コナン 映画 瞳 の 中 の 暗殺 者。 瞳の中の暗殺者の犯人の動機やあらすじネタバレ!伏線も!【名探偵コナン映画】|まんまる。

瞳の中の暗殺者こそコナン映画の象徴だ!

コナン 映画 瞳 の 中 の 暗殺 者

名探偵コナンのおさらい 始めに名探偵コナンの内容を簡単におさらいしていきます。 高校2年生の工藤新一 くどうしんいち はトロピカルランドに幼なじみの毛利蘭 もうりらん と出掛けた帰りに黒ずくめの男に襲われて体を小さくされてしまいました。 正体を隠した新一は江戸川コナン えどがわこなん として蘭と父の小五郎 こごろう が暮らす家に居候することに。 コナンと阿笠 あがさ 博士の影のアシストで名探偵、眠りの小五郎となった小五郎。 しかしながら妻で敏腕弁護士の妃英理 きさきえり とはささいな喧嘩をきっかけに10年も別居中。 なんとか仲直りさせたい蘭ですがなかなかうまくいかず毛利父娘とコナンの3人暮らしは続くのでした。 毛利家の居候。 毛利蘭 新一の幼なじみ。 空手の都大会で優勝。 毛利小五郎 元刑事の私立探偵。 妻とは別居中。 阿笠博士 コナンの正体を知る新一の隣人。 小さくなった新一のためにメカを作る科学者。 妃英理(きさきえり) 小五郎と別居中の妻。 プロポーズの言葉を蘭達に聞かれて照れながら答える。 鈴木園子 すずきそのこ 新一と同級生で蘭の親友のお嬢様。 灰原哀 はいばらあい コナンが飲まされた薬を作った元組織のメンバー。 自分で薬を飲んで幼児化する。 少年探偵団 小嶋元太 こじまげんた 円谷光彦 つぶらやみつひこ 吉田歩美 よしだあゆみ 幼児化したコナンや灰原とクラスメイトで、5人で少年探偵団を結成。 警視庁 目暮警部、白鳥警部 佐藤刑事、高木刑事、千葉刑事 毎度事件に遭遇する毛利家にあきれ気味の刑事、警部達。 なんだかんだ言いながらも小五郎やコナンに期待している。 その警官は警察手帳の入った左胸を押さえコナンに何か伝えようとした途中に亡くなってしまいました。 さらにその日の夜に警官が射殺されると言う事件が起こります。 警官を狙った連続殺人が起きるなか白鳥警部の妹の結婚を祝う会に招かれたコナン達。 蘭の母、英理も招かれています。 会場で小五郎が事件について聞こうとするもそっけない目暮警部。 佐藤刑事のことが好きな高木刑事を強請って何とか情報を聞き出すも、白鳥警部から 「Need not to know…. 」、知る必要のないことと言われる小五郎とコナン。 警察関係者の隠語を言われたコナンは今回の事件に警察全体が絡んでいる可能性があると考えます。 一方、和やかにパーティーを楽しむ蘭や英理。 蘭は英理に小五郎がしたプロポーズの言葉を尋ねます。 そのパーティーの途中、トイレに居合わせた蘭と佐藤刑事。 そこで停電が起き、さらに蘭の目の前で佐藤刑事が撃たれる事件が発生します。 自分のせいで佐藤刑事が撃たれたというショックから気を失ってしまった蘭。 無事に意識を回復するも記憶喪失になっていました。 新一のことも忘れてしまっているものの、新一の写真にどこか懐かしさを感じると言います。 そこで新一との記憶を取り戻すために一緒にと出掛けたトロピカルランドに行くことにした蘭。 巻き込みたくないとコナンには内緒で出掛けます。 一方、蘭を守るに調査をするコナンは少しずつ手がかりを掴んでいきます。 そしてトロピカルランドで蘭に近づいた怪しい人物を少年探偵団が捕まえて一件落着…と思いきや彼は犯人ではないことが判明。 真犯人はまだ蘭を狙っているのです。 敵から逃げる途中、蘭はコナンに「どうしてそんなに命懸けで守ってくれるの」と尋ねます。 それに対するコナンの答えは好きだという告白でした。 その言葉、そして新一と来た時にも見た噴水で水しぶきと拳銃という事件と同じ構図によって記憶を取り戻した蘭。 事件のことも空手の都大会で優勝したことも思い出した蘭は見事犯人を捕まえます。 そして事件解決後、コナンは自分のセリフが蘭の記憶を取り戻すのにつながった理由を知って落ち込むのでした。 今回は蘭ねーちゃんを守り隊として大活躍。 結果として犯人ではなかったものの、蘭に近づく怪しい男を捕まえて小五郎に褒められます。 名探偵コナン映画『瞳の中の暗殺者』名言4位 「できるなら私も記憶をなくしたい・・・ なんてね」(灰原哀) コナンの正体が新一ではと考える蘭の記憶喪失を喜んでいるのでは?とコナンに言う灰原。 その言葉に怒るコナンですが、家族を組織に殺され幼児化した灰原は自分も記憶を失った普通の小学生になりたいと言います。 言葉を失うコナン。 重たい空気になったところで「どう?少しは元気出た?」と言っていますがどこまで本気の発言なのでしょうね。 名探偵コナン映画『瞳の中の暗殺者』 名言3位 「Need not to know…. 」(白鳥警部、江戸川コナン) 本作のキャッチフレーズともなっている言葉。 白鳥警部が事件について高木刑事から聞き出そうとする小五郎に言った言葉です。 意味を知っている小五郎とコナンは驚きを隠せません。 実はこの言葉は警察の隠語で、警察関係者を意味しています(実際の警察で使われているかは不明)。 そして警視長に「君は一体」と尋ねられた時にコナンはこの言葉を使って「Need not to know…. 僕はただの小学生だよ」と答えます。 名探偵コナン映画『瞳の中の暗殺者』 名言2位 「たとえ記憶が戻らなくても、私は一生友達だから」(鈴木園子) 記憶を失った蘭に付き添う親友園子の言葉。 少年漫画という事で友情にも重きを置くコナンですが、その中でも特に熱い友情が描かれる蘭と園子なのでした。 名探偵コナン映画『瞳の中の暗殺者』 名言1位 「好きだからだよ、オメーのことが、世界中の誰よりも」(毛利小五郎、江戸川コナン) 物語の終盤にどうして命懸けで守るのかと聞いてきた蘭にコナンが言った言葉。 しかしこの言葉は物語の前半にも登場しています。 実はこれ、 小五郎が英理にプロポーズした時に言った言葉でもあるのです。 パーティーで蘭が英理から聞いた言葉でコナンも一緒に聞いていて、記憶を取り戻すためにいたと思った蘭。 しかし、その時コナンはそばにおらず聞いていませんでした。 そのためコナンはおっちゃんと考えることが一緒?と落ち込みます。 映画『瞳の中の暗殺者』でコナンが毛利蘭に告白?!その理由は? 「好きだからだよ、オメーのことが、世界中の誰よりも」というド直球の告白をしたコナン。 『瞳の中の暗殺者』 好きだからだよ、おめーの事が好きだからだよ。 この世の中の誰よりも。 — AI エーアイ AI42394707 記憶を失い命を狙われてちょっと気弱になっている蘭を救いたくついでてしまった言葉でしょう。 しかし残念ながらこの言葉、 蘭は記憶を取り戻すためのキーワードととられてしまい告白とはなっていません。 そもそも蘭はコナンが新一と知らないのだから高校2年生が小学1年生に好きと言われたところで子どもになつかれている、程度にしか思えませんね。 結局新一から蘭への告白はそれから10年以上後、その返事はさらに8年ほど後となりました。 カップルとしての歴史は浅い新一と蘭ですが、そのラブラブっぷりは昔からですね。 スポンサードリンク 「瞳の中の暗殺者」のトリビア 最後にこの映画で注目したいトリビアをご紹介します。 この映画で注目したいのが 白鳥警部です。 なぜなら ・妹が登場 ・塩沢兼人(しおざわかねと)さん演じる最後の白鳥警部登場の劇場版 ・犯人の声が後の白鳥警部、井上和彦(いのうえかずひこ)さん といろいろ白鳥警部にまつわる出来事があったからです。 塩沢兼人さんは「クレヨンしんちゃん」のぶりぶりざえもんなどを演じる声優さんです。 不慮の事故で「瞳の中の暗殺者」が公開されている最中に亡くなられました。 そして、その後任と演じられた 井上和彦さんが今作で犯人を演じています。 また、白鳥警部の妹の結婚を祝う会で今作のキーワードとなるセリフが出てきたうえに、佐藤刑事が撃たれています。 何かときになる白鳥警部なのでした。 [瞳の中の暗殺者 レギュラー陣]白鳥任三郎 目暮警部と同様に、「Need not to know 知る必要のないこと 」と小五郎に言って事件のことを伏せていた。 しかし、彼も覚悟を決めて事件の情報を提供する。 なお、塩沢兼人さんが演じる白鳥刑事は今作が最後となってしまっている。 本作の活躍が先生や監督に気に入られて、見事レギュラーの座を獲得しました。 — アンク@金曜ロードSHOW! 私、白鳥ではありませんが〇〇の役で出ております。 よろしくお願いしまーす! — 井上和彦(声優) inouekazuhiko.

次の

名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」のネタバレあらすじ、結末と感想。蘭の瞳に映る犯人は誰? | シネパラ

コナン 映画 瞳 の 中 の 暗殺 者

瞳の中の暗殺者あらすじ 事件の発端は、白昼に2人の警察官を狙ったの連続銃殺事件から始まる。 この映画のキーワードは 『 Need not to know』 (知る必要のないこと) これは警察の上層部に深く関わる事件であることを示す隠語でありトップシークレットを意味する。 場面は変わり警察関係者の披露宴に集まったコナンや警視庁のおなじみのメンバー。 同じ会場に潜んだ犯人の凶弾に佐藤刑事が倒れ、その場に居合わせた 蘭は記憶喪失に。 捜査を進める中、過去のある事件に関係する警察や医師たちが捜査線上に浮上する。 そんな中、犯人は唯一自分の姿を見た 毛利蘭に次の狙いを絞る。 犯人に狙われることを知りつつも記憶を取り戻すために蘭は新一との思い出の場所であるトロピカルランドへ。 犯人とコナンたちの最後の決戦が始まる。 瞳の中の暗殺者のみどころ トロピカルランドでの想い出の回想シーンからゆったり目の導入。 古参ファンとしては悪くないです。 実は この演出がラストシーンに繋がってくる布石になっています。 これを知った瞬間は思わず、おっ!と見入ってしまいます。 本格派ミステリーの脚本が面白い! 独立したミステリー小説として展開できるぐらい、ストーリーがしっかりしています。 子供向けのアニメ作品とは思えない仕上がり。 初期のコナン映画は同じ傾向がありますが、近年際立ってきたアクションシーンは控えめで ストーリーで引っ張る展開はとても良いです。 特に瞳の中の暗殺者は構成の良さが際立っています。 電車のシーン半端ないって!! 蘭が入院からの外泊中に、電車のホームから犯人に突き飛ばされます。 コナンのファインプレーでギリギリセーフですが、アニメとはいえひやっとしました。 犯人半端ない。 左利きばっかり出てくる この映画の犯人は序盤で左利きと突き止められるのですが、次から次に左利きが出てくる。 ZEEBRAの言葉を借りるなら 『 東京生まれ、米花町育ち、怪しい奴はだいたい左利き』です。 それが言いたかっただけです。 少年探偵団および小五郎は早々に退場 クライマックスのトロピカルランドでは、犯人の誤認逮捕で事件解決と勘違いした名脇役たちが早々に撤退します。 迂闊すぎる!! ハワイで親父に教わったジェットボート 飛行機、ヘリコプター、拳銃の打ち方。 コナンは大体、ハワイで親父に教わってますね。 コナンの名言(告白) 犯人から必死に自分(蘭)を守ろとするコナンの姿をみて蘭が「 なぜそんなに守ってくれるのか?」と問うシーン 『 好きだからだよ。 おめぇのことが地球上の誰よりも』 これは間違いなく 『 記憶喪失の恋人に言ってみたいセリフNo. 1』 因みに蘭の反応は 『ありがとう!オマセさん。 (ニコッ)』 いや、塩対応かーい。 全体としてアクションは少なめですが、ミステリーとしての展開は素晴らしいです。 またクライマックスシーンのトロピカルランドの攻防は、遊園地という素材を活かした壮大な追い詰め合いが面白い。 特に蘭の記憶を取り戻すきっかけになるシーンは、 これは一本とられたぜっ! って感じです。 劇場版名探偵コナンシリーズの中でもかなりの名作です。 これは是非、優先的に見る価値のある作品。 過去のファン投票でも歴代トップ5に入ったのも納得ですね。 犯人はこいつだ!(ネタバレ) 犯人は『風戸京介』 天才外科医の風戸京介は手の怪我を負って心療内科に転身。 犯行の動機はわざと自分に怪我を負わせて、自分からオペを奪った同僚医師への恨み。 因みに最後は記憶を取り戻した毛利蘭にボコボコにやられます。

次の

【おすすめアニメ】コナン映画『瞳の中の暗殺者』の感想|りょうちんの映画珍道中

コナン 映画 瞳 の 中 の 暗殺 者

警察関係者が次々と殺されるミステリー ある雨の日。 コナンたち少年探偵団は、奈良沢警部補が拳銃で撃たれる姿を目撃します。 まだ息があった奈良沢にコナンが犯人について尋ねたところ、彼は自分の左胸を掴んで亡くなったことから、犯人は左利きで、ポケットに入っていた警察手帳を指したのではないかと推理しました。 さらに、その日の夜。 マンションの地下駐車場で、射殺された芝浦巡査部長が警察手帳を握った姿で発見されます。 毛利小五郎は、これらの事件の詳細を聞こうと目暮警部に電話をかけましたが、何ひとつ話してくれませんでした。 実は、この事件の裏には、警察の上層部が関係している疑いがあったのです。 さらに、ホテルのトイレで佐藤刑事が銃で撃たれ、重体になります。 ところが現場にいた誰からも硝煙反応は出ませんでした。 容疑者は、ルポライターの仁野環、父が警察官だった友也真、小田切警視庁とその息子である敏也、心療科医師の風戸京介の5人。 犯人は誰で、一体どんなトリックを使ったのか!?というミステリーが楽しめる映画です。 コナンが蘭を命がけで守る姿にグッとくる 実は、ホテルのトイレで佐藤刑事が拳銃で撃たれたとき、蘭はその側で犯人の顔を目撃していました。 ところが、蘭は佐藤刑事が銃で撃たれたのは自分のせいだと思い、記憶喪失になったのです。 佐藤刑事がトイレに入ったときに停電になり、そばにいた蘭が化粧台の下にあった懐中電灯を取り出したせいで、その光を頼りに佐藤刑事が犯人に何度も撃たれたからでした。 一方の犯人は、蘭の記憶が戻る前に彼女を消そうと行動します。 蘭を見張ったり、線路に突き落としたりしますが、コナンが命がけで守りました。 ところが、新一との記憶を思い出しそうになった蘭は、トロピカルランドに行きたいと小五郎たちに言いますが、コナンには黙ってくれと言い出したのです。 自分を命がけで守ろうとするコナンを危ない目に合わせたくないと言うのが理由でしたが…。 蘭を警備していた毛利小五郎と警察たちは、別の人間を犯人だと勘違いして確保し、蘭と園子を残して帰ってしまうんですよね。 一方、ひとりで捜査をしていたコナンは、犯人を特定しますが、蘭が自分に黙ってトロピカルランドに行ったことに気づき、助けに向かいます。 こうして蘭を狙う犯人と、蘭を守ろうとするコナンの直接対決が始まりました。 最後まで蘭を命がけで守ろうとするコナンがカッコよすぎる映画です。 コナンのセリフが心に残る トロピカルランドに蘭を助けに現れたコナンは、「なぜ命がけで私を助けてくれるの?」と尋ねる蘭に、 「オメーのことが好きだからだよ。 この地球上の誰よりも」 と答えます。 ほんとかっこいいセリフですよね。 ところが、これとまったく同じセリフを過去に言った人物がいました。 その人物とは…。 さらに、もうひとつカッコいいセリフがあります。 それは、謎をすべて解き明かしたコナンにある人物が、「君はいったい…」と言われ、 「Need not to know。 僕はただの小学生だよ」 と答えます。 同じセリフを別の意味で使うのがカッコよすぎですよね。 そんなコナンのセリフが心に残る映画です。 最後に 映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』は、ミステリーが好きな方や、コナンが命がけで蘭を守る姿を観たい方、コナンのかっこいいセリフが聞きたい方におすすめの映画です。 「金曜ロードSHOW!」の視聴者投票で観たいコナンの映画第1位になった作品でもあるので、間違いなく観てよかったと思えます。 気になった方は、ぜひ観てください。

次の