バハムート オセロ ニア。 【オセロニア】ヴィーナスの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

【オセロニア】コンバートデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

バハムート オセロ ニア

この記事のもくじ• オセロニア ムーニア 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 ムーニア [進化] 5点/5点[闘化] 5点/5点 特徴・使い方 カップ戦報酬キャラで一部のプレイヤーしか手に入れることができませんでしたが、バトルコインとの交換も可能になりました。 さらに、闘化版も追加され、ますます注目されるキャラに! 【進化】[秘宝探求]ムーニアの特徴・使い方 オセロニアで一番使われていると言っても過言ではない最強A駒「蘭陵王」とスキルやステータスが全て同じのキャラクターです。 蘭陵王と全く同じ性能を持ったキャラなので、当たり前ですが最強レベルです。 ただ、逆転コインでも交換できる蘭陵王と全く同じ性能だけに、限定キャラとしても価値があまりなかったですよね。 強いて言えば、見た目がかわいいくらいでしょうか 笑 【闘化】[天廟を開きし者]ムーニアの特徴・使い方 闘化版はニューイヤー・蘭陵王 正月ガチャ限定キャラ と全く同じ性能のスキルを持ったキャラです。 ただ、注意したいのが、ステータスが異なる点です。 HP ATK 闘化ムーニア 1248 796 ニューイヤー・蘭陵王 1282 848 闘化ムーニアの方がATKが52低いです。 最高クラスの性能を持ったニューイヤー・蘭陵王の最大の弱点は、他の神A駒と比べてATKが低いために、相手にルキアを置かれた場合、強制的にこちらのニューイヤー・蘭陵王を盤面に出さざるを得ない展開が多くなることでした。 闘化ムーニアは、そのニューイヤー・蘭陵王よりもさらにATKが低いので、さらにルキアに弱いキャラということになってしまいます。 対策としては、ATKを調整した駒をデッキに編成することです。 B駒やATKの高さが重要ではないA駒をいくつかデッキに編成することで、ルキアを出されたとしても絶対に出したくない闘化ムーニアを盤面に置かなくてもよくなります。 B駒2枚だけだと不安なので、レベルを調整することで、A駒のATKを調整しているプレイヤーも多いようです。 ニューイヤー・蘭陵王をゲットできなくて、涙を流した方も多いでしょう 笑 ニューイヤー・蘭陵王を持っていない方には是非ゲットしてほしいキャラですね。 2倍になる。 効果:Lv2 [リーダー]オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の神駒の基本ATKが1. 3倍になる。 効果:Lv3 [リーダー]オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の神駒の基本ATKが1. 4倍になる。 コンボスキル スキル サーチオブトレジャー 【闘化】最大Lv 2 効果:Lv1 攻撃力アップ:自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で1. 3倍になる。 効果:Lv2 攻撃力アップ:自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で1. 4倍になる。

次の

【モンスト】ヤマトタケル廻【超絶・廻】攻略と適正キャラランキング

バハムート オセロ ニア

神統一攻撃デッキ罠・カウンターデッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は戦略的に幅があり、局面ごとの状況に合わせた戦略を立てられるところです。 強力な通常攻撃と特殊ダメージコンボを繋ぎ大きなダメージを出すことが基本的な戦術となります。 手駒によっては竜デッキのようにX打ちを仕掛けることも。 ただし竜デッキ同様、アヌビスなどのコンボスキルを無効にするキャラに注意が必要です。 また一撃で大ダメージを与えるデッキなので、特殊ダメージ罠に注意! 罠がある状態で大ダメージを与えてしまうと、逆にこちらがピンチになってしまうこともあります。 おすすめデッキテンプレ 3パターンのデッキを紹介します。 コスト200 旧型 古き良き「THE 混合」デッキです。 レアリティ キャラ S駒 [闘化]ティターニア/[進化]ファヌエル/[闘化]アンドロメダ/[進化]ジェンイー A駒 【リーダー】蘭陵王/金色・アラジン/クリスマス・ハーピストエンジェル/ハーピストエンジェル/ブレスドソーディアン/碧音/クリスマス・ピリキナータ/リイラ/ルキア/[竜闘化]心核の守護者/アルン/[進化]ランドタイラント コスト180 S駒の即効性を意識した編成です。 レアリティ キャラ S駒 [闘化]ティターニア/[進化]ジェンイー A駒 【リーダー】蘭陵王/アラジン/金色・アラジン/クリスマス・ハーピストエンジェル/エンデガ/ハーピストエンジェル/ブレスドソーディアン/碧音/クリスマス・ピリキナータ/リイラ/ルキア/[竜闘化]心核の守護者/アルン/[進化]ランドタイラント デッキ編成のポイント5選! 初心者でも混合攻撃型デッキ編成のコツが掴めるように、ポイントを5つにまとめました! 【その1】リーダーは蘭陵王か闘化ラニの二択 [武麗君]蘭陵王 混合デッキ攻撃型のリーダーは2択になります。 A駒の蘭陵王か、S駒の[闘化]ラニです。 どちらを選択するかは好みだと思います。 両方持ってる方は使ってみて自分の合う方を見つけてみて下さい。 ダイヤモンドマスターのクラスマッチでも両方よく見かけるので、ぜひ両方試してみてください。 また、ATKが高めのキャラがデッキに多く編成されていることもあり、 蘭陵王の弱点は手駒ロックですよね。 リーダーを手駒ロックから守るためにもATK調整した駒を多く編成しましょう。 [闘化]ラニリーダーの場合、ルキア対策を考えなくてもいいのは楽ですよね。 【その2】火力底上げのために、[進化]ランドタイラントを編成する [王家の護持] ジェンイー 攻撃型混合デッキの最大の武器は、強力な通常攻撃と強力な特殊ダメージのコンボです。 通常攻撃の火力が高いほど特殊ダメージの火力も上がるので、高火力の竜S駒を2~3枚編成したいですね。 罠・カウンター対策のために、貫通必須です。 貫通があれば、シールド系スキルを気にすることなくコンボを繋げることができます。 S駒の[進化]ジェンイーは必須中の必須ですよね。 そのほかにもS駒ではダウスタラニス、[進化]ケルカナフ、[闘化]ベルーガなどが貫通を持ちつつも強力な通常攻撃を与えることができます。 A駒では、[竜闘化]心核の守護者やアルン、[進化]グエリアスなどがオススメです。 【その4】強力な特殊ダメージを与えるコンボスキルを搭載した駒を編成する [鎖王女]アンドロメダ 繰り返しになりますが、 混合攻撃型デッキの最大の武器は、強力な通常攻撃と強力な特殊ダメージのコンボです。 コンボスキル要員は以下の通り。 ポイントは 序盤からでもコンボスキルが発動できる駒を編成すること。 例えば、S駒では[闘化]アンドロメダ、[進化]フレイヤ、[進化]アズリエル、[闘化]エクローシアなど。 A駒ではクリスマス・ハーピストエンジェル、リイラ、[闘化]前田まつなどを編成するのがおすすめです。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、後半になるまでコンボスキルをうまく使えない状況におちいりやすいです。 【その5】[進化]ファヌエルの対策をする [鎖王女]アンドロメダ 混合攻撃型デッキは[進化]ファヌエルにめっぽう弱いため、それの対策が必要不可欠です。 [進化]フェヌエルが召喚するエスペランサは特殊ダメージもカットします。 そのため、速攻竜デッキのように 貫通竜の攻撃力を上げる駒を上手く使うのがベストです。 大きくは「手駒オーラや置きバフで火力を上げる」と「コンボスキルで火力を上げる」の2つ。 手駒オーラの代表的な例はS駒の[闘化]サマーデネブ、A駒の[進化]ランドタイラントなど。 置きバフなら[進化]フレイヤやサマーアルンなどがおすすめです。 コンボスキルで火力を上げる駒の代表的な駒が[闘化]ティターニアです。 盤面のキャラ駒の数によるコンボバフはとても貴重かつとても強力です。 フェヌエルの召還は3つのため、試合を決めるような大事な場面で貫通を使うのを意識すると勝率が上がるとおもいます。 【その6】リーダー駒よりもATKが低い駒を編成する [惑乱の双戦士] レイネール 蘭陵王はATKが低いため手駒ロックに弱いです。 特に発動条件のないルキアは、多くのデッキにかなりの確率で採用されていますよね。 なので手駒ロックからリーダーを守るために、リーダー駒よりATKの低い駒をデッキに編成しましょう。 クリスマス・ハーピストエンジェルやリイラなどレベルMAXでもATKが蘭陵王以下の駒は非常にありがたいです。 その他、ATK調整してもスキル効果に影響がない駒は、蘭陵王調整するというのもアリですね。 リーダーよりATKが低い駒をなるべく手駒に残して、いつルキアを出されてもいいようにしましょう。

次の

セルラン好調みたいだから今更だけどリセマラ始めた バハムートもラニも出ないものの数は出たんだが続行かな?

バハムート オセロ ニア

神統一攻撃デッキ罠・カウンターデッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は戦略的に幅があり、局面ごとの状況に合わせた戦略を立てられるところです。 強力な通常攻撃と特殊ダメージコンボを繋ぎ大きなダメージを出すことが基本的な戦術となります。 手駒によっては竜デッキのようにX打ちを仕掛けることも。 ただし竜デッキ同様、アヌビスなどのコンボスキルを無効にするキャラに注意が必要です。 また一撃で大ダメージを与えるデッキなので、特殊ダメージ罠に注意! 罠がある状態で大ダメージを与えてしまうと、逆にこちらがピンチになってしまうこともあります。 おすすめデッキテンプレ 3パターンのデッキを紹介します。 コスト200 旧型 古き良き「THE 混合」デッキです。 レアリティ キャラ S駒 [闘化]ティターニア/[進化]ファヌエル/[闘化]アンドロメダ/[進化]ジェンイー A駒 【リーダー】蘭陵王/金色・アラジン/クリスマス・ハーピストエンジェル/ハーピストエンジェル/ブレスドソーディアン/碧音/クリスマス・ピリキナータ/リイラ/ルキア/[竜闘化]心核の守護者/アルン/[進化]ランドタイラント コスト180 S駒の即効性を意識した編成です。 レアリティ キャラ S駒 [闘化]ティターニア/[進化]ジェンイー A駒 【リーダー】蘭陵王/アラジン/金色・アラジン/クリスマス・ハーピストエンジェル/エンデガ/ハーピストエンジェル/ブレスドソーディアン/碧音/クリスマス・ピリキナータ/リイラ/ルキア/[竜闘化]心核の守護者/アルン/[進化]ランドタイラント デッキ編成のポイント5選! 初心者でも混合攻撃型デッキ編成のコツが掴めるように、ポイントを5つにまとめました! 【その1】リーダーは蘭陵王か闘化ラニの二択 [武麗君]蘭陵王 混合デッキ攻撃型のリーダーは2択になります。 A駒の蘭陵王か、S駒の[闘化]ラニです。 どちらを選択するかは好みだと思います。 両方持ってる方は使ってみて自分の合う方を見つけてみて下さい。 ダイヤモンドマスターのクラスマッチでも両方よく見かけるので、ぜひ両方試してみてください。 また、ATKが高めのキャラがデッキに多く編成されていることもあり、 蘭陵王の弱点は手駒ロックですよね。 リーダーを手駒ロックから守るためにもATK調整した駒を多く編成しましょう。 [闘化]ラニリーダーの場合、ルキア対策を考えなくてもいいのは楽ですよね。 【その2】火力底上げのために、[進化]ランドタイラントを編成する [王家の護持] ジェンイー 攻撃型混合デッキの最大の武器は、強力な通常攻撃と強力な特殊ダメージのコンボです。 通常攻撃の火力が高いほど特殊ダメージの火力も上がるので、高火力の竜S駒を2~3枚編成したいですね。 罠・カウンター対策のために、貫通必須です。 貫通があれば、シールド系スキルを気にすることなくコンボを繋げることができます。 S駒の[進化]ジェンイーは必須中の必須ですよね。 そのほかにもS駒ではダウスタラニス、[進化]ケルカナフ、[闘化]ベルーガなどが貫通を持ちつつも強力な通常攻撃を与えることができます。 A駒では、[竜闘化]心核の守護者やアルン、[進化]グエリアスなどがオススメです。 【その4】強力な特殊ダメージを与えるコンボスキルを搭載した駒を編成する [鎖王女]アンドロメダ 繰り返しになりますが、 混合攻撃型デッキの最大の武器は、強力な通常攻撃と強力な特殊ダメージのコンボです。 コンボスキル要員は以下の通り。 ポイントは 序盤からでもコンボスキルが発動できる駒を編成すること。 例えば、S駒では[闘化]アンドロメダ、[進化]フレイヤ、[進化]アズリエル、[闘化]エクローシアなど。 A駒ではクリスマス・ハーピストエンジェル、リイラ、[闘化]前田まつなどを編成するのがおすすめです。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、後半になるまでコンボスキルをうまく使えない状況におちいりやすいです。 【その5】[進化]ファヌエルの対策をする [鎖王女]アンドロメダ 混合攻撃型デッキは[進化]ファヌエルにめっぽう弱いため、それの対策が必要不可欠です。 [進化]フェヌエルが召喚するエスペランサは特殊ダメージもカットします。 そのため、速攻竜デッキのように 貫通竜の攻撃力を上げる駒を上手く使うのがベストです。 大きくは「手駒オーラや置きバフで火力を上げる」と「コンボスキルで火力を上げる」の2つ。 手駒オーラの代表的な例はS駒の[闘化]サマーデネブ、A駒の[進化]ランドタイラントなど。 置きバフなら[進化]フレイヤやサマーアルンなどがおすすめです。 コンボスキルで火力を上げる駒の代表的な駒が[闘化]ティターニアです。 盤面のキャラ駒の数によるコンボバフはとても貴重かつとても強力です。 フェヌエルの召還は3つのため、試合を決めるような大事な場面で貫通を使うのを意識すると勝率が上がるとおもいます。 【その6】リーダー駒よりもATKが低い駒を編成する [惑乱の双戦士] レイネール 蘭陵王はATKが低いため手駒ロックに弱いです。 特に発動条件のないルキアは、多くのデッキにかなりの確率で採用されていますよね。 なので手駒ロックからリーダーを守るために、リーダー駒よりATKの低い駒をデッキに編成しましょう。 クリスマス・ハーピストエンジェルやリイラなどレベルMAXでもATKが蘭陵王以下の駒は非常にありがたいです。 その他、ATK調整してもスキル効果に影響がない駒は、蘭陵王調整するというのもアリですね。 リーダーよりATKが低い駒をなるべく手駒に残して、いつルキアを出されてもいいようにしましょう。

次の