金価格 リアルタイム。 金(標準取引) 相場表

東京金価格チャート、ニュースを確認

金価格 リアルタイム

金とプラチナの関係 金相場よりもプラチナ相場が高いという状態が続いていたが、現在ではプラチナ相場よりも金相場の方が高いという逆転状態が続いている。 金相場が上がるとプラチナ相場が下がるという訳ではなく、金とプラチナそれぞれに変動要因がある。 まずは金とプラチナの需要を見てみる。 金は個人買い、中央銀行の保有、宝飾品 半数以上 としての需要。 プラチナは宝飾品の他に工業用としての需要が半数以上を占めている。 次に金とプラチナの弱材料と強材料を見てみる。 金の弱材料はドル高 利上げムードの高まり 、インド 農作物価格低迷 による金買い消費の低迷。 強材料は中国 経済減速懸念 、ロシア 原油下落、経済不振 による金買い消費の増加。 プラチナの弱材料はドル高、米利上げによる世界経済の弱含み懸念、中国需要減少懸念、鉱山会社ロンミン 世界生産大3位 の事業閉鎖回避、フォルクスワーゲン問題。 強材料はジンバブエ 世界生産第3位 の電力供給制限からの供給減少懸念。 これらを比べてみると共通している部分もあるが、プラチナの方が弱材料が多いことが分かる。 金とドルと原油の関係 世界の基礎通貨はドルであり、世界経済もまたドルに依存している。 ドル安になればドルの資産価値は減り、その他の通貨や資産に投資することになるが、その選択肢の一つとして金がある。 金もドル建てで取引されているため、ドル安になれば金高になり、ドル高になれば金安になるという構図が一般的な解釈だろう。 米国経済の動向も金とドルに大きな影響を与える。 米国経済指標である金利動向、消費者物価指数、鉱工業生産、失業率などの数値が好調なら、金が売られてドルが買われ、逆ならドルが売られて金が買われることになる。 原油においては、ドル安=原油高、ドル高=原油安という構図になり、有事の際には金と原油が上昇すると言われている。 しかし、最近ではこの構図に当てはまらないケースも多い。 イエローゴールド YG とホワイトゴールド WG は定番の貴金属だろう。 パラジウムやニッケルなどの割り金で色を変えることができ、イエロー、ホワイト、ピンク、ローズ、グリーンとバリエーションも豊富。 白金 プラチナ Pt 日本では通称白金 はっきん だが、プラチナと呼ぶのが一般的になっている。 欧米のブライダルジュエリーで人気なのは金だが、日本ではプラチナの方が人気が高い。 純プラチナは軟らかいので、パラジウムなどの割り金で品位の調整をしている。 銀 シルバー Ag シルバーといえばカジュアルに好まれている貴金属だろう。 硫化により黒く変色してしまうのが難点だが、磨き直しもできる。 宝飾品は925の品位が多い。 925の中でも銅のみを混ぜた合金であるスターリングシルバーは時効硬化に優れている。 パラジウム Pd 白金族に属する白色金属。 貴金属として宝飾品にも使われており、プラチナ850~950やホワイトゴールドの割り金として利用されている。 造幣局の貴金属品位証明制度において、金、プラチナ、銀の品位検定は行われているが、パラジウムの品位検定は行っていない。

次の

金/米ドルチャート

金価格 リアルタイム

金とプラチナの関係 金相場よりもプラチナ相場が高いという状態が続いていたが、現在ではプラチナ相場よりも金相場の方が高いという逆転状態が続いている。 金相場が上がるとプラチナ相場が下がるという訳ではなく、金とプラチナそれぞれに変動要因がある。 まずは金とプラチナの需要を見てみる。 金は個人買い、中央銀行の保有、宝飾品 半数以上 としての需要。 プラチナは宝飾品の他に工業用としての需要が半数以上を占めている。 次に金とプラチナの弱材料と強材料を見てみる。 金の弱材料はドル高 利上げムードの高まり 、インド 農作物価格低迷 による金買い消費の低迷。 強材料は中国 経済減速懸念 、ロシア 原油下落、経済不振 による金買い消費の増加。 プラチナの弱材料はドル高、米利上げによる世界経済の弱含み懸念、中国需要減少懸念、鉱山会社ロンミン 世界生産大3位 の事業閉鎖回避、フォルクスワーゲン問題。 強材料はジンバブエ 世界生産第3位 の電力供給制限からの供給減少懸念。 これらを比べてみると共通している部分もあるが、プラチナの方が弱材料が多いことが分かる。 金とドルと原油の関係 世界の基礎通貨はドルであり、世界経済もまたドルに依存している。 ドル安になればドルの資産価値は減り、その他の通貨や資産に投資することになるが、その選択肢の一つとして金がある。 金もドル建てで取引されているため、ドル安になれば金高になり、ドル高になれば金安になるという構図が一般的な解釈だろう。 米国経済の動向も金とドルに大きな影響を与える。 米国経済指標である金利動向、消費者物価指数、鉱工業生産、失業率などの数値が好調なら、金が売られてドルが買われ、逆ならドルが売られて金が買われることになる。 原油においては、ドル安=原油高、ドル高=原油安という構図になり、有事の際には金と原油が上昇すると言われている。 しかし、最近ではこの構図に当てはまらないケースも多い。 イエローゴールド YG とホワイトゴールド WG は定番の貴金属だろう。 パラジウムやニッケルなどの割り金で色を変えることができ、イエロー、ホワイト、ピンク、ローズ、グリーンとバリエーションも豊富。 白金 プラチナ Pt 日本では通称白金 はっきん だが、プラチナと呼ぶのが一般的になっている。 欧米のブライダルジュエリーで人気なのは金だが、日本ではプラチナの方が人気が高い。 純プラチナは軟らかいので、パラジウムなどの割り金で品位の調整をしている。 銀 シルバー Ag シルバーといえばカジュアルに好まれている貴金属だろう。 硫化により黒く変色してしまうのが難点だが、磨き直しもできる。 宝飾品は925の品位が多い。 925の中でも銅のみを混ぜた合金であるスターリングシルバーは時効硬化に優れている。 パラジウム Pd 白金族に属する白色金属。 貴金属として宝飾品にも使われており、プラチナ850~950やホワイトゴールドの割り金として利用されている。 造幣局の貴金属品位証明制度において、金、プラチナ、銀の品位検定は行われているが、パラジウムの品位検定は行っていない。

次の

18金(K18/18K)買取価格公開中の買取本舗七福神

金価格 リアルタイム

16 6,892 -17 6,800 07. 13 6,848 -44 6,756 07. 10 6,892 -2 6,800 07. 02 6,754 -72 6,661 07. 19 6,572 -12 6,479 06. 18 6,584 -19 6,492 06. 17 6,603 -15 6,510 06. 16 6,618 -7 6,526 06. 12 6,582 -46 6,489 06. 09 6,565 -25 6,473 06. 08 6,590 -82 6,497 06. 16 6,892 -17 6,800 07. 13 6,848 -44 6,756 07. 10 6,892 -2 6,800 07. 02 6,754 -72 6,661 07. 19 6,572 -12 6,479 06. 18 6,584 -19 6,492 06. 17 6,603 -15 6,510 06. 16 6,618 -7 6,526 06. 12 6,582 -46 6,489 06. 09 6,565 -25 6,473 06. 08 6,590 -82 6,497 06.

次の