イチゴ の 苗 の 取り 方。 いちごの苗の増やし方!家庭菜園向けの苗作りの手順

イチゴ(苺)の苗の上手な選び方

イチゴ の 苗 の 取り 方

イチゴの栽培スペースは 畝幅の60cm程度です。 地植えではしゃがんでの収穫や作業が多くなので 隣の畝との間隔を広めにとると作業しやすいでしょう。 土づくり 植え付けの1週間前まで イチゴが育ちやすい土壌酸度は pH6. 0~6. 5です。 植え付け当日 イチゴは栽培期間が長いので 有機肥料を使用しましょう。 また実付きをよくするために 熔リンを加えましょう。 栽培スペース全体に元肥をまきよく耕します。 元肥(1平方メートルあたり)• 完熟牛ふん堆肥3L• 化成肥料100g• 熔リン50g• 魚粉 100g(なければ発酵油かす) 栽培スペースの外側から土を盛り 幅60cm、高さ10~15cm程度の畝を作ります。 苗選び イチゴは苗から育てるのが一般的です。 良い苗を選んぶことが大切です。 良い苗の特徴• 葉が4枚程度ついている• 病害虫の被害が無く、緑が濃い• クラウンが太く、しっかりとしている• ランナーの跡がついている 植え付け 60cm幅の畝に2列イチゴを植え付けます。 株間・列間ともに30cmあけポットが入るくらいの 植穴をあけます。 先にハス口をはずしたジョウロで 手を伝って植穴に水をやります。 水が引いてから苗を植え付けます。 大事なポイント イチゴの苗の「クラウン」を土の中に埋めない イチゴの「クラウン」と呼ばれる株の根本にある 王冠の形をした部分は成長点になっています。 そこを土の中に植え付けてしまうと 成長しなくなってしまうので注意しましょう。 ランナーの跡を畝の内側に向ける イチゴはランナーの跡とは反対側に 実をつける習性があります。 畝の内側にランナーを向けることで 実は畝の外側になりやすく、収穫や管理作業が やりやすくなります。 苗を植え付けた後には ハス口を付けたジョウロで 水やりをしましょう。 管理作業 冬越し イチゴは冬越しをさせて、翌春から収穫が始まります。 冬越し中は病害虫の原因になるので 枯葉や雑草を取り除く作業のみで大丈夫です。 もし雪が降る地域であれば そのままにしていて大丈夫です。 追肥・マルチ張り 年が明け、暖かくなってくる2~3月ごろに作業を行います。 雑草や枯葉などは取り除きましょう。 畝が崩れていれば直します。 畝の上から黒マルチを張ります。 畝の長さより30cm程度長く切ったマルチを 畝の畝に優しくかけ、4辺に土をかけ固定する。 マルチの上から触り、株の位置を確認してから マルチに穴をあけ、株を引き出します。 その後は1ヶ月に1回 マルチの穴から化成肥料を1つまみ(10g)をまく。 人工授粉 イチゴは雌雄同花なので 花の中心にある、雌しべと雄しべを 柔らかい筆でなでることで人工授粉できます。 授粉がしっかりと行われなかった 果実はいびつな形になり、味も悪いので しっかりと人工授粉で受粉させましょう。 ランナーの処理 開花後からはランナーがぐんぐんと伸びます。 余計な栄養素が行かないように ランナーは根本から切り取り 果実に養分を集中させましょう。 敷きワラ イチゴの果実は傷つきやすく、腐りやすいので ワラを敷いて果実を保護してあげましょう。 イチゴの株の周りにワラを敷き 風で飛ばないように縄などで固定しましょう。 また、小動物や鳥などに狙われやすいので ネット掛けをおこなうなど対策をすると良いでしょう。 収穫 開花から約40日前後で収穫の目安です。 ヘタまで赤く熟した実からハサミで収穫しましょう 苗づくり イチゴは苗を自作することができます。 イチゴは株から生えてくるランナーに子株を付けます。 それをポットにはやすことで苗を自作できます。 収穫がひと段落した7~8月ごろ 親株からのランナーをそのまま生やし子株を育てます。 また子株からランナーが延び、孫株ができます。 親株から数えて2番目以降の子株をポリポットに移し U字ピンなどで固定します。 ポリポットに子株が根付いたらランナーを切はずします。 その後は水やりをおこない、植え付けまでの大きさに育ててから 畑に植え付けましょう。

次の

イチゴ栽培☆ランナーから苗作り(子苗取り)の方法とコツ

イチゴ の 苗 の 取り 方

【チャンネル登録はこちら】 【再生リスト】 ジャンルごとに動画をまとめました。 家庭菜園の野菜の育て方 2. イチゴの育て方 3. トマトの育て方 4. 再生栽培 5. 水耕栽培 6. 観葉植物と苔 無仮植、ナイアガラ方式もありますが、小規模栽培の場合にはポット受け育苗がおすすめです。 2013年から青年海外協力隊として中米パナマで二年間活動したあとに、フリーランスになりました。 今は海外農業コンサルタントやトラベルフォトグラファー、ブロガーとして仕事をしています。 これまでに五年間35カ国以上を旅しながら、ノマド生活をしてきました。

次の

イチゴの子苗の取り方を教えてください

イチゴ の 苗 の 取り 方

その上、浅く根を張る性質もあって乾燥に弱いという一面があります。 イチゴ(苺)苗には、大きく分けると春に一度だけ実をつける 一季なりイチゴと、春から冬の初め頃まで何度も実をつける 四季なりイチゴとがあります。 四季なりイチゴは、春から秋まで長い間収穫を楽しむことができます。 前の年に栽培したイチゴ(苺)の親株から採った子株を、新しいイチゴ(苺)苗として育てる場合は、ランナーの1番目の子株ではなく、 2番目から3番目にできた子株を使います。 1番めの子株は、9月〜10月頃に行う秋の定植までに大きくなりすぎることが多く、収穫用の苗としては不向きであることがその理由です。 では、イチゴ(苺)と苗の基礎知識はこのくらいにして、元気で丈夫なイチゴ(苺)苗を選ぶコツをご紹介してみましょう。 この段階では、純粋に自分の直感で選んでいただければ大丈夫です。 私たちは、園芸の知識があっても無くても、無意識のうちに元気の良さそうな苗、生き生きとした苗、色つやの良い苗に自然と目が行くものです。 そして、いくつか選んだその苗のなかから、• 葉や茎の緑が濃い苗• 全体に色鮮やかで艶のある苗• 茎が太くしっかりとした苗• イチゴ(苺)苗のクラウンがしっかりしている苗• 土や下葉にカビや変色の無い苗 を選び分けてみてください。 イチゴのクラウンとは? 「 クラウン」は、外観がちょうど 王冠のような形に見える、苗の中心付近にある新しい 生長点のことです。 ここから新しい葉や茎が伸びて、やがては甘くておいしい果実を実らせる株に成長します。

次の