ブラジル ツアー。 ブラジル最高純度の水。パンタナール地方の中心ボニートへの行き方とツアーをまとめたよ。

ブラジル旅行・ツアー格安予約

ブラジル ツアー

南米大陸の約半分を占めるブラジル。 日本の約22. 5倍、ロシア、カナダ、中国、アメリカに続き世界第5位という広大な国土は、赤道直下から南へ東西に大きく広がり、都市と都市との間には、今なお無人地帯が続いている。 気候ひとつとっても、南部と北部ではまったく違う。 中南部は平地が多く、パンタナールの湿原や大草原があり、南東部には山岳地帯がある。 いっぽう北部は、アマゾン河流域とブラジル高原からなり、熱帯樹林に覆われた人跡未踏のエリアも多い。 人種構成も、白人系48%、混血43%、黒人系8%、黄色人系1%といわれているが、正確なところはわからない。 古くから、先住民と白人、黒人が混血を重ねてきたうえ、ポルトガル人、イタリア人、ドイツ人、日本人、アラブ人など数多くの移民を受け入れてきたため、今では人種が入り乱れ、人種構成を調べるとそのものが無意味となっている。 それでも、個々の地域を見ると、人種のばらつきはある。 おもしろいもので、それぞれの移民は、自分の本国と同緯度のところに暮らしている傾向がある。 日系人はサン・パウロに住んでいるし、ドイツ人は南部、黒人は北部に多い。 そしてこの多様性こそが、ブラジルの顔となっている。 ブラジルとはこんな国、とひとことでいうのは不可能だ。 アマゾンの熱帯樹林の中でほとんど近代的な物を持たずに暮らす人々がいるかと思えば、近未来的なブラジリアの人工都市がある。 そして、サルバドールの黒人文化、リオのカーニバル、コパカバーナ海岸の美女たち、サン・パウロの商業都市、イグアスの大瀑布、そして、ポルト・アレグレのガウーショまで。 このすべてを自分の目で見て、ブラジルのいくつもの顔を、自分の肌で感じるしかない。

次の

HIS 絶景「レンソイス・マラニャンセス国立公園 ブラジル」

ブラジル ツアー

【正式名称】ブラジル連邦共和国 【面積】851. 2万平方キロメートル(日本の22. 5倍) 【人口】約2億947万人(2018年,世銀) 【首都】ブラジリア(Brasilia) 【民族】欧州系(約48%),アフリカ系(約8%),東洋系(約1. 1%),混血(約43%),先住民(約0. 4%)(ブラジル地理統計院,2010年) 【言語】ポルトガル語 【宗教】カトリック約65%,プロテスタント約22%,無宗教8%(ブラジル地理統計院,2010年) 【時差】ブラジル時間(サンパウロ)日本よりマイナス12時間(一部地域、サマータイム時マイナス11時間) アマゾン時間(カンポ・グランデ)日本よりマイナス13時間(一部地域、サマータイム時マイナス12時間) アクレ時間(リオブランコ)日本よりマイナス14時間(サマータイム導入なし) 毎年8月から9月上旬にかけて、ブラジルの国花でもあるイッペーがパンタナールの湿原を彩ります。 木に咲くこの花はブラジル各地で様々な色で咲きますが、パンタナールでは一際可憐なピンク色のお花を咲かせます。 湿原の緑と鮮やかなコントラストを描く花風景もお楽しみ下さい。 *ご旅行金額につきまして* 旅行代金は全て総額表示です。 空港税・宿泊税や燃油サーチャージは追加徴収いたしません。 出発前の大幅な追加請求や空港税・宿泊税の支払いのために旅行中に手元の残金を気にかける必要がありません。 また、「キャンセル料半額制度」、「リピーター割引制度」も設けており、現在「早期割引キャンペーン」を実施中です。 詳しくはをご覧ください。

次の

ブラジルの旅行・観光ガイド|地球の歩き方

ブラジル ツアー

南米大陸の約半分を占めるブラジル。 日本の約22. 5倍、ロシア、カナダ、中国、アメリカに続き世界第5位という広大な国土は、赤道直下から南へ東西に大きく広がり、都市と都市との間には、今なお無人地帯が続いている。 気候ひとつとっても、南部と北部ではまったく違う。 中南部は平地が多く、パンタナールの湿原や大草原があり、南東部には山岳地帯がある。 いっぽう北部は、アマゾン河流域とブラジル高原からなり、熱帯樹林に覆われた人跡未踏のエリアも多い。 人種構成も、白人系48%、混血43%、黒人系8%、黄色人系1%といわれているが、正確なところはわからない。 古くから、先住民と白人、黒人が混血を重ねてきたうえ、ポルトガル人、イタリア人、ドイツ人、日本人、アラブ人など数多くの移民を受け入れてきたため、今では人種が入り乱れ、人種構成を調べるとそのものが無意味となっている。 それでも、個々の地域を見ると、人種のばらつきはある。 おもしろいもので、それぞれの移民は、自分の本国と同緯度のところに暮らしている傾向がある。 日系人はサン・パウロに住んでいるし、ドイツ人は南部、黒人は北部に多い。 そしてこの多様性こそが、ブラジルの顔となっている。 ブラジルとはこんな国、とひとことでいうのは不可能だ。 アマゾンの熱帯樹林の中でほとんど近代的な物を持たずに暮らす人々がいるかと思えば、近未来的なブラジリアの人工都市がある。 そして、サルバドールの黒人文化、リオのカーニバル、コパカバーナ海岸の美女たち、サン・パウロの商業都市、イグアスの大瀑布、そして、ポルト・アレグレのガウーショまで。 このすべてを自分の目で見て、ブラジルのいくつもの顔を、自分の肌で感じるしかない。

次の