喫煙 居酒屋。 受動喫煙防止の法改正、喫煙されるお客様が多い飲食店の対策|CASIO HANJO TOWN

受動喫煙の規制逃れ? バーやスナック、例外施設に移行:朝日新聞デジタル

喫煙 居酒屋

突然ですが、パチンコ屋さんって昔と変わりましたよね。 私はパチンコが好きでたまに打ちに行くのですが、ホールは清潔になったし休憩スペースは最新の雑誌が読み放題でマッサージ機もあるし飲み物もお茶などなら無料ですし。 そして何といっても女子トイレですよ! パチンコ屋の女子トイレはあまりの綺麗さに驚いてしまいますよ。 広い個室に化粧ができる大きな鏡と洗面台が付いてある。 しかもアメニティも沢山置いてありマウスウォッシュの機械 ? もあります。 パチンコ屋に抵抗がなかったら是非、トイレ休憩に訪れて欲しいところです。 下手にコンビニなどでトイレを借りるより気軽だし・・・。 そんなことを書きつつ男子トイレはどうなんだろう?私は女なので女子トイレにしか入ったことがないのですが 当たり前 、色んなパチンコ屋さんに行きますが、殆どのパチ屋のトイレはそこらのデパート等と比較してもめっちゃ綺麗なんです。 ・・・お腹の調子が悪くなったら是非 笑 あっ今日は、パチンコ屋のトイレの話をしたいわけじゃなくて、実は今年の4月から施行される 改正健康増進法について書きたかったのでした! うちの弟が、 4月になったらタバコを吸えなくなるからパチンコ屋に行かないって言い始めて、「何それー?」ってことで、私は改正健康増進法が施行される事を全く知らなかったのでした。 改正健康増進法とは? 改正健康増進法は 2020年4月1日に全面施行されます。 厚生労働省のホームページに改正健康増進法に関して、次のように明記しています。 2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日から全面施行されることに対応したもの。 改正健康増進法では、望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、施設の管理について権原を有する者が講ずべき措置などについて定めている。 簡単に言えば、 タバコを吸わない人に受動喫煙の害が及ばないようにタバコを吸う人は沢山の人が集まる屋内施設でタバコを吸うのはダメですよという事だと思います。 今までは屋内で喫煙するのがダメな場所であってもマナーの問題で済んでいたところを今度は厳しく罰しますよという事ですかね? 正直なところ私はタバコを吸わないので、パチンコ屋で隣に座った人がタバコを吸っていると嫌だったのでこの法律は嬉しかったりもしますが、でも何だか喫煙者にますます厳しい対策で気の毒な気もしますね。 喫煙でマナー違反の人って少なくなってると思うので・・・。 改正健康増進法でどう変わる? 2020年4月施行の改正健康増進法で、 屋内での喫煙は原則禁止になります。 また、屋外であっても子供や病気の方がいるような施設、例えば学校や病院では屋内だけでなく同じ敷地内での喫煙も原則禁止になるようです。 ただ、例外的に特定屋外喫煙場所を設置することは出来る。 飲食店や居酒屋での分煙はどうなる? パチンコ屋もそうですが、受動喫煙対策のために多くの飲食店や居酒屋、駅や空港などの施設ではすでに分煙になっているところも多いですよね。 これらの施設はどうなるのでしょうか? どうやら分煙も認められず、完全に仕切った喫煙場所でないと法律違反になるようです。 喫煙室をきちんと作ることが義務付けられますね。 加熱式たばこの場合も専用の喫煙室を利用しなくてはいけないのですが、一応、飲食するのはOKのようです。 改正健康増進法に違反した場合は、 30万円以下の罰則が課せられることもあります。 これも中々、厳しいですね~。 喫煙しても良い飲食店もある 厳しい改正健康増進法の改正ですが、喫煙が許されている飲食店なども中にはあります。 個人や小さな企業が経営しているような客席面積が100平方メートル以下で資本金も5000万円以下の飲食店です。 他にも喫煙を目的としているスナックやバーなども大丈夫な様です。 ただ、今後、完全禁煙のお店が増えていくと思われます。 なので、喫煙室がある飲食店などの玄関口や喫煙室前に標識が提示されるはずなので、それをチェックしてからお店を選ぶと良いかもしれませんね。

次の

全面喫煙可の居酒屋でタバコを吸えない理不尽と行き過ぎた嫌煙

喫煙 居酒屋

飲食店運営に大きな影響がある改正健康増進法。 2020年4月1日から屋内は原則禁煙になるが、一定の条件を満たしていれば、現状の喫煙環境を継続することが可能だ。 また、東京都をはじめ複数の自治体では、国の動きに前後して独自の受動喫煙防止条例を制定している。 中には改正法より厳しい規制が盛り込まれている場合もあるので、確認が必要だ。 売上にも繋がるテーマであり無視することはできない受動喫煙対策。 たばこを吸う人も吸わない人も飲食を楽しめる店舗にするために取り組むべきポイントを解説する。 全国では約45%、東京では約84%の飲食店が規制の対象に 2018年6月に東京都の受動喫煙防止条例が、7月に国の改正健康増進法が成立した。 東京オリンピック・パラリンピックに対応するため、都条例は国の法律よりも規制内容が厳しくなっている。 両者の違いはどこにあるのだろうか。 飲食店に関する部分のみを表にまとめた。 該当するのは全国の飲食店のうち約45%。 つまり、客席面積が100㎡以下かつ資本金5,000万円以下の既存店は、地方自治体による個別の規制がない限り、これまで同様、喫煙が可能だ。 また、喫煙を主目的とするバーやスナックなども飲食と共に喫煙できる。 東京都は規制条件に従業員の有無を盛り込む 東京都の条例では、国の規制条件に加えて従業員の有無が加わっている。 客席面積の大小に関わらず、従業員を雇っている場合には原則禁煙だ。 これは弱い立場にいる飲食店の従業員を受動喫煙から守るためのもので、東京都のホームページによれば、都内の飲食店のうち約84%が規制の対象となる。 なお、客席面積が100㎡以下で規制の対象外だった店舗がリニューアルによって、客席面積を増床させた場合は、既存店であっても規制対象となる。 喫煙室の種類で飲食可否が分かれる 原則として屋内は禁煙であるが、喫煙室を設置することで、お客に喫煙させることは可能だ。 これは国でも東京都でも変わりはない。 ただし、紙巻きたばこや加熱式たばこ、バー・スナックなどの業態によって、喫煙室を設置する場所や飲食提供ができるかどうかも変わってくる。 喫煙室ごとの条件を示そう。 つまり、小規模店舗でも禁煙や分煙対策をしていない喫煙可能店舗には、未成年は入れなくなる。 これは客だけでなく従業員にも適用されるため、未成年の従業員は喫煙・分煙スペースへの料理の配膳だけでなく、清掃などの業務をさせることはできない。 高校生、大学生など未成年のアルバイトを雇っている場合は、業務の範囲を切り分ける必要があるだろう。 また、店内で喫煙できる場合は、店頭や喫煙室に指定の標識(ステッカー)の提示が義務づけられる。 規制対象とならない飲食店でも標識の掲示は必要だ。 標識の一例は厚生労働省のからダウンロードできる。

次の

全席喫煙可の居酒屋、近くに子供がいるのにタバコを吸ったらいきなり取り上げられ梅酒の中に→ネットから「酷すぎる」の声

喫煙 居酒屋

小規模居酒屋も喫煙を法律で禁止!?喫煙室設置不可能な理不尽法案 小規模居酒屋も喫煙を法律で禁止する 動きが出てきているようです。 厚生労働省は、 飲食店の原則喫煙禁止の法律案を 国会に提出したいと考えて いるようです。 小規模な飲食店であっても、 ちゃんと喫煙室が設置してあったりと 徐々に喫煙環境も改善されている という印象を持っている方も多いかも しれません。 しかし、厚生労働省は更に喫煙を厳しく 取り締まる法律を 検討しているようです。 喫煙禁止の法律!小規模居酒屋は例外にならない!? これまでは小規模の飲食店であれば、 喫煙禁止の法律の対象外にしようという 動きがあったようです。 しかし、今回小規模であったとしても 居酒屋や焼き鳥屋などは例外に含まない 方向で調整が進んでいることが 明らかになったと言います。 ラーメン屋やレストランなどと同様に 喫煙室の設置も不可能になるようです。 喫煙禁止の法律の例外となるのは、 小規模のバーやスナックと言います。 なぜ、小規模居酒屋も喫煙を法律で禁止するのか? 小規模のバーやスナックと同じく、 酒を提供している居酒屋や焼き鳥屋 ですが、なぜ喫煙禁止の法律の対象と なってしまうのでしょうか。 これは、家族連れや外国人観光客の 出入りが多いためと説明されて いるようです。 小規模のバーやスナックが例外となって いるのは、未成年が立ち入らないと されているからと言います。 スポンサード・リンク 小規模居酒屋も喫煙を法律で禁止!?横浜市の前例では? ここまで、小規模居酒屋でも 喫煙を法律を禁止にする という話題についてまとめてきました。 ラーメンなどの飲食店と同様に、 喫煙室の設置も不可能な法律案に 不満の声も上がっているようですね。 また、小規模の居酒屋であっても 喫煙禁止の法律の例外とならない 理由については、 納得がいっていない人も 多いと言います。 小規模居酒屋でも喫煙を法律で禁止、 喫煙室の設置もできないとなると、 喫煙者としては、かなり辛いのかも しれませんね。 また、小規模な居酒屋側からしても 困ってしまいますよね。 喫煙を法律で禁止することにより、 閉店が続出するのでは と予想する声もあるようです。 神奈川県では条例で喫煙の規制が あるようですが、 前例として、 そちらもまとめてみましょう。 神奈川県の受動喫煙防止条例 神奈川県では、公共的空間をもつ 公共施設において、喫煙を禁止・規制 していると言います。 対象となる施設は、禁煙または分煙を しなくてはなりません。 小規模居酒屋に関しては、 規制が努力義務となっているようです。 しかし、条例の対象となっているのにも 関わらず、対応をしていない店舗も 多いと言います。 また、喫煙環境を変えたことにより、 4割の店舗で売り上げが減少したと 言います。 小規模飲食店喫煙禁止の法律に賛否両論 この手の喫煙禁止の話題については、 賛成派と否定派の感想が大きく対立 します。 喫煙反対派、喫煙をしない派の人は、 「自分は喫煙しないから、 どちらでも良い」 「タチの悪い喫煙者は必ずいる。 喫煙規制の厳格化は必要である」 といった反応が多いようです。 喫煙賛成派、喫煙者の間では 小規模居酒屋での喫煙ができなくなる ことに、ショックを受ける声が 多いと言います。 また、そもそも居酒屋に子供を 連れていく親はどうなのか と疑問に思う声もあるようです。 厚生労働省は、小規模居酒屋であっても 喫煙を法律で禁止する方向で調整を 進めていますが、 自民党内でも反対意見が多い と言います。 飲食店における喫煙禁止の法律は、 議論が難航しそうですね。 mick headlines. yahoo. esuteru. html www. fnn-news. html www. ss-foodlabo. html www. pref. kanagawa. html.

次の