横浜 ごみ 分別。 敷布団の捨て方と横浜市のゴミ分別に対する取り組み

【動画】かばん/バッグの捨て方。横浜市のごみの分別方法を詳しく解説しています。

横浜 ごみ 分別

引越し時や大掃除、結婚や転勤など、一時的に多量のゴミが出る時にゴミ処理施設へ直接ゴミを持ち込みたい(自己搬入したい)と考えた事はありませんか? また、同じ市・区・町村でも居住する地区や、ゴミの種類によっても持ち込みできる施設が異なる場合がありますので、注意が必要です。 事前にご確認ください。 横浜市にお住まいの方は、市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。 直接持ち込む場合も、事前に粗大ごみ受付センターに電話が必要です。 事前にお申し込みがない場合には、搬入することはできませんので、注意が必要です。 テレビ(薄型含む)・洗濯機・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・パソコンは 粗大ごみとして収集できません。 お住まいの地域を担当するごみ持込施設の電話番号(かけ間違いにご注意) お住まいの地域 担当工場 電話番号 (かけ間違いにご注意) 横浜市 鶴見資源化センター 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 港南ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 長坂谷ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 神明台ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 施設名称|横浜市鶴見資源化センター 所在地 横浜市鶴見区末広町1-15-1 (鶴見工場内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|港南ストックヤード 所在地 港南区日野南3-1-2 (港南資源回収センター内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)、年末年始 施設名称|長坂谷ストックヤード 所在地 横浜市緑区寺山町745-45 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~21:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|神明台ストックヤード 所在地 横浜市泉区池の谷3949-1 (神明台処分地内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 横浜市のごみ持込施設の周辺地図 鶴見資源化センター 港南ストックヤード 長坂谷ストックヤード 神明台ストックヤード 横浜市と町域について 神奈川県の東部にある県庁所在地。 東京湾に面し、日本最大の貿易港をもち、北東部と南部の臨海地域、また内陸に広がる工業地域は京浜工業地帯の中核をなす。 政令指定都市で、人口は東京都区部に次ぐ日本第二の大都市。 総面積437. 38平方キロメートル、人口357万9628(2005)。 city. yokohama. html 掲載情報について(免責事項) このページに記載させて頂いている情報は、ページ作成時の情報を元に掲載しております。 その後の自治体での分別方法や出し方の変更などにより、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。 参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は横浜市役所ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。

次の

横浜市のごみ分別にかける本気度がすごい! 分別方法を教えてくれるAIが登場

横浜 ごみ 分別

まっこうから違う、ごみ焼却の考え 今、への考え方は大きく二つに分かれている。 たとえば東京23区などでは、平成20年から「サーマルリサイクル」といって、ペットボトルや一部のプラスチック製品を除き、全部を燃やしてしまう方向に転換。 高温完全燃焼できる炉でダイオキシンを抑え、ガンガン燃やして発電しようという考えだ。 世田谷清掃工場の職員の一人は言う。 「一般論として言いますが、リサイクルで出る残渣物(ざんさぶつ)の処理や、汚れを洗い落とす水の量を考えると、燃やすほうがコストは少ない」。 確かに東京23区では、埋立て最終処分場の延命化にもつながり、平成17年と平成21年との比較で、売った電力の増収が約11億円、その他の経費も合わすと約53億円もの経費削減になっている。 電力不足が切実な今、それは価値があるようにも思える一方、温室効果ガスの排出が増えていることや、今後の炉の修理費を考えると、主流になるスタイルかどうかは未知数だ。 工場内に掲示されている、ごみ焼却の過程。 右側にごみピットが見える 排ガス処理のシステム。 複雑で素人には何が何だか?! この夏よろしく、と東電から頼まれた 他都市で焼却による発電がうまくいっているなどと聞くと、ではちゃんと発電できているのだろうか?と気になる。 発電について伺ったところ、久松さんもその点ちょっと誇りのようだ。 金沢工場ではボイラーで蒸気を作り、タービンを回してできた電力で施設内の冷暖房・照明をすべてまかなっているとか。 しかも隣接する下水処理場(正式名;環境創造局 水再生センター)にも提供。 それでも残る4割を民間の電力会社を通して東電に売っている。 その額、金沢工場だけでも年間6億3,000万円。 電力量にして5,790万kWh。 全体で売った電力は、年間20億円、1億7,400万kWhにものぼっているという。 1億7,400万kWhという数字は、原発1基分の30~40分の1くらいではあるけれど、それでも約3万5,000世帯分の年間消費電力をまかなっている。 「実はいま、夏に向けてピットにわざとを貯めているんです。 東京電力からもっと発熱してくれと、頼まれて」。 この夏は3つの炉を全開にして発電しまくるのだとか! 発電用のタービン。 「ただいまの発電電力は14,100kW」とのテロップが 取材を終えて キニナル投稿にあるような、せっかく分別した包装プラやペットボトルを燃やしているという事実はなかったが、を経済的に燃やすにはコツがあることがわかった。 いつかに焼却工場は1軒だけ、なんていう時代が来るかもしれない。 取材するまで、この電力不足の時に限っては、何もかも燃やして発電するのが合理的なのではと感じていた。 でもリサイクルできる物はとことんリサイクルしてごみを減らそうというの姿勢は、とても丁寧でスマートにみえた。 金沢工場では、隣の下水処理場に電力をあげる代わりに、炉を温める時に使うメタンガスと、清掃用の処理水を供給してもらっている。 循環もとてもうまくいっている印象だった。 掲載した写真以外にまだまだ見どころもたくさん。 個人での見学も随時受け付けているので、一度目で確かめるのもおすすめだ(要予約)。 バス見学ツアー、ペットボトルロケット制作&実射、サイエンス教室、パンの販売、ミ二収集車体験など。 見学会とか行ったことありますが…横浜市はプラ製品でも「容器包装に使われているプラスチック製品」を分別対象にしているだけで、オモチャやビデオテープ等のプラスチック製品は普通に燃やしてますよ。 記事にあるように高温で燃やすことでダイオキシン発生を抑え、記事中には無いモノの有毒物質の排出をほぼゼロにまで減らす設備も整えているそうです。 当然ですね…。 記事には無いですが、見学会でハナシを聞いた時に焼却灰の埋め立ての問題もあるので出来るだけ燃やさない方向に向いているように感じられましたので、科学的な実証云々の前に物理的な問題からも分別して欲しいんじゃないでしょうか。

次の

横浜市家庭ごみの出し方

横浜 ごみ 分別

引越し時や大掃除、結婚や転勤など、一時的に多量のゴミが出る時にゴミ処理施設へ直接ゴミを持ち込みたい(自己搬入したい)と考えた事はありませんか? また、同じ市・区・町村でも居住する地区や、ゴミの種類によっても持ち込みできる施設が異なる場合がありますので、注意が必要です。 事前にご確認ください。 横浜市にお住まいの方は、市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。 直接持ち込む場合も、事前に粗大ごみ受付センターに電話が必要です。 事前にお申し込みがない場合には、搬入することはできませんので、注意が必要です。 テレビ(薄型含む)・洗濯機・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・パソコンは 粗大ごみとして収集できません。 お住まいの地域を担当するごみ持込施設の電話番号(かけ間違いにご注意) お住まいの地域 担当工場 電話番号 (かけ間違いにご注意) 横浜市 鶴見資源化センター 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 港南ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 長坂谷ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 横浜市 神明台ストックヤード 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 施設名称|横浜市鶴見資源化センター 所在地 横浜市鶴見区末広町1-15-1 (鶴見工場内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|港南ストックヤード 所在地 港南区日野南3-1-2 (港南資源回収センター内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)、年末年始 施設名称|長坂谷ストックヤード 所在地 横浜市緑区寺山町745-45 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~21:00 休日 日曜日、年末年始 施設名称|神明台ストックヤード 所在地 横浜市泉区池の谷3949-1 (神明台処分地内) 電話 粗大ごみ受付センター 0570-200-530 携帯電話からは 045-330-3953 受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00 休日 日曜日、年末年始 横浜市のごみ持込施設の周辺地図 鶴見資源化センター 港南ストックヤード 長坂谷ストックヤード 神明台ストックヤード 横浜市と町域について 神奈川県の東部にある県庁所在地。 東京湾に面し、日本最大の貿易港をもち、北東部と南部の臨海地域、また内陸に広がる工業地域は京浜工業地帯の中核をなす。 政令指定都市で、人口は東京都区部に次ぐ日本第二の大都市。 総面積437. 38平方キロメートル、人口357万9628(2005)。 city. yokohama. html 掲載情報について(免責事項) このページに記載させて頂いている情報は、ページ作成時の情報を元に掲載しております。 その後の自治体での分別方法や出し方の変更などにより、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。 参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は横浜市役所ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。

次の