斎藤 道 三 と たか まさ。 斎藤義龍(高政)の本当の父親は道三?土岐頼芸?(母は深芳野)

??【弾いてみた】麒麟がくる オープニング【ピアノ】大河ドラマ NHK

斎藤 道 三 と たか まさ

生涯 [ ] 大永7年(1527年)7月8日、の長男(庶子)として生まれる。 母は側室の。 幼名は豊太丸、元服後は利尚、高政と名を変えている(『高木貞一氏所蔵文書』) が、本記事では義龍で統一する。 23年()2月22日から3月10日の間に、道三が隠居したため、美濃守護代斎藤氏のを継いで主となったとされる。 この隠居は父・道三の自発的なものではなく、家臣の信頼を得られず、領国経営が円滑に進まなかったための交代劇という見方もある。 なお、天文17年()相続説や、道三の隠居(義龍に稲葉山城を譲り、自身は鷺山城に移動)は『』で述べられているが、『信長公記』や『江美濃記』などの信頼性の高い史料に記述が無く、道三は隠居していないという説もある。 その後、道三は義龍を「 耄者 ( ほれもの、 (愚か者の意味)」と断じ、「利口者」のやらを溺愛するようになる。 一方の義龍も、父の政策と立ち居振る舞いに対して不満と危機感を募らせていく。 ついには道三が義龍を廃嫡して、正室のの腹である孫四郎を嫡子にしようとし、末弟の喜平次には「一色右兵衛大輔」と名門一色氏を名乗らせた ことから、両者の関係は最悪の事態を迎えた。 元年()、義龍は叔父とされると共謀して孫四郎・喜平次らをおびき出してに殺害させたため、道三はに逃走した。 弘治2年()、義龍はにて道三と対峙、道三を支持する勢力は少なく、旧土岐氏の勢力に支えられて道三を討ち果たした()。 また、など道三に味方した勢力も別動隊を用いた迅速な用兵でほぼ同時期に攻め滅ぼしている。 からが道三を救援に来ていたが間に合わなかった。 義龍と多少の戦闘をしつつ信長は撤退した。 なお、この時に義龍の末弟・が尾張の織田家に亡命し、より偏諱を与えられ長龍と改名している。 尾張織田家との戦闘が続く中、義龍は京都の将軍より「」を称することを許され、美濃守護代家斎藤氏より改名、永禄元年()に治部大輔に任官し、永禄2年()にはし、足利義輝に謁見する。 義龍は足利幕府に列せられ戦国大名としての大義名分を得た。 さらに南近江のと同盟を結び、北のとも戦う。 しかし尾張国の織田信長の侵攻がより激しくなるなどの不利な条件もあり、勢力拡大は果たせなかった。 3年()、伊勢太神宮供米に対する過所(通行許可証)を下々役人中にあてて印判状形式で与えている(「神宮文庫所蔵文書」)。 この印判状も戦国大名が多く発給した文書形式であり、義龍がこれを採用したことは注目される。 さらに、義龍になって国内の武士にあてた知行宛行状が数多く発給されるようになる。 その所領がすべて貫高に結ばれる例もみられるようになる(「斎藤文書」)。 この貫高制は戦国大名の知行制の特質をなすもので、この貫高制によって荘園制に終止符をうつことができ、新しい知行制・軍役体系が次第に構築されていたことが推測される。 後に剃髪して玄龍と号している。 永禄4年(1561年)、(左京兆)に任じられるが、同年の5月11日に病死した(『永禄沙汰』『厳助往年記』)。 享年35。 辞世は「三十余年、守護天入、刹那一句、仏祖不伝 」。 後を子の龍興が継いだ。 人物・逸話 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月)• 実父は道三ではなくであるとの説がある。 母・深芳野は道三の側室となったときにはすでに頼芸の子を懐妊していたという。 ただし、信憑性に乏しく、当時でも義龍の父親は道三だと認めている第三者の手紙(六角義賢が永禄3年(1560年)、家臣に宛てた書状『六角承禎条書』による)がある。 義龍は父殺しの汚名を避けるためか、の一門であるを称して、一色左京大夫と名乗った。 また主家の土岐氏も成頼が一色氏出身でその三代孫の頼栄が一色氏を名乗っている。 自己の正当性を主張するためとも考えられる。 義龍の母・深芳野の母方の祖父が尾張知多郡守護の(『美濃国諸家系譜』)、あるいは深芳野の父がであるとも言われる。 義龍方についた土岐氏旧臣である桑原・安藤・日根野・竹腰らは、それぞれ一色家家臣ゆかりの延永・伊賀・氏家・成吉に改名したという説もあるが、斎藤家家臣の一色家家臣団名への改姓時期は義龍没後で龍興の治世である永禄4年(1561年)である。 道三の実子ではないという噂を逆手に取り、父殺しの汚名を避ける大義名分を得て、一色を名乗ることにより美濃国人1万7千5百を自らの指揮下に結集させる事に成功したとされる。 道三は信長に美濃国を譲る遺言書のようなものを書いており 、義龍は最後まで道三から認められなかった。 永禄2年(1559年)に織田信長が僅かな供を連れて上洛した際には、道中に火縄銃で装備した手勢を派遣して、暗殺を謀っている。 結局は失敗するものの、これは記録に残る日本初のである。 身長六尺五寸(約197cm)の大男であったとされる。 にかかっており、それがもとで早死したといわれている。 しかし『大かうさまぐんきのうち』を見るとハンセン病ではなく、奇病で妻と息子とともに同時に死去したとされる。 義龍は道三討伐後に「范可(はんか)」と名乗ったという。 「范可」とは中国・の時代に止むを得ない事情により父親を殺した人物であり、義龍は自分の境遇と重ねこの名前を使うようになったとされる。 ただし、「范可」にまつわる故事の実在は確認されていない。 また、義龍が「范可」を名乗るのは、実際には道三を殺す以前からである。 『美江寺文書』によれば弘治元年(1555年)12月、「范可」名で同寺に禁制を出している。 これにより、義龍は道三のをしてから自分の行ないを悔やみ、罪障消滅のために「范可」と名乗ったとする太田牛一の説明は誤りであって、道三と戦う決意をした時には「范可」を名乗っていたことが証明されている。 は、「養父にあたる道三の首を斬ることが、実父の仇を討つことになり、実父に対して孝行だ、と理解した結果であったと思われる」としている。 また桑田は義龍の心境を、「父親と戦わなければならないはめになったので、どうせ、おれは范可なのだと、居直った様子が感じとれる」とも述べている。 は、道三から義龍への継承、道三の戦死までの経緯に関して、従来の説を批判している。 道三の美濃国内における発給文書の少なさを指摘して、義龍の家督継承は国内政治を省みない道三の施策を批判した重臣によって行われたであり、翌年の長良川の戦いは追放された道三が家督奪還を目指して兵を挙げたものであるとする見解を述べている。 菩提寺 [ ] 生前に、のをと制定している。 この寺には国のに指定されている斎藤義龍肖像画が所蔵されている。 この肖像画は、その子の龍興の寄進によるもので、肥満で下ぶくれの魁偉な容姿をしており、父の道三とはあまり似ていない。 系譜 [ ]• 母:深芳野• 妻:(近江局)• (正室)• 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 『岐阜市史』• , p. 勝俣鎮夫 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 , p. 184. 33-64)• 『江濃記』『大阪城天守閣所蔵文書』『妙覚寺所蔵文書』• 『美濃国諸家系譜』• , p. 183. , p. 144. 156. , p. 145. , p. 151. 参考文献 [ ]• 『斉藤道三』 新人物往来社、1973年。 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 勝俣鎮夫 『戦国時代論』 岩波書店、1996年。 関連項目 [ ]• 関連作品 [ ] テレビドラマ• (1973年、NET(現テレビ朝日)、演:)• (1973年、NHK大河ドラマ、演:)• (1989年、TBS大型時代劇スペシャル、演:)• (1992年、NHK大河ドラマ、演:)• (1994年、テレビ東京12時間超ワイドドラマ、演:)• (2005年、テレビ東京新春ワイド時代劇、演:)• ドラマスペシャル (2012年3月17日 テレビ朝日 演:)• (2020年、NHK大河ドラマ、演:).

次の

『麒麟がくる』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

斎藤 道 三 と たか まさ

2014年 平成26年 放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」、 官兵衛をとりまく新たなキャストが発表となりました。 先祖は近江国(滋賀県)の武士出身で流浪の末に、祖父の代に姫路に辿り着いた。 父・職隆(もとたか)は地元の豪族・小寺(こでら)氏に仕官し家老として重用されていた。 22歳にして、結婚と同時に家督を継ぎ小寺家家老の座に着く。 織田信長の将来性をいち早く見抜き、羽柴秀吉には弟同然と呼ばれるほどに信頼される。 主君・小寺政職(まさもと)が織田家を裏切った際には、説得しようとして罠に落ち、1年以上、牢に幽閉される。 出獄後は小寺家と縁を切り、秀吉の軍師となる。 本能寺の変を真っ先に知り、「中国大返し」を実現、秀吉の天下取りを演出する。 天下統一が近づく中、秀吉から「次の天下を狙う男」として警戒されていることを知るや44歳の若さで家督を息子・長政に譲り、あっさり隠居する。 その後は、剃髪し如水(じょすい)と名乗るようになる。 関ヶ原の戦いの際には、領地である豊前国(大分県)中津にあって、牢人兵を率い九州を席巻、最後の大勝負に出るが、長政の活躍で関ヶ原が半日で大勢が決し、天下取りは夢に終わる。 戦の後は全ての恩賞を断り、長政に与えられた筑前国(福岡県)福岡で静かな余生を送り、59歳の生涯を閉じる。 [岡田准一 プロフィール] 1980年(昭和55年)、大阪府生まれ。 1995年、V6のメンバーとしてデビュー。 グループメンバーとして音楽活動、バラエティー番組などで活躍する一方で、俳優としてもテレビ、映画に活躍の場を広げる。 「木更津キャッツアイ」シリーズや「タイガー&ドラゴン」「SP」シリーズなど数多くの連続ドラマや映画で主演を務め、演技力への評価は高い。 最新作は映画「図書館戦争」。 他に数多くの公開待機作が控える。 NHKドラマは古代史ドラマスペシャル「大化改新」(2005)に主演して以来となる。 幼名は松寿丸。 10歳の頃、父・官兵衛が仕える小寺家が織田方に帰順する証として人質となり、秀吉とおねのもとで育てられる。 子どもの頃からわんぱくで、長じては勇将として名を馳せるが、時に猪突猛進ともいえるその勇猛ぶりは、智将・官兵衛の目には危なっかしいものと映る。 息子に厳しい父と、父に認められたい息子の関係は、次第に屈折したものとなっていく。 他国で生まれ育ち、諸国を流浪の後に播磨、そして姫路にたどりついた。 一介の牢人の身から家伝の目薬を売って財を集め、それを元手に家臣を増やした。 やがて土地の有力豪族・小寺政職(こでらまさもと)の目にとまり、息子・職隆(もとたか)、ひいては孫の官兵衛を仕官させることとなった。 武士には珍しい柔軟で合理的な感覚と才知は、官兵衛に確実に受け継がれていく。 播磨国栗山村の農家の出だが、黒田家が才覚次第で家臣を取り立てるという噂を聞き、官兵衛を道で待ち伏せて仕官を願い出た。 若い頃から知恵がまわって弁が立ち、先輩の母里武兵衛(もりぶへえ)に生意気を言っては叱られていた。 だが初陣である「青山の戦い」で黒田家の宿敵・赤松家に武兵衛を討たれてからは、分別あるリーダーとして家臣団をまとめるようになっていく。 「酒は飲め飲め 飲むならば 日の本一のこの槍を 飲み取るほどに飲むならば...... 腕こそ立つものの口下手で荒くれ者だった太兵衛だが、黒田家旧臣・母里の姓を賜り、官兵衛の命で5つ年上の善助と義兄弟になって以降、善助の言葉に素直に従い、勇猛果敢な忠臣として常に先陣を切っていく。 いつも善助、太兵衛と三人で官兵衛を守り支えるが、常に一歩引いて冷静に物事に臨むところがある。 始めは官兵衛の父・職隆(もとたか)の近習だったが、多くの家臣が失われた「青山の戦い」以降、官兵衛の家臣となった。 生涯、刀よりも知略で多くの軍功を挙げるが、官兵衛晩年の「九州の関ヶ原」では、後世に語り継がれる程の武功を立てる。 親を早くに亡くして黒田家に引き取られ、幼い長政と兄弟のようにして育てられた又兵衛は、官兵衛を父のように慕っていた。 一時黒田家を離れるも長政に呼び戻され、家中で一、二を争う猛将として数々の武功を立てるが、次第に長政と対立していく。 官兵衛の死後は牢人となり、大坂夏の陣で長政の敵方として討ち死にすることとなる。 子どもの頃は、腕白でマイペースな官兵衛に常に振りまわされていたが、官兵衛が姫路城主の自覚をしっかり持ってからは、真面目で誠実、武勇にも優れた忠臣として頼れる存在となる。 突然仕官してきた生意気盛りの善助とは凸凹コンビとなりながらも先輩家臣として厳しく指導。 若くして「青山の戦い」で壮絶な討ち死にをするが、武兵衛の遺志は善助はじめ黒田家家臣団にしっかりと受け継がれていく。 息子の武兵衛ともども勇猛な黒田武士であり、根っからの律儀者でもある。 自分が目を離した隙に幼い官兵衛が敵対する赤松家の領地に出かけた時は、即座に腹を切ろうとした。 長じた官兵衛が立派な当主になったことを誰よりも喜んでいたが、「青山の戦い」で敵の刃に倒れてしまう。 官兵衛と同い年の武兵衛が妻を娶り、孫の顔を見せてくれるという夢は、ついにかなわなかった。 父は一介の商人から美濃一国の大名となった下剋上の権化、斎藤道三(どうさん)。 お濃は典型的な政略結婚で嫁いだ妻であり、生涯、子を産むことはなかったが、マムシとよばれた父譲りの才知から信長に愛された。 信長は一生お濃を傍に置き、手放すことはなかった。 それは、人間を役に立つかどうかで判断する信長にとって、数少ない例外だった。 だしは、摂津国有岡城主・荒木村重の正室で、絶世の美女であった。 夫とともに官兵衛と親交を深めていたが、突然、村重が信長に謀反を起こし、説得に来た官兵衛を牢に閉じ込めてしまう。 一年にもわたる過酷な幽閉生活は官兵衛を絶望の淵に追いやるが、献身的なだしの存在が生きるよすがとなっていく。 しかし、荒木一族に対する信長の制裁は、余りにも苛烈なものだった・・・。 姫路城からほど近い広峰明神に仕える御師(おし)の娘で、官兵衛とは幼なじみだった。 しっかり者で、子どもの頃から年下の官兵衛の世話を何くれとなく焼いてきたが、長じるにつれお互いを意識し始める。 だが、たび重なる戦乱から姫路を守るために、おたつが黒田家の養女として同盟相手のもとへ嫁ぐこととなった。 言葉に出せない思いを飲み込んで別れる二人。 しかしその先には、更なる悲劇が待っていた...。 長政には既に妻があったが、徳川家との絆を強めるため、前妻を離縁した上で栄姫は迎え入れられた。 婚姻は関ヶ原の戦いのまさに前夜であり、祝言の直後に新郎は出征、姑の光(てる)とともに大坂城に残される。 石田三成が挙兵するや、栄姫は光とともに俵に身を隠し脱出、領国の豊前中津に逃れる。 やがて、前妻の間では生まれなかった待望の世継ぎを生むこととなる。 始めはなかなか子宝に恵まれず、夫婦仲も円満ではなかったため、勝気で皮肉屋な一面ばかりが目立っていたが、官兵衛とは出会った当初から通い合うものがあった。 嫡男・斎(いつき)が生まれてからは、生来の聡明さで小寺家を支えるようになり、政職に頼られ、官兵衛を支える。 やがて訪れるお紺の死は、小寺家の迷走と、官兵衛の人生最大の危機の始まりであった。 信長に認められ、異例の出世で摂津国の国主となる。 不遇時代に官兵衛と知り合い、意気投合、官兵衛にとってはよき兄貴分的存在。 信長に心服していたが次第にその苛烈なやり方に違和感を抱くようになる。 小さな失策をきっかけに信長を裏切り、居城・有岡城に籠城、説得に訪れた官兵衛を幽閉する。 籠城は一年に及んだが、あてにしていた毛利の援軍は来ず、数人で城を脱出、それがやがて大きな悲劇を生むことに...。 信長からは道具とみなされていたが、本人は幕府の再興を果たそうとしたため、衝突する。 表立った対立を避けながら、各地の大名に密かに打倒信長を呼び掛けるも、信長から追放されてしまい室町幕府は滅亡する。 それでも復権を諦めず中国の毛利を頼って反信長同盟を画策、足利家の家名と「御内書」と呼ばれる手紙だけを武器に戦い続ける。 長浜城主となった秀吉に仕官、若き日から目をかけられる。 荒くれ者ぞろいの戦国時代には珍しい理詰めの合理主義者。 兵糧、軍勢の大量輸送といった兵站業務に優れた手腕を発揮し、検地などの領国経営でも抜きんでた実力を見せつけ、秀吉の側近中の側近として活躍する。 合戦では目立った活躍がなかったため武断派とは反りがあわず、特に官兵衛の嫡男、長政とは激しく反目、そのことが関ヶ原の戦いの勝敗を分けることとなる。 青年期は近習として小寺政職(こでらまさもと)に仕え、同僚の官兵衛をよそ者と侮り嫌う。 やがて妹・光(てる)が官兵衛と結婚して義理の兄弟となるが関係は改善しない。 家督を継いで志方城主となってからは織田に味方すべきと主張する官兵衛に対し、毛利につくべきと真っ向から対立する。 さらに、もう一人の妹が嫁いだ城を官兵衛が攻め落としたことから、官兵衛に深い遺恨を抱くようになり、そのことが播磨を揺るがす動乱に発展することになる。 足利義昭の側近として上洛の実現に奔走、その過程で織田信長に認められる。 義昭と信長が対立した際には調停を試みるが、やがて義昭を見捨てる。 信長の家臣としては秀吉と並ぶ出世頭であり、近江の一部に加え丹波丹後を領有し「近畿管領」と呼ばれるほどの実力者となるが、遂には古い秩序をすべて破壊しようとする信長を討つ決意を固める。 生涯、側室を持つことなく、地位や名誉にこだわらず、愚直なまでに自らの生き様を貫いた黒田官兵衛。 題字「軍師官兵衛」では、この人物像を、奇を衒うことなく、そして書の伝統に基づき、書き上げるようにと心がけました。 番組とともに、多くの皆様に末永く親しまれ、そして愛され続けるようにと、心から願っております。 【プロフィール】 6 歳から正式に書を学び、立命館大学在学中の19 歳でプロ書家としてデビュー。 後に書壇を離れ、フリーとなる。 伝統書のみならず独自の墨美世界により、日中韓など五か国共催「祥洲・先鋒墨美展」など企画個展、受賞多数。 小学校図画工作教科書「ゆめを広げて」収録ほか、世界的有名企業のCM や多数のロゴ書でも知られている。 主君の罰より臣下百姓の罰おそるべし」という言葉があります。 神罰や主君の罰よりも、家臣や領民から見放されることのほうが恐ろしいといった意味です。 官兵衛は家臣や身のまわりの人をとても大切にした人物です。 「絆」を何よりも大事にする人たちが官兵衛のまわりにいて、黒田家の家族や家臣団は一つの大きなファミリーを形成していたと思います。 この強力なファミリーがぶつかる「中央政界」の面々も個性派が揃っています。 いずれも黒田家のそして官兵衛の運命を大きく変える人物たちです。 そして、戦国では女性は歴史の陰に隠れていたと 思われがちですが、実は強い輝きを放つ女性が大勢いました。 そんな女性たちの存在がドラマに一層の深みを加えてくれるはずです。 多彩なキャラクターを個性豊かで魅力的な皆さんに演じていただきます。 このメンバーが丁々発止とぶつかりあうことで美しくも壮大なシンフォニーが生れます。 是非、ご期待ください。 Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?

斎藤 道 三 と たか まさ

wikipedia. 道三に仕えるうち、世界を動かす事への興味が湧く。 やがて、道三が息子の義龍に討たれ命を落とし、光秀も美濃を追われる事に。 その後、織田信長との出会いが人生を大きく変えていく。 talent-databank. 幼少期より、亡くなった父親の代わりに光秀を立派な武士に育てあげた強く優しい母。 talent-databank. 貧しい時も常に光秀を支え、共に生きる優しく強い女性。 theatre. vip-times. 明智家の当主。 斎藤道三の家臣。 talent-databank. 光秀とはいとこで、本能寺の変では行動を共にする。 vip-times. 真面目で戦闘能力が高い。 光秀にいつも寄り添う。 明智家の雑務や客人の取り次ぎを担う。 下女の常と共に光秀を支える。 vip-times. 若い下女達の先頭に立ち、明智家の雑務をこなす。 木助と共に光秀を支える。 talent-databank. 道三の父と親子二代で、美濃の国取りを行なった武将。 天才的な軍事力を持ち、下克上によって戦国大名に成り上がったとされる人物。 vip-times. 明智光安の妹で、光秀の叔母にあたる。 帰蝶(濃姫)、孫四郎、喜平次の母。 土岐頼芸(とき・よりのり)の 愛妾 あいしょうで、斎藤高政(義龍)の実母。 vip-times. 母は守護・土岐頼芸の 愛妾 あいしょうだった 深芳野 みよしの(のち道三の 妾 めかけ)。 幼い頃から明智光秀とは学友。 vip-times. 光秀とは姻戚関係。 政略結婚により、織田信長の正妻となる。 斎藤 孫四郎(さいとう まごしろう) 役 長谷川純さん 斎藤道三の次男。 母は小見の方。 父の道三から弟と共に溺愛されている。 vip-times. 母は小見の方。 父の道三からは、孫四郎と共に溺愛されている。 planningmay. html 尾美としのりさん 美濃の守護。 過去に自分の兄を道三と共に、守護の座から落としている。 talent-databank. 後に斎藤道三の娘・帰蝶と結婚する。 vip-times. 土岐頼芸の家臣から道三の家臣となる。 しかし道三の強引なやり方に不満を持っていく。 vip-times. 太原雪斎の後ろ盾により勢力を延ばす。 talent-databank. 今川義元に仕え、内政・外交・軍事の全面で今川家を支え、その全盛期を築いた僧侶。 桶狭間の戦いの前に病死する。 vip-times. vip-times. 美濃の道三や、駿河の今川氏豊と争う。 vip-times. 信長と信勝(信行)の母。 弟の信勝ばかりを 可愛 かわいがっている。 vip-times. 明智光秀との出会いで、運命が大きく変わっていく。 talent-databank. 礼儀正しい素行の弟だったが、うつけ者と呼ばれた兄の信長に謀殺される運命となる。 vip-times. 今川に安祥城を攻め込まれ、松平竹千代との人質交換の目的として捕らえらる。 vip-times. vip-times. vip-times. vip-times. 甥の信長が家督相続する事を支持する。 html 上杉祥三さん 織田家の老臣。 信長のもり役。 talent-databank. 光秀生涯のライバル。 vip-times. しかし信勝暗殺に加担する。 vip-times. 本能寺の変後、勝家から秀吉側へ臣従する。 vip-times. 信長を信頼し、筆頭家老となるが、石山本願寺の攻略の際、信長の怒りを買い、高野山に追放される。 vip-times. 桶狭間の戦いでは、今川軍の動きや兵の数を的確に伝え、勝利に貢献する。 tsubasa-imai. 桶狭間の戦いでは、今川義元の首を取る活躍をする。 thetv. 将軍就任後から、三好長慶らの対立に翻弄され、京を追放される。 三好長慶との和睦後、京に戻るが三好長慶が京を牛耳る事となる。 talent-databank. 義輝亡き後に将軍として擁立され、その外交力で政治的手腕を振るう。 talent-databank. 将軍・足利義輝、そして足利義昭に仕える。 talent-databank. 文化人で文武両道の人物。 talent-databank. talent-databank. talent-databank. 同じく家臣の松永久秀と共に勢力を拡大していく。 vip-times. vip-times. vip-times. carotte-t. html 徳川幕府の創始者。 幼少時に今川、そして織田の人質となり、母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。 桶狭間の戦いで今川方として参戦し、そのまま三河へ戻り、戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。 vip-times. 嫡男の竹千代(徳川家康)を今川義元へ人質として送る事になる。 talent-databank. そして水野信元の妹。 talent-databank. 駿府で出家し、今川に人質となった竹千代の成長に関わっていく。 talent-databank. 織田信秀亡き後は、信長と家康の同盟の仲立ちを行う。 talent-databank. 光秀が高政から城を攻められ、越前の朝倉義景の元に逃げ込む。 vip-times. 武勇に優れ、交渉事にも長けている人物。 後に義景が信長と対立した際には、信長軍と死闘を繰り広げる。 sponichi. html 岡村隆史さん 三河出身の農民。 神出鬼没で、敵か味方かわからない存在だが、度々光秀の危機を助ける。 talent-databank. 光秀を導く存在で、朝廷や各地の戦国大名など、人脈を持っている。 wikipedia. 戦災孤児の娘で、京で光秀と出会う。 talent-databank. 丸薬のつくり方を教える老人。 vip-times. 堺で鉄砲を売っている。 talent-databank. thetv. wikipedia. また、追加の出演者が決まり次第、追記していきたいと思います! スポンサーリンク•

次の