イチゴ の 植え付け 時期。 イチゴの栽培(一季なりイチゴの育て方まとめ)

イチゴの苗が春にも販売されるのはなぜ?

イチゴ の 植え付け 時期

1、イチゴは中級者向けの植物 イチゴの苗は園芸初心者には少し難しい植物である。 イチゴは害虫にも狙われやすく病気などにもかかりやすいからだ。 そのような管理を怠ればすぐにダメになってしまうのである。 このようなことからイチゴは初心者ではなく、ある程度園芸の経験などのある中級者向けと言われるのである。 2、イチゴの苗を選ぼう イチゴの苗を選ぶ時はまずどのように実をつけるイチゴにするかを考える。 イチゴには春に一度だけ実をつける一季なり、春と秋に実をつける二季なり、春から冬まで実をつける四季なりがある。 また初心者であれば育てやすいイチゴの品種を選ぶことも大切である。 実際に苗を見てどれにするか考える時は、葉が緑で青々としているもの、茎が太くしっかりしているもの、土や下葉に変色やカビのないものなどを見極めて選ぶようにする。 3、イチゴの苗の植え付け時期 イチゴには春植えと秋植えがある。 春植えは4月頃で秋植えは10月頃である。 どちらでもイチゴをならせることはできるが、早く収穫したいなら秋植えがおすすめである。 また春植えは時間がかかる分、害虫や病気の被害に合いやすいというところもある。 4、苗を植えよう イチゴの苗を買ってきたらポットから根の固まりを壊さないように抜き取る。 植える部分はイチゴが入っていたポットや鉢よりも少し大きな穴にしてそこに苗をそっと置く。 イチゴの苗は深く植えすぎると生育が遅くなるため、イチゴの苗の下の方にあるクラウンと呼ばれる新芽が少し隠れるぐらいに浅く植えるようにする。 ちなみにランナーと呼ばれる親株と子株を繋ぐツルを切り離した跡があるので、そちらを奥にして植えると反対側に花が咲き実もなるので収穫しやすい。 苗を植えたらたっぷりと水をあげること。 その後は土の表面が乾いたと感じたら水を多めに挙げるようにすることが大切である。 水やりで泥が葉などにつくことに気をつけよう。 これは病気の原因となることが多いのである。 いかがだったろうか?イチゴは少し初心者には難しい園芸植物ではあるが、上手く育てるコツは最初の苗選びにもあるようだ。 ぜひ上記のことを参考にイチゴを育てることに挑戦してみてほしい。

次の

イチゴの苗の選び方と植える時期は?

イチゴ の 植え付け 時期

1、イチゴは中級者向けの植物 イチゴの苗は園芸初心者には少し難しい植物である。 イチゴは害虫にも狙われやすく病気などにもかかりやすいからだ。 そのような管理を怠ればすぐにダメになってしまうのである。 このようなことからイチゴは初心者ではなく、ある程度園芸の経験などのある中級者向けと言われるのである。 2、イチゴの苗を選ぼう イチゴの苗を選ぶ時はまずどのように実をつけるイチゴにするかを考える。 イチゴには春に一度だけ実をつける一季なり、春と秋に実をつける二季なり、春から冬まで実をつける四季なりがある。 また初心者であれば育てやすいイチゴの品種を選ぶことも大切である。 実際に苗を見てどれにするか考える時は、葉が緑で青々としているもの、茎が太くしっかりしているもの、土や下葉に変色やカビのないものなどを見極めて選ぶようにする。 3、イチゴの苗の植え付け時期 イチゴには春植えと秋植えがある。 春植えは4月頃で秋植えは10月頃である。 どちらでもイチゴをならせることはできるが、早く収穫したいなら秋植えがおすすめである。 また春植えは時間がかかる分、害虫や病気の被害に合いやすいというところもある。 4、苗を植えよう イチゴの苗を買ってきたらポットから根の固まりを壊さないように抜き取る。 植える部分はイチゴが入っていたポットや鉢よりも少し大きな穴にしてそこに苗をそっと置く。 イチゴの苗は深く植えすぎると生育が遅くなるため、イチゴの苗の下の方にあるクラウンと呼ばれる新芽が少し隠れるぐらいに浅く植えるようにする。 ちなみにランナーと呼ばれる親株と子株を繋ぐツルを切り離した跡があるので、そちらを奥にして植えると反対側に花が咲き実もなるので収穫しやすい。 苗を植えたらたっぷりと水をあげること。 その後は土の表面が乾いたと感じたら水を多めに挙げるようにすることが大切である。 水やりで泥が葉などにつくことに気をつけよう。 これは病気の原因となることが多いのである。 いかがだったろうか?イチゴは少し初心者には難しい園芸植物ではあるが、上手く育てるコツは最初の苗選びにもあるようだ。 ぜひ上記のことを参考にイチゴを育てることに挑戦してみてほしい。

次の

イチゴの育て方と栽培のコツ

イチゴ の 植え付け 時期

もくじ(タッチすると移動します)• 子苗はどこからできる? イチゴを育てていると株元から つるのようなものが伸びてきていたと思います。 これは ランナー(ほふく枝)と呼ばれるもので、伸びながら先端に子株を付けて増えていきます。 5月のイチゴの実の収穫最盛期には同時にこのランナーも伸びていたと思いますが、 この時期に伸びてくる ランナーは株元から切る必要が あります。 なぜかというと 成長にかかる養分が 分散されてしまい、実が甘く大きくな らなくなってしまうからなんですね。 もし、忘れてしまっている場合は来年のためにも以下の記事でおさらいしておきましょう! 子苗取りの時期 ランナーからできる子苗を作る時期 についてですが、早くて6月の中旬 からにしましょう。 実がなっている時期から敢えて新苗作りに挑戦する必要はありません。 親株の状態にもよりますが1株から10本程度のランナーが伸びて1番目の子苗ができ、さらにそこからも ランナーからが伸び2番苗、3番苗と最終的には1株から10~30株くらいは子苗ができるので 秋の植え付けまでにウイルス病に 特有の葉の縮れやモザイク病症状 のない青々した元気な苗を選び ましょう。 1株から10本程度ランナーが伸びてくるわけですから3株あれば30本その先につく子株さらに・・・となると相当数の子株ができます。 そこで、来年用のイチゴの子苗を作る場合、 何株くらい作るのかを 先に決めておきましょう。 どのランナーを残すかのポイントとして、まず 一番収穫量が多かった 丈夫な株を選び、そこから太くて 元気のあるもっともよく伸びている 苗を残します。 実がたくさんなった親株の性質は子苗に引き継がれるからです。 そのため 弱々しい株やランナーは 避け、カットしてしまいます。 また実付きの時同様、たくさんのランナーを残したまま子苗作りをしても養分が分散してしまうためやめましょう。 なぜかというと、 1番苗は生育が不安定なことが多いためできるなら避けた方がいいです。 3、ポット上げ 次に育苗用(いくびょうよう)のビニールポット(3. 5号)に 元肥入りの培養土を入れて、中央に穴をあけて親株から伸びているランナーの子株を切り離さずに、針金などを切って Uピンを作り ランナーを押さえて子株の根を浅く 植え付けます。 もしくは、ビニールポットを使わずに親株が植わっているプランターの空いている場所に同じようにして植え付ける方法もあります。 ですが、ビニールポットが用意できるのであればそちらで苗作りをしていきましょう。 4、子苗の管理方法 イチゴは暑さに弱いので直射日光がガンガンにあたってしまうと 葉やけ をしてしまうので日当たりがいい 場所で日よけをしビニールポットは水が乾きやすいので夏は早朝と夕方に様子をみて カラカラに乾きすぎないように注意して 通常の水やりをして管理します。 初心者の人がイチゴの苗をダメにしてしまうのは主に夏!収穫が終わり気を許した時期が落とし穴です。 そして、上手くいくと 3週間くらい経つと 根 が付きます。 確認方法として 根元を軽く引っ張って抜けないよう であれば 成功しています。 そうしたら 親株と繋がっているランナーを切りましょう。 2番苗を利用した場合は親株と繋がっていたランナーの他に3番苗に繋がっているランナーもあると思いますこちらも切り離せば 子苗の完成です! 10月中旬になったらプランター等に 植え付け来年の栽培を始めましょう。 スポンサーリンク 親株は残して育てられる? 子苗は完成したとして、 今年栽培していたイチゴの親株は多年草だし来年もこのまま収穫できないのでしょうか?というご質問を頂くことがあります。 なぜかというと、いくら肥料を与えていたからといって たくさんの実を付けた株は疲れています。 そのため 翌年は実が小さくなったり収穫量も減る傾向があります。 また、イチゴには連作障害といって毎年同じ科の野菜を同じ場所で育てていると病気に感染しやすくなったりその後の生育も不良になることがあるため、親株を残して育てるのは避けた方が無難です。 いかがでしたでしょうか。 今回は今年栽培した親株から来年用の子苗を取る方法についてご紹介してきました。 イチゴは家庭菜園初心者にも簡単に育てられる丈夫な野菜です。 栽培の基礎を見直して1年目、2年目とイチゴ栽培上級者になるために色々な種類のイチゴを栽培してみるのも面白いですよ! 育て方の基本はすべて同じですので以下の記事を参考に復習しておきましょう。 スポンサーリンク カテゴリー• 189•

次の