イズミ メイプル レッズ。 輪になれ広島

【JHL】イズミが2選手を追加登録

イズミ メイプル レッズ

印刷する 2月11日(火・祝)に「やってみよう!ハンドボール体験会」及び、エスコートキッズを実施しました。 体験会ではイズミメイプルレッズの板野選手、中西選手、土井副部長、大前コーチ、高森コーチ、石田マネージャーの6人に指導いただき、ドリブル、パス、シュートなどの基本練習や試合を行いました。 選手たちの丁寧な指導や声かけにより、終始楽しい雰囲気で行われました。 体験会後には、日本ハンドボールリーグ、イズミメイプルレッズvsHC名古屋戦でのエスコートキッズを務めました。 大観衆の前で選手と一緒に注目を浴びながらの入場は、少し緊張した様子でしたが、堂々と入場することができました。 最後は試合を観戦し、イズミメイプルレッズの勝利を見届けました。 ハンドボール体験、エスコートキッズ、試合観戦を通して、ハンドボールの魅力を体感した1日でした。 参加者のみなさん、イズミメイプルレッズのみなさん、ありがとうございました。 なお、体験会の模様は2月17日(月)~2月23日(日)に放送される「ちゅピCOMトピックス」の中で取り上げていただく予定となっておりますので、ぜひご覧ください。 体験会・エスコートキッズの様子 指導いただいた選手・スタッフ 板野選手による投げ方の指導 大前コーチによるシュートの説明 中西選手と試合前のミーティング 最後は試合に挑戦 体験会後の記念撮影 エスコートキッズ体験 試合前の集合写真(イズミメイプルレッズ) 試合前の集合写真(HC名古屋).

次の

三重バイオレットアイリス :: 1月26日(日)ホームゲーム@鈴鹿 vs イズミメイプルレッズ

イズミ メイプル レッズ

今日のピックアップ広島スポーツは、 広島の女子ハンドボールチーム イズミメイプルレッズから 中山剛監督と、門谷舞キャプテンをスタジオにお迎えしました~! これまでクラブチームとして活動していたメイプルレッズは、 今年の4月からイズミの企業チームとなり、チーム名が「イズミメイプルレッズ」に変わりました! チーム名が変わったことについては、監督も門谷選手も、 特にそれ以外で変化を感じることはないそうですが、 ついつい、「広島メイプルレッズ」と言ってしまうのだそうです。 昨シーズンは、2位で終えたメイプルレッズ。 メイプルの監督に就任して初のシーズンだった中山監督は、 「1年前のシーズンで主力選手が抜けて、今年は難しいのでは?という周囲の声もありましたが、 選手たちをうまく導けば、必ず結果が出ると思っていました。 結果は2位でしたが、最後までいい形でチームを作ることができたと思います」と、 シーズンを振り返りました。 門谷選手も 「2位という結果には正直満足していませんが、開幕当初の周囲の予想を上回る結果で シーズンを終えられたことには、すごく満足しています」と、話してくれました。 早くも、メイプルは新シーズンに向けて練習もスタート! 今シーズンから、4名の新加入選手を迎えてさらに気合が入ります。 そんなお二人に、新しいシーズンに向けての決意を漢字1文字で書いていただきました。 中山監督は、頂点を目指すという気持ちを込めて「頂」。 門谷選手は、チームが1つになって、1番になる!という気合を込めて「一」という漢字を 書いてくださいました。 新生メイプルレッズの最初の試合は、 5月8日から福井県で開催される、全日本社会人ハンドボール選手権大会。 メイプルは、9日に大阪ラヴィッツと対戦します。 4月29日(月・祝)には、中区スポーツセンターで 湧永レオリックとの合同ファン感謝イベントも開催! 新ユニフォームのお披露目もあるそうですよ~! 気持ちも新たに、さらなる高みを目指す、イズミメイプルレッズから目が離せません!.

次の

広島メイプルレッズが「イズミメイプルレッズ」に

イズミ メイプル レッズ

予めご了承ください。 ホーム開幕戦開催概要• 開催日:2020年1月26日(日)• 開催場所:三重交通グループ・スポーツの杜鈴鹿 体育館• 会場時間:11:00• 第1試合開始時間:12:30・オムロン vs アランマーレ• チケット1枚で2試合ご覧いただくことができます。 応援団席のみ場所の一部座席の交代をお願いする場合がございます。 チケット種別 当日券 前売券 一般 2,000円 1,500円 中・高校生 1,200円 1,000円 小学生以下 無料 無料 タイムスケジュール• 11:00 開場・入場開始• 12:30 第1試合スローオフ• 13:30 試合開始• 13:45 勝利チームインタビュー• 13:50 第2試合 アップ開始• 15:00 第2試合 スローオフ• 16:15 MVIキャプテン&監督インタビュー• 16:30 選手・ファン交流会.

次の