電車 遅延 な う。 電車の遅延が起きる5つの理由。積み重なると遅れるワケがよくわかる。

電車遅延で遅刻が多い部下と1回の遅刻でパワハラ扱い?の体験談

電車 遅延 な う

(【元の情報】水郡線は、下小川駅でのポイント点検の影響で、下小川〜水戸駅間の上下線の一部列車に遅れと運休がでています。 なお、8月8日に運転を再開する見込みです。 なお、7月23日に運転を再開する見込みです。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、工事期間は2021年2月28日までの予定です。 また、土休日は6番本町線の全列車が運休となります。 また、最終の時間が変更となっています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、バス代行輸送を行います。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、7月20日に運転を再開する見込みです。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、工事期間は2021年1月31日までの予定です。

次の

ラッシュ時に電車を遅延させた人・親族の末路:日経ビジネス電子版

電車 遅延 な う

その劣悪さで世界最悪と言われる日本のラッシュアワー。 ただでさえ高い通勤者のストレスを一段と高めるのが列車の遅延だ。 信号の故障など鉄道会社に非があるケースもある一方で、喧嘩や飛び込み自殺など利用者が原因となって起きる遅延も少なくない。 人それぞれ事情があるのは事実。 だが鉄道会社に対してはもちろん、何の落ち度もない多くの人々に迷惑をかける遅延行為が、決して褒められる行為ではないのもまた明らかだ。 大事な商談や受験など重要な局面が台無しになり、人生を狂わされる人も出かねない。 そんな事態を防ぐ抑止効果になってきたと思われるのが、昔からネット上などで囁かれて来た「列車を大きく遅延させると、鉄道会社から億単位の莫大な賠償金が本人や遺族に請求される」という噂だ。 あれは都市伝説なのか、それとも真実なのか。 専門家に聞いた。 聞き手は鈴木信行 佐藤 健宗 (さとう・たけむね) 1958年兵庫県明石市生まれ。 1978年京都大学法学部入学。 1985年京都大学卒業。 1989年弁護士登録(京都弁護士会、41期)。 1994年兵庫県弁護士会に登録替え。 「佐藤健宗法律事務所」を開設、現在に至る。 これまで取り組んできた主な社会的事件に、信楽高原鉄道列車衝突事故 平成3年 、JR西日本福知山線脱線事故 平成17年。 結論からお聞きします。 ラッシュの時にトラブルを起こして電車を大きく遅延させると、本人あるいは親族が鉄道会社から巨額の賠償金を請求される、というのは本当なんでしょうか。 佐藤:私も弁護士になって随分たちますが、10年ほど前までその答えを知りませんでした。 都市伝説なのか真実なのか、皆さんと同じように疑問に思っていたんです。 実情を知ったのは、1991年に発生した信楽高原鉄道列車衝突事故の遺族側の代理人となったことを機に、鉄道事故裁判という分野に本格的に関わるようになってからです。 連日起きる顧客トラブル。 弊社女性社員もあわや流血 2005年のJR西日本福知山脱線事故の遺族側の代理人も務められています。 佐藤:鉄道事故を扱うには、まずは鉄道事故訴訟の実情を知ることが必要だという話になって、ある時、大阪の裁判所に調査に行ったんです。 裁判所に行けば、どんな訴状を受理したのかや、原告や被告、事件番号などが載った一覧表が見られるんですよ。 それを見ていくと、少なくとも私が確認した一定期間、地元のJR西日本が原告になった裁判は一件もありませんでした。 一件も? 佐藤:そう、これはとても不思議なことです。 というのもJR西日本管内では少なくとも1週間に1度くらいは大きな遅延が起きているはずだからです。 首都圏だったらほぼ毎日のように、遅延を伴う電車トラブルがありませんか。 あると思います。 先日も、弊社女性社員が千代田線の女性専用車両で、雨の日にOLと女子高生が傘のしずくが当たった当たらないで口論になり互いに傘を振り回し、その巻き添えで傘が無関係の彼女の頭部に振り下ろされる、という事案に遭遇しました。 遅延までは至らなかったとのことですが、「女性専用車両は男性の目がない分、女性同士の小競り合いが想像以上に多く、なるべく乗りたくない」と申しています。 佐藤:それだけ様々な顧客トラブルが起きているにもかかわらず、関西圏で長期間、鉄道会社が原告になった裁判がないということは、鉄道会社は電車を遅延させた本人あるいは親族に対して裁判をほぼ起こしていない、ということだと私は解釈しています。 私の知る限り、鉄道会社による裁判は、2016年に鉄道会社側の敗訴が確定した「JR東海認知症事故訴訟」のみです。 愛知県で認知症男性が徘徊中に電車にはねられ死亡し、鉄道会社が家族に賠償請求した事件ですよね。 車の場合、故意に飛び込まれても運転手の過失責任を問われます。 観光地などで柵がなく転落したら、国や地方自治体が責められます。 それらと比較して、鉄道会社の責任があまりに軽すぎます。 もう少し、鉄道会社側の安全対策を喚起しても良いのではないかと思います。 千葉方面の総武線の特急通過は、電車に引っ張られる風圧を感じます。 事故が起きても、自殺扱いで数百万払えと言われるのでしょうか。 ホーム内にやたらショッピングモールを作って儲けることに一生懸命のようですが いっそ裁判を増やして、鉄道会社の安全対策についての判決を見てみたいです。 それと 日本人の鉄道会社への忠誠心は何なんでしょうね。 この異常な責任の軽さと、亡くなった方への鞭の打ち方は、 大会社は公的資金を投入し、中小企業は自己責任という不条理な姿を思い起こさせます。 弱いものは虐めてもいい、強いものには媚びへつらうという日本文化のなせるわざでしょうか。 ただ、JR東海が提訴した事案については、誤った風評・理解が広まりかねないと危惧しています。 あの判決は、賠償責任を否定したものではなく、本人は責任無能力者で、代わって責任を負うべき監督者は存在しないという内容です。 (個人的にはあの判例には疑問を覚えます。 相手が大企業だからいいですけれど、認知症患者が交通事故を起こして相手を死傷させた場合の被害者救済に問題が生じます。 ) 提訴の理由も、最初に遺族が JR東海に逆に賠償を求めたのでやむを得ず、という話も聞きました。 真偽は分かりませんが。

次の

遅延証明書 | 東京都交通局

電車 遅延 な う

2018年度、東京圏主要路線の1カ月当たりの遅延日数は平均11. 7日だった(撮影:大澤誠) 1分1秒を争う朝のラッシュ時、通勤客を悩ます「電車の遅れ」。 国土交通省は2月10日、2018年度の東京圏主要鉄道路線の遅延発生状況について公表した。 国交省は2017年度から、遅延の状況を数値化するなどして公表する「見える化」の取り組みを進めており、鉄道各社が出す「遅延証明書」の発行日数に基づく遅れの状況や、要因の分析などを調査・公表している。 今回のデータによると、2018年度の東京圏主要45路線の1カ月(平日20日)当たり遅延証明書発行日数は平均11. 2日に1回以上の頻度で朝ラッシュ時の電車が遅れている計算だ。 調査対象の45路線のうち、遅延証明書の発行日数が10日を上回ったのは実に7割近い31路線。 2016年度・2017年度は29路線だったため、全体的に悪化した。 ワースト1位は千代田線 路線別に見ると、遅延の日数が最も多かったのは東京メトロ千代田線の19. 同線は2017年度の18. 4日からさらに悪化してワースト1位になった。 平日はほぼ毎日遅れが発生していることになる。 2位は中央快速線と中央・総武線各駅停車の19日、4位は小田急線の18. 8日、5位は埼京線・川越線の18. 3日だった。 前年度比で最も悪化したのは小田急線。 2017年度は14. 8日で45路線中13位だったが、2018年度は18. 8日と一気に4日増えた。 2018年3月に複々線化が完成して混雑率は大幅に低下した同線だが、遅延については逆の結果となった。 小田急は公式サイトで「複々線によって線路の数が増えたことで列車の遅延時間も減少」とPRしており、平均遅延時間は2017年の2分04秒から2018年度は48秒に、2分04秒以上遅延した回数も21回から4回に減ったとしている。 今回の国交省の公表と食い違うデータだ。

次の