お 宮参り 服装 祖父母。 お宮参りの服装で祖母は和装、洋装、スーツ何を着るべき?

お宮参りの服装は祖父母はどんな服を着ればいいの?

お 宮参り 服装 祖父母

お宮参りの服装に関する基礎知識 そもそも「お宮参り」は、居住地の氏神様(うじがみさま)に、赤ちゃんの誕生を報告して、氏子となることを認めてもらう儀式です。 そのため、祈祷してもらう際には、当然、 フォーマルな服装(正装)で参拝するのがマナーです。 また、参列者としては、赤ちゃん、両親、父方の祖母の4名が基本です。 この4名に加えて、両家の祖父母、兄弟などが参列します。 参拝する際には、 父方の祖母が赤ちゃんを抱っこすることになります。 これは昔、出産の際に母親が出血をしたり、母子が亡くなることも多かったため、お産を「穢れ」として忌む習慣があったことに由来すると考えられています。 お宮参りは母親の忌明けの前後という時期であるため、母親に代わって祖母が赤ちゃんを抱いたのです。 なお、地域によっては母親はお宮参りには参加せず鳥居の前で待つこともあるようです。 このように参列に関する風習は地域ごとに違いがあるため、参拝前に一度、神社に確認してみるといいでしょう。 お宮参りの服装【祖母編】 1.父方の祖母は留袖が基本 さて、父方のおばあちゃんは生後1カ月の赤ちゃんを抱っこするという大役があります。 赤ちゃんは、男のであれば熨斗目模様の着物、女の子であれば花柄の友禅の着物を掛けていますので、おばあちゃんは既婚者の正装である5つ紋の 黒留袖が最もふさわしいと言えます。 そこまで畏まらなくても・・・という考えてあれば、3つ紋の色留袖までであれば構わないでしょう。 産後間もないこともあり母親が着物で参拝することは難しいので、せめておばあちゃんは、孫と一緒に着物で合わせたいものです。 とはいえ、最近では自前で留袖を持っている人はほとんどいないでしょう。 お宮参りの場合は、写真スタジオで記念撮影をするケースも多いですが、この際にスタジオで撮影用とお宮参り用に留袖をレンタルすることもできます。 2.洋装ならスーツが基本 最近では、赤ちゃんに着物を掛けずに、ベビードレスと呼ばれる白いベビー服を着せてお宮参りに行くケースも増えています。 洋装であるベビードレスの場合でも、祖母が留袖を着て行くことはもちろん問題ありません。 また、この場合には着物にこだわらず スーツで参列してもよいでしょう。 ワンピース、スカート、パンツのいずれかにセットアップのジャケットを着るだけなので非常に簡単です。 スーツの色は、ブラックやチャコールグレーなどの暗めの色、ベージュやホワイトなどの明るめの色どちらでも構いません。 冠婚葬祭のためにスーツを持っている人が多いことから、「赤ちゃんが着物であっても抱っこする祖母はスーツ」というケースも一般的なことです。 3.母方の祖母は娘の嫁ぎ先に合わせる 母方の祖母の場合は、娘が嫁いだ家の氏神様を参拝するので、他の参列者に準じた服装にします。 お姑さんが留袖を着る場合には、母方の祖母は留袖でもスーツでも構いませんが、お姑さんがスーツの場合には、お姑さんよりも格が上の服装(黒留袖)にならないほうが無難です。 つまり、一般的には スーツで参列することが多いでしょう。 服装に不安があるならば、事前に娘やお姑さんと電話などで打ち合わせをして服装を合わせましょう。 もし、嫁ぎ先がしきたりにこだわらない土地柄である場合は、娘もお姑さんもワンピースなどのカジュアルな服装で行くことも多いでしょう。 それであれば、先方に合わせてワンピースを着ていくとよいでしょう。 あくまで、嫁ぎ先の方針に合わせて服装を決めることが基本です。 お宮参りにおすすめの服装 お宮参りに行くおばあちゃんにおすすめの着物、服を何点か紹介します。 1.留袖 レンタル黒留袖 鳳凰 黒留袖を聞く機会は、今後ないという方にはレンタルがお勧めです。 長襦袢や足袋、草履などが一式セットになった黒留袖です。 自分で着付けをすることができるのでであれば、通販なら1万円前後でレンタルが可能です。 レンタル色留袖 三つ紋 明るい雰囲気で孫の門出を祝いたいと思われているおばあちゃんには色留袖もよいでしょう。 こちらは藤色の地に百合と菊が描かれた上品な正絹の着物です。 2.スーツ 【AUNI】セレモニー スーツ カラー:ブラック、グレー ワンピースとジャケットがセットになったセレモニースーツです。 時代に左右されないベーシックなデザインのスーツなので、お宮参りだけでなく、様々な冠婚葬祭で使用できます。 【MAGIA】ワンピースセットスーツ 気品ある大人の女性にふさわしい高級感のあるツイードのスーツです。 3.ワンピース 【PEACE LAND】Vネックエレガントワンピース カジュアルでありながらフォーマルなシーンにも通用する大人の女性のためのワンピースです。 祖母と言えどもおしゃれに着こなしたい人におすすめです。

次の

お食い初めの服装~祖父母篇~スーツや着物必須で普段着はNGなの?

お 宮参り 服装 祖父母

目次 [閉じる]• お宮参りに着用する祖母の服装は父方と母方で違う? お宮参りは儀式のひとつ、赤ちゃんだけでなく両親や祖父母も普段とは違う服装をすることがありますが、父方と母方の祖母で服装が違う可能性があるということを知っている人はどれだけいるでしょうか? 昔ながらの慣わしで父方の祖母しかお宮参りに参加しないといったケースもありますが、現在は古くからの慣習やしきたり対する考え方も柔軟になってきており、両家の祖父母が出席することも珍しくはありません。 しかし、父方の祖母の方が格式の高い服装を着るといったしきたりを未だに守るべきと考えるお家もあります。 相手を知ることで未然に回避できるトラブルは回避しましょう。 お宮参りの前に、両家の祖母の服装は相談しておくとよいでしょう。 父方母方両家の祖母がお宮参りに参加する場合、父方の祖母がどのような服装で参加するのかを事前に確認し、母方の祖母はそれに合わせた格の服装とします。 当日行ってみたら父方の祖母がワンピースなのに対し母方の祖母が留袖で参列といったトラブルは赤ちゃんの人生最初の神事の場で起きてはならないこと、両家のいずれかがしきたりが重んじるようであれば、お孫さんを思う気持ちを汲んで、可能な範囲で合わせるよう協力し合いましょう。 母方の祖母の場合 前述のとおり、母方の祖母はまず父方の祖母がどういった服装で参列するのか、事前に確認しましょう。 しきたりを重んじる傾向も薄れていますが、婚家がそうとは限りません。 父方の祖母が留袖を着てくるなら、その留袖より下の格にあたる着物か、もし事前に服装を知ることが難しければスーツやワンピースを着るのが無難と言えます。 落ち着いた淡い色合いが好まれる場所ですので、派手な色合いのワンピースなどは着用を控えましょう。 和装と洋装の違い そもそも、留袖で参加するべきかスーツで参加するべきかを悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、悩んでしまったら主役の赤ちゃんに合わせるのも一つの手です。 お宮参りの主役は両親でも両家の祖父母でもありません。 主役は赤ちゃんなので、赤ちゃんが和装なのか洋装なのかで決めたとすれば角が立つということもないはずです。 ただ、和装・洋装が混在しているよりは、両家共にいずれかに統一されていれば、赤ちゃんの誕生を通じてより強く絆を結ばれた親族として記念写真もより見栄えのするものとなるでしょう。 お宮参りの服装というおめでたい話題を通じてコミュニケーションを通わすことは、少なからず両家の距離を縮める可能性が高くなります。 私たちの現在の生活には接点の少ない慣習やしきたりの強い場なので悩んでしまいがちですが、赤ちゃんを軸に赤ちゃんのためとすると服装の統一など容易くなります。 事前にどちらの形式で行くのか、気が付いたほうから声をかけるとよいでしょう。 お宮参りにおすすめの服装 留袖やスーツ、ワンピースはお宮参りで多くの方が着用する傾向にありますので、それぞれの利点について知っておけば、ご自身が着用した際にも終始快適に過ごすことができるでしょう。 初めてお宮参りに参加する方でも安心して参加できるように、それぞれの特徴を理解しておきましょう。 留袖 祖母がお宮参りに着るものと言えば、古くはその慣わしから誰もが黒留袖でしたが、現在は冠婚葬祭の服装に対する認識が寛容になり、留袖を着る場合でも色留袖を着る人は多いです。 留袖は既婚女性の第一礼装ですから、黒留袖でも色留袖でも慶事に合う柄行で色合いにも品がありますから、年代に合った地色であれば、どれでも気に入っていた留袖を着て問題はないでしょう。 黒ではなく淡い紫の色留袖や華が描かれた留袖を着用すると、お孫さんの祝いの場をより華やかに演出することも可能です。 スーツ お宮参りで洋装の定番と言えるのがスーツです。 留袖と同様に大人の女性を思わせるフォーマルスタイルですが、組み合わせ次第では留袖以上にオシャレが楽しめる服装といえます。 和装を着慣れておらず、スーツなら着慣れているという方は、スーツでお宮参りに参列してみてはいかがでしょうか。 季節に応じてクールビズを意識したり、厚手のコートを羽織ったりもできるので、おしゃれを楽しむことができます。 ワンピース お宮参りの服装は洋装でもスーツでもなくワンピース、という方もいるのではないでしょうか。 留袖やスーツだとお腹周りを締め付けられてしまいますが、フォーマルなワンピースなら移動も楽になり、そのままの格好でお宮参りに参加しても非常識にはなりません。 また夏の暑い時期にお宮参りをする場合、留袖やスーツだと暑さに耐えられなくなってしまうこともあります。 涼しさを重視する方は、ワンピースもぜひお宮参りの服装の候補に入れてみてはいかがでしょうか。 お宮参りで抱っこをするのは母方の祖母?父方の祖母? お宮参りでは、お祓いを受ける際に赤ちゃんを抱っこするのは母親ではなく祖母とされていますが、抱っこをするのは父方の祖母というのが慣わしです。 もともと赤ちゃんが名乗る苗字は父親の苗字になることが多く、赤ちゃんは父親の家系に名を残すことが多いので、お祓い時の抱っこも父方の祖母が受け持つしきたりができたとも言われています。 ただし現在はしきたりもそこあmで厳しくないので、まずは祖父母も含めた両家で、しっかりと話し合いをして決めるようにしましょう。 お宮参りの祖父母のお祝いはいくら? 抱っこと併せてもう 1つ豆知識としてご紹介するのが、お宮参りにおける祖父母のお祝い金についてです。 お宮参りのお祝い金とは、出産祝いとは別にお孫さん、もしくはご両親に送る祝い金のことを指してします。 一般的には 5000円から 1万円前後が相場です。 ただし地域や親族のルールによって変わることもあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。 まとめ お宮参りにおける祖母の服装から豆知識までご紹介しましたが、大切なのは赤ちゃんをお祝いする気持ちと親族への感謝を報告することです。 赤ちゃんのこれからを大切に思う気持ちが第一なので、その気持ちを大切にお宮参りに参加してみてはいかがでしょうか。

次の

お宮参りのお祝いどうする?親、兄弟、祖父母別のまとめ!

お 宮参り 服装 祖父母

お宮参りの服装に関する基礎知識 そもそも「お宮参り」は、居住地の氏神様(うじがみさま)に、赤ちゃんの誕生を報告して、氏子となることを認めてもらう儀式です。 そのため、祈祷してもらう際には、当然、 フォーマルな服装(正装)で参拝するのがマナーです。 また、参列者としては、赤ちゃん、両親、父方の祖母の4名が基本です。 この4名に加えて、両家の祖父母、兄弟などが参列します。 参拝する際には、 父方の祖母が赤ちゃんを抱っこすることになります。 これは昔、出産の際に母親が出血をしたり、母子が亡くなることも多かったため、お産を「穢れ」として忌む習慣があったことに由来すると考えられています。 お宮参りは母親の忌明けの前後という時期であるため、母親に代わって祖母が赤ちゃんを抱いたのです。 なお、地域によっては母親はお宮参りには参加せず鳥居の前で待つこともあるようです。 このように参列に関する風習は地域ごとに違いがあるため、参拝前に一度、神社に確認してみるといいでしょう。 お宮参りの服装【祖母編】 1.父方の祖母は留袖が基本 さて、父方のおばあちゃんは生後1カ月の赤ちゃんを抱っこするという大役があります。 赤ちゃんは、男のであれば熨斗目模様の着物、女の子であれば花柄の友禅の着物を掛けていますので、おばあちゃんは既婚者の正装である5つ紋の 黒留袖が最もふさわしいと言えます。 そこまで畏まらなくても・・・という考えてあれば、3つ紋の色留袖までであれば構わないでしょう。 産後間もないこともあり母親が着物で参拝することは難しいので、せめておばあちゃんは、孫と一緒に着物で合わせたいものです。 とはいえ、最近では自前で留袖を持っている人はほとんどいないでしょう。 お宮参りの場合は、写真スタジオで記念撮影をするケースも多いですが、この際にスタジオで撮影用とお宮参り用に留袖をレンタルすることもできます。 2.洋装ならスーツが基本 最近では、赤ちゃんに着物を掛けずに、ベビードレスと呼ばれる白いベビー服を着せてお宮参りに行くケースも増えています。 洋装であるベビードレスの場合でも、祖母が留袖を着て行くことはもちろん問題ありません。 また、この場合には着物にこだわらず スーツで参列してもよいでしょう。 ワンピース、スカート、パンツのいずれかにセットアップのジャケットを着るだけなので非常に簡単です。 スーツの色は、ブラックやチャコールグレーなどの暗めの色、ベージュやホワイトなどの明るめの色どちらでも構いません。 冠婚葬祭のためにスーツを持っている人が多いことから、「赤ちゃんが着物であっても抱っこする祖母はスーツ」というケースも一般的なことです。 3.母方の祖母は娘の嫁ぎ先に合わせる 母方の祖母の場合は、娘が嫁いだ家の氏神様を参拝するので、他の参列者に準じた服装にします。 お姑さんが留袖を着る場合には、母方の祖母は留袖でもスーツでも構いませんが、お姑さんがスーツの場合には、お姑さんよりも格が上の服装(黒留袖)にならないほうが無難です。 つまり、一般的には スーツで参列することが多いでしょう。 服装に不安があるならば、事前に娘やお姑さんと電話などで打ち合わせをして服装を合わせましょう。 もし、嫁ぎ先がしきたりにこだわらない土地柄である場合は、娘もお姑さんもワンピースなどのカジュアルな服装で行くことも多いでしょう。 それであれば、先方に合わせてワンピースを着ていくとよいでしょう。 あくまで、嫁ぎ先の方針に合わせて服装を決めることが基本です。 お宮参りにおすすめの服装 お宮参りに行くおばあちゃんにおすすめの着物、服を何点か紹介します。 1.留袖 レンタル黒留袖 鳳凰 黒留袖を聞く機会は、今後ないという方にはレンタルがお勧めです。 長襦袢や足袋、草履などが一式セットになった黒留袖です。 自分で着付けをすることができるのでであれば、通販なら1万円前後でレンタルが可能です。 レンタル色留袖 三つ紋 明るい雰囲気で孫の門出を祝いたいと思われているおばあちゃんには色留袖もよいでしょう。 こちらは藤色の地に百合と菊が描かれた上品な正絹の着物です。 2.スーツ 【AUNI】セレモニー スーツ カラー:ブラック、グレー ワンピースとジャケットがセットになったセレモニースーツです。 時代に左右されないベーシックなデザインのスーツなので、お宮参りだけでなく、様々な冠婚葬祭で使用できます。 【MAGIA】ワンピースセットスーツ 気品ある大人の女性にふさわしい高級感のあるツイードのスーツです。 3.ワンピース 【PEACE LAND】Vネックエレガントワンピース カジュアルでありながらフォーマルなシーンにも通用する大人の女性のためのワンピースです。 祖母と言えどもおしゃれに着こなしたい人におすすめです。

次の