急かしてしまってすみません。 急がせる要求にも敬語を使う理由とは

「すみません」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

急かしてしまってすみません

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の

何度も聞いてすみませんって英語でなんて言うの?

急かしてしまってすみません

敬語の問題になると思いますが、 たとえば、このサイトで、自分が書いた質問文や回答に、不快感を持った人がいて、それを指摘された時の謝罪の言葉、です。 人を傷つける意図はなく書いた文章でも、読む人聞く人によっては不快感を与えてしまう場合があります。 それを指摘された時に、 「そういうつもりではなかったのですが、私の言葉で不快に思われたのであればお詫びします。 」といった趣旨を敬語、あるいは丁寧語で表現すると、どのように表現すればいいのでしょうか? 実際に対面している場合の話し言葉では、いろいろと表現ができるし、相手の反応次第で補足もできます。 文章の場合、とりあえず一方通行なので、誤解を招かない文章にしたいです。 「ご不快にさせて申し訳ありません」とか、 「ご不快の念を与えたことをお詫びします」とかは 「させて」や「与えた」というのが敬語になりません。 かといって、「ご不快になられた」とか「不快感をお与えした」も、奇妙な日本語です。 「怒り(悲しみ)を感じられたのであれば、お詫びいたします」も、なんか尊大な気がします。 相手に、不快感とか怒りや悲しさを感じさせたり、与えてしまったことについて、 「そういうつもりではなかったのですが、(もし)傷つけたのならゴメンナサイ」 という意味の丁寧な日本文はどう書けばいいのかわかりません。 教えてください。 お願いします。 個別の事案によって、かなり異なりますが、基本的には、 「そういうつもりではなかったのですが、私の言葉で不快に思われたのであればお詫びします。 」 このままで良いと思います。 なぜなら、「(自分では)そういうつもりではなかった」が「(相手にとっては)不快に思われる言葉・表現」というものが存在することは事実だからです。 この場合、相手が不快に思ったことに対して直接的な責任は発生していませんので、敬語を使いすぎると却って逆効果になると思います。 悪気が無かったことを伝えるため、軽く謝罪する程度で十分でしょう。 例が適切かはわかりませんが、たとえば、母親を亡くしたばかりの相手に「カーネーションはプレゼントされますか?」などと言ってしまったときに、「ごめんなさい」と言う程度に収めるのが適切なのと似ているかもしれません。 あまり丁寧すぎると言い訳がましくなり、本当は意図的だったのではないか、という印象を与えてしまいがちです。 原文では、「思われた」という尊敬語も使われていますし、十分と思いますが、文末を謙譲語2にして「お詫びいたします。 」とすれば、若干、丁寧度は上がります。 また、「私の言葉で」は無いほうが良いでしょう。 「そういうつもりではなかったのですが、不快に思われたのであればお詫びいたします。 」 「お詫び申し上げます」とすれば、さらに丁寧ですが、シチュエーション次第です。 「そういうつもりではなかったのですが、私の言葉で不快に思われたのであればお詫びします。 」というのがそもそもおかしいのです。 「そういうつもではなかった」のは、無知や勉強不足や説明不足でしょ。 それで「不快に思った場合は謝ります」って、「不快に思われなければ謝らない」ってことです。 「自分が間違ったことを発言した」という認識がないことになります。 「不快に思われちゃったから謝罪しとこう」という意味でしかありません。 ますます不愉快にさせるだけだと思いますが。 「実はこういうことが言いたかったのです。 ごめんなさい」だけでしょ。 「〇〇なら」を付けることで自分の発言を正当化し、暗に「そのように思うのはおかしい」と言っているようで変ですね。 「誤解を与えてしまったのなら謝ります」 問題発言のたびに何度聞いたことでしょう。 これと同じですよ。 Q 私は、ネット通販でカスタマーサービス(メールオペレーター)をしておりますが、丁寧語の使い方に迷うことが多いです。 そこで、基本語を入力したら、正しい丁寧語が検索できるような画面があると助かります。 どなたかご存知の方は、いらっしゃいませんか? また、現在、下記の言葉で使い方に迷っています。 正しい敬語の使い方を教えていただけないでしょうか。 また、上記で間違った使い方をしているものがあれば、お教え下さい。 A ベストアンサー どれも思い切り変てこですな。 そもそも、なぜ詫びるかから考え直すべきじゃないですか。 こちらの落度を認めて謝るのなら、客観的な理非・善悪の基準に照らして至らぬことであったと申し述べるべきでしょう。 「ほらほら、怖いおじちゃんが怒ってるよ、やめなさい」と騒ぐ子供をたしなめるのと同じ愚を犯すものです。 「嫌な思いをさせてごめんなさい」とは「怒ってるから、面倒だから、別にこっちが必ずしも悪いとは思わないけど金のために頭下げるよ」ってことで、相手を馬鹿にしてます。 「お怒りまことにもってごもっとも」という肝心なことを省略するから変なことになるんだと思います。 「お客様のご不快さこそと身の縮む思いでございます」とか「お叱りのおもむき一々骨に徹して承りました」とか、相手の感情的反応に十分な理由があることを感情をこめて認めて見せなくては。 要するに「申し訳ない」と詫びる理由として示すのは、相手の感情そのものではなくて、感情を害した原因、こちらの失態、についてであるべきです。 さらには改善へ向けての具体策や決意のほどを示す必要もあるかもしれません。 手っ取り早く客の機嫌を取り結ぶ魔法の言葉なんざあるもんかないもんか、自明のことと思います。 「不安にさせて申し訳ない」なんてしかし、商売する気があるんでしょうか。 「せっかくのご信頼を無にいたすごとき不行き届き、まことにお詫びのしようもなく」とか、いくらでも言いようはあるでしょう。 どれも思い切り変てこですな。 そもそも、なぜ詫びるかから考え直すべきじゃないですか。 こちらの落度を認めて謝るのなら、客観的な理非・善悪の基準に照らして至らぬことであったと申し述べるべきでしょう。 「ほらほら、怖いおじちゃんが怒ってるよ、やめなさい」と騒ぐ子供をたしなめるのと同じ愚を犯すものです。 「嫌な思いをさせてごめんなさい」とは「怒ってるから、面倒だから、別にこっちが必ずしも悪いとは思わないけど金のために頭下げるよ」ってことで、相手を馬鹿にしてます。 「お怒りまことに... A ベストアンサー 「話し言葉が抜け切れず」とありますが、この「話し言葉」とは、「書き言葉」に対する「話し言葉」ではなく、「友達と話すような言葉(いわゆるタメ口)」のことでしょうか。 ご質問の様子からすると「敬語を上手に使って話したい」ということであるように思いましたので、それを前提に書きたいと思います。 違っていたらごめんなさい。 ご質問にある「もしかして」「かも」は、どちらも敬語表現のある言葉ではありません。 敬語はほとんどの場合、動詞と名詞を尊敬表現や謙譲表現に変えます。 「もしかして」は「もしかしたら、もしかすると」の方が改まった感じはしますが、 道で恩師とばったり会い、「もしかして、鈴木先生ではありませんか(ございませんか)?」 などと言ってもおかしいということはありません。 質問者さんが「もしかして」を使ってはいけないのでは、と思ったのは、最近、若い人の間で 「もしかして、今ヒマ?」 など、質問するときに「もしかして」を多く使う傾向があるからではないでしょうか。 「もしかして」は、「(そんなふうには思っていなかったけれど)ひょっとして」というような意味です。 これは、私の推測ですが、「もしかして、今ヒマ?」というのは、「あなたのことをいつもヒマでしょうがないなんて、失礼な見方をしているわけじゃないよ。 今は、たまたまヒマそうだから聞くんだよ」というような一種の「気づかい」の意味で「もしかして」と付け加えているのではないかと思うのです。 それがだんだん、「もしかして」とつけ加えること自体が「気づかい」を表すようになっていっている気がします。 「失礼ですが」という意味に近いですね。 これは、一種の若者言葉だと思います。 たとえば 「佐藤さん、もしかして結婚しているんですか」 などといった場合、言った人は「こんなことをお聞きするのは失礼ですが、佐藤さんは結婚しているのですか?」という意味を込めているのかもしれません。 しかし、一般的には 「とても結婚しているとは思えないけど、ひょっとして結婚しているんですか」 という意味に受け取られると思います。 敬語表現を正しく使って 「佐藤さん、もしかするとご結婚なさっているんですか」 と聞いても、失礼なことに変わりありません。 「かも知れません」は、 「もしかすると、明日は雨が降るかも知れません」などと使えます。 「台風で欠航になるかも知れません」「私の説明が悪かったのかも知れません」など、誰のせいでもないことや自分に関する悪い推測に使うのは違和感がありませんが、「先生のやり方が間違っていたのかもしれません」など、相手の行動に関して使うと、暗に相手を責めているように聞こえる場合があるので注意が必要です。 これは、文法上の敬語の問題ではなく、相手を思いやる、傷つけないように気をつけるという気持ちの問題です。 敬語は、相手に尊敬の気持ちを持っている、あるいは相手を尊重している、敵意を持っていない、という気持ちを伝えるために使います。 尊敬語、謙譲語を完璧に使いこなしていればそれで良いというものではありません。 「プライベートな問題をいきなり尋ねない」「公の場で相手の非を責めない」というような「気づかい」も敬語の一部といえます。 「先方がまだいらっしゃらないのは、もしかすると、部長が書いてくださった地図が間違っていたのかもしれません」 敬語を使っても、部長は気を悪くしてしまうのではないでしょうか。 「自身」「私自身」は、敬語表現とは関係なく使います。 相手に対して「ご自身のことを第一にお考えになってください」などと使うことはありますが、これは「ご」が「自身」に尊敬の意味を加えているのです。 敬語に関するサイトには、以下のようなものがあります。 kcn. html 「話し言葉が抜け切れず」とありますが、この「話し言葉」とは、「書き言葉」に対する「話し言葉」ではなく、「友達と話すような言葉(いわゆるタメ口)」のことでしょうか。 ご質問の様子からすると「敬語を上手に使って話したい」ということであるように思いましたので、それを前提に書きたいと思います。 違っていたらごめんなさい。 ご質問にある「もしかして」「かも」は、どちらも敬語表現のある言葉ではありません。 敬語はほとんどの場合、動詞と名詞を尊敬表現や謙譲表現に変えます。 「もしかして」... A ベストアンサー 「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。 よくあるケースは、電話の伝言メモですね。 例えば、 田中さんへ 佐藤様からtelあり。 急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。 「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。 例えば、 1 佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたが、結果的には30分遅れで出席されました。 とか、 2 佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたので、会議は中止しました。 1 の場合、時系列で佐藤さんの電話、30分遅れで会議の出席、今の順です。 2 の場合、時系列で佐藤さんの電話、会議中止、今の順です。 「ということ」を上の「とのこと」に入れかえても、意味は通じます。 でも、他の人から聞いた話を別の人に伝える場合、「とのこと」の方がより適切です。 「ということ」という言葉は、「とこのと」と同じ意味以外に、説明の時に使う言葉ですね。 例えば 「ドコモとソフトバンクの料金を比べた場合、トータルではソフトバンクの方が安いということです」とか。 ということの場合、後ろに来る「です」と「でした」の違いは、時制の違い、つまりですは現在形、でしたは過去形を表すと考えてよいと思います。 この説明でわかりました? 「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。 よくあるケースは、電話の伝言メモですね。 例えば、 田中さんへ 佐藤様からtelあり。 急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。 「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q gooの運営サポート側に、有るお問い合わせをした時の事なんですが、 「不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。 」と 一応の謝罪をする回答を頂きました。 しかし、その後に不快な思いをする、させるような対応をするのは、 一体、どういった事なんでしょうかね? 嫌がらせなんでしょうかね? 「不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんが、 不快な思いする、させるような対応をさせて頂きますので、 ご了承下さい。 」という意味が含まれているのでしょうか? そうった状況やケースを想定しての事なんですが、 このような時に、 「そちらは、謝罪する回答をしておきながら、 利用者に不快な対応をするのは、一体どういった事なんですか? 利用者が不快になるような対応をされているのでしょうか? 或いは、不快にならないような対応能力が無いのですか? 各担当者達に、利用者が不快になるような指導をしているのですか? そういった、無能で馬鹿の担当者は辞めた方が(或いは辞めさせた方が) 良いと思いますよ。 」 というような、苦情やクレームのお問い合わせをした場合は、 運営サポート側は、対応の改善をすると思いますか? それとも、聞く耳持たぬの無視するような対応を取り続けて、 対応の改善をしようとはしませんか? または、更に不快で不愉快になるような対応を意図的、故意的に してくると思いますか? それでは回答、ご意見をよろしくお願いします。 gooの運営サポート側に、有るお問い合わせをした時の事なんですが、 「不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。 」と 一応の謝罪をする回答を頂きました。 しかし、その後に不快な思いをする、させるような対応をするのは、 一体、どういった事なんでしょうかね? 嫌がらせなんでしょうかね? 「不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんが、 不快な思いする、させるような対応をさせて頂きますので、 ご了承下さい。 」という意味が含まれているのでしょうか? そうった状況やケースを... A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた).

次の

文章で、相手に不快感を与えた時の謝罪

急かしてしまってすみません

普段の日常生活で意識してなくても「すみません」を連発していると感じたことはありませんか?相手に迷惑をかけてしまって謝罪をする時はもちろん、お店で店員さんを呼びたい時や「失礼します」と断りをいれたい時など、いろんな場面で使っている人が多いと思います。 韓国に旅行に行った時や、韓国人と話をするときも、その「すみません」をさりげなく使えるようになったら便利ですよね? この記事では、「すみません」を意味する韓国語について、具体的な例文も交えながら詳しくお伝えします。 実は韓国語ではその状況によって全く違う言葉を使うこともあるので、まとめて覚えてしまいましょう。 丁寧な謝罪の言葉 죄송합니다(チェソンハムニダ) 「すみません」と言う言葉を一番よく使う状況としては、何か相手に迷惑をかけてしまって、それをお詫びする時です。 죄송합니다(チェソンハムニダ)と言えば、「申し訳ございません」という丁寧な謝罪の言葉になります。 待ち合わせの時間に遅れてしまった時や、約束通りに書類の提出が出来なかった時などに使います。 さらに、 죄송합니다(チェソンハムニダ)の前に「心から」の意味を持つ 진심으로(チンシムロ)を加えると、より深い謝罪の意を表すことが出来ます。 日本語では「申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を過去形にして使うこともありますが、韓国語では 죄송했습니다(チェソンヘッスムニダ)のように、過去形にして使うことはあまりありません。 申し訳ございません。 柔らかい謝罪の言葉 미안합니다(ミアナムニダ) 죄송합니다(チェソンハムニダ)よりも「ごめんなさい」に近い表現に 미안합니다(ミアナムニダ)があります。 こちらも謝罪を表す言葉ですが、 죄송합니다(チェソンハムニダ)よりも丁寧過ぎない柔らかい表現として使われることの多い言葉です。 미안해(ミアネ)とラフな感じで言ったり、若者の間では 미안(ミアン)などと略して使うことも多く、「 ㅜㅠ」のように涙を流しているように見える顔文字と共に使うこともあります。 自分の非を認めて、謝罪する表現 잘못하다(チャルモッタダ) 何か喧嘩や言い争いをしたあと、その相手に謝罪をする時の言葉です。 直訳すると、「間違っていました」という意味になります。 ただし、上辺だけ反省をして謝罪をするのではなくて、自分の非を認めて許しを請うときや懺悔するときの表現です。 내가 잘못했어. 용서해줘. (ネガ チャルモッテッソ ヨンソヘジョ) 私が間違っていた。 許してくれ。 부장님. 제가 잘못했어요. (ブジャンニム チェガ チャルモッテッソヨ) 部長、私のミスです。 すみません。 人に声をかける時の表現 실례합니다(シルレハムニダ) 他人同士が会話をしている間に要件を伝えたいときなど、どうしても相手に話しかけたいとき、突然話しかけるのではなく、一言声を「すみません」と声をかけると思います。 韓国語でこのときに使う言葉が、 실례합니다(シルレハムニダ)です。 直訳すると「失礼します」という意味になり、日本語と同様に謝罪の言葉というよりは声かけで使うフレーズになります。 また、会社で他の人よりも先に退社する時には、 먼저 실례합니다(モンジョ シルレハムニダ)というと「お先に失礼します」の意味にもなります。 전화가 왔는데요…. 電話がかかってきているのですが… 人を呼ぶときの表現 저기요(チョギヨ)・ 여기요(ヨギヨ) レストランや居酒屋、ショッピングモールなどで、店員さんを呼んで注文したい時や、何かを聞きたい時、日本では、「すみません」と言って手をあげますが、韓国では 저기요(チョギヨ)や 여기요(ヨギヨ)と声をかけます。 これは、直訳すると、「あの」や「こっちです」という意味になります。 また、道に迷ってしまって道端で見知らぬ人に、声をかけるときも 저기요(チョギヨ)と言います。 日本では店員さんを呼ぶときに「すみません」と声をかけることも多いですが、謝罪する訳ではないので韓国語で 죄송합니다(チェソンハムニダ)を使うのは不自然になるので注意しましょう。 아저씨(アジョシ)は「おじさん」、 아줌마(アジュンマ)は「おばさん」を意味します。 「おばさん」に関しては、より親しみを込めて、親族のおばさんのことを表す 이모(イモ)という言葉を使うことも多いです。 ただし、お店で働いている人が若く、明らかにおじさん、おばさんと言える年齢ではない場合は、失礼になりますので 저기요(チョギヨ)を使いましょう。 例えば、混雑しているところで道を譲ってもらったり、飲み会の席で目上の人からお酒をついでもらったりした時です。 日本語では、とっさに「すみません」という言葉が出てしまいますが、韓国語の場合は感謝の気持ちを表現し、おなじみの 감사합니다(カムサハムニダ)、 고맙습니다(コマッスムニダ)を使います。 軽く会釈をすることで「恐れ入ります」という気持ちを伝えることも出来ます。 しかし、何かをお願いしたり、道を聞いたりしたい時に「あの…」と、声をかければ、優しい韓国の方々は必ず助けてくれます。 勇気を出してどんどん使いつつ、身につけていきましょう。

次の