ストーリー 投稿貼り付け。 【インスタ】ストーリーにURLリンクを挿入する方法と2つの条件とは?

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説

ストーリー 投稿貼り付け

もくじ• 自分の動画をInstagramストーリーに載せる方法 インスタストーリーは24時間という制限があるため、「今〇〇しています」という投稿がたくさん上がってきています。 そんなとき、自分でチャンネルを持っている人なら「さっきYouTubeに投稿したよ!」と動画の一部を紹介したいと思うことがありますよね! インスタストーリーにYouTubeのURLを載せられる条件 今のところ、企業アカウントなどインスタ公式に承認されていない個人が、 ストーリーにYouTubeの動画をそのまま投稿することはできません。 他のSNSであれば動画のURLを貼り付けが簡単に投稿できるのですが、インスタでは外部リンクのURLを貼ることが出来ないからです。 一般人がインスタに載せられるURLはひとつだけ。 プロフィールに載せられるURLのみです。 その他キャプションにURLを載せてもリンクは貼り付けられません。 ストーリーで下から上にスワイプするとリンク先に飛ぶ機能は、 フォロワーが1万人以上でないと使えない機能なのです。 例えば下の画像のような投稿ですね。 上にスワイプするとリンク先が見られる! スパムなどの対策のためにも、フォロワー1万人以上という厳しい制限を設けているのですね。 YouTubeとの連携・誘導する方法はある? YouTubeとの連携・誘導する方法は、 フォロワーを1万人以上にして外部リンクの貼り付け機能を解放し、 更にインスタからの審査を受けましょう。 その機能が解放されたら、自身のYouTubeと連携して誘導することが出来ますので、まずはフォロワー1万人を目指すところから始めて見てください。 もしもその機能がまだ解放されていない場合は、 残念ながらストーリーズにはURLを貼り付けることが出来ません。 代案としてはプロフィール画面にYouTubeのURLを書く方法があります。 URLが外部リンクされる このURLをタップすると、YouTubeのURLを貼り付けることができます。 まずは このリンクからYouTubeに誘導してみましょう。 そしてあなたのYouTubeチャンネルの登録者に、インスタをフォローするように呼びかけるのも良いですね。 1万人を目指しましょう! 他の人の動画をInstagramストーリーに載せる方法 動画は横長の長方形のものがほとんどなのに対し、ストーリーは縦長の長方形で投稿されるので、YouTube動画の内容をすべて紹介することはできません。 しかしストーリーはリアルタイム感があるので、YouTubeの動画を観ていて「この動画に感動した!」とシェアしたい場合がありますよね。 クリップボックスを使ってインスタストーリーへYouTubeを載せる方法 ストーリーにYouTube動画を投稿したいなら、 一度カメラロールに動画を保存する必要があります。 今回は クリップボックスを使ったやり方をご紹介しましょう! こちらがクリップボックスのアプリです。 チェックを入れてから「カメラロール」をタップ 動画の左側にチェックを入れて、 下に出てきたものの中から「カメラロール」をタップします。 これでカメラロールに保存完了です! あとはインスタストーリーを開き、カメラロールから先ほどの動画を選んで投稿するだけです! 方法はあるが著作権の侵害に注意!必ず許可を 先ほどの方法でやればインスタのストーリー以外にも通常の投稿でもYouTube動画を載せることができますが、YouTube動画を投稿するときには 著作権侵害に注意してください! 当たり前のことですが、YouTubeの動画はそれを作った人がいます。 無断で載せると著作権を侵害してしまい、インスタから動画を削除されることがあります。 YouTubeを引用するときは許可を ストーリーに載せる際は「引用」という形になります。 引用の際には 出典元を明記したり、 作成者に承諾を得たりといった引用ルールに従うようにしましょう。 また、映画の盗撮といった 違法行為の動画は絶対に載せないようにしましょう。 もし知らずに載せてしまい、後から知った場合はすぐに投稿を削除しましょう。 違法と知りながら放置することは絶対にやめましょう。 (最悪の場合は削除だけでなく、訴えられてしまう場合もあります。 ) 一方、 自分で作成した動画の場合は、著作権は自分にあります。 なので 自分の動画であれば載せることには何の問題もありません。 YouTubeとインスタをうまく活用していってくださいね。 2020年現在、通常のアカウントではYouTubeとの連携ができない 昔は文章に注目が集まっていたのが、最近は写真、そして動画コンテンツへと注目が集まってきています。 しかしインスタではFacebookやTwitterと連携はできますが、現在YouTubeとの連携ができません。 しかしこれから先、動画コンテンツがさらに力を増していくことや、ユーザーのニーズが高まることを考えると、今後のインスタアップデートでYouTubeとも連携できるようになるかもしれませんね。 ますますインスタは進化していきそうなので、これからに期待です! 詳細 今までの日記風やつぶやき風のSNSと大きく違い、世間に新しい風を吹かせた斬新なSNS・インスタグラムは写真や動画を中心としたSNSアプリです。 ビジュアルに訴えかけるため、言葉や国境の壁を超えて世界中の人と繋がれます。 そんなインスタには通常の投稿と違い、ストーリーという24時間で投稿が消えるリアルタイムに特化した機能もあります。 24時間以上保存したいものはハイライト機能を使って長期保存もできるようになりました。 そのストーリーには今自分が見ているもの、いる場所など、自分のリアルタイムを投稿することができますが、YouTubeの動画を引用したいという人もいるでしょう。 今回はストーリーにYouTube動画を載せる方法を解説します。 InstagramストーリーにYouTubeからの動画を載せてみよう インスタストーリーは24時間という制限があるため、「今〇〇しています」という投稿がたくさん上がってきています。 そんなとき、YouTubeの動画を観ていて「この動画に感動した!」とシェアしたい場合や、自分でチャンネルを持っている人なら「さっきYouTubeに投稿したよ!」と動画の一部を紹介するという使い方もありますよね。 ストーリーに投稿できる動画の長さは15秒までと短ですし、動画は横長の長方形のものがほとんどなのに対し、ストーリーは縦長の長方形で投稿されるので、YouTube動画の内容をすべて紹介することはできません。 ですが、ストーリーのこの「リアルタイム感」という特徴を利用するとインスタとYouTubeをうまく連携させながら活用することができますよ! クリップボックスを使ってインスタストーリーへのYouTubeの載せ方 ただ、インスタストーリーにYouTubeの動画をそのまま投稿することは今のところできません。 Twitterなどであれば動画のURLを貼り付ければ簡単に投稿できましたが、インスタのURLには制限がかかっているのです。 ストーリーにYouTube動画を投稿したいなら、一度カメラロールに動画を保存する必要があります。 今回はクリップボックスを使ったやり方をご紹介しましょう! チェックを入れてから「カメラロール」をタップ 動画の左側にチェックを入れて、下に出てきたものの中から「カメラロール」をタップします。 これでカメラロールに保存完了です! あとはインスタストーリーを開き、カメラロールから先ほどの動画を選んで投稿するだけです! インスタでYouTube動画を投稿するときは著作権違法に注意 先ほどの方法でやればインスタストーリー以外にも、通常の投稿でもYouTube動画を載せることができます。 ですが、YouTube動画を投稿するときには著作権違反・違法ダウンロードには注意してください! YouTubeにある動画には当たり前ですが、その動画を作った人がいます。 無断で載せると著作権法に違反してしまい、インスタから動画を削除されることがあります。 出典元を明記したり、作成者に承諾を得たりといった引用ルールに従うようにしましょう。 また、映画の盗撮といった違法行為の動画は絶対に載せないようにしましょう。 もし知らずに載せてしまい、後から知った場合はすぐに投稿を削除すれば問題ありません。 知っていて放置することはやめましょう。 自分の動画を載せることには何の問題もありません。 YouTubeとインスタをうまく活用していってくださいね。 インスタストーリーにYouTubeのURLを載せられる条件 一般人がインスタに載せられるURLはひとつだけ。 プロフィールに載せるURLのみです。 その他キャプションにURLを載せてもリンクは貼り付けられません。 ただ、たまにインスタのストーリーで下から上にスワイプするとリンク先に飛ぶ機能があるのを見たことがありませんか?下の画像のような投稿です。 上にスワイプするとリンク先が見られる! これを使ってみたいという人が多いかと思いますが、実はフォロワーが1万人以上じゃないと使えない機能なのです。 インスタは外部リンクには厳しくスパムなどの対策のためにも、フォロワー1万人以上という制限を設けているのです。 ただ1万人以上になれば使えるわけではなく、インスタからの審査もあるようです。 もし今「私は使えるよ」という人がいたら、そこに自分のYouTubeチャンネルをリンク付けして紹介してみるといいかもしれませんね。 2017年のインスタグラムはYouTubeとの連携ができなかった 昔は文章に注目が集まっていたのが、最近は写真、そして動画コンテンツへと注目が集まってきています。 インスタにも写真や動画を投稿できるものの、まだまだYouTubeの方が動画の影響力が大きいです。 インスタではFacebookやTwitterと連携はできますが、2017年まではYouTubeとの連携ができませんでした。 だけどこれから先、動画コンテンツがさらに力を増していくことを考えると今後のインスタアップデートでYouTubeとも連携できるようになるかもしれません。 ますますインスタは進化していきそうなので、これからに期待です!.

次の

【スワイプさせたい】インスタのストーリーにURL(リンク)を挿入するための絶対条件とは?

ストーリー 投稿貼り付け

インスタの投稿にURLを貼り付ける方法 残念ながら、インスタの投稿にURL リンク を貼り付ける方法は存在しません。 より正確には、インスタの投稿にはURLを貼り付けることができますが、それはリンクとして機能しない リンク先のページが開かれるわけではない ということです。 こちらがURLを貼り付けてみた投稿です。 キャプリョンのところにURLを貼り付けてみましたが、 投稿画面を見てもリンクとして機能していません(赤枠部分参照)。 タグ付けは違うし、位置情報を追加しても意味ないですもんね。 さらに、投稿画面下側のFacebookとかは連携というか、「同時に投稿」する仕組みなため、ここをいじってもリンクは機能しません。 試しにURLをタップしてみた図。 投稿詳細画面に飛ぶだけで、これ以上タップしてもリンク先のページは表示されません。 このように、 インスタではURLを貼り付けることができても、リンクとして機能しません。 オシャレなコンセプトを保つため、リンクが氾濫して商業色が全面に押し出されるのを回避したのでしょうか。 いずれにせよ、このようにリンクが機能しないため、インスタではTwitterのようにアフィリエイトリンクを貼り付けることができません。 インスタでウェブページに誘導したい場合 それでは、インスタで特定のウェブページに誘導したい場合、どのような方法を取れば良いのでしょうか。 以下の方法が考えられます。 プロフ欄にリンクを貼る• インスタに広告を出稿する プロフ欄にリンクを貼る 実はインスタには、プロフィール欄に1つだけウェブサイトを貼り付けることができます。 しかし、プロフィールの紹介文の欄ではありません。 紹介文の欄にこのように貼り付けると、リンクとして機能しません。 プロフィール編集画面の、 「ウェブサイト」という欄に自分のURLを貼り付けると、赤枠のようにリンク付きでURLが表示されるようになります。 上のように貼り付けたURLがリンクとして認識され、そのページに飛ぶことができるようになります。 そのため、もし特定のリンクを踏ませたい場合、「自分のトップページ プロフィール への誘導」が必須となります。 投稿画像に「詳しくはプロフィールのリンクから」といった形で訴求しなければなりません。 検索を促す もう一つ、方法があります。 例えば、シャンプーの写真を掲載して、そのキャプションに「〇〇(シャンプー紹介サイト)シャンプーで検索」といった形で投稿してみてください。 そうすれば、特定の商品名であればおそらく、誘導したいページにたどり着くはずです。 しかし、この方法はデメリットがいくつかあります。 アフィリエイトIDが反映されない• コンバージョンが著しく落ちる• 検索結果から思うように誘導できない まず、 アフィリエイトでInstagramを活用しようとしている場合はアウトです。 IDが反映されないため、どれだけ送客しても1円にもなりません そのため、インスタでは記事広告というか、企業や代理店から直接依頼を受けて投稿をするモデルが多く存在します。 そして、よっぽどその商品やサービスを気に入らないと検索しない上、検索から別の商品やサイトに行く場合もあるため、 コンバージョン(Webサイトにおける最終的な成果、どれだけ人気かということ)は著しく低下してしまいます。 また、検索結果から思うように誘導できない場合もあります。 自社商品・サービスが1位にならなかったり、最適化された検索結果により自社ページが弾かれたりする可能性もありますよね。 ちなみに、どうしても検索結果で上位を狙いたい、というのであれば「Google AdWordsの広告を出す」という手もありますが、これを使うぐらいなら、下で紹介するインスタのインフィード広告を使用したほうが賢明です。 インスタのインフィード広告を使う 上記画像がインスタのインフィード広告になります。 あたかも普通の投稿のように見えて実は広告ですというやつですね。 これに関しては、リンクやインストール画面へのボタンを埋め込むことができます。 インスタのアカウントがなくても出稿でき、Facebookと同じように詳細なターゲット設定ができる点で素晴らしいサービスです。 ただ、ここまでお金をかける前に「Twitterやその他SNSでの集客が可能ではないか?」という点を考えてみるべきとは思います。 インスタストーリーでもURLを貼ることができる可能性がある インスタのストーリーを使ってURLを貼り付けることもできるのですが、一般ユーザーはこの方法を使うことができません。 インスタのストーリーにURLを貼り付ける場合は、以下の条件を満たす必要があります。 インスタが認証した人• インスタのフォロワーが1万人以上のアカウント 要するに「人気がある人」でないとストーリーにはURLを貼ることができないので、ストーリーに貼り付けたい場合はあまり現実的ではないかもしれません。 インスタのストーリー編集画面からURLを貼る項目が追加されるので、確認してみてください。 外部ツールを利用してインスタにURLリンクを複数貼る方法 外部サイトを利用してインスタに複数リンクを貼り付ける方法もあります。 厳密に言うとインスタには複数のリンクを貼るわけではなく、 上記の「プロフィールのリンク欄に複数リンクがあるページを貼り付ける」方法となります。 上記画像のlinktreeというサイトに登録して、そこでURLをいくつか設定してください。 linktreeに登録すればそのままURLを貼り付けるページが出てくるので、そこに紹介したいページを複数貼り付けてください。 最後に自身のlinktreeのURLをインスタのプロフィールのリンク欄に貼り付けましょう。 キャプションにアカウントリンクを置く 通常、外部サイトのURLを投稿に貼ると、リンクとして機能しません。 しかし、 インスタアカウントを投稿のキャプションに置くと、アカウントに飛ぶためのリンクとして作用します。 また、プロフィールにリンクを置くことは出来るので、これらを利用してリンクに促すことが出来ます。 アカウントを複数作成• すべてのプロフィールに別々のリンクを貼る• フォロワーの多いアカウントで投稿• キャプションで誘導したいリンクの貼ってあるアカウントリンクを添付 以上の工程で、インスタ内でも複数のリンクを貼ることが可能です。 インスタにURLを貼り付けたい場合の注意点 インスタのプロフィールのリンク欄にURLを載せたとしても消されてしまう可能性があります。 以下のようなURLを貼った場合、もしかしたらリンクが消されている可能性があります。 詐欺などに関連するサイト• アダルトサイト• スパム系のサイト など このようなURLを貼り付けてインスタが発見した場合、 URLを消されてしまうだけでなくなんらかの警告を受けたり、アカウントを停止されてしまう可能性があります。 プロフィールのリンク欄でなくて投稿に検索を促してインスタ運営が発見した場合もアウトなので、このようなサイトを宣伝しないようにしてください。 そのようなサイトを宣伝していなかったとしても、 「インスタ側の不具合」によって消えてしまう可能性はあります。 普通のサイトやSNSのURLを貼ったのに消されてしまった場合は、インスタの運営に問い合わせするようにしてください。 編集後記 今回は、インスタにリンク URL を貼り付ける方法を解説すると共に、投稿画面以外から特定のWebページに誘導する方法を解説しました。 Twitterと違い、個人事業主に対してちょっぴり厳しい感じですね!笑 それでも、情報商材の人たちはランディングページやラインアットに頑張って誘導しているので、それも参考にしてみるといいかもしれません。

次の

【インスタ】ストーリーにURLリンクを挿入する方法と2つの条件とは?

ストーリー 投稿貼り付け

Instagramに音楽を付ける方法 音楽を再生しながらInstagramストーリーを撮影する Instagramミュージック使えないiPhoneユーザーなら、無料でインスタストーリーに音楽を付ける方法があります。 詳しいやり方について以下の内容をご覧下さい。 音楽プレーヤーを起動してお好きな音楽を選択し、開始したいところで一時停止します。 Instagramを起動して、カメラアイコンをタップします。 スマホ画面を下から上にスワイプして、コントロールセンターを開きます。 「ミュージック」の再生ボタンをタップして一時停止した曲の再生を始めます。 曲が始まったらすぐにコントロールセンターを閉じて、インスタグラムでストーリーを撮影します。 最後に、音楽付きのInstagramストーリーを公開します。 動画編集アプリBeeCutを使う BeeCutは使い勝手がいい動画編集アプリであり、編集に必要な機能が豊富に備えられています。 5つのアスペクト比(16:9、9:16、4:3、3:4、1:1)が提供され、InstagramやTikTokなどに直接に投稿できる動画を作成可能です。 iTunesや他のアプリから曲を導入できるので、InstagramのストーリーにBGMを追加することが簡単です。 アプリストアからBeeCutを入手してインストールします。 その後起動します。 画面真ん中の「+」、または底部にあるハサミアイコンをタップして、撮影された動画を選びます。 アスペクト比を選択して編集画面に入ります。 音楽の「追加」をタップしてiTunesミュージック、或いは「曲をインポート」からお好きな音楽を選択します。 「使用」をタップして動画に追加します。 必要があれば動画を編集します。 完了したら右上隅にある「出力」をタップして曲が付けられたインスタストーリーを保存します。 はプロの動画編集ソフトであり、動画の上に画像を貼り付けたり、フリーズフレームやビデオコラージュを作成したりすることなど、より多くの機能を内蔵しています。 Instagramストーリーをより素晴らしく作成したいならお勧めします。 動画編集アプリVivaVideoを利用する はたくさんのYouTuberさんも使っている多機能の動画編集アプリです。 機能が多いですが複雑ではなく、初心者でも使いこなせます。 無料版では出力された動画の長さが5分以内で広告が表示されます。 無料ユーザーには一部の機能制限があり、VIPになったら全機能を使えます。 Instagramストーリーに音楽を載せる方法は以下です。 VivaVideoを起動して「編集」をタップして撮影された動画を選択します。 選択してからその場で動画の必要な部分を切り出すことができます。 「続行」をタップして編集画面に入ります。 「テーマ・BGM」を選択し、「オンライン」、「ダウンロード」、そして「My music」からお好みの曲を選びます。 「追加」をタップして動画に入れます。 ニーズに合わせて動画を編集します。 まとめ インスタのストーリーに音楽を流せる方法、Instagramストーリーに音楽を流せるアプリは以上でした。 広告なし無料で全機能を使えるアプリが必要な場合、BeeCutがお勧めします。 昔のバージョンは英語ですが、最新バージョンはすでに日本語対応になりました。

次の