大阪 府 コロナ 情報。 吹田市|吹田市における新型コロナウイルス感染者の状況

大阪府 Go To キャンペーン・希望割でUSJも旅行がお得!宿泊割引情報

大阪 府 コロナ 情報

サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、大阪府と連携しkintone(キントーン)[1]を活用した「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を作成しました。 大阪府が作成した本システムは、新型コロナウイルス感染症患者の健康状態等の把握や、各種情報の集計を効率化することが可能です。 また、大阪府は同様の課題を抱えている全国の自治体を支援するため、大阪府モデルのシステムをテンプレート化し、要望があった自治体に対して提供を開始します。 サイボウズからは「飲食店テイクアウト情報共有システム」等、新型コロナウイルス感染症に対応する上で活用できる各種テンプレートを、自治体に提供します。 さらに、これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行うことを発表いたします。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要 新型コロナウイルス感染症患者の健康状態を把握するため、多くの自治体では保健所職員が各患者に電話をかけて聞き取り調査を行っており、患者数増に伴って業務負荷が大きくなっています。 また、各保健所では聞き取った内容をエクセル等に入力し、自治体の担当部署にメールで送付するため、担当部署側での集計業務も非効率となっています。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムは、トヨクモ株式会社[2]が提供する「フォームブリッジ」「kViewer」を用い、患者がスマートフォン等で簡単に自身の健康状態を報告できます。 また、送信される報告はkintoneのデータベースに自動的に蓄積されるため、メールの送受信やエクセルファイルの転記などの集計業務の手間を削減することが可能です。 大阪府、府内の各市、及び府市が管轄する保健所が本システムを共同利用することで、関係機関の大幅な業務効率化を実現します。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要図 大阪府スマートシティ戦略部 坪田部長コメント サイボウズ株式会社のご協力のもと、情報をオンラインで集中管理・共有できるシステムを作成しました。 患者の症状変化について、職員が電話で聞き取るだけでなく、軽症患者が簡単にスマホ等からオンラインで直接入力できるようにし、患者と職員双方の負担が軽減されます。 また、本システムで患者情報を一元管理することにより、入院受入調整が迅速化されるとともに、関係者の負担が軽減し、情報共有ができます。 全国でも患者管理では同じ状況下にあると思われますので、大阪で作成したこのシステムを全国の大阪方式の対策をとる自治体でも活用いただきたいと考えています。 大阪府スマートシティ戦略部長 坪田 知己 新型コロナウイルス感染症に対応する各種テンプレートを自治体向けに随時提供 飲食店のテイクアウト情報を効率的に集約する「飲食店テイクアウト情報共有システム」や、各公共施設にある消毒液等の物資在庫状況を一元的に管理する「在庫状況把握システム」等、自治体の新型コロナウイルス対応を支援するシステムのテンプレートを自治体向けに提供いたします。 また、上記のテンプレート以外にも、kintoneでシステム化が可能なものは随時提供を開始します。 テンプレートを利用する自治体向けの導入支援を特別提供 これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行います。 大阪府とサイボウズの取組を動画でご紹介 大阪府スマートシティ戦略部の職員自ら、大阪府モデルの「新型コロナウイルス対応状況管理システム」について紹介するほか、サイボウズが自治体向けに特別提供する支援についても解説しております。 営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。 アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。 また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。 [2]トヨクモ株式会社について トヨクモは、ビジネス向けのクラウドサービスを提供する企業です。 安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービスを連携させたサービス提供を行なっております。

次の

市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について/池田市ホームページ

大阪 府 コロナ 情報

サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、大阪府と連携しkintone(キントーン)[1]を活用した「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を作成しました。 大阪府が作成した本システムは、新型コロナウイルス感染症患者の健康状態等の把握や、各種情報の集計を効率化することが可能です。 また、大阪府は同様の課題を抱えている全国の自治体を支援するため、大阪府モデルのシステムをテンプレート化し、要望があった自治体に対して提供を開始します。 サイボウズからは「飲食店テイクアウト情報共有システム」等、新型コロナウイルス感染症に対応する上で活用できる各種テンプレートを、自治体に提供します。 さらに、これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行うことを発表いたします。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要 新型コロナウイルス感染症患者の健康状態を把握するため、多くの自治体では保健所職員が各患者に電話をかけて聞き取り調査を行っており、患者数増に伴って業務負荷が大きくなっています。 また、各保健所では聞き取った内容をエクセル等に入力し、自治体の担当部署にメールで送付するため、担当部署側での集計業務も非効率となっています。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムは、トヨクモ株式会社[2]が提供する「フォームブリッジ」「kViewer」を用い、患者がスマートフォン等で簡単に自身の健康状態を報告できます。 また、送信される報告はkintoneのデータベースに自動的に蓄積されるため、メールの送受信やエクセルファイルの転記などの集計業務の手間を削減することが可能です。 大阪府、府内の各市、及び府市が管轄する保健所が本システムを共同利用することで、関係機関の大幅な業務効率化を実現します。 大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要図 大阪府スマートシティ戦略部 坪田部長コメント サイボウズ株式会社のご協力のもと、情報をオンラインで集中管理・共有できるシステムを作成しました。 患者の症状変化について、職員が電話で聞き取るだけでなく、軽症患者が簡単にスマホ等からオンラインで直接入力できるようにし、患者と職員双方の負担が軽減されます。 また、本システムで患者情報を一元管理することにより、入院受入調整が迅速化されるとともに、関係者の負担が軽減し、情報共有ができます。 全国でも患者管理では同じ状況下にあると思われますので、大阪で作成したこのシステムを全国の大阪方式の対策をとる自治体でも活用いただきたいと考えています。 大阪府スマートシティ戦略部長 坪田 知己 新型コロナウイルス感染症に対応する各種テンプレートを自治体向けに随時提供 飲食店のテイクアウト情報を効率的に集約する「飲食店テイクアウト情報共有システム」や、各公共施設にある消毒液等の物資在庫状況を一元的に管理する「在庫状況把握システム」等、自治体の新型コロナウイルス対応を支援するシステムのテンプレートを自治体向けに提供いたします。 また、上記のテンプレート以外にも、kintoneでシステム化が可能なものは随時提供を開始します。 テンプレートを利用する自治体向けの導入支援を特別提供 これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポート等の導入支援を行います。 大阪府とサイボウズの取組を動画でご紹介 大阪府スマートシティ戦略部の職員自ら、大阪府モデルの「新型コロナウイルス対応状況管理システム」について紹介するほか、サイボウズが自治体向けに特別提供する支援についても解説しております。 営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。 アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。 また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。 [2]トヨクモ株式会社について トヨクモは、ビジネス向けのクラウドサービスを提供する企業です。 安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービスを連携させたサービス提供を行なっております。

次の

大阪市:新型コロナウイルス感染症について(電話相談含む) (…>健康・医療>感染症・病気に関すること)

大阪 府 コロナ 情報

堺シグナル 緊急事態宣言の解除に伴い自粛が段階的に緩和されていく中、感染防止と社会生活、経済活動の両立にむけた取組が進められております。 その一方で、局地的な感染拡大が危惧されており、堺市においても今後起こりうる局地的・限定的な感染拡大に備える必要があります。 感染拡大を未然に防ぐためには、第2波の予兆を速やかに察知し、わかりやすく市民の皆さまにお知らせし警戒を呼び掛けることで、一人ひとりの行動を状況に応じて変えていただくことが重要になってきます。 そこで本市では、「直近1週間の累積感染経路不明者数」をもとに基準を設定し、市民の皆さまに行動を変えていただくための合図として、「堺シグナル」を発信します。 検査機関の場所に関わらず、患者に関する調査等はお住まいの管轄保健所にて実施しています。 大阪府の発生状況 大阪コロナ追跡システム 本システムは、飲食店や、新型コロナウイルス感染症対策による休止・自粛要請が解除される施設・イベントを通じた感染拡大を防ぐことを目的にしたものです。 5月29日から(飲食店は6月1日から)、大阪府が運用を開始しました。 対象施設・イベントをご利用の方はご協力をお願いします。 詳しくは、下記ページをご覧ください。 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。 6月19日から、厚生労働省が試行版の運用を開始しました。 本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されますので、ご活用をお願いします。 詳しくは、下記ページをご覧ください。 関連リンク.

次の