猫 ベランダ 対策。 猫とベランダの遊び場をDIYで

マンションで猫をベランダに出してはダメ!理由から予防策まで

猫 ベランダ 対策

猫ふん対策をするなら、ハッカやミント等のハーブ系の香りが効きます。 ハッカで猫ふん対策をするなら、ハッカ油が便利です。 ハッカ油はネット通販等で購入できます。 スプレーボトルの中にハッカ油と水を混ぜて、猫ふんをされた場所に噴射しましょう。 ミント等のハーブ系の場合は、アロマオイルを使いましょう。 使い方はハッカ油と同じです。 水で薄めて、猫ふんをされた場所にスプレーします。 また、ハーブ系の香りで猫ふん対策をする時は、土にハーブ系の植物を植えるの良いです。 もしくは、ハーブ系の鉢植えを置くだけでも猫ふん対策ができます。 猫ふん対策に向いているハーブ系の植物は、ローズマリー・レモングラス・カニナ等です。 なんと、猫の嗅覚は人間のおよそ10万倍あります。 猫は、ハッカやミント等のハーブ系の香りが苦手なため、少し嗅いだだけでも強烈に臭いはずです。 ニオイで猫ふん対策をする方法は、猫を傷つけることなく撃退できます。 何より、猫の命を守りながら、猫ふん対策ができるのがメリットです。 また、ハッカやミント等のハーブ系の香りは天然由来のため、土に撒いても問題ありません。 庭に植えてある植物を枯らす心配もないため、安心して使えます。 ニオイは日が経つと、どんどん薄れていきます。 ニオイが薄くなれば、猫ふん対策の効果は期待できません。 猫ふん対策を効果を持続させるためには、こまめにニオイを振りまくことです。 特に、『雨が降った後は要注意』です。 雨水と一緒にニオイも流れてしまうため、必ず猫が嫌がるニオイを振りまきましょう。 猫を傷付けないで猫ふん対策をするなら、スプリンクラーも向いています。 草木に水を撒くスプリンクラーでも良いですが、猫ふん対策をするなら、猫対策用スプリンクラーを使うと便利です。 猫対策用スプリンクラーは猫が近づくと、赤外線センサーが反応し、自動で猫に向って水を撒いてくれます。 猫ふん対策にスプリンクラーが効果的な理由は、猫は身体が濡れることを嫌がるからです。 猫は身体が濡れると毛が皮膚に張り付いてしまい、なかなか乾きません。 さらに、猫は寒さに弱いため、長時間、身体が濡れていると体温が下がるため水が苦手です。 そのため、猫の弱点を突いたスプリンクラーは、猫ふん対策に使えます。 ただし、猫対策用のスプリンクラーは、ある程度のスペースがないと使えません。 どちらかと言うと、戸建て向けの猫ふん対策グッズと言えます。 猫ふん対策に高い効果を発揮するのが、お酢です。 お酢は鼻につくニオイがあるため、ハーブ系・柑橘系・ローズやジャスミン・コーヒーよりも猫よけ効果があるでしょう。 『お酢をそのまま使う』『水でお酢を10倍に薄める』方法になります。 どちらの方法も、猫ふんをされた場所や猫が通る道、猫が居座っている場所等に撒きましょう。 お酢をそのまま使う方法はニオイが強烈です。 そのため、お酢を薄めて猫ふん対策をするよりも、効果があります。 天候によっては、風に乗ってお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。 水でお酢を10倍に薄めても、猫ふん対策に効果はあります。 お酢のニオイが苦手な方は、お酢を薄めて猫ふん対策をしても良いでしょう。 猫ふん対策に使うお酢の種類は、何でも良いです。 賞味期限が切れたお酢でも、猫ふん対策ができます。 猫ふんの被害に困っている方は、いつも同じような場所にふんをされていませんか? 猫はふん尿のニオイで自分をアピールする動物です。 ふん尿のニオイが強ければ強いほど、他の猫に"ここは自分の縄張り! "と、しっかり意思表示できます。 でも、猫のふん尿のニオイをお酢で消し去れば、縄張りアピールをすることができません。 他のニオイで猫ふん対策をして、効果がイマイチだった場合はお酢を使ってみましょう。 そして、猫や人間の健康を脅かすこともありません。 一方、お酢ならではの欠点もあります。 お酢は強烈なニオイを放つため、近所中にお酢のニオイが漂うこともあるでしょう。 アパートやマンションの場合、ベランダにお酢を撒くとニオイがします。 また、隣の家と密着している戸建ての住宅も同じです。 近所迷惑にならないように、お酢を薄めて使いましょう。 さらにもう一つ、お酢は植物を枯らします。 家庭菜園や草花がある場所に、猫ふんがある場合はお酢が使えません。 お酢ではなく、他の方法で猫ふん対策をしましょう。 猫ふん対策はハーブ系やコーヒー等、ニオイで撃退することができます。 ニオイで猫ふん対策をする時は、少し手間がかかるのが難点です。 水で薄めたり、植物を植える等しないといけません。 もっと簡単に、楽してニオイで猫ふん対策をするなら、猫よけスプレーを使いましょう。 『スプレータイプ』『粒タイプ』がありますが、効果はどちらも約2週間~4週間です。 スプレータイプはセンサーが付いているため、猫を感知すると勢い良くスプレーして猫を撃退します。 猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に設置すると、24時間猫を監視する優れものです。 粒タイプは、猫ふんをされた場所や、猫の侵入口に撒いて対策をします。 原則、ニオイで猫ふん対策をする時は、定期的にニオイを振りまかないといけません。 でも、粒タイプは雨に強いため、約2週間~4週間に1回撒けば、猫ふん対策効果が持続します。 ただし、どちらのタイプも植物にかかると枯れる恐れがあるため、注意しましょう。 物理的に猫ふん対策をするなら、ネットを張るのもおすすめです。 猫ふん対策に使えるネットは、猫用があります。 でも、動物対策用ネットを使っても構いません。 猫ふんをされている場所や、猫に入ってきて欲しくない場所に、ネットで囲うように設置します。 ネットで猫ふん対策をする時は、『できるだけ高い位置までネットを張る』ことです。 猫は高さがあると警戒します。 また、警戒心が強い猫であれば、高い所を登ってまで侵入することは、ほとんどありません。 猫ふん対策にネットを張っても、隙間があると意味がありません。 隙間から猫が入ってきて、ふんをされてしまいます。 隙間対策として、ネットの下部には重い物を置くのがベストです。 レンガやコンクリートブロック等を置いて、ネットの下部をしっかり固定しましょう。 そして、ネットを固定する時は『強度のある紐を使う』ことです。 強度がある紐ならタコ糸等、何でも構いません。 木酢液は火事のニオイがするため、猫は嫌がって近寄って来ません。 木酢液で猫ふん対策をする時は、水で5倍~10倍に薄めて使います。 薄めた木酢液をスプレーにして、猫ふんをされた場所や、猫が侵入してくる場所に撒きましょう。 他にも、薄めた木酢液をスポンジ等に含ませて置いても良いです。 木酢液は燻製のようなニオイで、強烈なニオイを放ちます。 猫にとっては悪臭なため、猫ふん対策の効果を実感するでしょう。 木酢液は植物の肥料等として、ホームセンター等で販売されています。 ちなみに、猫対策用の木酢液はほとんどありません。 そのため、植物の肥料等として使う木酢液を使いましょう。 木酢液は酸性濃度が高いため、薄めて使わないと植物に影響を及ぼします。 木酢液を薄めないでそのまま使うと、葉焼けを起こしたり、植物にもよくありません。 また、木酢液は強烈なニオイがするため、人によっては体調不良を訴える方もいます。 初めて木酢液を使う時は、少しだけ猫ふんをされた場所等に撒きましょう。

次の

猫のためにベランダを遊び場に*脱走・転落防止にDIY!

猫 ベランダ 対策

このアンケート結果を見ると、マンションや一軒家など家の構造に関わらず、猫はベランダに出すべきではないと考えている飼い主さんが多いことが分かります。 それはやはり、猫をベランダへ出させることで「脱走」のリスクが生じてしまうことが関係していることが考えられますね。 小さな隙間もしっかり埋める• 室外機周りをきっちりガードする• そしてそれらを『針金』を利用して頑丈に固定する おにくちゃんさんは、メッシュパネルやラティスなどの固定は針金をニッパーで切断、ねじるようにして固定されています。 「台風19号も難なく乗り越えたので、針金を利用すればかなり頑丈になると思います。 」とのこと。 風は冷たいけど日光浴はやめれねえ — ハコティッシュフォールド cat5niku また、 針金で固定する時、その先端は非常に鋭利なため必ず猫に当たらない方向、ベランダの外側に向けることがポイントだそうです。 おにくちゃんさんの場合はラティスに刺すことで先端を隠されているので猫ちゃんが触れる心配もなく安心ですね。 転落防止ネットと結束バンドで簡単DIY! 私の手作りベランダでくつろぐ猫さん — kopasan 6匹の猫 6Kopasan 柵を作るための材料• L型の左官定規:ベランダの広さに合わせて数本(1本約100円)• 農業用ネット:16mm目2m幅、ホームセンターで切り売り(1m250円)• 結束バンド:固定箇所分(50本入100円) 柵を作る手順• 左官定規をベランダの隙間の上下に外れないようにしっかり固定する。 左官定規に農業用ネットを結束バンドで固定するだけで完成! Kopasanさんの場合は、木材にビス止めで固定されているようです。 その上からサンシェードやすだれなどを設置すれば日除けや目隠しにもなり、脱走防止ネットの強化も期待できますね。 DIYに掛かった費用は 数千円程度、 約1時間〜2時間ほどで完成したとのことです。 制作時の注意点やポイント 制作時に注意した点は「 設置時に隙間を作らないようにすること」。 また、結束バンドや左官定規がプラスチック製なので 太陽で劣化したりしていないかを定期的に確認することが大切だそうです。 劣化が心配な場合は金属製の方がおすすめとのことでした! Kopasanさんは愛猫ちゃん達が安全に日向ぼっこできるようにと、脱走防止柵だけではなくベランダの屋根までDIYされています。 ニャン達の肉球の為におとさんに買って来て貰った新しい人工芝??? 暑さと戦いながら1人せっせとDIY?? ワイヤーネット(seria)29. 木製トレリス(seria)約20枚 柵を作る手順• 側面全てにネットを張り巡らし結束バンドで等間隔に固定• 柵下は頭突きや爪で破けないseriaのワイヤーネット(29. 手すり上の隙間は柱や手すりに木製トレリスで作った柵を結束バンドで固定する 制作時間については、手すり上のネットは後付けだったので、合わせて 5~6時間程。 費用は高級人工芝に奮発したため 12,000円程度だったそうです。 「ワイヤーネットをニッパーで半分に切断…これが一番大変だったかもしれません;」とのことでした。 制作時の注意点やポイント やはりポイントは 高級人工芝!「ベランダの床面に敷き詰めた人工芝は価格が安い物だと日焼けで劣化し、固くなるため猫が上を歩くと肉球が痛いようでした。 試しに素足で乗ってみたら痛くて歩けなかったので猫達のために高級人工芝導入に踏み切りました!」とのこと。 るでぃこ&しんばmamさんのベランダ写真を拝見していると、 エアコン室外機にはカバーが装着されていたり、 隙間という隙間が完璧に埋められていたりとまさに猫ちゃんにとって安全な猫テラスとなっています。

次の

ベランダの猫よけに効果的なグッズは?マンション・アパートの猫被害が激減!

猫 ベランダ 対策

飼いネコがマンションの9階から落ちてしまいました!(無事でしたが) 残業中、家から「コタちゃん(飼い猫)がいない」と電話が。 飛んで帰り、真っ暗の雨の中、声をからして呼んでも反応がないままに時間はすぎました。 ふだんからめったに鳴かないネコなのです。 そのうち近所のドラネコちゃんがニャーニャーいいながらついてくるし。 (まるで「ブレーメンの笛吹き」状態です) もう一度1階のお宅の庭を隅から隅まで懐中電灯で照らしたら・・・・ いました!生きてました!! 3軒分となり1階の庭の隅っこにまるーくなって! 前のネコは13年間、ベランダの手すりで綱渡りウォークをしたりと平気だったので油断してしまって、かわいそうなことをしてしまいました。 今回は幸い右後ろ脚の骨折のみで無事生還してくれたのですが、 ベランダの日向ぼっこを楽しみにしているのに閉じ込めておくのもかわいそうだし・・・ということでマンションでネコを飼っていらっしゃる皆さん、落下防止の対策としていいアイデアがありましたらご教授ください。 日向ぼっこをする猫の姿は、見ている人間もほのぼのとしますよね。 でも、9階のベランダは危険すぎますね。 前の猫ちゃんで事故が無かったのが不思議なくらいです。 さて、猫ちゃんの安全を考えればベランダに近い室内に、キャットタワーなんぞを設置してみてはいかがでしょうか? それか、少し大きめのゲージをベランダに置いて、その中で日向ぼっこしていただきましょう! はじめは、狭くて可愛そうと思われるかもしれませんが、猫ちゃんも慣れてくれるはずです。 猫って意外と適応能力が高いと思います。 我が家にも3匹の猫がおり皆、お日様が大好きです。 我が家はMS1階ですが、ゲージに入れて 逃げたら大変なので ベランダに出していた時期がありますけれど、それはそれなりに「満喫」していましたよっ。 今もそうしたいのですが、1匹がアレルギー持ちだとわかりその1匹だけお外に出してあげられないのが不憫で、他2匹に「室内日向ぼっこ」を言い渡しました。 人間在中時は、レースカーテンを全開にしてお日様をいれてあげて、人間不在時は窓とカーテンの間に、ゴミ箱などを置いて、猫達の入る隙間を作っておいています。 ユーザーID: 4976628193• 素朴な疑問 猫ちゃん、命が助かって何よりですね。 9階の高さから落ちて助かるなんてホントに奇跡だと思います。 トピを読んで素朴に疑問に思ったのですが、これだけ危ない目に猫ちゃんが遭っているというのに、 まだベランダに出そうと思えるのは何故なんでしょう? 我が家はマンションの8階に住み猫を2匹飼っていますが、ベランダには一切出しません。 たまにベランダから下を覗きますが人が落ちたって助からないだろうな、と思える高さです。 猫をベランダに出して万が一落ちた時の事を想像しただけでゾッとします。 それにマンションのベランダというのは本来共有スペースですよね?その点からしても出さないほうが良いのでは? 今まで出していたのに出さなくなったら可哀相と思う気持ちもわかりますが、 すでに猫ちゃんはベランダから落ちて怪我をしているのです。 そして助かったことは本当に奇跡なんですよ! うちの場合、ベランダには出しませんが窓の近くに低めのキャットタワーを置いて猫たちはそこで日向ぼっこしてます。 窓は網戸にすれば外の空気も感じますし。 猫ちゃんの為にも危険を放置しないでほしいです。 ユーザーID: 6434613772• ベランダには出さない! 9階から落ちて骨折だけなのは、奇跡に近いですね。 カワイイ愛猫を出してあげたい気持ちは分かるけど、本当にカワイイなら出さない方向でいったらどうですか? 皆さんが仰ってるように、窓辺にキャットタワーを置いてあげるだけでも猫は日向ぼっこできますよ。 実際、我が家でもそうしてます。 最初は猫も「出たい」と鳴くかもしれないけど、本当に可愛いなら絶対に怪我をさせない・落下させない対策を取るべきです。 あと、ベランダは共用部分となってる場合が多いですが、マンションの許可は取れてますか? どうしても出したいなら、床から天井までネットを張る マンションの許可を取って もしくは、窓にペットドアを取り付けベランダにゲージを置いてあげるとかですかね。 勿論、ペットドアとゲージの出入口に廊下みたいなのを作ってあげて、ゲージ以外は出れないようにするんです。 手間はかかるけど、絶対に怪我させたくないなら出来ると思います。 ユーザーID: 1253114445• 絶対に出しません あの・・・骨折って大怪我ですよ?事の重大さがわかっていらっしゃらないのでは?日向ぼっこは、短時間でも家の中で出来ませんか? 私は2匹の猫と6階に住んでいます。 1匹はものすごくジャンプ力があるので、大人の胸の高さまであるコンクリートの壁までラクラクジャンプしてしまい、多分、飛び越してしまうと思います。 ですのでベランダには一切出しません。 何かあってからでは遅いですし。 どうしてもというのなら、園芸用のウォールをベランダの天井から手すりまでしっかりはめるという方法もあります。 これは私のマンションで実際にやっている方がいらっしゃいますが、ベランダの壁の幅が10cmほどあり、天井から手すりまで1. 3mくらいなのでしっかりと固定できているようです。 もし少しでもぐらつきそうなら、万が一下に落ちてしまったら危ないので絶対にやめたほうがいいです。 ユーザーID: 7200067675• リードはやめて ベランダに背の高い(180cmくらい)ラティス4枚をコの字に立てて蝶番で繋ぎ、上は烏除けなどに使うようなネットをかぶせてラティスに結束バンドでしっかり結び、ラティス越しに外は見られるけれど表側には出られないようにしています。 コの字と書きましたが,ベランダの幅がラティスの横幅ほどないので実際には\__/みたいな感じにセッティングしています。 下側が表に面した手すり側、上側が部屋の窓側です。 (この説明で分かっていただけるかどうか... ) ベランダに大っきなケージを置いてる感じです。 私がひとりで日曜大工をして(といっても数箇所を蝶番で止めたくらいですが)作りました。 ベランダ収納ケースを置いて、蓋の部分に座布団を敷いていますが、気持ちよさそうに昼寝をしたり、外を見るときの台にしています。 ベランダに出しているときに、四六時中見張っていなくても良いのでラクですよ〜。 ユーザーID: 2579894512• リードは危ない! 私は事故で猫を亡くしました。 子猫の頃拾ったのですが、元ノラなので家の中ばかりで退屈らしく 大声で外に出たいアピールがすごく、外の楽しみを奪ってしまって かわいそうだと思い出入り自由にしていました。 何年かこんな状態でも大丈夫だったので、もちろんその日も大丈夫だろうと思ってました。 でも・・・。 本当に反省してます。 あの子にとって出入り自由で楽しかったかもしれない。 けど、心を鬼にして室内猫にしていれば寿命までそれなりに楽しく 過ごせたかもしれない。 「今まで大丈夫だったから大丈夫だろう」じゃダメなんですよね。 落下防止の柵などをしたとしても、外れてしまったらおしまいです。 心を鬼にしてベランダには出さずに、日が差すギリギリの室内で我慢してもらってください。 コタちゃんはたまたまあなたに早く見つけてもらえて治療できたかもしれないけど、発見するのが遅く他の猫とケンカして重傷をおってたかもしれないし、恐怖で遠くに行ってしまっていたかもしれません。 もう会えなかったかもしれません。 出してあげたいのはわかるけど、私は「出さないほうがいい」に1票です。 ユーザーID: 9993532455• 柵の高さはどのくらいですか? ええと…。 大丈夫ですか? 一応お聞きしてみますが、 「そのマンションはトピ主様お一人だけがお住まいなのですか?」 もしくは 「トピ主様がお住まいのマンションは1フロア1軒のみのマンションなのですか?」 …思わず、ウチのお隣の方の投稿かと思いました。 (ウチもマンション高層階に居住) というのもマンション新築からお隣ともほぼ同時に入居して早10年…。 当初から規約ではペット飼育OKのマンションですので(我が家では飼っていません)、隣から猫の鳴き声が聞こえても特に迷惑とは思いませんでした。 (むしろ猫好きなので初めは「どんな猫ちゃん飼ってるのかな?」と思うくらいでした。 ) が!…そんな思いもあっという間に吹っ飛びました。 ある朝、洗濯物を干そうとベランダへ向かった瞬間、何も居ないはずのベランダ から何者がコチラをジッと覗いているではありませんか!心臓が止まるかと思いました…。 隣の猫だとすぐ分かったので、その場で猫をだっこして、お隣へ連れて行きました。 その時はお隣も「まぁ!すみません。 」程度だったので、不注意から入ってしまったのだな…と思っていたのですが。 ユーザーID: 2271416115• 「…やめてください。 」 (2) その頃から、気付くとベランダの扉が10数センチ開いていたり、 なぜかバスルームの床に土が転々と落ちていたり…ということが事が何度も何度も続きました。 初めは家族の誰かが閉め忘れたのだろう…と思っていたのですが。。 一向に犯人が分からず、ただ、なにぶん高層階なので泥棒が侵入しているとも考えにくく、しかしかなり気味悪く思っていました。 そうこうしているうちに、キッチンの食器棚の側面に予想外のものを見つけました。 泥だらけの足で猫が棚をよじ登った跡です。 そう、あろうことか犯人は隣の猫…。 ベランダの戸を開けて再三ウチに侵入してきていたのです。 当初は「お隣もわざとじゃないだろうから」と大目に見ていた母も「これは、さすがに…」と 苦情を言いに行ったのですが、ただお隣の方には困った顔で 「(猫が、ベランダに)出たがるんですよね。 この子、外が好きなんです。 」と言われたそうです。 分譲マンションということであまり強くは言えなかった母も失敗だったと思いますが…。 それからも、お隣は何ら変わりなくドンドン猫ちゃんの望む通りにベランダにお出しになっています。 ユーザーID: 2271416115• それからも侵入の現場を押さえたときは、猫ちゃんを連れて行くついでに注意していましたが お隣の反応に一切の変化なし。 我が家では、もはや諦め半分、用のある時以外は逐一ベランダ側の鍵を閉め、夏場などやむなく網戸にするときは突っかえ棒でロックしています。 いちいちこんな面倒な生活を強いられていると、もはや誰の家だかわかりません。 トピ主様の猫ちゃんが、どこまで人間の言葉が理解できるのかは分かりませんが、 どこからどこまでが自分の飼い主が所有するスペースか…まで理解できる猫ちゃんは早々いないと思います…。 そもそも、高層階だからNG…ということではありませんよ。。 基本的な事をご存じないようですが…ペット飼育OKだろうとなかろうと、 マンションは『集合住宅』です。 >ベランダの日向ぼっこを楽しみにしているのに閉じ込めておくのもかわいそうだし・・・ そう思うのであれば、どうぞ、猫ちゃんの為に一軒家でのびのびと飼ってあげてください。 猫ちゃんへの気遣いも大切ですが、ご近所への気遣いもお忘れなく。。 ユーザーID: 2271416115• >マンションの規約違反では? 同じくマンションの9階に住んでます。 「猫って高い所から落ちてもクルっと1回転して着地するイメージがあるけど、それはたまたま運が良かっただけで、上手く着地できないことのほうが多い」と獣医師さんから聞き、一切ベランダには出していません。 ベランダの手すりなどを歩いているときに、ふとした物音に驚いて落下という事故は割と多いそうです。 それに飛散する毛などで周囲のお家に迷惑をかけるかもしれないということもあります。 猫ちゃんがベランダから落ちて大変な目にあったのに、それでもなお、ベランダに出そうと思われるのはなぜなんででしょう? ひなたぼっこは室内でも可能ではありませんか? うちは日当たりの良い窓際にキャットタワーを置いてます。 猫たちはキャットタワーだけでなく、日なたを追い求めて移動してますが... わざわざ危険を冒してベランダに出すのではなく、室内だけでも快適に過ごせるようにしてあげる方が安全だし、他の居住者の方に迷惑をかけることがなくて良い様に思えるのですが、いかがでしょうか。 ユーザーID: 6017612111• やめるべき 前のマンションではお隣へベランダから侵入、室外空調機の上で昼寝、いくら呼んでも来れないとわかっているからなんとも・・・。 最初はクリームなどで釣ったのですが、それも駄目。 お隣もネコ好きで知り合いなので助かったのですが、妻が連れに行く日々でした。 ごめんさい。 それは別として、うちのは生まれて半年で三階から落ちました。 夜のヘッドライトを追ったようです。 夜間病院へ行き、金三万円也。 そこの獣医師から「落ちるネコは幾度も落ちます。 気をつけて下さい」とのこと。 その後隙あらば脱走を繰り返しますが、階段などは昇っても降りれない。 その割りに(運動神経ない)手すりの裏側(背筋がぞっとします)を歩くし・・ネコでも反射神経や状況判断の鈍いものもいます(うちのです)。 絶対出しません。 窓辺で寝てますが、たまにテラスへ出ると付いて出ようとしますが、最近は諦めます。 ただ網戸越しに空気だけは嗅がせています。 「落ちるネコは落ちます」これ本当です。 ユーザーID: 7828321436• もうやめて ペット可さんが、集合住宅の規約について、とても解りやすく説明して下さっていますが、 単純に考えてみても、飼い猫は大切な家族、子供も同然と思うのであれば、 子供をベランダに出し遊ばせ、目を離すというのは、育児放棄と一緒ではないですか? それも落下という最悪の経験を経て、また再度トライしたいと思う気持ちがわかりません。 トピ主さんの猫ちゃんも、さぞ恐怖だったことでしょう。 同じ思いをさせるのは罪です。 そもそも動物が地上8階の位置で暮らす習性など、持ち合わせて生まれるわけもなく、 手摺を歩き回ることの危険性認知など出来るほうが少ないと思います。 ただ「動物好きだから」という理由で、集合住宅で動物を飼育するのは、あくまでも人のエゴだと思います。 飼う以上は細心の注意を払い、目を届かせるのが義務ではないでしょうか? ユーザーID: 3436097999• かわいそう? ここで感情を発散されても…と書かれてしまいましたが、少なくとも感情発散の為に発言したのではありません。 色々な立場からコメントできる公共性のある掲示板ですので、我が家のようなケースを生む可能性(居室内に侵入するまではいかなくとも)も多少はあるということをお考え頂きたく、発言させて頂きました。 私自身も以前10数年間、猫が好きで飼っていましたので(その時はマンション住まいではありませんでした)猫を愛しく思う気持ちは理解できます。 ベランダから転落したということは、猫ちゃんはそこに乗っていたのではないでしょうか。 そこから飛び降りれば転落ですが、そこを直進していけば、隣に侵入…ということにはならないでしょうか。 ちなみに、友人宅のベランダにもお隣の猫が侵入してきたことがあると聞いたことがあります。 ユーザーID: 2271416115.

次の