マラリア ファンタ。 渡部陽一 マラリアをファンタで治す|気になるトレンドブログ

渡部陽一

マラリア ファンタ

2020. 08 16:00 戦場カメラマンの渡部陽一が、3月5日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でコンゴのジャングルでマラリアに感染した体験を語った。 渡辺はジャングルで取材中、「巨大な煙幕のようなものが迫ってきた」と明かし、それが全部、蚊だったという。 蚊に全身を刺された渡辺は意識が遠のき、マラリアに感染。 呼吸困難になり、死ぬ覚悟を決めたという。 そんなときに看護師が「僕の口に、ある液体をズボッと突っ込んで強引に飲ませて抜いた。 すると元気になったんです。 意識を戻してベッドから起き上がることができた」とすぐに回復した。 その液体について渡辺は「ファンタオレンジだったんですね」と話して、スタジオは爆笑に包まれた。 「すべて事実です。 ファンタオレンジは医薬品ではありません。 ただアフリカで飲まれていたファンタはものすごくシロップ性が強くて、味が濃くて凝縮されてるんですね。 本当に命の恩人」と語っていた。 渡部は2010年8月5日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でも、危機一髪の体験を告白している。 イラクに滞在していたとき、友人から「白米が手に入った」と連絡を受け、宿泊先のホテルを離れた。 すると、1時間後に渡部が滞在していたホテルが、武装ゲリラからロケットランチャーで襲われたという。 もし、そのままホテルにいたら死んでいた可能性もあり、「白米に命を助けられた」と話していた。

次の

【戦場カメラマン】渡部陽一、マラリアで死を覚悟するもファンタオレンジで回復 │ 吹き出し型2chまとめ【LINE2ch】

マラリア ファンタ

【体験談】渡部陽一、マラリアで死を覚悟するも「ファンタオレンジ」で回復 取材中、全身を蚊に刺され感染。 意識が遠のくなか、看護師が強引に飲ませた液体がファンタオレンジだったという。 — ライブドアニュース livedoornews 戦場カメラマンの渡部陽一が、3月5日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でコンゴのジャングルでマラリアに感染した体験を語った。 渡辺はジャングルで取材中、「巨大な煙幕のようなものが迫ってきた」と明かし、それが全部、蚊だったという。 蚊に全身を刺された渡辺は意識が遠のき、マラリアに感染。 呼吸困難になり、死ぬ覚悟を決めたという。 そんなときに看護師が「僕の口に、ある液体をズボッと突っ込んで強引に飲ませて抜いた。 すると元気になったんです。 意識を戻してベッドから起き上がることができた」とすぐに回復した。 その液体について渡辺は「ファンタオレンジだったんですね」と話して、スタジオは爆笑に包まれた。 「すべて事実です。 ファンタオレンジは医薬品ではありません。 ただアフリカで飲まれていたファンタはものすごくシロップ性が強くて、味が濃くて凝縮されてるんですね。 本当に命の恩人」と語っていた。 渡部は2010年8月5日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でも、危機一髪の体験を告白している。 イラクに滞在していたとき、友人から「白米が手に入った」と連絡を受け、宿泊先のホテルを離れた。 すると、1時間後に渡部が滞在していたホテルが、武装ゲリラからロケットランチャーで襲われたという。 もし、そのままホテルにいたら死んでいた可能性もあり、「白米に命を助けられた」と話していた。 何度も命の危機にさらされてきた渡部。 戦場カメラマンならではの体験をもっと聞いてみたい。 yahoo.

次の

渡部陽一

マラリア ファンタ

先日、ぼーっとテレビを見ていたら、ちょっとおもしろいお話が。 すごく省略すると、 戦場カメラマンの渡辺さんが、マラリアに罹ってしまったときに、現地でファンタオレンジをグイっと飲まされたら、元気になった!というような話。 おおお!! 調べてみると、他にも炭酸飲料を、高熱の時に勧められたなどの体験談などもちょこっと見つけたりしました。 もちろん、個人の体験談ですし、これらは清涼飲料水であり、お薬ではないです。 が、 炭酸飲料・水分・オレンジというキーワード。 嗅覚反応分析では、IMチャートという分類のマトリックスを使いますが、 そこには、もちろん炭酸や水分も分類されます。 ファンタオレンジのチャートの位置は明確で、それによってバランスが整ったのではないか??と予測ができます。 あくまで、予想ですが、だれでもファンタオレンジで元気になるわけでもなく、ものすごくピッタリだった可能性もあるのかも。 バランスを整えることで、自然治癒力を発揮できる、、、という一例なのかもしれません。 分類のルールは講座の中で学んでいきますが、知っているだけで、自分に必要なものをピックアップすることができます。 マラリアにファンタ。 びっくりする話題でしたが、このタイプの人なら、ほかの時にも炭酸飲料は役立ってくれるとも考えられます! あ、それともう一つ。 マラリアを運んできてしまうのは蚊。 蚊よけのアロマ「ユーカリレモン」や「シトロネラ」も、このタイプの人には、もってこい! しかも蚊よけだけでなく、このタイプの人のバランスを整えるにもピッタリなので、本当に一石二鳥です。 ぜひ渡辺さんには、ユーカリレモン精油をカメラとともに御守代わりにしてほしいな笑。。 まず自分の自然治癒力を発揮できるコンディションに整える! その指針になるのが、嗅覚反応分析です。 いつでも、どんな時代でも、わからない病気は無くならない。 そのときに、 敵にフォーカスするのではなく、自分を知ること。 自分を知り整えることが、まずは自分を守る術になるんじゃないかな~と感じます。 嗅覚反応分析 嗅覚反応分析士 嗅覚反応分析士.

次の