アズール 利き手。 夢咲楓とは (ユメサキカエデとは) [単語記事]

アズール・アーシェングロット (あずーるあーしぇんぐろっと)とは【ピクシブ百科事典】

アズール 利き手

私ならあなたを助けてあげられます。 さあ、契約書にサインを。 CV: 概要 学年 2年C組3番 誕生日 魚座 年齢 17歳 身長 176cm 利き手 右 出身 珊瑚の海 部活 ボードゲーム部 得意科目 錬金術 趣味 コイン集め 嫌いなこと 運だのみ 好きな食べ物 嫌いな食べ物 栄養バランス食品 特技 暗算 寮の寮長。 個人のロゴはの足。 人物 基本的には慇懃な態度で誰に対しても敬語を使う。 尚、上記のホームページからの引用セリフでは一人称が『私』になっているが作中での一人称は『僕』である 取引など営業的な場面では使われる事もある。 座学では非常に優秀な成績を収めているが、飛行術などな模様(ジェイドによると飛行術は下から数えた方が早いらしい)。 やと共にユーザーからネタにされている 「だって箒が言う事をきかないんです」 また、学業にいそしむ傍ら寮内で「モストロ・ラウンジ」というカフェを経営しており、其処では生徒達の悩みや欲しい物の相談を受け付け解決させては報酬を頂く商売も行っている。 サイドキックとしてつれている、とは幼いころからの友人(ただしフロイドによると同じクラスでも認識するのはだいぶ経ってからだった)。 出身地はかなり寒いところらしい。 非常に計算高く守銭奴。 テスト対策など何かしてもらうにも必ずと言っていい程対価の要求が発生し、ビジネス的な活動に余念が無い。 よく相手に対価を要求するが同時に他人に借りを作りたくない主義。 それは徹底しており、とあるストーリーではから飛行術を教えてもらう立場であるにも関わらず、ジャミルが「次の小テストの対策ノートが欲しい」という 半ば無理に作った口実 頼みを聞く迄は素直に受けなかった。 ナイトレイブンカレッジ過去百年分のテスト出題傾向を徹底的に調べあげてテスト対策ノートを作りあげた実績の持ち主。 運頼みが嫌いな故にが持ちかけた人生ゲームに負けまくった数日後、サイコロの5の目を高確率で出す術を自力で身に付けた イデアは軽く引いていた。 前述のイデアも引きつつも「努力家だよね」と言っており、その姿勢からかからは「努力の君」と呼ばれている。 飛行術も本人なりに努力してるので褒めてあげよう。 口八丁だがたまに本音を零しかける事もあり、営業的な胡散臭い笑みも絶やさないが内心では大声を挙げて一喜一憂したりする、冷静に見えてその実感情豊か。 陸を歩くようになって一年とちょっとしか経ってないらしい。 食事はカロリーを計算して採っており、記録も付けている 学校の食堂のはカロリーの表示が無くて付けづらいそうだが。 しかし幼馴染であるジェイドによると実家はリストランテで本来は相当な美食家なんだとか。 これで好物が唐揚げなのは興味深い。 コロンを付けていたり陸のファッションは一通り勉強していたりとオシャレにも気を遣っている模様。 運動音痴だが飛行術は嫌いではないと言っており、軽い筋トレなら毎日している。 しかし陸の運動は汗をかくので、やはりあまり好きではないようだ。 本人が言うには、賑やかな場所は得意ではなく「暗くて狭いところが落ち着く」のだこと。 容姿 尚、あまり気付いてないファンも居るが、後ろ髪は になっている のグルーヴィーイラストとアズールのハッピービーンズデー限定SSRグルーヴィーイラストで確認出来る。 しかしキービジュアルでは普通に流しているのでそういう齟齬が起きるのも無理はないのかもしれない。 本編・イベントでの動向 本編 プロローグで初登場。 第2章でも登場。 マジフト大会の運営委員長を務める傍らでに魔力の増幅薬を渡していた。 当寮の戦績こそはビリから数えた方が早かったそうだがあまり気にしてはいなかった。 第3章でいよいよ達と本格的に接触。 期末テスト期間、生徒達に「対策ノートを渡す対価として順位50位入る」という契約を持ち掛け、あぶれて契約を果たせなかった生徒達から魔法を取り上げ、イソギンチャクの奴隷にした。 その中には主人公のと相棒も含まれていた。 彼等を自由にすべく立ち上がった主人公と契約、「三日後の日没迄に珊瑚の海にある博物館からある集合写真を取って来る事」と命じた。 海の中でも呼吸が出来る魔法薬を渡すなど取引そのものは順当だが……。 第4章では中編に登場。 監禁されていた寮から逃げ出して偶然モストロ・ラウンジに転がり込んだ主人公達から其処で起きてる問題を聞き、その解決に力を貸す事にした。 本人は「前回の一件で自分の欲深さを反省し心を入れ替えたんです」と言っているが……。 ハッピービーンズデー メインキャラの一人で本イベントのSSR。 所属は怪物チーム。 優勝すれば体力育成の成績が加点される為、勝利にひときわ執念を燃やしていた。 開始早々勝負に有利なアイテムを回収し、同じチームでポテンシャルの高いと共同戦線を張り、フィールドスキャナー 一個しか無いレアアイテム を駆使して戦況を把握する等参謀役を務めた。 副寮長であるジェイドを特に警戒していたが、ビーンズ・カモのホームボイスの台詞から察すると…? パーソナルストーリーのこのイベントの為に1年間奔走するエピソードは一見の価値あり。 ゴースト・マリッジ に捕らわれたイデアを奪還すべく彼女に取り入ろうとする花婿役達の第二陣として参戦。 散っていった学友・幼馴染み達の失敗を活かしてゴーストの理想に適う花婿を演じようとするが失敗。 曰く「 ところが嫌だ」…だそうだ。 ユニーク魔法 によって自身のコレクションでもあった契約書が砂にされたことで、過去 後述 のコンプレックスへの恐怖心に駆られてしまい、契約書なしに魔法を使いすぎたことでしてしまったアズール。 本来の姿に戻り足が蛸の八本足、左目から紫の炎が出ている。 背後には三又の槍を持ち、顔が硝子細工で王冠を被ったふくよかな蛸の人魚の怪物が控えている。 実は、彼のユニーク魔法の真の能力とは、他人の能力を無差別に奪うことができるというとても危険なもの。 乱用するとすぐにオーバーブロットするのは火を見るよりも明らかなので、彼は「契約書」を用いることで、その能力に制限を設けていたのだ。 更にネタバレ注意 僕の居場所は、いつもタコ壺の中だけだった。 人魚の世界では珍しいタコの人魚だったアズールは、他の人魚から虐められていた。 引っ込み思案で言いたいことも言えず、泣いても墨を吐いてしまう。 運動も勉強も苦手だった。 グズでのろまなタコ野郎 いつしかアズールはそう呼ばれるようになった。 「アイツといると水が濁る」「のろいから一緒に遊んでもつまらない」 そう言う同級生を横目にアズールは必死で魔導書の勉強をした。 他の人魚より5倍多い手で魔導書の書き取りをして、いつでも吐き出せる墨で魔法陣を書いた。 彼は自分を蔑んだ脳天気な人魚どもを見返すために努力し続けた。 そんな時にリーチ兄弟と出会い、彼等はひたすらに勉強するアズールに興味をもった。 何年も努力し続け、中学生になったアズール。 彼の周りでは「となりのクラスのデブ人魚が急に痩せて彼女が出来たが、自慢のテノール声がしゃがれてしまった」「別のクラスのボサボサクセ毛だった人魚がサラサラの綺麗な金髪になったが、早く泳ぐための尾びれを失った」など不可解なことが起きた。 これらは全て勉強を続けたアズールが完成させたユニーク魔法によるものだった。 彼はこの日まで1秒たりとも虐めていた人魚たちのことを忘れたことがなかった。 そしてずっと観察してきてわかった彼らの弱み、悩み。 このユニーク魔法があれば自分に足りないものを全て奪える。 僕を馬鹿にしたヤツらを今度は僕が跪かせてやるんだ 実は幼少期のアズールはかなり 太っていた。 (フロイド曰く「食べ応えありそう」。 ラギー曰く「他の人魚の子供よりも控えめに見ても横幅が二倍近くある」) 監督生に博物館のなんの価値もない集合写真を持ってくるように言っていたのも、その写真に太っていた頃の自分が写っていたためだった。 他の写真はユニーク魔法による契約で全て回収・処分したのだが、その1枚だけはどうしても合法的に回収できずに監督生の契約を利用して取ってこさせようとしていた。 結局その計画は叶わず、博物館に戻すこととなった。 (元々、画像処理をしてから返す予定ではあった)その後もあまり知られたくないためにグリムがしゃべりそうになった時は口をふさいでいる。 痩せた今でも人魚の姿は嫌いなのか博物館などでもジェイドとフロイドと違い人魚の姿には頑なになろうとしない。 関連記事 親記事.

次の

サイズについて(日本サイズ/メンズ)

アズール 利き手

私ならあなたを助けてあげられます。 さあ、契約書にサインを。 CV: 概要 学年 2年C組3番 誕生日 魚座 年齢 17歳 身長 176cm 利き手 右 出身 珊瑚の海 部活 ボードゲーム部 得意科目 錬金術 趣味 コイン集め 嫌いなこと 運だのみ 好きな食べ物 嫌いな食べ物 栄養バランス食品 特技 暗算 寮の寮長。 個人のロゴはの足。 人物 基本的には慇懃な態度で誰に対しても敬語を使う。 尚、上記のホームページからの引用セリフでは一人称が『私』になっているが作中での一人称は『僕』である 取引など営業的な場面では使われる事もある。 座学では非常に優秀な成績を収めているが、飛行術などな模様(ジェイドによると飛行術は下から数えた方が早いらしい)。 やと共にユーザーからネタにされている 「だって箒が言う事をきかないんです」 また、学業にいそしむ傍ら寮内で「モストロ・ラウンジ」というカフェを経営しており、其処では生徒達の悩みや欲しい物の相談を受け付け解決させては報酬を頂く商売も行っている。 サイドキックとしてつれている、とは幼いころからの友人(ただしフロイドによると同じクラスでも認識するのはだいぶ経ってからだった)。 出身地はかなり寒いところらしい。 非常に計算高く守銭奴。 テスト対策など何かしてもらうにも必ずと言っていい程対価の要求が発生し、ビジネス的な活動に余念が無い。 よく相手に対価を要求するが同時に他人に借りを作りたくない主義。 それは徹底しており、とあるストーリーではから飛行術を教えてもらう立場であるにも関わらず、ジャミルが「次の小テストの対策ノートが欲しい」という 半ば無理に作った口実 頼みを聞く迄は素直に受けなかった。 ナイトレイブンカレッジ過去百年分のテスト出題傾向を徹底的に調べあげてテスト対策ノートを作りあげた実績の持ち主。 運頼みが嫌いな故にが持ちかけた人生ゲームに負けまくった数日後、サイコロの5の目を高確率で出す術を自力で身に付けた イデアは軽く引いていた。 前述のイデアも引きつつも「努力家だよね」と言っており、その姿勢からかからは「努力の君」と呼ばれている。 飛行術も本人なりに努力してるので褒めてあげよう。 口八丁だがたまに本音を零しかける事もあり、営業的な胡散臭い笑みも絶やさないが内心では大声を挙げて一喜一憂したりする、冷静に見えてその実感情豊か。 陸を歩くようになって一年とちょっとしか経ってないらしい。 食事はカロリーを計算して採っており、記録も付けている 学校の食堂のはカロリーの表示が無くて付けづらいそうだが。 しかし幼馴染であるジェイドによると実家はリストランテで本来は相当な美食家なんだとか。 これで好物が唐揚げなのは興味深い。 コロンを付けていたり陸のファッションは一通り勉強していたりとオシャレにも気を遣っている模様。 運動音痴だが飛行術は嫌いではないと言っており、軽い筋トレなら毎日している。 しかし陸の運動は汗をかくので、やはりあまり好きではないようだ。 本人が言うには、賑やかな場所は得意ではなく「暗くて狭いところが落ち着く」のだこと。 容姿 尚、あまり気付いてないファンも居るが、後ろ髪は になっている のグルーヴィーイラストとアズールのハッピービーンズデー限定SSRグルーヴィーイラストで確認出来る。 しかしキービジュアルでは普通に流しているのでそういう齟齬が起きるのも無理はないのかもしれない。 本編・イベントでの動向 本編 プロローグで初登場。 第2章でも登場。 マジフト大会の運営委員長を務める傍らでに魔力の増幅薬を渡していた。 当寮の戦績こそはビリから数えた方が早かったそうだがあまり気にしてはいなかった。 第3章でいよいよ達と本格的に接触。 期末テスト期間、生徒達に「対策ノートを渡す対価として順位50位入る」という契約を持ち掛け、あぶれて契約を果たせなかった生徒達から魔法を取り上げ、イソギンチャクの奴隷にした。 その中には主人公のと相棒も含まれていた。 彼等を自由にすべく立ち上がった主人公と契約、「三日後の日没迄に珊瑚の海にある博物館からある集合写真を取って来る事」と命じた。 海の中でも呼吸が出来る魔法薬を渡すなど取引そのものは順当だが……。 第4章では中編に登場。 監禁されていた寮から逃げ出して偶然モストロ・ラウンジに転がり込んだ主人公達から其処で起きてる問題を聞き、その解決に力を貸す事にした。 本人は「前回の一件で自分の欲深さを反省し心を入れ替えたんです」と言っているが……。 ハッピービーンズデー メインキャラの一人で本イベントのSSR。 所属は怪物チーム。 優勝すれば体力育成の成績が加点される為、勝利にひときわ執念を燃やしていた。 開始早々勝負に有利なアイテムを回収し、同じチームでポテンシャルの高いと共同戦線を張り、フィールドスキャナー 一個しか無いレアアイテム を駆使して戦況を把握する等参謀役を務めた。 副寮長であるジェイドを特に警戒していたが、ビーンズ・カモのホームボイスの台詞から察すると…? パーソナルストーリーのこのイベントの為に1年間奔走するエピソードは一見の価値あり。 ゴースト・マリッジ に捕らわれたイデアを奪還すべく彼女に取り入ろうとする花婿役達の第二陣として参戦。 散っていった学友・幼馴染み達の失敗を活かしてゴーストの理想に適う花婿を演じようとするが失敗。 曰く「 ところが嫌だ」…だそうだ。 ユニーク魔法 によって自身のコレクションでもあった契約書が砂にされたことで、過去 後述 のコンプレックスへの恐怖心に駆られてしまい、契約書なしに魔法を使いすぎたことでしてしまったアズール。 本来の姿に戻り足が蛸の八本足、左目から紫の炎が出ている。 背後には三又の槍を持ち、顔が硝子細工で王冠を被ったふくよかな蛸の人魚の怪物が控えている。 実は、彼のユニーク魔法の真の能力とは、他人の能力を無差別に奪うことができるというとても危険なもの。 乱用するとすぐにオーバーブロットするのは火を見るよりも明らかなので、彼は「契約書」を用いることで、その能力に制限を設けていたのだ。 更にネタバレ注意 僕の居場所は、いつもタコ壺の中だけだった。 人魚の世界では珍しいタコの人魚だったアズールは、他の人魚から虐められていた。 引っ込み思案で言いたいことも言えず、泣いても墨を吐いてしまう。 運動も勉強も苦手だった。 グズでのろまなタコ野郎 いつしかアズールはそう呼ばれるようになった。 「アイツといると水が濁る」「のろいから一緒に遊んでもつまらない」 そう言う同級生を横目にアズールは必死で魔導書の勉強をした。 他の人魚より5倍多い手で魔導書の書き取りをして、いつでも吐き出せる墨で魔法陣を書いた。 彼は自分を蔑んだ脳天気な人魚どもを見返すために努力し続けた。 そんな時にリーチ兄弟と出会い、彼等はひたすらに勉強するアズールに興味をもった。 何年も努力し続け、中学生になったアズール。 彼の周りでは「となりのクラスのデブ人魚が急に痩せて彼女が出来たが、自慢のテノール声がしゃがれてしまった」「別のクラスのボサボサクセ毛だった人魚がサラサラの綺麗な金髪になったが、早く泳ぐための尾びれを失った」など不可解なことが起きた。 これらは全て勉強を続けたアズールが完成させたユニーク魔法によるものだった。 彼はこの日まで1秒たりとも虐めていた人魚たちのことを忘れたことがなかった。 そしてずっと観察してきてわかった彼らの弱み、悩み。 このユニーク魔法があれば自分に足りないものを全て奪える。 僕を馬鹿にしたヤツらを今度は僕が跪かせてやるんだ 実は幼少期のアズールはかなり 太っていた。 (フロイド曰く「食べ応えありそう」。 ラギー曰く「他の人魚の子供よりも控えめに見ても横幅が二倍近くある」) 監督生に博物館のなんの価値もない集合写真を持ってくるように言っていたのも、その写真に太っていた頃の自分が写っていたためだった。 他の写真はユニーク魔法による契約で全て回収・処分したのだが、その1枚だけはどうしても合法的に回収できずに監督生の契約を利用して取ってこさせようとしていた。 結局その計画は叶わず、博物館に戻すこととなった。 (元々、画像処理をしてから返す予定ではあった)その後もあまり知られたくないためにグリムがしゃべりそうになった時は口をふさいでいる。 痩せた今でも人魚の姿は嫌いなのか博物館などでもジェイドとフロイドと違い人魚の姿には頑なになろうとしない。 関連記事 親記事.

次の

ジェイド・リーチ (じぇいどりーち)とは【ピクシブ百科事典】

アズール 利き手

結んだ契約を果たせなかった、あなたが悪いんですよ? CV: 概要 学年・クラス 2年E組13番 誕生日 蠍座 年齢 17歳 身長 190cm 利き手 右 出身 珊瑚の海 部活 山を愛する会 得意科目 魔法薬学 趣味 嫌いなこと 好きな食べ物 の 嫌いな食べ物 特技 をいれること オクタヴィネル寮の副寮長。 個人のロゴは左向きのウツボ。 人物 とは双子の兄弟。 物腰が柔らかく、誰にでも丁寧な口調で接する。 の補佐役でもあり、一見すると真面目で二人に振り回されているようにも見えるが 腹黒い。 仲間内の悪巧みにも積極的且つ誰よりも愉快そうに乗っている。 バイオレンスな兄弟が暴力的手段に出そうになっても 場合にも因るが 止めそうで止めない。 入学式直後には 新寮生の個人情報やSNSの裏垢まで把握しており、その情報ファイルを寮長に丸ごと上納していた。 (そもそもある化粧水作りの時はあっさりと双子の兄弟を売ったりしている) 同じ副寮長であるは「真面目で腰が低い苦労人」だと思っていたが、この一面を見て考えを改めた。 この性格の為からは兄弟纏めて苦手に思われている。 そのためかからは「ムシュー・計画犯」と呼ばれている(因みにフロイドは「ムシュー・愉快犯」)。 魔法薬学は得意だが、飛行術は苦手な模様。 本人は「アズールよりマシでしょう?」と意地を張っているがユーザーの目からすれば。 因みに意外にも「燃費が良くない」よう。 双子であるフロイドが「海の中じゃ靴は履けない」「折角足が出来たんだから好みの靴を履かないと勿体無い」等と元々はよく見る姿とは違う姿をしていたのを仄めかすような事を言っていたが、第三章「深海の商人」にて兄弟揃って真の姿が明らかになった。 またに異常な執着を見せており一時は二週間、ほぼ毎日のようにキノコ料理を出しておりキノコ嫌いであるフロイドは元より無料で低カロリーの食材と喜んでいたアズールまで文句を言うほどキノコ攻めにしていた。 (山を愛する会という部活動で採取してきたらしい) 珊瑚の海の中でも北の方出身でウィンターホリデー中は海面が流氷で覆われ帰るのが大変なためフロイド、アズールと共に寮で年を越す。 帰省は春休みの予定だ。 容姿 ターコイズ色の短髪に黄色とオリーブ色の釣り目のオッドアイ。 また髪に黒のメッシュが入っている。 フロイドと同じだが目の色とメッシュの向きが反対。 普段は気付きにくいが口角を上げて笑うとフロイドと同じが見える。 本編・イベントでの動向 本編 初登場は第2章。 マジフト大会を目前に生徒が相次いで怪我をする事件を追っていたが、情報で狙われるであろう生徒として兄弟揃ってマークしていた。 第3章ではイソギンチャクの奴隷達を解放するべく契約を果たそうとする主人公達をフロイドと共に邪魔をした。 愉快そうに乗っていたジェイドだったが、アズールの危機を察知すると主人公達に拘るフロイドや自棄を起こして暴走するアズールを説得して止めようとするなど片割れや副寮長としてしっかりした場面も見られた。 第4章でも続けて登場。 ウィンターホリデー期間中の為兄弟と幼馴染みと共に学園に残った。 そこで偶然モストロ・ラウンジに転がりこんだ主人公達からの事に関するトラブルを聞き、三人揃ってスカラビア寮にお邪魔する事にした。 最近情緒不安定だというにはがあるのではとユニーク魔法で本人の口から情報を聞き出そうとするが……。 ハッピービーンズデー 同じ農民チームとして主人公と共に行動をする。 副寮長なのでアズールとは敵対。 相方のフロイドは興味を持たずにどこかへ行ったが当人はノリノリでアズールと戦っていた。 アズールから聞いていたの情報などで動いていたりした。 ゴースト・マリッジ 花嫁ゴーストからを奪還する為の花婿候補として兄弟揃って参戦させられる 高身長がゴーストの理想に適っていた為。 丁寧な物腰と花のプレゼントで好印象はもたれていたがフロイドから 実は毒草だとバラされ、「 物騒!!」と失格の平手打ちを食らってしまった。 自分だけ失格にされたのが気に入らなくて バラしたフロイドもフロイドだがそんなモンを渡したジェイドもジェイドである。 ユニーク魔法 『 そんなに怖がらないで、力になりたいんです。 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 』 魔法名 【 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 】 効果 一度だけ相手に真実を喋らせることができる 一度使ってしまうと、その相手には二度とこの魔法は効かなくなってしまう。 また魔法耐性が強い人や、アズールのように用心深い人にはほとんど効かない。 逆にのような心のガードが緩い人や、気が動転するなどして心に隙が出来た人にはかなり効きやすいらしい。 その性質故、ジェイドはユニーク魔法のことを気軽に話したがらない。 さらに、相手の義理堅さによっては第三者との約束で詳細を話すことを拒否されてしまったりして、魔法の発動中に話を聞きだすのが難しい時もある。 余談 モチーフはの部下である双子のウツボの片割れ『ジェットサム』と思われる。 関連イラスト.

次の