急性 胃腸 炎 大人。 急性胃腸炎は人にうつる?症状や主な原因と潜伏期間について

ウイルス性胃腸炎は大人もかかる!仕事復帰後の注意点

急性 胃腸 炎 大人

急性胃腸炎の原因は、ウイルス感染や食中毒などいろいろとあるのですが、 ストレスも主な原因の1つとなってしまうようです。 なぜストレスが急性胃腸炎の原因になるの? 人間はストレスを感じると、脳が刺激を受けます。 この刺激が自律神経によって胃や腸などの消化器官へと伝えられ、 胃腸の運動が活発になるのです。 胃の場合は胃酸の分泌が促進されて、消化管の血流が減少してしまうのです。 その結果、 過剰に分泌された胃酸によって胃の粘膜が荒らされてしまい、 炎症起こすことで急性胃腸炎になってしまうです。 アルコールや暴飲暴食も原因に・・・ 胃や腸の主な役割は、食べたものを消化することです。 したがって、ストレス発散といってお酒を大量に飲んだり、 大量に食べたりするということが続いてしまうと、 直接的に胃腸に負担をかけてしまうことになります。 これはストレスによってすでに荒らされた胃や腸にとっては、 ダブルパンチの状態で、発熱や腹痛、下痢、嘔吐などの症状が重くなることもあるようです。 ですから、いくらストレスを発散するためにアルコールや おいしいものを食べると言っても、ほどほどにするようにしましょう。 ストレスを解消するために・・・ 現代社会はストレス社会と言われていて、大人も子供もストレスを感じています。 いったいどこで気を抜けばいいのかわからないという状態かもしれないのですが、 軽くストレッチをしたり、歩くときに手を大きく振ったりするだけでも 体はリラックスすることができます。 また、睡眠や読書、音楽などといった自分だけのストレスを解消する方法を見つけるようにしましょう。 急性胃腸炎の症状は大人も要注意!?どれぐらい続くの? 急性胃腸炎の下痢や嘔吐などの症状が長引いてしまうと、 外出することもできなくなってしまいます。 軽い急性胃腸炎であれば、 2~3日ぐらい経てば症状が落ち着くのですが、 ひどい状態のときは 1週間以上と長引いてしまう場合もあるようです。 その人の体調や何が原因なのかによって胃腸炎の対処法は異なってくるのですが、 急性胃腸炎の場合は食べたら吐き出すという繰り返しが症状なので、 本当にひどい症状と感じた場合は 何も食べないというのも1つの方法です。 急性胃腸炎の症状を早く治すためには・・・ 急性胃腸炎の症状がひどい場合、食べたらすぐに出てしまうということが繰り返され、 それが悪循環になってしまうことがあります。 したがって、胃の中を空っぽにして、刺激を与えないようにするためにも、 嘔吐や下痢をしている間は 何も食べないようにすると治るのが早くなることもあるようです。 人は2~3日の間何も食べなくても大丈夫なのです。 しかしながら、この場合でも脱水症状を防ぐために、必ずこまめな 水分補給は行うようにしましょう。 急性胃腸炎を早く治すためには、初めは食事を取らないことや 食べるものに気をつけるなどして、なるべく 胃に負担をかけないようにすることが大切になります。 急性胃腸炎の嘔吐や下痢の症状がおさまっても、すぐにいつも通りの食事に戻すのではなく、 まずは おかゆなど少しずつ胃を慣らすような食事を心がけるようにしましょう。 急性胃腸炎の自宅でできる応急処置とは? もし急性胃腸炎になってしまったら、理想としては病院へ行くようにしましょう。 しかしながら、すぐに病院へ行けない場合や病院に行くほどではない軽い症状のときもあると思います。 そんなときに急性胃腸炎が楽になる 自宅でできる応急処置について紹介します。 を挙げます。 温める 体が冷えていると、急性胃腸炎による腹痛をひどく感じるので、 温めて血行を良くして胃腸の働きをを良くするようにしましょう。 寒い冬やクーラーを使う真夏は、日ごろから体を冷やさないように心がけましょう。 簡単に温める方法としては、 カイロがおススメです。 お腹の痛い部分にカイロを当てるようにしましょう。 服に張るタイプのカイロを使うこともおススメです。 そして、すぐに温めるためには ドライヤーも効果的なので、 服を着た上から温風を軽く当てるようにしましょう。 どちらも使う場合には、低温やけどに注意しましょう。 また、 腹巻なら普段から穏やかに温めることができます。 夏用で薄い生地の腹巻なら、服の上からも目立たないのでぜひ試してみてください。 お腹だけではなく、 太ももや足先など下半身を温めるのも効果的なので、 応急処置としては 徹底的に冷えを防ぐようにしましょう。 牛乳を飲む 急性胃腸炎では胃の粘膜に炎症が起こり、保護機能が弱ってしまい低下しているので、 胃酸によって胃がさらにダメージを受けてしまいます。 そこで、牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあるので、 牛乳を温めて少しずつ飲むようにしましょう。 ただし、嘔吐や下痢がひどい場合や食べすぎが原因による急性胃腸炎の場合は、やめておきましょう。 牛乳が苦手な方はヨーグルトを食べるといいですよ。 牛乳と同じく胃の粘膜を守る作用があります。 急性胃腸炎の原因が何なのかわからないですし、本当に急性胃腸炎なのかも定かではないからです。 同じ急性胃腸炎でも効果的な薬は違ってくるので、 どうしても腹痛や下痢、嘔吐などがつらいときは、 「 健胃薬」や「 整腸剤」に分類される薬を服用するようにしましょう。 下痢止めや吐き止めは、体の中の有毒な物質の排泄を妨げることなるので、 服用しないようにしましょう。 ここで紹介したのはあくまで自宅での応急処置なので、 症状がひどい場合は様子をみて病院へ行くようにしましょう。 まとめ 最後になりますが、急性胃腸炎の腹痛や下痢、嘔吐などの症状は、 大人でも甘く考えていては痛い目に合うことがありそうです。 ここでは急性胃腸炎の自宅でできる応急処置について紹介したのですが、 あまりに症状がひどく長引く場合は病院へ行って診てもらうようにしましょう。

次の

急性胃腸炎の大人の症状とは!原因はこれだった!

急性 胃腸 炎 大人

見出し一覧• 急性胃腸炎の症状!大人は熱? 急性胃腸炎の主な症状は風邪症状、胸やけ、むかつき、嘔吐、腹痛、発熱、下痢などです。 また、体の免疫力が反応して発熱するのですが、体温が上がることで体内のウイルスが増えにくくなります。 この時も自己判断で解熱剤を服用してしまうと、ウイルスが体内で長く生きてしまい、体はまたもう一度は発熱してウイルスを殺そうとしてしまいます。 胃腸炎による発熱は大体1〜2日くらいで自然に下がりますが、どうしても辛く解熱剤を服用したい場合は医療機関で相談しましょう。 39〜40度近い高熱がでて、冷や汗が吹き出したり、立ちくらんで転倒したりする場合も有りますので、医療機関へ出向く際は気をつけましょう。 急性胃腸炎の時に点滴は必要? 発熱や下痢嘔吐がひどい場合、脱水症の危険が大きくなります。 下痢嘔吐がひどい場合は食べたり飲んだりせず胃腸を休ませることが大切ですが、 脱水症にならないために吐いた分の水分を水やお茶、スポーツドリンクで補おうとすると、逆に脱水症状が悪化し、極端な場合けいれんを起こしてしまう場合もあります。 下痢嘔吐の時には水分と一緒に胃液や腸液といった消化液も失われます。 消化液には 電解質(ナトリウム・カリウム・塩素)が含まれており、下痢嘔吐でそれらが失われることにより電解質バランスを崩し脱水症を引き起こします。 Sponsored Links さらにそこへ電解質のほとんど含まれていない水やお茶、電解質の少ないスポーツドリンクなどを飲むと、さらに電解質バランスを崩し最悪の場合、昏睡状態に至ります。 脱水症を起こさないためには、薬局などで売られている経口補水液「OS-1」や「アクアライト」を少量ずつ摂取しましょう。 経口補水液は「飲む点滴」などとも呼ばれていますが、やはり重症の場合は医療機関で受診し、点滴を受けることが必要です。 ちなみにスポーツドリンクも電解質を含んではいますが、汗で失った水分と電解質を補う目的で作られており、経口補水液に比べ電解質量が低く、糖分が多く含まれています。 糖分は分解する際、胃に負担がかかり、下痢嘔吐の際は避けた方が良いとされています。 スポーツドリンクをどうしても飲みたい場合は水で半分に薄め、 常温で飲むことをお勧めします。 先に記したとおり、電解質の少ないスポーツドリンク、水、お茶などは下痢嘔吐の時大量に摂取することは避けましょう。 会社を休む場合はどうするの ウイルス性の胃腸炎は感染力が強く、通勤通学途中や学校・職場で周りの人に移してしまう可能性が有ります。 細菌性のものは人から人への感染力は低いとされています。 中でもノロウイルスは感染力が強く、集団感性や集団食中毒を招く恐れがあります。 ノロウイルス1カ月近く体内に残り、便・嘔吐物にも排出され、年間2000人もの死亡者が出ています。 また、 ノロウイルスに汚染された便や嘔吐物は乾燥した状態で20日ほどは感染力が有るとも言われています。 自宅養療の期間は下痢や嘔吐がなくなり、食欲などの体の状態が元に戻るまでとされています。 ただ、下痢嘔吐が治まったからと言っていきなり普通の食事に戻してしまうと、完治していない胃や腸に負担がかかりまた、ぶり返してしまう恐れがあります。 便が水様便なら水分を、便がやわらかくなってきたらペースト状の食べ物を、便に形が戻ったら形の有る食べ物を、という具合にだんだんと移行していきましょう。 栄養をつけなくては!とか体力がないと病気が治らない!などと無理に食べるのはNGです。 特に吐き気がある時は絶食が基本です。 胃の受け入れ態勢が整えば、自然とお腹が空き、自然と食べられるようになってきます。 インフルエンザのように登校停止・出勤停止期間と言うのは法令上、定められていません。 ただ、 感染力は1週間から1カ月は有ると考え、熱が下がり、下痢嘔吐の症状が治まってからの登校・出勤を考えるようにしましょう。 また、会社の就業規則などに感染症にかかった場合の定めがある場合も有りますので、確認してみましょう。 自己判断できない場合は、医療機関で尋ねてみましょう。

次の

胃腸炎の症状は食事で改善する〜急性胃腸炎の原因と食べ物について〜

急性 胃腸 炎 大人

Sponsored Link 大人の胃腸炎は何が原因で起こる? 一般的に胃腸炎の原因といえば、次のものがあります。 細菌(サルモネラ、O-157、腸炎ビブリオなど) 夏になると食中毒がよく話題になりますよね。 肉や魚などの加熱不足や手洗いや食器の消毒が不十分だった場合に起こります。 ウィルス(ノロウィルスやロタウィルスなど) 主に冬場になると「ノロウィルス」が流行しますが、これは、 牡蠣などの二枚貝が原因になることが多く、人から人へも感染します。 胃腸炎の原因は他にもあります。 暴飲暴食• カフェイン、アルコール、辛いものなどの刺激物の摂りすぎ• 強い精神的ストレス• 寄生虫• 化学物質 などがありますが、 中でも一番注意しなければならないのは、 「ストレス」だと言われています! ストレスが溜まると、お酒の飲みすぎや食べ過ぎになり胃腸への負担が増し、またストレスが溜まる…という悪循環を招きやすいといえます。 Sponsored Link 大人の胃腸炎の症状は? 胃腸炎の症状は、病原体により異なり、個人差もあります。 一般的には次のような症状があらわれます。 吐き気• 下痢(細菌性の場合は、血便も)• 発熱 ひどくなると、 血圧低下や意識障害などのショック症状を引き起こすこともあります。 胃腸炎の症状は風邪の症状と似ていることもありますが、感染性胃腸炎の場合、 吐き気や嘔吐、突然の激しい腹痛と水様性の下痢便が何度も繰り返されるのが特徴です。 また、下痢や嘔吐が原因で脱水症状になり、発熱が起こることもあります。 ストレス性胃腸炎の場合、下痢や嘔吐、吐き気などのほか、• 胃のもたれ、むかつき• 胃の痛み• 食欲不振• 消化不良• 満腹感• 酸っぱいものが上がってくる など、胃の不調があらわれます。 また、ストレスやプレッシャーなど精神的なことが原因で 頭痛が起きたり、下痢や便秘を繰り返したりすることもあります。 これらの症状には個人差があり、人によっては「下痢しない」「下痢だけ」といった場合もあるので注意して症状をみておく必要がありますね。 それから、 40歳以上に起こりやすいといわれる「慢性胃炎」があります。 食後の胃もたれや消化不良、胸やけ、みぞおちの痛みなどの症状が繰り返される症状です。 原因の特定が難しい病気ですが、近年ではピロリ菌が原因であることが多いことが分かってきていて、ピロリ菌の除去で治療ができるようになっているようです。 治療経過はどのような形になるの? 病院で詳しい検査をすれば、細菌やウィルスなどの原因特定ができますので、対策をとりやすいとは思います。 しかし検査には時間も費用もかかってしまうため、問診のみで原因が何なのかはっきりしない場合が多くあります。 ですから、 自分の症状をしっかり観察し、病院で正確に伝える必要がありますね。 原因が分かれば、細菌性の場合は抗生物質が出され、ウィルス性の場合は消化剤や整腸剤などが処方されます。 子供は症状が長引くことがありますが、大人の場合は、 感染性胃腸炎の場合2~3日で症状が緩和され、1週間前後で自然に回復してきます。 ストレス性の場合は、心療内科へ行くと精神的ストレスからくる身体的疾患を診てもらえます。 いずれも会社や学校をお休みする期間がありますので、医師に確認しておきましょう。 治療中は次のことに気を付けましょう!• ウィルス性の場合、体内のウィルスが完全に排出されるまで、2週間~1か月ほどかかるので、手洗いや身の回りの消毒・除菌をしっかりしましょう。 下痢や嘔吐の症状があるときは、脱水症状に十分注意してこまめな水分補給を心がけましょう。 経口補水液がおすすめです。 食事を無理にとらず、症状が落ち着いて来たらおかゆやうどんなどの胃にやさしいものから慣らしていきましょう。 自己判断で市販薬を服用するのはやめましょう。 胃腸の調子が悪いときは、アルコールや刺激物の摂取はひかえ、休養をとりましょう。 まとめ 大人の胃腸炎は、細菌やウィルス、ストレスの他にも、アルコールや暴飲暴食も原因になってしまうのですね! ストレスを受けた胃腸はすでに炎症で荒らされていますので、大量のアルコールや過度な食事でさらに胃腸への負担をかけないよう、ほどほどにしなければなりませんね。 胃腸炎の症状があらわれたら、長引かないようできるだけ病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の