うつ 病 治療。 双極性障害(躁うつ病)|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

高齢者のうつ病とは?サインや症状、検査方法、治療法まとめ

うつ 病 治療

高齢になると、環境の変化に加え、加齢に伴う衰えや病気なども増え、うつ病になりやすいと考えられています。 環境的な原因としては、「退職」「家族、友人などの病気や死」「子どもの自立」など大きな生活環境の変化によって、気分が落ち込む理由が増えることが挙げられます。 身体的な原因としては、「体力の衰え」や「病気」、加齢に伴う「脳の機能の衰え」などが挙げられます。 また、高齢者に多い、がんや脳卒中、認知症、パーキンソン病、糖尿病などの病気は、うつ病を併発しやすく、うつ病の発症をきっかけに持病が悪化することもあります。 そのため、高齢者の場合は、うつ病と併発している病気も併せて治療していくことが必要となります。 高齢者のうつ病の治療は、基本的にほかの年代と変わりません。 うつ病の治療の柱になるのは、「心理教育」と「支持的精神療法」です。 心理教育では、患者さん本人や家族に「うつ病はどんな病気か」「どんな治療が必要か」という情報を与え、うつ病について理解してもらいます。 支持的精神療法では、医師が患者さんの訴えに耳を傾け、悩みを共感します。 これらに併せて、必要に応じて「薬物療法」や「認知行動療法」など、ほかの治療を組み合わせることもあります。 薬物療法は、高齢者に多い食欲不振や睡眠障害、そして不安・緊張などの改善に効果的です。 ただ、若い人に比べて副作用が出やすく、効果が出にくいというデメリットがあります。 また、持病の治療薬とののみ合わせが悪い場合には薬が使えない場合もあります。 抗うつ薬を服用する場合は、1種類の薬を少量からスタートし、効果や副作用を見極めます。 うつ病の症状が重い場合は、入院し、場合によっては脳に電気を流す「修正型電気けいれん療法(ECT)を行うことがあります。

次の

社会復帰に新展開! 最新のうつ病治療

うつ 病 治療

双極性障害(躁うつ病)は、 躁状態 そうじょうたいとうつ状態の両方をもっていることを言います。 躁状態とは気分が高ぶって開放的になったり(浪費したり衝動的な行動が目立つ)、ほとんど眠らなくても行動できてしまい活動的で、それでいて怒りやすくなっている状態をいいます。 一方で双極性障害でもうつ状態も存在しますが、うつ状態だけを見るといわゆる普通のうつ病と区別はつきません。 そのため当初は躁状態を認めなかったためにうつ病と診断されていたのに経過の中で主治医の先生から「もしかしたら双極性障害の可能性もあるので、薬を変更しましょう」と言われることもあるかもしれません。 これについては以下の記事が参考になります。 双極性障害の治療においては、たとえうつ状態にあっても抗うつ薬を飲むと躁状態を誘発してしまいかえって状態が悪化してしまうこともあります。 双極性障害とうつ病とでは分けてとらえないといけないのです。 ここでは、双極性障害の治療薬について解説しましょう。 参考文献 <双極性障害の治療の主薬> 気分安定薬• リチウム(リーマス)• バルプロ酸(デパケン、バレリン、エピレナート)• カルバマゼピン(テグレトール)• ラモトリギン(ラミクタール) 非定型抗精神病薬• リスペリドン(リスパダール)• オランザピン(ジプレキサ)• クエチアピン(セロクエル、ビプレッソ)• アリピプラゾール(エビリファイ) 炭酸リチウム(リーマス)による治療 リチウムは躁状態に有効性が高く、継続的に飲むことで躁状態を予防します。 気分安定薬に分類されることもあり、情動の不安定さを落ち着かせることで自殺予防の効果もあります。 また、躁状態だけでなく、 うつ病においても抗うつ剤と合わせて飲むことで抗うつ薬の効果が増強することも知られています(増強療法)。 リチウムは双極性障害だけでなく難治性のうつ病にも有効なのです。 リチウムの3つの欠点 1.効くのに時間がかかる 効果が出だすのに数日から数週間かかります。 躁状態が強く、一刻も早く落ち着いてもらわないと困る状況であっても、リチウムだけではすぐには躁状態をコントロールできないのです。 即効性を求める場合には、バルプロ酸や非定型抗精神病薬併せてわせて飲む必要があります。 2.効果が出ない人も多い もう一つの欠点はリチウムに効果のある人とない人とがいることです。 リチウムを飲み始めて十分な時間がたっても効果がない人(ノンレスポンダーといいます)は何割かいるといわれておりなかなかの割合です。 3.濃度を管理する必要がある 定期的に血液中のリチウム濃度を測る必要があります。 有効なリチウム濃度と副作用が強く出てしまう濃度とが紙一重なのです。 処方例 バルプロ酸(デパケン)200㎎錠 1日2回 朝夕食後 バルプロ酸の副作用 重い副作用は少ないのが特徴です。 胃腸障害、手の震え、眠気、だるさなどが主な副作用で特に胃腸障害では吐き気が強く出ることがあります。 まれにだるさが出たと思うと肝機能障害になり中止することになることもありますが、重症化してしまうことはあまりありません。 同じ気分安定薬の中でラモトリギン(ラミクタール)と一緒に併用すると、ラモトリギン(ラミクタール)の濃度が上がりすぎてしまうことがあるため注意が必要です(特に気分安定薬の中でバルプロ酸とラミクタールを薬剤変更するときなど)。 リチウムとバルプロ酸はどう使い分けられている? もちろんそうです。 あとバルプロ酸(デパケン)は妊娠している可能性があるときには飲まないほうがよいので、その場合にはリチウム(リーマス)になりますね。 気分安定薬と抗精神病薬を一緒に飲む 薬はできるだけ少ない種類であることは基本ですし、飲む側にとってもできるだけ少ない方が望ましいですね。 双極性障害では、躁状態とうつ状態の波があるので、その波をコントロールすべく 「気分安定薬」が治療の基本です。 気分安定薬の代表が先ほど説明した 「リチウム(リーマス)」と「 バルプロ酸(デパケン・バレリン)」です。 しかし、気分安定薬だけで症状が十分コントロールできない場合に 非定型抗精神病薬(第二世代抗精神病薬)が使われます。 今度は双極性障害でもうつ状態に対してどう治療するかを説明します。 この場合、気分安定薬でもリチウムやバルプロ酸よりもラモトリギン(ラミクタール)が、躁状態では使われることのなかった抗うつ剤(SSRI)、そして一部の非定型抗精神病薬が選択肢となります。 抗うつ剤を一緒に飲む 双極性障害に対しては、抗うつ剤のみを飲むは原則NGです。 それには3つの理由があります。 躁状態を誘発する• 波が強くなる(いわゆるラピッドサイクラー)• 躁の状態の心地よさが正常と思い込み、周囲との感覚の格差ができる 躁状態を招いた場合、かえって自殺衝動を強めるリスクもあります。 躁状態の心地よさと周囲との間隔の格差ができると、本人の行動が周囲を常に困らせる結果にもなりますし、常に軽い躁状態を求めるようになります。 通常躁状態を維持することは難しく、結果うつ状態の相を長引かせたりより悪い結果を招くことになってしまいます。 抗うつ剤は気分安定薬と併用し、抗うつ剤もSSRIを基本としてセロトニンだけでなくノルアドレナリンをも増強させるようなSNRIや三環系抗うつ薬は躁状態を招くリスクがより高い可能性もあります。 しかし多くの場合で、気分安定薬を残して抗うつ薬は中止したり量を減らしていることが多いでしょう。 非定型抗精神病薬を一緒に飲む 非定型抗精神病薬といえば、抗精神病薬の名前の通り精神病症状をコントロールするいわば統合失調症の治療薬のイメージを持っている方も多いと思いますが、難治性のうつ病や、前述した通り躁状態をコントロールしたり、双極性障害のうつ状態にも有効なのです。 双極性障害におけるうつ症状の改善に「ビプレッソ」が登場 非定型抗精神病薬のひとつにクエチアピン(セロクエル)があります。 非定型向精神病薬は一般的に双極性障害の躁状態に有用性がありますが、 クエチアピンは双極性障害のうつ状態への有用性がある薬剤であることが知られています。 そのためクエチアピンは海外の治療ガイドラインにおいても第一選択薬として位置付けられているのです。 今回2017年8月30日、クエチアピンがゆっくりと吸収されるタイプの薬剤( 徐放錠 じょほうじょう)が作られ 「ビプレッソ徐放錠」の名前で登場しました。 適応は 「双極性障害におけるうつ症状の改善」です。 <ビプレッソの用法> 1回50mgより開始し、2日以上の間隔をあけて1回150mgまで増量する。 その後、さらに2日以上の間隔をあけて推奨用量1回300mgまで増量する。 いずれの場合も1日1回就寝前に、食後2時間以上あけて経口投与する。 ラモトリギン(ラミクタール) リチウム、バルプロ酸と同じく気分安定薬に分類されるお薬です。 リチウムやバルプロ酸が主に躁状態をコントロールし、そううつの波を抑えるのですが、ラモトリギン(ラミクタール)はうつ状態の改善を主体として気分の波を抑えます。 注意点としては副作用として皮膚のトラブル(アレルギー)が多く、一部で死亡例もあり厚労省から注意喚起された経緯もあります。 特に量が多くなると出やすくなり、バルプロ酸と合わせて飲んでしまうと血中濃度が上がりすぎてしまうことがあるため、バルプロ酸から変更する場合などに注意が必要です。 処方例 バルプロ酸からの変更例 ラモトリギン(ラミクタール) 1-2週間 25㎎ 1錠 1日おき 3-4週目 25㎎ 1錠 毎日 5-6週目 25㎎ 2錠 1日1-2回に分けて 7週目以降 25mg 4錠 1日1-2回に分けて 抗不安薬も有効ではあるが・・・ 双極性障害においても抗不安薬は有効です。 特に不安が強く、落ち着いてじっとしていられないような症状には即効性もあります。 しかし、よく効果が実感しやすいからと言って長期に服用すると慣れ( 耐性 たいせい)ができてしまい、量が増えていきさらに依存性もできてしまいますので注意が必要です。 双極性障害における抗不安薬の使いどころ 躁状態が強く周囲が困る場合には、抗精神病薬をなるべく多い量(高容量)で飲んでもらうことがあります。 しかしこれには欠点もあり、 鎮静作用 ちんせいさようが強くかかってしまいます。 短期的にはこの鎮静作用が躁状態を早期に落ち着かせることになりますが、これでは日常生活もままならないぐらい活動レベルが落ち込んでしまいます。 そこでベンゾジアゼピン系の抗不安薬が登場します。 抗精神病薬は減量すれば鎮静も解除され、活動レベルが戻ってきます。 しかし減らしすぎればやや躁状態が目立ってしまうことがあります。 こういった場合に、抗不安薬を 頓服 とんぷく(必要時だけ飲むこと)で使用することでコントロールできたりするのです。 まとめ「双極性障害の治療薬」 双極性障害では躁状態とうつ状態の波が存在しこれをコントロールしなければいけません。 特にうつ状態だからといって、抗うつ剤だけを飲んでいるとかえって不安定な状態になってしまうこともあります。 ですから「気分安定薬」・「非定型抗精神病薬」を中心に薬物療法を行うことになります。 双極性障害の診断はうつ症状で病院・クリニックに通院し始めた最初に診断されることはあまり多くなく、抗うつ薬を飲んでも効かなかったりかえって服用後に調子がわるくなることをきっかけに診断されることがあります。 このときにリチウムやバルプロ酸、ラミクタールといった気分安定薬やクエチアピン(セロクエルや2017年8月に承認されたビプレッソ)などを中心としたお薬に変更されます。 双極性障害によるうつ状態が強い時に抗うつ薬があったほうが良いのかどうかは個人ごとに反応がかわりますので様子をみながら調整することになるのです。

次の

双極性障害(躁うつ病)の治療(医師)

うつ 病 治療

精神系:憂鬱な気分、やる気が出ない、食欲が湧かない、常にイライラする、思考力が低下するなど 新体系:眠れない、疲れやすい、体がだるい、頭痛や肩こり、吐き気、動機など 〈うつ病の原因〉 原因を1つに絞ることは難しく、「大事な人との死別」「職場や家庭での人間関係」「生活環境の変化」などによる精神的ストレスが蓄積して起こるケースや、「出産」「遺伝」「慢性的な疾患」などの身体要因のケース、また正義感が強い性格のため、几帳面、完璧主義、仕事に熱中しすぎてしまう性格が原因となって、知らない間に発症していたケースもあります。 〈うつ病の治療法・接し方〉 うつ病を治療するには「身体を休める」「薬物治療」「カウンセリング」という3つを併用します。 回復に向かっていると思っても再発の可能性も否めないため、職場では、笑顔で接することや仕事で慌てることがあれば声をかける、相手を否定しないなどの寛容な対応が必要です。 躁うつ病の特徴・原因・接し方 〈躁うつ病特徴・症状〉 常に抑うつ状態になるうつ病に対して、「躁うつ病」というものもあります。 「躁」とは気分が高揚している状態を指しますので、気分が高まったり抑うつ状態のどんよりした気分になったりの繰り返しとなるため、障害であることが分からない第三者から見ると「単なる気分屋」と捉えられてしまうことが多くあります。 抑うつの状態から、ハイテンションになったり、怒りっぽくなる、活動的になる、注意が散漫になるといった真逆の状態になることから「双極性障害」とも呼ばれます。 〈躁うつ病の原因〉 躁うつ病を発症するハッキリした原因は分かっていませんが、現在までの研究では遺伝子を起因としている可能性が高いとされています。 また、もともと潜在的な発症リスクがある人がストレスや環境変化により発症するというケースもあり、未だ研究が続けられています。 〈躁うつ病の治療法・接し方〉 躁うつ病も薬物投与などによる医学療法と、カウンセリングなど精神療法が推奨されます。 症状が重い場合は入院治療というケースもあります。 職場では適度に声がけを行って本人に安心してもらうことや、責任感の強さから無理に業務を抱え込まないよう配慮することなどが求められます。 また、本人が躁うつ病とは自覚していないケースもあるため支援機関への相談も検討したほうが良いでしょう。 新型うつ病の特徴・原因・接し方 〈新型うつ病の特徴・症状〉 うつ病と躁うつ病のどれとも違うのが「新型うつ病」で、非定型うつ病とも言われ、判断が非常に難しいと言われています。 症状も人により様々で、過食や過眠、無責任になる、強い自己顕示、傷つきやすいなどの症状が現れることもあります。 また、仕事には行かないのに好きな旅行には積極的に行くなど自己中心的な行動をとる場合もあります。 現在、うつ病として診断書が出されるものの正式な精神疾患として認められていないため、周りから見ると単なる性格の問題と考えられてしまうケースも少なくありません。 〈新型うつ病の原因〉 症状が様々であれば、原因も特定のものに絞ることはできません。 主なところでは苦痛から逃避したいと思う出来事を起因とすることが多く、例えば、仕事で失敗して上司から叱責を受けたり、仕事が上手くいかないために職場環境や業務フロー、上司などのせいにしがちになり、そのまま発症することもあります。 〈新型うつ病の治療法・接し方〉 新型うつ病も薬物療法と精神療法が主な治療法となりますが、原因や症状が様々なため、心理療法が効果的だとする意見もあります。 職場における基本的な対応としては、否定しない、認めるということが必要になり、本人とある程度の距離感を保つことも必要という専門家の意見もあります。 どちらにしても自分自身で新型うつ病と自覚していないケースも多々あることから、既存社員に関しては産業医などへの相談、新たに雇用する場合は就労支援を行う機関との連携を行うほうが良いでしょう。 実は曖昧な「うつ」の定義と雇用者側ができること うつ病は症状や治療法が様々であるため、一般の人がうつ病であると定義したり判断することは難しいです。 うつ病は古くから定義が曖昧とされてきた経緯もありますし、特に近年話題になり始めた新型うつ病は、専門家の診断基準自体が存在しておらず、名称自体も単にマスコミが書き立てた病名であって正式なものではありません。 そのため、精神医学の業界では「DSM-5」という精神疾患や障害の分類マニュアルにあたるものがあり、事実上、国際的に診断の基準書として扱われています。 そのDSM-5の中でも精神疾患や障害の分類は多く分かれていますので、うつの可能性があれば、まずは専門家や医師へ相談するのが望ましいと言えるでしょう。 精神障害者の症状は個人性が高く、一定ではありませんので、特に精神障害者雇用の現場では個々の特性に合わせた柔軟な配慮が必要です。 あくまで一例ですが、主に以下のような取り組みを検討してみると良いでしょう。 ・プライドを傷つけないよう業務量を調整する ・労働時間や休みを本人と話し合って決める ・相談しやすい雰囲気を作る ・笑顔で接するようにする ・本人に指示を出す人は一人に絞る ・長所は言葉にして伝える ・業務や目標などの計画を一緒に作る まとめ 厚生労働省のの調査によると、精神障害者の離職理由として最も多いのは「職場の雰囲気・人間関係」となっています。 その他にも「給与や待遇」「仕事内容が自分に合わない」といったことも理由に挙げています。 また、障害者職業総合センターの調査では、就業後3か月時点の定着率は身体障害77. 8%、知的障害85. 3%、精神障害69. 9%となり、1年経過後の定着率では身体障害60. 8%、知的障害68. 0%、精神障害49. 3%となり、特に精神障害者の定着率が大きく落ちることが分かっています。 これらのデータから障害者の雇用促進のためには障害について理解し、支援体制を整えるのが重要ということが分かります。 職場定着率は一般募集か精神者求人枠という求人の種類、障害を開示したかどうか、支援制度の利用の有無などでも変わるとの調査結果もあり、やはり企業独自の考え方だけで障害者雇用を始めるべきではありません。 特に見た目では分かりづらいうつ病を抱えた方を雇用する場合、支援機関のサポートやトライアル雇用制度の導入、ジョブコーチなどを取り入れて、社内全体で寛容に受け入れを行う体制や職場環境を整えていく必要もあるのではないでしょうか。 お問い合わせ• 関連する記事• 2019. 24 発達障害関連の記事や書籍では、稀に「カサンドラ症候群」という名称を目にすることがあります。 一見、発達障害の症状や関連する疾患の一部かと思えますが、実[…]• 2019. 02 労働環境に馴染めずメンタルを崩してしまう方が増えた昨今、精神科を受診する方やSNSなどで「うつ病で休職をした」という声が散見されます。 うつ病休職者の[…]• 2019. 09 一時話題になることも多かった拒食症や過食症。 テレビで過酷な体験談が紹介されることもあり、何となく摂食障害について知っているという方も多いでしょう。 し[…]• 2019. 06 「労働時間が長い業種」「差別やパワハラが多い業種」を聞かれた時、おそらく「都心のオフィスビルで働く人」をイメージする人は多いのではないでしょうか。 確[…]• 2020. 06 双極性障害の就職には困難が多く、現状のところ業種や職種も限られています。 双極性障害の就職で大事なのは、まず働く本人と雇用する企業が障害の症状を理解す[…]• 2020. 09 WebデザイナーやWebディレクターの職業は、「うつ病になりやすい」とよく言われています。 確かにWeb業界ではうつ病が多いというクチコミをよく見かけま[…].

次の