消費税 国税庁。 口座振替日 所得税は5月15日、消費税は5月19日に 国税庁

キャッシュレス・ポイント還元の仕訳方法、値引きとの違いに要注意!

消費税 国税庁

消費税は日々接する税金としてとても身近な税金ですが、事業を行っている方からすると色々と 判断に悩まされることも多い税金の一つでもあります。 今回はそんな消費税の中で、「リバースチャージ方式」という消費税の課税方法について、なるべく 分かりやすく解説したいと思います。 リバースチャージ方式は新たな課税方式ですので、リバースチャージ方式を理解するには、原則的な 消費税の課税方式の理解が必要です。 そのため、まず原則的な消費税の概要や課税方式から説明したいと思います。 税率は、この記事を書いているH31. 3時点では8%(国税6. 3%、地方税1. 7%)ですが、H31. 10から 10%(国税7. 8%、地方税2. 2%)に上がる予定です。 消費税を負担する人は、商品を購入したりサービスを受けた人で、消費税を納付する人は商品を販売 したりサービスをした人(事業者)となります。 私がコンビニやスーパーで商品を購入すると消費税を払いますが、税務署に対して払う訳ではありません。 あくまで、税務署に支払うのは店側(事業者)となります。 海外で何か商品を購入し、その商品を海外で消費する場合には日本の消費税を納める必要はありません。 「預かった消費税 - 支払った消費税」 例えば、事業者が商品を税込10,800円で販売した場合は、800円の消費税を預かっていることになります。 また、この商品の仕入価格が税込5,400円だったとすると、400円は消費税を支払っていることとなります。 よって、このケースでは 「預かった消費税800円 - 支払った消費税400円」を差し引いた 400円を事業者が納付することになります。 この計算方法を「簡易課税制度」といいます。 「預かった消費税 - 支払った消費税(概算)」 ポイントは、支払った消費税額を概算で計算することができるという点です。 支払った消費税(概算)の計算ですが、次の算式となります。 例えば、インターネット上での広告配信サービスなどが該当します。 (広告配信は通常事業者しか使用しないため) 一方、例えばYouTubeなどの動画配信サイトやSNSなどは事業者でなくても使用しますので、 「事業者向け電気通信利用役務の提供」には該当しません。 仮に法人としてSNSを利用していても、サービスを受けるものが通常事業者に限られる訳では ありませんので、「事業者向け電気通信利用役務の提供」該当しないということです。 (実務ではあまり出てこないと思います。 そのため、サービスを受ける者が国内の事業者の場合は、国内の取引となり、消費税が課税されます。 (3)課税方法 リバースチャージ方式の場合、サービスを提供するもの(国外の事業者)ではなく、 サービスの提供を受けるもの(国内の事業者)が消費税を納めることとなります。 例えば、次の場合、宿泊予約サイトの利用料や手数料を払うのは国内事業者です。 国外事業者:宿泊予約サイト提供している事業者(Booking. com等) 国内事業者:旅行会社やホテル等 原則通りであれば、利用料をもらう国外事業者が日本の消費税を納めることになりますが、 リバースチャージ方式が適用される場合は国内事業者が消費税を納めることとなります。 次の具体例を見てみましょう。 (3)経過措置 当面の間、課税売上割合が95%以上である場合や、簡易課税制度を適用する場合はリバース チャージ方式が適用されませんので、上記(2)の処理は不要となります。 この場合、国外事業者に支払った10,000円には消費税が含まれていないと考えますので、 消費税上の処理は何も発生しません。 (預かった消費税も発生しない代わりに支払った消費税も発生していないということです) 3.実務上での注意点 (1)契約の相手方はだれか リバースチャージ方式は、国外の事業者からサービスの提供を受ける場合の取扱いです。 そのため、契約書や利用規約からサービスを提供しているものがだれかを判断する必要が あります。 例えば、本社が国外でもその国外事業者の日本法人や日本代理店があり、その日本法人や 日本代理店と契約している場合には、リバースチャージ方式の対象外となります。 (2)事業者向け電気通信利用役務の提供か そのサービスが事業者向けかどうかを判断する必要があります。 なお、事業者向け以外の電気通信利用役務の提供を「消費者向け電気通信利用役務の提供」と いいますが、消費者向けというよりは、事業者向け以外と考えた方が分かりやすいと思います。 「消費者向け電気通信利用役務の提供」に該当すると、リバースチャージ方式の適用はありません。 なお、「消費者向け電気通信利用役務の提供」の場合の処理は以下のとおりとなります。 いかがでしょうか。 最近、このリバースチャージ方式の取扱いに関して、多くの消費税の納付漏れが発生しているというニュースを 見かけましたが、上記の経過措置により、リバースチャージ方式の適用除外となる事業者の申告ミスの記事でした。 実際、上記の経過措置によりリバースチャージ方式の適用外の事業者は多いですが、このような申告漏れが発生し 税務調査で指摘を受けると、本来の税金に加えて加算税や延滞税という税金を追加で納めなければなりません。 複雑な話ですが、内容を理解して申告ミスがないように処理していきましょう。 嶋村 真崇.

次の

キャッシュバックの税金・税務・仕訳等/ポイント値引き

消費税 国税庁

1.消費税の準確定申告 死亡した人の確定申告のことを準確定申告といい、被相続人が個人事業主(事業所得)や不動産経営者(不動産所得)で、一定の課税売上高がある場合には消費税申告も必要となります。 1-1.消費税申告が必要な場合 消費税の準確定申告は、被相続人が 課税事業者(消費税の納税義務がある事業者)である場合に必要となります。 被相続人が課税事業者に該当するのは、 基準期間(死亡した年の前々年)における課税売上高が1,000万円超である場合です。 また、1,000万円以下であっても 課税事業者選択届出書を提出し、課税事業者となっている場合にも申告納税が必要になります。 【関連】 1-2.申告期限 被相続人が課税期間の途中や、課税期間終了後から申告期限までの間に申告しないまま死亡した場合には、相続人はいずれの場合にも、 相続開始日の翌日から4ヶ月以内に申告納税しなければなりません。 申告種類 死亡日 申告期限 準確定申告 課税期間の途中 相続開始日の翌日から4ヶ月以内 課税期間終了から申告期限までの間 確定申告 - 課税期間終了日の翌日から2ヶ月以内 通常の確定申告と比べて、倍の期限が設けられ猶予が与えられていることが分かります。 1-3.申告書の提出先 準確定申告書を提出するのは、 被相続人の死亡当時の住所地を管轄している税務署です。 相続人の所轄税務署ではありませんので注意しましょう。 1-4.相続人が複数いる場合の納税義務 相続人が複数人いる場合は、原則として、1通の準確定申告書に各相続人が連署して提出します。 また各相続人の納付税額は、それぞれの相続分により按分計算した金額となります。 1-5.相続税計算における納付税額と還付税額の取り扱い 準確定申告における消費税の納付税額は、相続税計算では債務として扱われ、債務控除の対象となります。 これに対して還付税額は、財産として扱われ、課税財産に含まれます。 2.提出が必要な書類 準確定申告を行う際に必要な書類を一覧にしました。 一般課税用 簡易課税用 申告書 (通常) 消費税及び地方消費税の準確定申告書 付表(通常) 付表2 付表5 準確定申告 の場合 付表6 死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 死亡届 個人事業者の死亡届出書 2-1.消費税及び地方消費税の準確定申告書 様式は通常の確定申告書と同じで、名称を「準確定申告書」と記入して使用します。 確定申告書には一般用と簡易課税用の2パターンがあり、被相続人が原則課税(本則課税、一般課税ともいいます。 )の場合には一般用、簡易課税の場合には簡易課税用を使用します。 2-1-1.付表(一般用・簡易課税用) 一般課税では「付表2」、簡易課税では「付表5」を確定申告書と一緒に提出する必要があります。 これらの付表は、課税売上割合や控除対象仕入税額の計算過程を記載する書類です。 2-2.付表6 死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 準確定申告特有の明細書で、被相続人の住所氏名をはじめとして、各相続人の情報などを記載する書類です。 2-3.個人事業者の死亡届出書 被相続人が死亡したことを税務署に知らせるための届出書で、死亡後、 速やかに提出しなければなりません。 2-4.【参考】消費税の還付申告に関する明細書(個人事業者用) 還付申告(中間納付の還付を除きます。 )の場合にのみ提出します。 なぜ還付になったのかを記載する書類です。 消費税の還付があるのは原則課税による場合のみです。 よって、簡易課税の場合にはこの書類を提出することはありません。 3.書類の書き方 上記の必要書類の書き方を、簡易課税を前提として解説していきます。 3-1.確定申告書(簡易課税用)、付表5 準確定申告だからといって特別な書き方はなく、通常通りで大丈夫です。 題名に「 準確定」と記載しましょう。 付表についても通常通りです。 【出典】 3-2.死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 事業をしていた被相続人が死亡した場合は、付表6を記入します。 それぞれの相続分の割合に応じて、納税する消費税を按分します。 3-2-1.表題 確定申告書に記載した課税期間をそのまま転記します。 3-2-2.死亡した事業者の納税地・氏名等 被相続人の住所、氏名、死亡年月日を記入します。 3-2-3.相続人等の代表者の指定 相続人の代表者を指定している場合には、その人の氏名を記入します。 3-2-5.相続人等の納める又は還付される消費税及び地方消費税の額 相続を放棄した人を除く、全ての相続人と包括受遺者について住所、氏名、職業、続柄、生年月日、電話番号、相続分、相続財産の価額、納める消費税額、還付口座などを記入します。 3-3.個人事業者の死亡届出書 記載する内容は見ての通りであり、記入が難しい書類ではありません。 届出者は相続人です。 間違って被相続人の名前を記入しないように注意しましょう。 被相続人の事業を廃業せずに引き継ぐ場合には、「事業承継の有無」の欄の「有」を〇で囲み、事業承継者の住所、氏名、電話番号を記入します。 以上の書類の様式はこちらから印刷することができます。 【出典】.

次の

口座振替日 所得税は5月15日、消費税は5月19日に 国税庁

消費税 国税庁

1.消費税の準確定申告 死亡した人の確定申告のことを準確定申告といい、被相続人が個人事業主(事業所得)や不動産経営者(不動産所得)で、一定の課税売上高がある場合には消費税申告も必要となります。 1-1.消費税申告が必要な場合 消費税の準確定申告は、被相続人が 課税事業者(消費税の納税義務がある事業者)である場合に必要となります。 被相続人が課税事業者に該当するのは、 基準期間(死亡した年の前々年)における課税売上高が1,000万円超である場合です。 また、1,000万円以下であっても 課税事業者選択届出書を提出し、課税事業者となっている場合にも申告納税が必要になります。 【関連】 1-2.申告期限 被相続人が課税期間の途中や、課税期間終了後から申告期限までの間に申告しないまま死亡した場合には、相続人はいずれの場合にも、 相続開始日の翌日から4ヶ月以内に申告納税しなければなりません。 申告種類 死亡日 申告期限 準確定申告 課税期間の途中 相続開始日の翌日から4ヶ月以内 課税期間終了から申告期限までの間 確定申告 - 課税期間終了日の翌日から2ヶ月以内 通常の確定申告と比べて、倍の期限が設けられ猶予が与えられていることが分かります。 1-3.申告書の提出先 準確定申告書を提出するのは、 被相続人の死亡当時の住所地を管轄している税務署です。 相続人の所轄税務署ではありませんので注意しましょう。 1-4.相続人が複数いる場合の納税義務 相続人が複数人いる場合は、原則として、1通の準確定申告書に各相続人が連署して提出します。 また各相続人の納付税額は、それぞれの相続分により按分計算した金額となります。 1-5.相続税計算における納付税額と還付税額の取り扱い 準確定申告における消費税の納付税額は、相続税計算では債務として扱われ、債務控除の対象となります。 これに対して還付税額は、財産として扱われ、課税財産に含まれます。 2.提出が必要な書類 準確定申告を行う際に必要な書類を一覧にしました。 一般課税用 簡易課税用 申告書 (通常) 消費税及び地方消費税の準確定申告書 付表(通常) 付表2 付表5 準確定申告 の場合 付表6 死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 死亡届 個人事業者の死亡届出書 2-1.消費税及び地方消費税の準確定申告書 様式は通常の確定申告書と同じで、名称を「準確定申告書」と記入して使用します。 確定申告書には一般用と簡易課税用の2パターンがあり、被相続人が原則課税(本則課税、一般課税ともいいます。 )の場合には一般用、簡易課税の場合には簡易課税用を使用します。 2-1-1.付表(一般用・簡易課税用) 一般課税では「付表2」、簡易課税では「付表5」を確定申告書と一緒に提出する必要があります。 これらの付表は、課税売上割合や控除対象仕入税額の計算過程を記載する書類です。 2-2.付表6 死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 準確定申告特有の明細書で、被相続人の住所氏名をはじめとして、各相続人の情報などを記載する書類です。 2-3.個人事業者の死亡届出書 被相続人が死亡したことを税務署に知らせるための届出書で、死亡後、 速やかに提出しなければなりません。 2-4.【参考】消費税の還付申告に関する明細書(個人事業者用) 還付申告(中間納付の還付を除きます。 )の場合にのみ提出します。 なぜ還付になったのかを記載する書類です。 消費税の還付があるのは原則課税による場合のみです。 よって、簡易課税の場合にはこの書類を提出することはありません。 3.書類の書き方 上記の必要書類の書き方を、簡易課税を前提として解説していきます。 3-1.確定申告書(簡易課税用)、付表5 準確定申告だからといって特別な書き方はなく、通常通りで大丈夫です。 題名に「 準確定」と記載しましょう。 付表についても通常通りです。 【出典】 3-2.死亡した事業者の消費税及び地方消費税の確定申告明細書 事業をしていた被相続人が死亡した場合は、付表6を記入します。 それぞれの相続分の割合に応じて、納税する消費税を按分します。 3-2-1.表題 確定申告書に記載した課税期間をそのまま転記します。 3-2-2.死亡した事業者の納税地・氏名等 被相続人の住所、氏名、死亡年月日を記入します。 3-2-3.相続人等の代表者の指定 相続人の代表者を指定している場合には、その人の氏名を記入します。 3-2-5.相続人等の納める又は還付される消費税及び地方消費税の額 相続を放棄した人を除く、全ての相続人と包括受遺者について住所、氏名、職業、続柄、生年月日、電話番号、相続分、相続財産の価額、納める消費税額、還付口座などを記入します。 3-3.個人事業者の死亡届出書 記載する内容は見ての通りであり、記入が難しい書類ではありません。 届出者は相続人です。 間違って被相続人の名前を記入しないように注意しましょう。 被相続人の事業を廃業せずに引き継ぐ場合には、「事業承継の有無」の欄の「有」を〇で囲み、事業承継者の住所、氏名、電話番号を記入します。 以上の書類の様式はこちらから印刷することができます。 【出典】.

次の