フィリピン人 アセトアミノフェン。 子どもに解熱剤を使うタイミング[小児科]

マレーシアやフィリピンで大流行中のデング熱、その心配があるときに飲んでも大丈夫な薬とダメな薬の備忘録

フィリピン人 アセトアミノフェン

この動画の中でフィリピン渡航歴30年と言ってるが15年に訂正 ピナとの縁が30年と言う事です 太田さんが名古屋に来た時、対談を録画をしました 彼とは2019年10月にフィリピンのパサイで偶然お会いしてからのお付き合いです ネットワールドのサウナで知り合い現在に至ります 動画の内容が私と似たところがありまして話もよく合います YouTube動画再開 新型コロナによる緊急事態宣言解除による動画配信再開します まもなくフィリピンひとり旅(2019年10月版)が終わります 自粛要請の中、ずっと渡航していないためネタが無くなり次第、古い動画を使用して継続していく つもりです。 宜しくお願い致します コロナ騒動につき動画配信自粛 先日、わが国日本でもコロナウィルスの影響で緊急事態宣言が出されました 今までフィリピンの旅動画をアップロードしてまいりましたが急遽配信を停止する決断に至りました この非常事態に私個人の道楽を配信し続けることは不謹慎と判断いたし自粛する事にしました また落ち着きましたら再開するつもりですが具体的な日時は未定です 今まで視聴者のみなさまには色々なご意見等いただき感謝しております みなさんの健康、心よりお祈り申し上げます 長い間ありがとうございました フィリピンの現状 現在、フィリピンの各地でロックダウンが行われているとききます 私、shimaTVアイランドは現在、日本の名古屋で自宅待機しております 実際フィリピンで滞在している訳ではないので詳しいことは分かりかねますが マニラ在住の友人等などからの情報によりますと日にちが経過するにつれて 人々の不満や失望が限界粋に達していると聞き及んでいます また治安も悪化して昔に戻ったという人もいます 現在このうような状況はフィリピン人からの情報によるものです 人によって意見がバラバラだったりしますので実際何が起きているかわかりません いつの日かまたフィリピンに訪れたいと思っていますが様々な要因により決断 できない状況です。 これからも情報は集めていくつもりです フィリピンの未来 よくなる未来 コロナの影響で経済が落ち込んだとしても人々は協力して復興をめざす 人類共通の敵コロナウィルスの出現によって人間同士、一丸となって立ち向かうことにより 人々の和が生じ争いごとが減少し未来に向かって共生する(これは世界共通のような気がする) 新しいニュースとしては今日の日経新聞にマニラの地下鉄やバイパス工事を 日本の清水建設が約600億で受注したとの事。 これによりマニラの渋滞などが緩和される見通し またフィリピン国民に圧倒的な人気のドゥテルテ大統領のリーダーシップによりますます発展 していくという未来 悪くなる未来 コロナの影響で人々は疲れ果て、やがては争いごとも増えリーダーである大統領の健康が損なわれ 街は昔の悪い状態に逆戻り また中国や韓国などがフィリピンから撤退して経済が壊滅状態 当然、世界も自国を守ることで精いっぱい。 助けることはできない ますます治安悪化で街は荒れ果て衰退していく いづれにせよ、これはフィリピンだけの問題ではなく世界共通の課題である これから世界がどのように変わっていくか・・・ 最悪… 戦争など起きないように願うばかりです 2020年4月10日 金曜日 愛知県が緊急事態宣言 長く続くコロナ騒動。 愛知県も独自で緊急事態を宣言 そんな中このようなLineが回ってきました 最近のコロナ情報 知り合いの看護師さんから頂いたLINEです。 名古屋日赤からの情報からです! 先程看護部長から、師長 line で連絡あり、なるべく拡散してくださいとのことなので、 line しました。 「日赤病院のドクターから送られてきたラインです。 🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸 この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。 私の病院のコロナ病床は満床になりました。 重症者もいます。 現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。 正直、報道よりも一般のみなさんが思っているよりも、現実は非常に厳しいです。 近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる事態になりそうだと感じています。 今まで、どんな人でも少しでも生きたいという思いがあるのなら、全力で命を助ける医療をやってきました。 でも、このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならなくなります。 本当に悲しい。 だから、外出を控えてください、人と会わないでください。 感染を食い止める方法はこれしかありません。 生きていくための最低限の外出だけにしてください。 このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。 時間がもうありません。 よろしくお願いします。 」 また、ニューヨークに友達がいる看護師から 「コロナで、亡くなった人の、大多数は、自分が、持っている解熱剤、イブプロフェン系のアドビルなどを服用しました、 回復した人は、イブプロフェン系の薬を服用しませんでした。 症状がある場合は、アセトアミノフェンのみを服用してくださいとの事です。 このウイルスは、イブプロフェンで繁栄させてしまいます。 服用しないでください。 との事です、 よろしくお願いいたします」 皆でのりきろう ! <その2> 友人から回ってきました。 新型コロナウィルスは、感染されても何日も症状が出ない場合があります。 では、自身が感染されたかどうか、どう分かるのでしょう。 即ち、症状が出て受診すると遅れるケースが多いのです。 台湾の専門家は、毎朝、自身でチェックできる簡単な診療を提示してます。 深く息を吸って、10秒我慢する。 咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。 注:新型コロナで悪化すると、肺胞の組織が繊維化して硬くなっていくようです。 現在、既に大変な事態になってるので、毎朝、良い空気を吸いながら、自己診断をしてみてください。 また、日本のお医者さんは、とても有効なアドバイスをしてくれています。 常に、口と喉を濡らして、絶対に乾燥した状態におかないこと。 15分毎に水を一口飲むのが良いそうです。 ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。 水分をよく取らない場合、ウィルスが気管支から肺に侵入してしまうので、とても危ないのです。 内容はかなり的を得ているような.

次の

ニュースレター(機関紙)

フィリピン人 アセトアミノフェン

もくじ• バギオではほとんど留学生が一度は体調を崩す バギオに留学をされた方の多くは一度は風邪をひかれるかと思います。 これは環境が急に変わったせいで身体の免疫力が弱くなることもありますし、日本よりも人口密度が高いことや、昼と夜の温度差などいろいろな要因が考えられます。 大抵の方は日本から風邪薬などを持参されていたりするので、病院に行くことは稀だと思いますが、結構な頻度で咳がずっと止まらないという方がいらっしゃいます。 もちろん原因が風邪やマイコプラズマ(風邪によく似た症状で咳が多くでる)の場合も多いです。 しかし関節の痛みや発熱がほとんどなく、咳が長期にわたって止まらない場合、もしかしたらアレルギーの可能性も視野に入れたほうがよいかもしれません。 それじゃあアレルギーの対策は? アレルギーはとにかく元から対策が必要です。 まず実行できそうなのが殺虫、そして掃除、天日干しを徹底することです。 しかしここはフィリピンなので少しコツがいります。 その当たりを今回は詳しく説明しますね 殺虫、そして掃除の仕方 まあここを読んでいる方は大抵中長期でバギオに滞在されている留学生の方かと思われますので、そちらの方々の環境に合わせて書かせてもらいますね。 旅の必需品です まず掃除ですが、とにかく部屋に写真のワンプッシュゴキをまきましょう。 あ、お布団にはかけないように。 そして1時間ほどおいてから掃除を開始しましょう。 こいつは部屋にいるゴキはおろか、ダニ、蟻、南京虫まで殺ってくれる世界中のバックパッカーの必需品です。 むちゃくちゃ効きます。 日本から持ってない人は仕方ないのでそのへんで売ってる殺虫剤でも軽めにまきましょう。 とにかく部屋にいる目に見えない虫を一網打尽にしてから掃除を開始します。 さて掃除ですが、掃除機があれば問題ないです。 問題はホウキしか無いときです。 この場合、大きなホコリは取れるのですが、肝心のアレルギーの原因であるダニの死骸などは、掃けば掃くほど空気中に舞い上がるだけなのです。 なのでここは我慢して水拭きします。 えっ?床がカーペット?その場合は仕方ないのでガムテープでペタペタとホコリをとってください。 幅の広いガムテープはバギオではなかなか売ってないのですが、アバナオスクエアの本屋さんと雑貨屋さんにはおいてあります。 これにて殺虫&掃除は完了です。 キッチンに3~4吹きすれば2週間位は余裕で効果があります。 アジア圏では必須になりました。 天日干しパンパンでアレルゲンを飛ばします 次にお布団とマットを天日干しにかけます。 昔は最強と言われていた天日干しですが、最近は情報が正しく整頓されて天日干しではダニは死なないということがわかりました。 もし記事を読んでいる方が、セブや南国地方の方でしたらベットマットごと車にいれちゃってください。 その後軽くパンパンしておしまい。 じゃあバギオ住まいや車のない人はどうすればよいのか?ダニ死滅効果は半減ですがとりあえず干しましょう。 この天日干しの最大の目的はダニを殺すことではなく、現在マットに溜まっているダニの死骸を振り払うことなのでご安心ください。 結構な確率で学校やホテルのマットは長い間干されていません。 その間にダニの死骸が積もり積もってます。 ですので天日干しの際に軽くマットを叩いてやってください。 日本でふとんを叩くのはふとんを痛めるだけのでやめたほうが良いと言われていますが、ここはフィリピン。 マットに溜まっているダニの死骸の数は日本の比ではないということで、遠慮なくパンパンしてダニの死骸を外に出しましょう。 ささやかながら天日干しをしながらパンパンすることで、この時に生きてマットにしがみついているダニも少しは飛びやすくなります。 これにて天日干しは完了です。 以上でとりあえずのアレルギー発生源は食い止めれます。 ですので、まずは一夜を新しい環境で過ごして様子を見てみましょう。 ちなみにてばこさんは、日本ではダニ対策として冬でも夏でも布団乾燥機を使ってます。 アイリスオーヤマの布団乾燥機は小さくて使い方もお手軽で効果絶大です。 それでも咳が止まらなかったら薬に頼ります 2週間以上咳が止まらなければ病院ありですね。 普通はクレジットカードの海外保険とかでなんとかなります。 風邪やマイコプラズマを疑いつつも身体のだるさや熱などそういった症状があまりなくて咳や鼻水や目のかゆみが止まらない場合、以下の薬を試してみてください。 Allegra アレグラ アレグラは日本でもおなじみのお薬ですね。 こちらではFexofenadine hydrochlorideといいます。 抗ヒスタミン系のお薬で花粉症や蕁麻疹などにも効きます。 60mgでしたら一日2回服用、効き目は弱いですが副作用もほぼなく、万人におすすめできるお薬です。 Cetirizine セチリジン セチリジンは日本ではコンタックZに含まれてるやつですね。 抗ヒスタミン薬です。 バギオではその辺の薬局でもジェネリック薬局でも売ってます。 写真のセチリジンはジェネリックですね。 抗ヒスタミン系のお薬の中では中の上の強さで、寝る前に一粒飲めば次の日一日効いてくれます。 副作用はそんなに強くないですが、喉が乾く成分がはいってますので、そこに総合風邪薬などによく入っているジヒドロコデインリン酸塩 (咳止め成分、こちらも喉が乾く)などと重複させるのはおすすめしません。 ちなみにコンタックZは一粒100円とかしますが、セチリジンは一粒3ペソとかです。 あとセチリジンが酔い止めの薬になるという話を聞いたのですが、たしかに抗ヒスタミンは酔い止め効果がありますが、セチリジンは脳に作用しにくい薬なので実際の酔い止め効果はほぼ無いです。 なのでバス酔い対策で飲んでも無駄ですね。 フィリピンで酔い止め薬となると、Bonamine(ボナミン)の大人なら25mgですね Sinecod シンコッド シンコッドは咳止めのお薬です。 抗ヒスタミン系ではないので直接アレルギーに作用するわけではないのですが、授業中など単純に咳を止めたい場合はこちらの薬が有効です。 ただ個人的な感想になりますが、日本人は効く人と効かない人の割合が4:6くらいな感じです。 はい、効かない人のほうが多いです。 大抵の薬局においてあり、一粒25ペソ前後ですね Strepsils ストレプシルズ こちらはオーストラリアやイギリスでも売られているのど飴です。 薬局で「喉痛い」っていうと、この飴を勧めてくれることが多いです。 8粒で50ペソ弱くらいですかね。 短時間ですが炎症を抑える成分入ってますので荒れた喉には効果があります。 Difflam ディフラム) Difflam ディフラム)は上のストレプシルよりも麻酔効果が強力なのど飴です。 一粒25ペソくらいする高級品です。 効果は3時間位ですが本当に喉が痛い時はこいつに頼るのもありです。 痛みをとると言うよりも麻痺させて楽にするのど飴ですね。 ちなみに、アレルギーの話とはちょっと離れてしまいますが、風邪対策などののど飴は、色々な殺菌作用や効能がうたわれていたりしますが、基本的に人の唾液には強力な殺菌作用がありますので実は成分などは気にしなくても良いです。 麻酔効果がほしい時はまた別の話ですが。 結局てば旅的におすすめできるのど飴というのは、常に舐めていたくなる自分好みの味で、一粒が長く持つのど飴が最強だと確信しています。 そうです、常に喉を潤すことが喉に一番の対策なんですね。 のど飴の成分は二の次なのです。 薬を買う時のコツ なお、お薬の購入ですが、フィリピンでは通常の薬局とジェネリックを扱う薬局があり、お値段が下手すれば10倍近く変わります。 バギオで有名なところは上記の看板のGenerikaさんですね。 先程のジェネリックのセチリジンというお薬ですが、通常の薬局ですと名前が少し変わり一粒25ペソ位、ジェネリック薬局ですと一粒3ペソ位です、効果は変わりませんのでジェネリックをおすすめします。 ちなみにジェネリック薬局はSMモールやセッションロードなどの家賃が高いところには少ししか出店していません。 大抵裏通りに隠れています。 パブリックマーケット周辺なんかにはたくさんありますね。 また、ネットで事前に調べてお目当ての薬をピンポイントで狙う方が多いですが、なかなかピンポイントでその薬がある事は少ないです。 ですので症状を辞書で調べて薬局の人に言うか、書いて見せてお薬を選ぶのが良いでしょう。 ピンポイントでその薬しか嫌だって人はフィリピンでは生きていけません。 あと、やはり咳の原因がアレルギーではなく、風邪かマイコプラズマの可能性が濃厚だという場合、病院へ行ってそこでもらえるのは抗生物質ですが、これらは特効薬というほどではなく、結局は身体の自然治癒力に任せるしかないのです。 抗生物質も実は気休め程度。 結局おすすめの咳止め薬はなんでしょうか? それでは風邪の場合どの薬を飲めば早く治るのかと言うと、てば旅では一般的なバイオフルのような総合風邪薬や、上のシンコッドのような咳を止める薬は使いません。 それなら何をおすすめするかといいますと、Solmuxをおすすめします。 普通の薬局ですと10ペソ前後ですが、カルボシステインというジェネリックだと1個3ペソくらいですね。 こちらは器官の粘液を修復して痰を外に出しやすくしてくれます。 通常のお薬は症状を抑え込んで楽にしてくれるものなのですが、それですと体内の病原菌を身体の外にだすことができません。 Solmuxは症状を抑え込むというよりは、症状に乗っかって病原菌を外にだすのを助ける役割があります。 お薬の中では地味な存在ですが、風邪やマイコプラズマを早く治したい時はもうコレ一択です。 ただし、よっぽど頭痛や喉の痛みがひどかったり、学校の授業でたくさん発言をしないといけないときなどは我慢せずに喉のお薬やパラセタモール(日本名アセトアミノフェン)やバイオフル(中にパラセタモールはいってます)を使いましょう。 それで熱や頭痛の症状を落ち着かせてからSolmuxを使えば問題ないです。 この咳は風邪?それともアレルギー?のまとめ.

次の

フィリピン留学 デング熱に関するご案内

フィリピン人 アセトアミノフェン

概要 [ ] 本庄市内で金融業()を営むが、自身の経営する・のに対して、常連客とのうえを3度実行させる。 第3の事件のが1999年7月に「自分も殺される」とに告発し、保険金殺人疑惑としてされる。 前年にが発生して1年足らずの状況であったため世間の注目は高く、主犯は疑惑発覚からまでの約8ヶ月間、自分の店を会場に記者1人に対して3000-6000円の入店料を徴収する有料のを203回実施。 およそ1000万円稼ぐという前代未聞の行動をした。 逮捕が近付くにつれて参加者が増え、1999年12月以降はほぼ連日何処かしらのや・で途切れなく取り上げられる事態が続いた。 会見の内容は自身の潔白を訴えることが多く、他には記者との雑談やカラオケ、キックボードで走り回ったり、特技の射撃を披露したり、時には毎日新聞の記者を殴打したこともあった。 状況証拠は限りなく黒に近かったが、は物証がなく当初難航する。 しかし最終的にホステス3人のをきっかけに、2000年3月に主犯とホステス3人を偽装結婚による容疑で逮捕。 その後やなどでした。 主犯はにでが確定 、現在はにされるも請求中である。 ホステス3人は既に有罪判決が確定しているが、ホステスの証言がに誘導されたとしてであると弁護団は主張している。 第1の事件 6月、元工員の45歳男性に対して、作戦や成人病作戦などと称して、長年にわたって多量のを飲酒させたり、となるよう仕向けたり、さらには、少量のを男性の好物のやに混ぜて一定期間継続的に摂取させ ていた。 しかし、一向に男性が弱らなかったため、以上のトリカブトが入ったを食べさせて殺害。 その後、で水死体で発見。 保険金3億円が偽装結婚相手のホステスに払われた。 第1の事件の殺人事件では、会社が主犯と3人に対し返還のを起こし、返還を命じる判決となる。 第2の事件 、元店員の61歳男性をとを大量に飲ませて殺害。 偽装結婚相手のホステスを受取人とする生命保険として保険金1億7000万円がかけられていた。 第3の事件 1999年、元塗装工の38歳男性が薬物中毒で重体。 偽装結婚相手のホステスを受取人とするとして9億円の保険金がかけられていたが体調不良を訴えた男性が病院に入院したことから未遂となり、マスコミに告発したことで保険金殺人が発覚する。 なお、風邪薬の主成分として使用されている4. 8gをと伴に服用し、急性で死亡した事例が1989年に報告されている。 関連書籍 [ ]• 『週刊新潮』第45巻第42号、新潮社、2000年11月2日、 57-58頁、 NAID 40001694442• 建脇保『虫けら以下 - 本庄保険金殺人事件の軌跡』太田出版、2001年。 武まゆみ『完全自白 愛の地獄』講談社、2002年。 高野隆、ほか『偽りの記憶 : 「本庄保険金殺人事件」の真相』現代人文社、2004年。 脚注 [ ] []• - 高野隆「『本庄事件』の集中審理-弁護人の経験と意見〔含 質疑応答〕」『刑事弁護』 36 (現代人文社)掲載。 - 第15回議事録 稲田刑事局総務課長の報告。 - 第11号、2008年4月25日の細川律夫議員の発言。 共同通信. 記事名に実名が使われているため、この箇所を伏字とした。 さいたま地方裁判所判決平成12年(わ)第529号、平成12年(わ)第636号、平成12年(わ)第748号、平成12年(わ)第941号、平成12年(わ)第1888号、平成12年(わ)第1968号• 清水 勝ほか「」『肝臓』Vol. 30 1989 No. 6 P 690-694 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の