業種 別 ガイドライン。 事業活動再開に伴う感染拡大防止対策について

環境省_エコアクション21業種別ガイドラインの公表について

業種 別 ガイドライン

中小企業生産性革命推進事業の一部として実施している、「小規模事業者持続化補助金(以下、持続化補助金)」、「ものづくり・商業・サービス補助金(以下、ものづくり補助金)」、「サービス等生産性向上IT導入補助金(以下、IT導入補助金)」において、緊急事態宣言の解除を受けて本格化する事業再開を強力に後押しするため、中小・小規模事業者による業種別ガイドライン等に沿った取組に対して、支援内容を拡充します。 さらに、今般、緊急事態宣言の解除等を踏まえて、業種別ガイドライン等に基づく事業再開を強力に後押しする観点から、これら補助事業の支援内容を拡充した、「事業再開支援パッケージ(別紙参照)」を策定しました。 1.「特別枠(類型B又は類型C)」の補助率の引き上げ 令和2年度補正予算で創設した「生産性革命推進事業」の特別枠のうち、業種毎の感染拡大予防ガイドライン等で推奨されている、類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)と類型C(テレワーク環境の整備)への投資が一定水準(補助対象経費の6分の1以上)の場合は、補助率を2/3から3/4へ引き上げます。 類型A サプライチェーンの毀損への対応 補助率 2/3• (事業再開枠の支援内容)• 補助率:定額補助(10/10)• 補助上限:50万円(又は、総補助額の1/2まで)• 対象者:持続化補助金(特別枠・通常枠)、ものづくり補助金(特別枠)の採択者• なお、本パッケージの内容は、持続化補助金及びものづくり補助金の5月締切分で採択された事業者にも適用します。 本支援措置は、新型コロナウイルス対策として令和2年度1次補正予算で措置した「生産性革命推進事業」の予算を用いて実施します。 今後、必要に応じて追加的な予算措置を講じる場合があります。 (各補助金の前回締切日、次回締切日)• 持続化補助金: 前回 5月15日(金曜日) 次回 6月5日(金曜日)• ものづくり補助金: 前回 5月20日(水曜日) 次回 8月3日(月曜日)• 詳しくは、以下サイト内の「補助金・助成金を利用する」を御覧ください。 本件のお問い合わせ先 独立行政法人中小企業基盤整備機構 企画部生産性革命推進事業室 担当者:丸古、大場、西村 電話:03-6459-0866 受付時間:9時30分~12時00分、13時00分~17時30分 土日、祝日を除く 関連資料• 担当 中小企業庁長官官房 生産性革命推進室長 𠮷野 担当者:高谷、斉藤、鶴 電話:03-3501-1511 内線 5351~5 03-3501-1816(直通) 03-3501-7170(FAX).

次の

業種別ガイドライン:文部科学省

業種 別 ガイドライン

掲載日:2020年6月18日• 事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定する を遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 このため県では、業種別に感染防止対策で特に重要となる要素をまとめた を作成しました。 このチェックリストは、WEB登録すると「 」が施設ごとに発行され、入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 事業者の皆様におかれては、この「チェックリスト」をご活用いただき、徹底した感染防止対策を実施していただきますようお願いいたします。 新着情報• 業種別チェックリストに1業種を新たに追加し、3業種を更新しました。 (6月18日)• (掲載元:内閣官房ホームページ)• (6月18日更新)• (6月18日更新)• (6月18日更新)• (6月18日追加)• 注意:該当する業種がない場合は、「各業種共通チェックリスト」をご使用ください。 上記チェックリストは、WEBに登録すると「感染防止対策取組書」が発行され、入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 なお、白紙の「感染防止対策取組書(手書き用)」の様式もご用意しております。 LINEコロナお知らせシステム• 施設の利用者が「感染防止対策取組書」に印字されたQRコードを読み取り、来店日時等の情報を登録。 施設利用者に感染者が確認され、保健所の判断によって同じ時間帯の利用者に濃厚接触の可能性が疑われる場合に、対象者にメッセージが送信される仕組みです。 注意:QRコードという名称は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です 各種補助金などサポートのご案内.

次の

★旅行、航空、宿泊など業種別ガイドライン公表

業種 別 ガイドライン

掲載日:2020年6月18日• 事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定する を遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 このため県では、業種別に感染防止対策で特に重要となる要素をまとめた を作成しました。 このチェックリストは、WEB登録すると「 」が施設ごとに発行され、入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 事業者の皆様におかれては、この「チェックリスト」をご活用いただき、徹底した感染防止対策を実施していただきますようお願いいたします。 新着情報• 業種別チェックリストに1業種を新たに追加し、3業種を更新しました。 (6月18日)• (掲載元:内閣官房ホームページ)• (6月18日更新)• (6月18日更新)• (6月18日更新)• (6月18日追加)• 注意:該当する業種がない場合は、「各業種共通チェックリスト」をご使用ください。 上記チェックリストは、WEBに登録すると「感染防止対策取組書」が発行され、入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 なお、白紙の「感染防止対策取組書(手書き用)」の様式もご用意しております。 LINEコロナお知らせシステム• 施設の利用者が「感染防止対策取組書」に印字されたQRコードを読み取り、来店日時等の情報を登録。 施設利用者に感染者が確認され、保健所の判断によって同じ時間帯の利用者に濃厚接触の可能性が疑われる場合に、対象者にメッセージが送信される仕組みです。 注意:QRコードという名称は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です 各種補助金などサポートのご案内.

次の