頑張れ 人 は 心 が 原動力 だから 心 は どこまでも 強く なれる。 【鬼滅の刃 名言】「人は心が原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」に隠された人生を前向きに生きるヒント

【心に響く】鬼滅の刃の名言・名シーン集まとめ

頑張れ 人 は 心 が 原動力 だから 心 は どこまでも 強く なれる

昨年放送したの続編にあたるの公開日もに決まり、人気はますます上がっていきそうだ。 名ゼリフが多いことでも知られる同作。 今回は、でも放送された序盤から"職場で言われてみたい"を紹介していく。 「よく頑張った 炭治郎 お前は凄い子だ」(鱗滝左近次) 最初は、のが育手(師範)の鱗滝左近次にかけられた言葉から。 炭治郎は鬼殺隊に入隊するため、鱗の下で2年間にわたり修練を重ねる。 部下を育てる上で褒めることは、叱るのと同じくらい大切なこと。 だが、とにかく褒めてくれる"甘い"上司はいても、厳しさと優しさを使い分けられる上司は意外と少ないように思う。 鱗こそ、まさに像と言えるのでは。 (文:谷本拓也) 「死ぬほど鍛える 結局それ以外にできることないと思うよ」 「鈍い 弱い 未熟 そんなものは男ではない」(錆兎) 「死ぬほど鍛える 結局それ以外にできることないと思うよ」(真菰) 最終選別に挑戦する前、炭治郎を特訓したのが宍色の髪を持つ少年・錆兎と、花柄の着物を着た少女・真菰。 どこまでも男前な錆兎と、可愛らしくもハッキリと言い切る真菰の的確な指導のおかげで、炭治郎は着実に腕を上げていった。 そんな2人に仕事を教わりたいと思う人も多いはず。 炭治郎はのちに、錆兎と真菰がかつて鱗の元で特訓した兄弟子にあたり、過去の最終選別で命を落としていたことを知った。 「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」 「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」() 「俺が来るまでよく耐えた 後は任せろ」(同) 水柱のも、同じ鱗を師範に持つ炭治郎の兄弟子にあたる。 仕事ならば自分のキャリアは自分で決める、といったところだろうか。 作中では、鬼化した妹の禰豆子を守ろうと、背中を見せた炭治郎の姿に激昂した義勇が言い放った。 普段は感情を表に出すことが少ない義勇の名言だけに、強く印象に残った人も多いだろう。 直後のでは「泣くな 絶望するな そんなことは今することじゃない」というとともに、義勇が自身の過去を重ねる場面がある。 炭治郎と同じく、過去に家族(姉)を鬼に殺され、その後の最終選別で同期の錆兎まで失った義勇だからこそ、炭治郎の気持ちを汲み取れたのだろう。 自身の力量に一切のおごりを見せず、淡々と炭治郎を助ける義勇の姿には、思わず理想の先輩像を重ねてしまう。 いずれは自分でも使ってみたい言葉だ。 「!人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」() 最後は、炭治郎が同期のカナヲの心を開くきっかけになった。 目に見える生産性ばかりを気にしがちな職場で、自分の"心"を心配してくれる同僚はどれほどいるだろうか。 人一倍強い思いやりを持つ炭治郎らしさが光ると言えるだろう。 関連ニュース•

次の

『鬼滅の刃』の名言集!各キャラの心に残る名言をチェック

頑張れ 人 は 心 が 原動力 だから 心 は どこまでも 強く なれる

ある日、町に炭を売りに出掛けていた主人公・竈門炭治郎 かまどたんじろう が家に戻ると家族は鬼に惨殺されていて、唯一生きていた妹・竈門禰豆子 かまどねずこ も鬼化していました。 炭治郎が禰豆子に襲われそうになっているところを鬼殺隊の水柱・富岡義勇に助けられます。 そこで鬼の存在を知り、禰豆子を必ず人間に戻すと誓います。 『鬼滅の刃』は、鬼にされた妹を人間に戻すため、鬼のいない平和な世界を作るため、炭治郎が鬼殺隊の仲間たちと共に鬼を倒していく物語です。 ここからは、『鬼滅の刃』に登場する名言集をお届けします。 どんなキャラがいつ発した名言なのか見てみましょう。 炭治郎は禰豆子に襲われ、その際、駆け付けた鬼殺隊士・富岡義勇に禰豆子を殺されそうになります。 炭治郎は土下座をして「妹を殺さないで下さい」と命乞いすると、義勇は炭治郎に向かって「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」と言います。 この言葉と義勇との出会いがなければ、炭次郎は鬼殺隊に入ることはなかったでしょう。 善逸は耳が良いので、音で箱の中身が鬼だと気付いてはいました。 しかし、炭治郎には何か事情があると信じ、それを聞くまでは斬らせないと木箱を死守します。 どんなに伊之助が殴ったり蹴っても木箱から手を離しませんでした。 そして、別の場所で鬼を倒して戻ってきた炭治郎に善逸が言ったのが、「炭次郎…俺…守ったよ…… お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……」。 しかし、鍛錬で鍛えた身体能力と水の呼吸を駆使して、鬼の急所を斬り、仇を取ります。 その後、消滅していく異形の鬼に向けて炭治郎が言った言葉が「神様どうか この人が今度生まれてくる時は 鬼になんてなりませんように」です。 炭治郎は兄弟子達を殺した鬼にさえ慈愛の心を向けて祈りを捧げます。 妹が鬼になった悲しみを知っている炭治郎だからこそ、かけることができる言葉でしょう。 2人の戦いは、炭治郎と伊之助でさえ目で追えず、助太刀に入れないほど戦いは激しさを増していきます。 斬られてもすぐに回復する鬼と回復しない人間の戦いは圧倒的に杏寿郎が不利となり、かなりの深手を負ってしまいます。 それでも怯むことなく闘志を燃やし、猗窩座に立ち向かっていく杏寿郎が言った名言が「俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!」。 言葉通り杏寿郎は誰も死なせることなく責務を果たします。 鬼殺隊の柱として、最高の働きをした杏寿郎に思わず涙してしまう名シーンです。 失血で立つこともままならず、呼吸もできないしのぶは、次第に自分の体格がもっと大きければ倒せたのかな……と悔やみ始め涙を浮かべます。 そんなしのぶの前に姉・胡蝶カナエの幻影が現れ、「倒すと決めたら倒しなさい 勝つと決めたら勝ちなさい どんな犠牲を払っても勝つ 私ともカナヲとも約束したんでしょう」と言います。 カナエの言葉に励まされたしのぶは最後の力を振り絞り、再び童磨に立ち向かいます。 胡蝶姉妹の強い絆を感じる名シーンです。 『鬼滅の刃』の名言【8】「永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ」.

次の

「鬼滅の刃」職場で言われたい名ゼリフ(序盤編) 「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」

頑張れ 人 は 心 が 原動力 だから 心 は どこまでも 強く なれる

昨年放送したの続編にあたるの公開日もに決まり、人気はますます上がっていきそうだ。 名ゼリフが多いことでも知られる同作。 今回は、でも放送された序盤から"職場で言われてみたい"を紹介していく。 「よく頑張った 炭治郎 お前は凄い子だ」(鱗滝左近次) 最初は、のが育手(師範)の鱗滝左近次にかけられた言葉から。 炭治郎は鬼殺隊に入隊するため、鱗の下で2年間にわたり修練を重ねる。 部下を育てる上で褒めることは、叱るのと同じくらい大切なこと。 だが、とにかく褒めてくれる"甘い"上司はいても、厳しさと優しさを使い分けられる上司は意外と少ないように思う。 鱗こそ、まさに像と言えるのでは。 (文:谷本拓也) 「死ぬほど鍛える 結局それ以外にできることないと思うよ」 「鈍い 弱い 未熟 そんなものは男ではない」(錆兎) 「死ぬほど鍛える 結局それ以外にできることないと思うよ」(真菰) 最終選別に挑戦する前、炭治郎を特訓したのが宍色の髪を持つ少年・錆兎と、花柄の着物を着た少女・真菰。 どこまでも男前な錆兎と、可愛らしくもハッキリと言い切る真菰の的確な指導のおかげで、炭治郎は着実に腕を上げていった。 そんな2人に仕事を教わりたいと思う人も多いはず。 炭治郎はのちに、錆兎と真菰がかつて鱗の元で特訓した兄弟子にあたり、過去の最終選別で命を落としていたことを知った。 「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」 「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」() 「俺が来るまでよく耐えた 後は任せろ」(同) 水柱のも、同じ鱗を師範に持つ炭治郎の兄弟子にあたる。 仕事ならば自分のキャリアは自分で決める、といったところだろうか。 作中では、鬼化した妹の禰豆子を守ろうと、背中を見せた炭治郎の姿に激昂した義勇が言い放った。 普段は感情を表に出すことが少ない義勇の名言だけに、強く印象に残った人も多いだろう。 直後のでは「泣くな 絶望するな そんなことは今することじゃない」というとともに、義勇が自身の過去を重ねる場面がある。 炭治郎と同じく、過去に家族(姉)を鬼に殺され、その後の最終選別で同期の錆兎まで失った義勇だからこそ、炭治郎の気持ちを汲み取れたのだろう。 自身の力量に一切のおごりを見せず、淡々と炭治郎を助ける義勇の姿には、思わず理想の先輩像を重ねてしまう。 いずれは自分でも使ってみたい言葉だ。 「!人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」() 最後は、炭治郎が同期のカナヲの心を開くきっかけになった。 目に見える生産性ばかりを気にしがちな職場で、自分の"心"を心配してくれる同僚はどれほどいるだろうか。 人一倍強い思いやりを持つ炭治郎らしさが光ると言えるだろう。 関連ニュース•

次の