坂口杏里 視聴。 迷走し続ける坂口杏里・・・。新型コロナが流行る中、大阪ミナミで一日店長を決行?|テレビドラマのあみちゃんねる

【ザ・ノンフィクション】坂口杏里の現在が転落人生すぎてやばい

坂口杏里 視聴

2017年9月に芸能界引退を表明していた坂口さんだが、昨年10月には「平成ノブシコブシ」の徳井健太が開いたトークライブに出演。 同年12月4日には「坂口杏里の芸能復帰までの道のり」と題したイベントを都内で開催。 報道陣も受け入れており、風俗店勤務とともに、事実上は芸能活動を行ってきた。 昨年いっぱいで「夜のお仕事」(風俗の意味)を卒業するとも表明していたが、年明けも継続している坂口さん。 昨年6月、東京・新宿のデリヘル(派遣型風俗)で働き始めたとツイッターで公表。 その後は神戸、渋谷と転籍し、現在は東京近郊店に在籍している。 店のホームページでは実名、顔出しで紹介されているほか、店長のコメント欄には扇情的な文言が並ぶ。 それを見て我慢できなくなり、先ごろ、新宿・歌舞伎町のホテルに坂口さんを呼んだのが「実は杏里ちゃんのお母さん、坂口良子さんのファン」というA氏。 なんと料金は60分20万円! 平日夕方に電話し、当日予約できた。 「元有名芸能人」をうたっているだけあり、送迎ドライバーも本人と一緒に部屋に来た。 「人の良さそうなオジサンで、その人にお金を渡しました。 彼は部屋の中を確認し『この子は風俗業界は素人なので、くれぐれもよろしく』と。 派遣先は客の自宅はダメでホテルのみ、プレー中はケータイの電源をオフにするとか、注意事項も言われました」(A氏) ドライバーが部屋を出た後、坂口さん本人に聞くと「デリヘル歴は3年のベテラン」。 その実力はいかほどのものなのか? まずはベッドで雑談。 興味津々なA氏の質問攻めにも、坂口さんはぶっちゃけトークで返してきた。 元芸能人がこのテの仕事を大っぴらにやるのはおそらく日本初。 そのことについてどう思っているか聞くと…。 「マスコミなんかに相当批判されました。 母が亡くなり、親族からは、この仕事をしていることで戸籍から外されたりしました。 食べていくためこの仕事をやってます。 基本的にメンタルが強いので、めげてません。 お店の人にはお世話になったし、お店のためにも露出して頑張りました」 また、デリヘルの仕事をいつまで続けるか、その後についてもこう語った。 「去年までガッツリスケジュールを入れてやってたけど、今年からはアルバイトです。 2月には(デリヘルを)辞めるつもり。 早ければ今月中に辞めて、その後は芸能の仕事に復帰します。 私がリーダーのバンドです」 実際、坂口さんは21日に都内のライブハウスでバンドメンバー募集のトークライブを開催。 23日には、勤務するデリヘル店のブログで、ギターやドラムなどの楽器をバックに合格者とみられる3人の男性との集合写真とともに「一次オーディションの発表!彼らまだ若い」とつづっている。 『手持ちがない』と言うと『みんなコンビニ(のATM)にダッシュするよ』と返されました」(A氏) 高額な料金設定について聞くと「お客さまはお店の人に聞いて(料金に)ビックリするみたい。 でも、ちゃんと本人が来てるし、私はフレンドリーなんで、リピートのお客さまも多いんですよ。 この間も北海道から来てくれたお客さまの所に行きました。 ただ、札束で横っ面を叩くような人もいて、中には変な葉っぱを吸って『杏里も吸ったらお金をあげる』と言われたことも。 怖くて逃げましたけど」と坂口さん。 A氏が「お客さん、何百人もいるんじゃない?」と聞くと「そこまでは。 (料金が)高いから…」とはぐらかした。 雑談もそこそこに、2人は服を脱ぎ浴室へ。 「ネット記事では裸にもならないなど散々書かれてましたが、裸でちゃんと洗ってくれました。 ボディーラインは崩れていないし、肌もスベスベ。 テレビで見たあの芸能人が洗ってくれている満足感はありました。 お母さんのファンだったと言うと、本人も喜んでいるようでした」と満足そうに話したA氏。 今後は坂口さんの本格的な芸能活動にも期待したい。 【夜のお仕事辞めるのか辞めないのか】坂口さんはもともと、夜のお仕事を昨年いっぱいで辞めるつもりだった。 年末には「もう数日で夜卒業してしまうので…」(昨年12月20日)、「ラスト出勤12/31、近づいてます!」(同28日)、「今日明日で、ラストです!」(同29日)とツイートし、ラストスパートをかけていた。 大みそかは「留学していた幼馴染と自宅で鍋パーティー」で年越しまではよかったが、年明け早々体調を崩し、元日に予定していたイベント出演をドタキャン。 本人はその日のツイッターで「昨日から体調が悪くて起きて緊急で病院行って、インフルエンザと言われ、ついでにふらふらして転んで頭打って脳しんとうになってしまいまひて…」(原文ママ)と説明している。 そして1月6日のツイッターで「只今枠あいてます」と仕事続行をほのめかしていた。 風俗の仕事をいつまで続けるかは明言していないが、店のHPによると、29日まで出勤時間が明記されており、30、31日、2月1日は「ご予約受付中」の表示になっている。 東京都出身。 母は故坂口良子さん、実父は会社役員。 両親は94年に離婚し、良子さんに女手一つで育てられる(2012年に良子さんは尾崎健夫と再婚)。 お笑いコンビ「バイきんぐ」小峠英二と交際後、16年に「ANRI」名でAVデビュー。 17年4月、知人のホストから3万円を脅し取ろうとした恐喝未遂容疑で逮捕(不起訴)。 高級キャバ嬢を経て昨年6月、ストリップデビューが発表されるも、初日2日前にドタキャン。 同年12月にイベント「芸能復帰までの道のり」を開催。 T168・B80・W59・H88。

次の

坂口杏里の家族関係まとめ!兄直彦は慶応卒で職業は医師?父親はゴルファー?

坂口杏里 視聴

元タレントで芸能界復帰を目指すさん(27)が27日、ライブ動画配信サービス「ツイキャス」を使い、自身のメークの方法を紹介した。 すっぴん状態から顔の体操でスタート。 「さっきお風呂入ってやったの」と入浴直後であることを明かし、丁寧にマッサージ。 「リンパが首の後ろへんにある。 そこもグーッと押していきます」などと解説した。 その後は自身が使用する道具を説明しながら、メークを完成。 「ファンデーションは塗ってないから常にできるわけよ。 ファンデーション嫌いなんですよね。 大事なことは2回言う」と締め、最後はディオールの香水をPRした。 視聴者は時間を追うごとに増え、最終的には1万3000人を突破した。 坂口は「見てる人数がたったの7分で3000人はいってますね」「すごいー!13分で8000人も見てくださっていますよね」と興奮の様子だった。 視聴者の質問にも答え「けさ5時ぐらいまでカラオケいってたから、ノドがおかまみたいな声になっている」などと話した。 批判を浴びせた一部のファンに「一生見んな! 来んな、来んな、来んな!」と毒づく場面もあった。 坂口さんは12月4日、東京・下北沢で「坂口杏里の芸能復帰までの道のり」なるイベントを開催する。 あわせて読みたい•

次の

【ザ・ノンフィクション】坂口杏里の現在が転落人生すぎてやばい

坂口杏里 視聴

この記事の目次• 坂口直彦は坂口杏里の兄で坂口良子の息子 坂口直彦さんは、元タレントで現在はYouTuberの坂口杏里さんの兄であり、2013年に亡くなった女優の坂口良子さんの息子です。 坂口直彦さんは1989年生まれで妹の坂口杏里さんより2歳年上である事や、芸能活動はしておらず一般の方だという事などがわかっています。 坂口杏里さんの兄で坂口良子さんの息子が「坂口直彦」という名前だと判明したのは、テレビで放送された坂口良子さんの追悼番組で流された映像の中で上の画像のように、坂口良子さんの息子として紹介されたためです。 ちなみに、この映像は坂口良子さんが、プロゴルファーの尾崎健夫さんと2度目の結婚をされた際の結婚披露宴で息子さんがスピーチされた時のものです。 画像右下には坂口杏里さんの姿も見えるため、この人物が坂口杏里さんの兄で坂口良子さんの息子である事は間違い無いと思われますが、どうやらこの「坂口直彦」という名前については本名でない可能性が高いようです。 これについては次の見出しで詳しく見ていきます。 坂口直彦は本名でない可能性が高い 坂口良子さんの追悼番組内で「坂口直彦」と紹介された坂口杏里さんの兄で坂口良子さんの息子にあたる人物ですが、実はこの名前は本名ではなかった可能性が高まっています。 「坂口直彦」が本名ではない可能性が高まるきっかけとなったのは、妹の坂口杏里さんが2017年4月に恐喝未遂容疑で、2019年8月に住居侵入の容疑で逮捕され、その際に本名が「野沢瑞恵」である事が報じられた事でした。 これによってそれまで本名だと思われていた「坂口杏里」というのが芸名だった事が判明し、坂口杏里さんの兄が「坂口姓」を名乗っている可能性が極めて低くなったためです。 ちなみに、母親の坂口良子さんの本名は「野澤良子」で、坂口杏里さんと兄の父親である田山恒彦さんとは1994年に離婚しているため、その時に子供2人も母親の旧姓の野澤姓に戻っています。 そのため、そもそも芸能活動をしていない一般人である坂口良子さんの息子が、「坂口姓」を名乗る必要性は何もありません。 先ほど紹介した坂口良子さんの追悼番組内で紹介された映像で「坂口直彦」と紹介されたのは、坂口良子さんの息子である事をわかりやすくするためのテレビ特有の演出だったと考えられます。 また、一般人であり芸能界からは距離を置いていたという坂口良子さんの息子さんのプライバシーに配慮する意味合いもあったのでしょう。 以上から、「坂口直彦」は本名ではない可能性が高まりましたが、この記事ではここから先も便宜上、坂口杏里さんの兄で坂口良子さんの息子さんは仮に坂口直彦さんとして書いていきます。 坂口直彦は慶應義塾大学医学部卒のエリート医師はガセネタ? ネット上では、坂口良子さんの息子で坂口杏里さんの兄の坂口直彦さんが、慶應義塾大学医学部を卒業後、慶應義塾大学病院に勤務するエリート医師だという情報が流布されています。 しかし、少なくとも慶應義塾大学病院には、この坂口直彦さんに該当しそうな人物は勤務されていないようです。 また、慶應大学医学部という情報についても根拠となる情報はなく、あくまでもインターネット上の噂にすぎないようです。 妹の坂口杏里さんがタレントとして活動していた頃、「おバカキャラ」として売り出されていたため、もしもその兄が慶應義塾大学医学部卒で、慶應義塾大学病院に勤務するエリート医師であればそのギャップが面白いのではないか?と考えた何者かが、インターネット上にデマ情報を流した可能性も考えられそうです。 坂口直彦は障害者だというデマ情報も流布されていた 上でも触れましたが、坂口直彦さんは母の坂口良子さんがプロゴルファーの尾崎健夫さんと再婚された際の結婚披露宴でスピーチをされており、その時の様子がテレビで放送されているのですが、その語り口調が特徴的だったため一部の視聴者から「知的障害者ではないか?」という噂が出ました。 こちらについても根拠のないデマ情報で、むしろ映像として全国に放送されるであろう超有名の母親の結婚披露宴の場で、しっかりとスピーチを行った坂口直彦さんはとても優秀な人物であると推測されます。 この噂についても、妹の坂口杏里さんが「おバカキャラ」で売っていた影響から出た噂である可能性が高そうです。 坂口直彦の現在は? 坂口良子さんの息子で、坂口杏里さんの兄である坂口直彦さんの現在についても見ていきます。 坂口直彦さんは一般の方であるため、現在の詳しい情報は不明なのですが、2017年に妹の坂口杏里さんが、知人のホストに対する恐喝未遂容疑で逮捕された際に、週刊誌「女性セブン」のインタビューに応じています。 そのインタビューにて、坂口直彦さんは妹の坂口杏里さんについて以下のように語っています。 幼い頃から甘やかされてワガママに育ってしまった杏里は、自分がこうだと思ったら誰の意見も聞かず、深く考えずに行動してしまいます。 AVデビューの時も何一つ相談がなかった。 カネについても家族には何も言わない。 なかなか厳しい言葉ですが、この言葉に続けて坂口直彦さんは次のように語っています。 僕ら兄妹は30歳前の大人ですから、親に頼ってばかりもいられない。 やってしまったことは仕方がない。 杏里はこの恐喝から何かを学んで人生に活かしてほしいです このインタビューでの受け答えの内容から、坂口杏里さんの兄・坂口直彦さんはとてもしっかりした人物だと感じます。 この兄の思いもむなしく、坂口杏里さんは2019年にも住居侵入容疑で逮捕されてしまうのですが、このしっかりした兄・坂口直彦さんのサポートでなんとか立ち直って欲しいものです。 坂口杏里とYouTuberシバターの結婚に兄の坂口直彦が祝福のコメント YouTuber活動を開始した坂口直彦さんの妹の坂口杏里さんですが、実は2019年に人気YouTuberのシバターさんと電撃的に結婚され、それを自身のYouTubeチャンネルで動画にされています。 この動画の中で、坂口杏里さんが兄からLINEで結婚おめでとうのメッセージが届いた事を明かされています。 坂口直彦さんと坂口杏里さんの兄妹仲は現在も良好な様子です。 まとめ 今回は、2013年に亡くなった女優・坂口良子さんの息子で、元タレントの坂口杏里さんの兄の坂口直彦さんについてまとめてみました。 名前が「坂口直彦」だというのは、坂口良子さんの2度目の結婚での披露宴の様子がテレビ放送された際に明らかになった情報でしたが、その後、坂口杏里さんが逮捕された際、本名が「野沢瑞恵」である事判明し、兄の「坂口直彦」も本名ではない可能性が高まりました。 また、この坂口直彦さんが慶應大学医学部出身で、現在は慶應義塾大学病院に勤務するエリート医師であるという噂も流れていましたが、こちらも根拠のないデマ情報のようです。

次の