修正が反映されません。 ご注意くださいませ。 源泉徴収票• 確定申告 A• 確定申告 B.

次の