宝塚時代 天海祐希。 天海祐希 噂の歴代熱愛彼氏が豪華!破局した理由と結婚しな理由はなぜ?

天海祐希の宝塚時代の動画は?人気度や伝説がヤバい!

宝塚時代 天海祐希

天海祐希の関連記事になります。 女優天海祐希さんの濡れ場に関する記事になります。 」 と感謝されたそうです。 プロの方から 生まれてきたことを 感謝されるほどって・・・ よっぽどのポテンシャルがあったことがわかりますよね! スポンサードリンク 宝時代伝説その3 入団1年目で新人公演主役! 宝塚歌劇団には 新人公演と本公演というものがあり 入団1年目から7年目までは新人となります。 その入団1年目から7年目の新人で行う公演が 新人公演なのですが その新人公演で 天海祐希さんは入団10ヶ月で主役に選ばれたそうなのです。 新人公演での 主役の座は1つしかないので 7年間1度も主役に選ばれなかった・・・ なんて人も多い中 天海祐希さんは 先輩を抜いての主役! こんな早くに主役に選ばれることは 本当に珍しく伝説(逸話)として残っています。 宝時代伝説その4 お茶会が独特! 天海祐希さんのお茶会は もちろん大人気で参加人数も かなりのものだったようなのですが 会場はファンで混雑し イベントの司会や進行の段取りは悪くなるばかり・・・ その様子を見て イライラし始める天海祐希さん・・・ しびれを切らした天海祐希さんは まさかの自分で進行を仕切り始め ファンとの写真撮影の際には ノロノロ動いているファンの方に 「テキパキと動きなさい!さっさと終わらせれば、その分たくさんお話できるんだから。 」 と言われたそうです!笑 タカラジェンヌって こういったことを言わなさそうなイメージですよね? なので ファンに媚びない天海祐希さんも また 伝説の1つとなったようです! スポンサードリンク 宝時代伝説その5 ルールさえも変える! 最近 宝塚の卒業生達が バラエティーなどで 宝塚の厳しい規則やルールについてお話しされることも多くなってきたので 宝塚は厳しい!というイメージを みなさんも持っておられるかもしれませんね! 実際 宝塚での規則はルールは 本当に厳しいようなのですが 天海祐希さんには そんな ルールさえも変える力があったそうなんです! その1つのエピソードが髪留めのピン! 宝塚のルールの1つとして 男役は 外を歩くときは 髪をピンで止めなくてはいけない・・・というものがあったそうですが そのルールを 【ピン不要!スプレーで固めればOK!】 というものに変えられたそうです! 宝時代伝説その6 早いトップ主任!早い退団! 天海祐希さんは 記録的な速さで 月組の男役トップスターに就任されていることは ファンの方なら みなさんご存知かと思います! 人気は途絶えることなく 保ったまま突き進んでおられましたが トップスターになられて たった2年で退団されています! 平均的に トップスターなってから5年ほどは 活動することが多いようですが 天海祐希さんは早すぎる退団! これも かなりの伝説になっています。 もともと 宝塚は 先輩後輩の上下関係がすごく お風呂や洗濯物の順番が決まっているはもちろん! 寮の外などで どんなに遠くにおられても 先輩を見かけたら直立不動で挨拶! など細かいルールもあったくらいです。 他の 宝塚卒業生の方も バラエティーなどで よくそういった上下関係について お話しされていますし 天海祐希さんの場合 先輩を差し置いて トップスターになられているので 先輩からの妬み僻みもあった可能性が高いかもしれませんね。 しかし 天海祐希さんは そういったことを公開はされていません! なので 実際のところはわかりませんが 天海祐希さんのファンの方が 「出待ちをしていたら、天海さんが手に包帯をして出てきた」 「いじめられていたのでは?」 などという告白をされています。 もしかすると 辛いいじめに耐えておられら時期があったのかもしれませんね。

次の

天海祐希の宝塚時代伝説・歌唱力が凄い【画像・動画有】天才!いじめ告白

宝塚時代 天海祐希

天海祐希「宝塚時代の伝説」とは スタイルが良くて綺麗でかっこよくて それなのに全然気取っていなくて 人気度が高い、女優の天海祐希さん。 天海祐希さんが出演するドラマは視聴率が取れるんですよね~。 サバサバしていて性格が良さそうな印象がありますよね。 そんな天海祐希さんは、特に同性からの支持が高いんです! 天海祐希さんが元宝塚歌劇団のトップスターだったことは 有名なので、ご存知の方も多いはず。 宝塚上がりの女優さんは、芸能界に数多くいらっしゃいますよね。 どなたも凛としていて品があって素敵です。 元々みなさん、宝塚時代からとても人気のあった方々ばかりです。 その中でも 天海祐希さんの宝塚時代は 群を抜いて人気度が高かったのだとか! そして、人気度が高い大物ならではの伝説とやらが 多く語り継がれているのだとか…。 今回は、 その天海祐希さんの宝塚時代の伝説についてみていきたいと思います。 この学校を卒業した者たちが俗に言う「タカラジェンヌ」として 宝塚歌劇団の団員として舞台に立てるという仕組みになっているんです。 宝塚音楽学校は予科(1年生)と本科(2年生)と段階がある2年制の制度です。 この学校が何とも特徴的なんです! まず、 受験資格は15歳~18歳の容姿端麗な女性であること。 宝塚の舞台に立つに相応しい者ということですね。 もちろん厳しい3回もの面接や試験があるのですが 受験できるチャンスは一人4回までとなります。 毎年多くの受験者がいますが、入学できるのは数十名に絞られます。 学校に入る段階で相当厳しい関門になるわけなんですね~。 入学後してからは、宝塚歌劇団の一員として舞台に立つことを想定したレッスンがあり そして寮生活が義務付けられているため、寮に戻ってもまたレッスン。 更に礼儀作法なども徹底してしつけられるので 立派な人間になるための教育もされるようです。 並大抵の気力では続かなさそうですね…。 そんな厳しい学校生活を乗り越えて ようやくタカラジェンヌとなるわけですが 卒業する時の席次というのはステータスとして ずっと残るらしいのです。 ついつい説明が長くなってしまいましたが 天海祐希さんの音楽学校卒業時の席次というのが その学年のトップ、首席だったということなのです! 音楽学校を首席で卒業することは想像以上に至難の業でしょう。 でも天海祐希さんは、入学当初から群を抜いて優秀だったのだそうです。 一人だけ抜きんでた存在でかなり目立っていたのだとか。 音楽学校の関係者が天海祐希さんの母親に対して 「よくぞ生んでくださいました」と言ったそうですが こんな言葉を言わせたこと自体が既に伝説ですよね~。 その公演で、入団してわずか10か月程の 新人中の新人が 主役に抜擢されることなんて前代未聞の出来事だったようです。 新人の天海祐希さんが、自分より先輩たちの前に立ち演技をしたのです! この伝説は本当にすごいことらしく、天海祐希さん以外で このスピードで新人公演の主役になれる人はいまだに出てきていないらしいですよ。 しかし、話題になったのはそれだけではなくて トップスターになって僅か2年で、宝塚を退団することに!? せっかくトップスターになったのにたったの2年で辞めちゃうなんて… その潔さがまたかっこよく、天海祐希さんらしいということで 伝説となっているようですね。 この 大きな羽は退団する方がフィナーレで背負う習わしになっているそうですが 天海祐希さんはこの羽を背負うのは嫌だということで 背負わずにステージに上がったのだとか。 これって、結構すごくないですか? 退団時の習わしってことは お客さんも、天海祐希さんが その大きな羽を背負って出てくるものだろうと思っているのに それをあえて裏切ってしまうんですよ。 それも、そんなことが許されてしまうほどの人物だったということがわかりますよね。 本当に天海祐希さんならではの伝説だと思います。 退団時にはファンクラブの融資によって ファンが喜ぶような様々なイベント事があるそうなのですが 天海祐希さんが行ったのは派手なイベントではなく ファンクラブの方々全員に、同じワイングラスをプレゼントしたのだとか。 ファンクラブの中にも、 長年ファンであり続ける幹部クラスと まだファンクラブに入りたての方々との格差みたいなものがあるのですが そんなことなどお構いなしに、全ての方に同じワイングラスを送ったのです。 なかなか出来ることではないですよね~。 天海祐希さんのファンの方なら「彼女らしいね」と きっと納得してくれるのでしょうね。 ファンに注意するって…。 段取りが悪いファンを差し置いて自らが仕切ることもあったのだそう。 厳しく、感じ悪く取れるかもしれませんが それも全てファンとのゆっくり話す時間を作るため。 その時間を大事にするために、それ以外はさっさとしてよってことなんですね。 ファンにも媚びない、厳しい天海祐希さん。 そしてそれが通ってしまうんですから凄いですよね。 男役が外を歩くときはピンで髪を止める規則があったらしいのですが ピンをたくさんつける必要はないんじゃないかということで ピン不要と、ルールを変えたことがあるのだそう。 第三者的にみると、そりゃそうだろと思う事でも 組織の中にいると気付かない事や逆らえない事ってありますよね。 その中にいても冷静に判断できる天海祐希さんはやはり素晴らしいですね。 他にも、ファンの方の出待ちを控えるように促したのも天海祐希さんだそうです。 公演が終わってタカラジェンヌたちが帰るのは夜の10時過ぎ。 そんな時間に女性が外にいることの危険さ、夜に騒ぐのは迷惑になるという 一般的で冷静な判断から下した夜10時以降の出待ちの禁止令。 本当なら関係者側から出ても良さそうな意見を トップスターである天海祐希さん自らが発するかっこよさ。 やはり魅力ある方ですね~。 天海祐希「宝塚時代の人気度」について(動画あり!) ということで、多くの伝説を持つ天海祐希さんですが 宝塚時代の人気度は、本当に凄かったんです! 宝塚の男役として相応しすぎる上に ファンに媚びない塩対応、なのに心からファンを大事にする熱い人。 そんなイメージですよね。 みなさん、スタイルがいいですが 天海祐希さんは立っているだけでも本当にかっこいい! ここで、天海祐希さんだからこその 人気度がわかる動画をご紹介します。 宝塚を退団する時の映像です。 天海祐希さんの退団が 当時ワイドショーでこんな風に取り上げられたんですね。 天海祐希さんの人気度の高さが本当によくわかりますよね~。 Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 現在も女優として、凛としたかっこいい女性を演じることの多い 天海祐希さんの宝塚時代について調べてまいりましたがいかがでしたでしょうか? 宝塚時代の伝説、どれも天海祐希さんならではのエピソードですよね。 活躍し続けられるのはやはり彼女の生まれ持った才能なんでしょうね。

次の

天海祐希の若い頃/宝塚時代やドラマ・舞台の画像も

宝塚時代 天海祐希

スポンサードリンク 現在テレビで活躍中の天海祐希さん 本名中野祐里 が、 宝塚出身だというのは誰もが知っているかもしれませんが、 宝塚時代には数々の伝説を残してきました。 研7でトップスターと言う、 宝塚歌劇団史上で最速記録を出したにも関わらず、 わずか2年の任期で退団した理由はなんでしょうか? 気になったので色々と調べてみました。 はっきりとした退団理由が見当たらない! しかし宝塚にありがちな真実は分からない状態でした。 上級生にいじめられてた説もありますが噂話っぽいですね、 まあ表立ってないだけで宝塚もいじめはあるようですけどね。 表立ってしまったのが96期生の宝塚音楽学校時代のメモカいじめ事件ですし。 天海祐希さんがいじめられていたかどうかは分かりませんが、 ファンレターに刃物が入っていたり、洋服に針が刺さっていたり… こんないじめは日常茶飯事だったそうです。 上級者からというよりは、 上級者のファンからの嫌がらせが あったそうです。 まあ、そうは言っても表立ってはないので、噂話の域を超えないですけどね。 本当は女優になりたかった? 後、調べていて多かったのが、 元々タカラジェンヌになりたいというより、 女優さんになりたかったらしいです。 女優になる登竜門として宝塚音楽学校に入学、劇団に入団したと言う説も。 なのでトップスターに早くなれたわけだし、 元月組トップスターと言う肩書も出来たので女優の道へ、 このような噂も多かったですね。 つまり芸能界入りを視野に入れてたと言う説です。 スター性があだとなった? 宝塚の男役は普通の女性が、 自分を作って男の仕草や雰囲気を身につけるもの! 天海祐希さんは元からあのガタイと、 さっぱりした男らしい性格だったので、 自然体で舞台に立っていても男に見えちゃうナチュラル系男役でした。 こうした天性の素質、スター性が早すぎる抜擢を招き、 当時の天海さんは周りの重圧に耐えきれず苦しんでたのかも… まあこの辺は推測の域を出ないですけどね、 宝塚スターの退団理由は言えないのが鉄の掟ですから。 同期だけが支えだった、 ひたすら稽古をすることで 嫌なことを考えないようにした。 このようなセリフを言っていた事もあるそうです。 という事は、やっぱり重圧や嫌なこと イジメ? があったと考えられますよね。 そりゃ、人よりずば抜けてる事はいいことだけど、 そのせいで嫌な目にあう事はどんな世界でもあり、 出る杭は打たれるのが日本社会です! 色々調べてみましたがはっきりとした退団理由は分かりませんでした。 ただ言えるのは 「同期だけが支えだった。 ひたすら稽古し嫌なことを考えないようにした」 ここに退団理由の答えが見えている気がしますね。 この6月から天海さんのことネットサーフィン始めた初心者ですが、自分のフィーリングが正しいかどうかということでコメントさせてください。 結局、こうするしかなかったのかな、と。 普通ならばトップになれるような((たぶん、剣さんや涼風さんの(名前も最近知ったのですが)、薫陶を受けた))上級生を抜いてトップになって嬉しかったのだろうか? 自分の中で、2年間と決めて引き受けたのでは? 劇団も暗黙の了解?)。 仮にトップを辞退したとして(劇団側からすれば、3-2番手に据え置いたとして)、これほどの3-2番手と対峙できるトップというのは? 若手の育成にしても、映像で時々横に座っておられた「さえこ」さんが、トップになられたことで、よしとしなければ。 なんせ在団10年足らず。 天海祐希は、その類まれな資質ゆえに、このような選択肢しかなかったのかな、と。

次の