ジグザグ ミシン。 ぬいしろの始末(見えるとこ・ジグザグミシン編)

初心者にありがち、裁ち目かがりを使わずジグザグ縫いで済ませている方!

ジグザグ ミシン

皆さんこんにちは ハピメイド手芸教室のmichiyoです。 私もそうですが、持っているミシンのマニュアルを隅々まで読んでいる方って、案外少ないんじゃないでしょうか。 又、「取扱説明書」自体が、ある程度ミシンが使える事を前提に書かれていますよね。 だから初心者は余計に見るのが億劫で、後回しになったまま・・・ 結局どんなシーンで使うボタンなのかが良く解らず、折角の機能が「宝の持ち腐れ」みたいになっていることも少なくありません。 今日は、以前ご相談を受けた方による、そんな事例のご紹介です。 その方は、10万円程度のミドルクラスのミシンを持っていらっしゃいました。 入園グッズ作製の際、 「裁ち目かがり」を使わずに 「普通のジグザグ縫い」で端処理をしていました。 結構分厚い生地だったので綺麗に出来ずに困っていたのです。 ちょっともったいないお話ですよね・・・ そんな背景には、入園グッズのレシピ本の表記の解釈にあります。 幼稚園からもらうプリントや、市販のレシピ本などには「端をジグザグ縫いする」という表記があります。 これは、ロックミシンを持っていない方が家庭用ミシンで行う端処理の方法です。 書いた人の意図としては、 裁ち目かがりも含めてジグザグ縫いと表記しています。 その方曰く「ほとんどのボタンがジグザグのように見えたので、一番はっきりしたジグザグを選んだ・・・」という訳です。 もっと詳しく説明するとこういうことです。 ロックミシンを持っている方はロックミシンでかがる。 家庭用ミシンの「裁ち目かがり」でかがる。 家庭用ミシンの「ジグザグ機能」で縫う。 ほつれ止めピケを使う。 ピンキングはさみで裁断する。 4と5はおまけですが、1から順番にベストの方法となります。 ロックミシンがベスト 市販の布製品は、お洋服にせよ、袋物にせよ全てロックミシンで端処理されています。 ロックミシンの決定的な違いは、編んでいることです。 マフラーやセーター、Tシャツなどが伸びるのは編んであるからなのですよね。 ロックミシンは複数の糸でしっかりと巻きますので、最も綺麗で全く解れることなく仕上がります。 詳細は下記をご参照ください。 「裁ち目かがり」機能付ミシンの場合 家庭用ミシンは3万円を超えた辺りから、 「裁ち目かがり」という縫い方が選択できるようになります。 (上の画像のミシンは解りやすく表記されていますが、記号だけの場合はマニュアルを見ましょうね) これは文字通り布の切れ端(=裁ち目)をかがる機能です。 ジグザグに直線が加わった感じになり、よりほつれにくくなります。 また、専用の押さえを使用することにより、普通のジグザグ縫いよりは端処理がし易くなりますね。 この機能がある場合は是非「裁ち目かがり」で端処理しましょう。 では、「ジグザグ縫いは何に使うの?」となるかも知れませんが、例えばアップリケの取付なども便利ですよ。 裁ち目かがりの無いミシンの場合 1~2万程度のミシンに多いですが、「裁ち目かがり」の無いミシンです。 この手のミシンは 「ジグザグ縫い」で端処理します。 ただし、端をしっかりと縫うのって案外難しいものですね。 そんな時は、付属(別売り)の「ロックカッター」(別名サイドカッター)を使うのも良いでしょう。 切りながら縫いますので、縫いずれが少なくなります。 後から切ることを思えば便利な機能です。 また、ロックカッター内蔵のミシンもあります。 例えば下記のヌイキルなど。 安価なタイプでは人気のミシンです。 5その他のほつれ止め また、生地がほつれない方法としては、「三つ折り処理」や「バイアス処理」などもあります。 物によってはこうした工夫でほつれなく作製出来ます。 ミシンを使わない、その他のほつれ止めについては、こちらの実験記事もご参照ください。 本当は、持っているミシンの全ての機能について、試して確認する時間があれば良いのですが・・・ なかなかそんな暇ないですよね。 そんな中でも裁ち目かがりは良く使いますので、覚えておきましょうね。 それでは、素敵なハンドメイドライフを・・・.

次の

布の始末のやり方

ジグザグ ミシン

スポンサーリンク 捨てミシンとは 捨てミシンとは、布の裁ち端2~3ミリ程度の所にステッチをかけることを言います。 布は1枚の状態で縫製します。 この「捨てミシン」と言う方法、私はほとんどというか、全くすることはありません。 でも幼稚園から頂く製作レシピなどには今でも「捨てミシンを行う」という表現を見かけますね。 その目的は 布のほつれ止め防止です。 (例外として、目印などの縫製テクニックとして捨てミシンをする場合もあります) ちなみに捨てミシンを行ったからと言って、必ずしもほつれない訳ではありません。 ほつれにくくなるだけです。 ですから、があれば、普通ロックをかけます。 またロックミシンが無くても、今どきの家庭用ミシンはジグザグ縫いが出来ますので、そちらでもokです。 また、以前も紹介しましたが、裁ち目かがりの付いたミシンをお持ちの方は、その機能を使いましょう。 その方がより効果を得られます。 詳細は、下記をご参照ください。 このように、ほつれ止めを目的とするならば、出来ればロックミシン、無ければ裁ち目かがりかジグザグ縫い、それもない場合は端ミシンと言った感じです。 ただし、薄地の生地でジグザグがうまくかけられない人、または解れにくい布の場合は捨てミシンが有効な場合もあります。 端ミシンのコツは、出来るだけ細かい縫い目で縫製してください。 多くのミシンには、ができるようになっています。 コンパクトミシンなどで縫い目が調整できない場合には、2度重ね縫いすると良いですよ。 プリントや本などに「捨てミシン」と書かれていた場合には、持っているミシンの機能や布によって各自判断してください。 端ミシンとは 似たような言葉で「端ミシン」があり、ブログなどでは混同されている方もいらっしゃいますね。 端ミシンも2~3ミリの布端をステッチしますが、こちらは目的が異なります。 詳しくは下記をご参照ください。 今日は、めったに使用しない捨てミシンの解説でした。 それでは素敵なソーイングライフを・・・.

次の

ロックミシン、ジグザグミシン、手縫いでどうする?-ミシン縫いの服を手縫いでつくるための布端の処理

ジグザグ ミシン

では、 ミシンで作る洋裁本に載っている服は、手縫いでつくることができるのでしょうか? 答えは 、 Yes! ミシンで作ることを前提とした服でも、手縫いで作ることができます。 布端の処理がミシンと手縫いでは異なることが理由です。 今回は、ミシン縫いの洋裁本を手縫いで作るときに必要になる、 布端の縫い方の選択について、私がいつも行っている方法をご紹介します。 基本的な考え方から、どのような時にどの縫い方にするのか? 参考になりましたら幸いです。 縁かがり(ロックミシン)• ジグザグ縫い この2つです。 手縫いでの処理方法の前に、簡単に上記の縫い方を説明します。 縁かがり(ロックミシン) 既製服の裏を見てみてください。 上の写真のように、布の端が糸でクルクルッと縫われている部分はありませんか? これは「 縁かがり」といいます。 縁かがりの役割は、布端から糸がほつれないようにすること。 家庭用のミシンではなく、 ロックミシンという専用のミシンで処理しています。 ジグザグミシン また、ミシン縫いの洋裁の本では「 ジグザグミシン」という言葉がでてくるかもしれません。 ジグザグミシンも役割は、糸のほつれを防ぐことにあります。 ロックミシンは専用のミシンが必要ですが、 ジグザグミシンは家庭用ミシンで縫えるので、ロックミシンを持っていない場合はジグザグミシンで端の処理をおこないます。 では、手縫いは? ミシンでの布端の処理は、縁かがり、ジグザグミシンがあることをご説明しました。 ただ、これらの縫い方、 残念ながら手縫いすることはできません。 では、手縫いでは布端の処理をどのようにおこなうのでしょうか? 次章からは手縫いでの布端の処理について解説していきます。 手縫での布端の処理 手縫いでも、布端がほつれないようにするために何らかの処理が必要です。 ロックミシン、ジグザグミシンに代わるものですね。 手縫いの場合は、以下のような方法があります。 袋縫い トップスを縫うときによく使うのが 袋縫いです。 表にステッチがでない縫い方なので、ステッチを見せたくないときに使います。 布が引っ張られる面に対して縫い目は1本なので、縫い目が2本ある折伏せ縫いよりも強度は少しさがります。 ただ、布端は生地の裏に隠れるので洗濯には強いです。 パンツの脇や股に使う場合は、ゆったりしたデザインのものが良いと思います。 割伏せ縫い 途中から スリットが入る場合は、この縫い方を選択します。 表側にステッチが2本はいるので、こちらもデザインとして使いたい場合はアリです。 ただ、パンツの脇、股など 力がかかる部分の縫製には向いていません。 理由は、力がかかると布の境界の縫い目に隙間ができてしまい、そこから中がみえてしまうからです。 生地に負荷がかかる部分は、折伏せ縫い、袋縫いなどを選びましょう。 縫うスピードは、ひと目ひと目縫っていくブランケットステッチより、複数目いっぺんに縫うことができる 巻きかがりの方が、手早く縫うことができます。 一方で、 洗濯の強度はブランケットステッチの方が上です。 写真はブランケットステッチと巻きかがりを施した布を 3回洗濯したあとの生地です。 生地は晒を使いました。 巻きかがりの方は、中央少し右の布端がほつれているのがわかるでしょうか。 縫い方が決まったら 縫い代を必要なぶんとりましょう。 例えば、折伏せ縫い、袋縫い、割伏せ縫いは、縫い代が 1. 5cmあると縫いやすいです。 ミシン縫いの洋裁本だと、縫い代は一般的に1cmであることが多いので、その場合は縫い代を足して裁断します。 縫い代なしの型紙に、手縫いで必要な縫い代を書き込むと、裁断のときに間違えにくいですよ。 ミシン縫いの服を手縫いするときの注意点 端の処理とは別に、ミシン縫いの服を手縫いで縫うときに注意したいことがあります。 それは、 布の厚み。 手縫は、ミシンのような力はでないので、どうしても厚い布は縫いにくくなります。 手縫に適した生地については過去の投稿でとりあげているので、もしよければ読んでみてくださいね。 また、ミシン縫いの服を手縫いで縫うときだけに限りませんが、初心者さんの場合は パターン(型紙)の数が少なく、カーブが少ない&緩やかなデザインのものを選ぶと作りやすいですよ。 最後に 今回はミシン縫いの服を手縫いで縫いたいときに、布端をどのように処理すればよいのかご紹介しました。 手縫いでの端の処理はバリエーションが多いですが、 基本的には袋縫い、折伏せ縫い、割伏せ縫いのどれかで考えていけば良いと思います。 私自身は、手縫いの服作りを始めて6年目。 まだまだ勉強中なので、この記事は今後成長させていければなと思っています。 もしよければ読んでみてくださいね。

次の