グラグラ 地震情報。 「「ドーン」、「グラグラ」、まったく動けず」 : 防災情報のページ

地震予知サイトSOEとは?地震予知グラグラとは?当たるのか!?

グラグラ 地震情報

この記事の目次• 2019年地震予知の前に絶対知っておくべきは気象庁の地震速報 誰もが見たことがあるかとは思いますが、 地震が起こった後に震度を確認したり、震源地を確認したり 周辺都道府県や地域への余震具合、被害状況を確認するために 必ず知っておくべき情報源として【気象庁の地震速報】が挙げられます。 >> 各地の地震情報が出ている上方の方に 『再読込』というボタンがあるのでコチラをクリックすれば いつでも最新情報をチェックすることが出来ます。 コレについては、 2019年だろうと東京オリンピックのある2020年だろうと変わらずチェックすべき最重要サイトの1つです。 地震を事前に察知するためにはやはり地震予知情報が必要? とは言え、 地震速報は文字とおり 地震が起こった後にいち早く情報を教えてくれる存在です。 つまり、 地震が起こる前にはあまり役に立ちません。 確かに、 津波などの二次災害を防ぐ意味では 非常に重要になりますが、マグニチュードの大きな地震が発生するのかどうか? 事前に察知する方法としては活用することができません。 緊急地震速報という国の取り組みもありますが、 これは1分以内のアラートなどであり、どこまで対応出来るか?という課題もあります。 ということで、 2019年現在の状況から言えば 個人法人問わず地震予知情報というのは 多少なりとも参考にすべき情報なのではないでしょうか? ということで、 2019年も注目されている地震予知/予言情報発信者の 情報発信源 ブログやTwitterなど をまとめてみたいと思います。 ミシェルさんの最新情報が得られるブログは グラグラさん 東日本大震災発生以後、何か出来ることはないか?と データ予測を基本とした地震予知情報をブログとTwitterで発信してくださっています。 地震科学探査機構JESEAの顧問を務めています。 JESEAのWebサイトは 村井俊治さんのTwitterは リシルさん 一時期地震体感情報発信をやめていたが再開。 東京都に在住の女性。 リシルさんのブログは 2062年未来人 2016年熊本地震で脚光を浴びた2062年未来人。 懐疑的な人も多いが公式サイトも立ち上がり2chなどでは引き続き注目されている。 さん 従姉が福島県で東日本大震災の被災に遭い、そこから体感情報を発信してくださっています。 さんのブログは SOE 多方面から寄せられた地震予報情報をまとめた掲示板 SOEの地震予報掲示板は 龍さん 掲示板にて情報発信してくださっている方。 硫酸の情報はから 麒麟地震研究所 NPO法人国際地震予知研究会 IAEP のメンバーの方が情報発信してくださっています。 麒麟地震研究所のウェブサイトは 松原照子さん 書籍なども複数出版しスピリチュアルな世界では有名な方。 地震予知や世界情勢についても予知しています。 松原照子さんの公式サイト『幸福への近道』は ということで、 2019年も世界が平和で幸せに包まれることを願うばかりですが 足元でもM4. 0レベルの地震が頻発している日本ですから、 いつ南海トラフ地震や関東大震災が起こっても不思議ではありません。 皆さんが一人ひとり 出来る限りの対策をして日々を過ごしましょう! やまたさんを除いて、予言者はいかがわしい人ばかりだとおもいます。 例えばイギリスのEU離脱について予言するなら、イギリスのニュースをみていたら分かりますし、当てずっぽうでも的中率は2分の1あります。 また抽象的な予言はなんとでも解釈できます。 私はほとんどの予言者はにせ者のようにかんじます。 松原さん、ミシェルさん、リシルさん、グレイクさんも調べれば全く完璧にノーマークなものを予言しているものはないとおもいます。 またその予言は抽象的です。 その中でやまたさんは新潟の地震を的中させています。 それも場所、地域にいたるまで、震度も、次におこる震度6の地震と限定してなど、またそのときは新潟には地震は起こっていなく、全くノーマークな地帯を正確に地震がおこる10日くらい前に事前予知していたから驚きです。 それも、ミクルで自分の力に悩んでいて、それを相談しているなかで嘘吐き予言者などのバッシングを受け、なら占ってやるよ、証明してやるよって売り言葉に買い言葉で予言にいたるという経緯をたどります。 からかった人は罰を当てないでとか、ごめんなさいって謝っていました。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 事前にこのように告知して全く予見できないノーマークな出来事を見事に予言的中した方は、やまたさん以外にいますか? また、占い好きや予言好きな方で、いかがわしい予言者や占師などを、おかしいんじゃないって?抽象的ですよ。 ってツイッターなどで呟いて、世間に広めて、それを伝えてください。 また、やまたさんのような事前に予知してそれがどうして適中したのか理由がわからない人をツイッターなどで広めてください。 私はそういう力のある人に占ってもらったり、予言してもらいたいです。 私は抽象的な予言、占いをしている方は、信用できません。 どうおもいますか?.

次の

地震予知サイトSOEとは?地震予知グラグラとは?当たるのか!?

グラグラ 地震情報

地震予知情報です。 上記には「国内シグナルまとめ」を記載しています。 下部には国内シグナル、国内環境のリアルタイムの記載です。 慣れるまで分かりにくいかもしれません。 申し訳ございません。 【緊急情報】から下が毎日のリアルタイムの情報になっております。 1 0326八丈島M6. 9,0509宮古島M6. 1 1113三陸沖M5. 7 1116八丈島M6. 「対応地震」 0805硫黄島M6. 1018、1019衛星画像不良 「対応地震」 1020硫黄島M6. 0 1020千葉北東部M5. 3 1021鳥取M6. 4 0514薩摩西方沖M5. 7 0905茨城沖M5. 6 0906北海道南部M6. 9 1026国後島M5. 4 宮城沖M5. 7 1027茨城沖M5. 1 1029鳥島M5. 4 1105国後M6. 「前兆地震」 0414熊本M6. 8 0416阿蘇M7. 5 1021鳥取M6. 6 30・0618大阪北部M6. 1(震度6弱) 31・0510日向灘M6. あなたが頑張り屋さんなのはグラグラはしっています。 お忙しいのは十分承知しておりますので無理強いはしませんが出来る事なら新しい情報を仕入れてくださいね。 あなたは災害の可能性を知り、そしてますます防災意識が強まる事とおもいます。 防災に取り組んでいくうちに、やがてそれが我が身と大切な存在の命を助ける事になると強く思っています。 今後ともよろしくお願いいたします。 それでは今日の予測です。 されていても正常に表示されない場合は欠損。 どちらも地震前兆です。 静寂が継続すればスタンバイ。 スタンバイしたら指定地域の地震発生のリスクが高まります。 の流れになります。 その他専門用語は、その都度解説いたしますね。 何もせず運任せに生きていては助かりません。 助かったとしても運であり同時に災害の人災加害者になります。 助かるとは本人だけでなく家族友人にまで及び喜びの笑顔を見れる事です。 しかし助かる為にはハードルを越えなくてはいけません。 「人より努力し、人より災害に目を向け、人より用意するのです」 効果として助かる喜びと出会う事ができます。 あらゆる場所での防災シミュレーション。 備蓄の用意、毎日情報に目を向ける。 人がしない事をする事で自ずととその結果が付いて来ます。 なぜならオリンピック選手は練習もしないで金メダルを取る事など不可能だからです。 努力しない人には努力しない結果。 努力した人には努力した結果が約束されます。 あなたは、あなたと大事な家族を、あなたが守ってください。 必ず出来ます。 必ず災害に負けないでください。 皆様は確実に準備しています。 備蓄を自信に防災意識を高めてみてくださいね 備えあれば憂いなしが防災の基本です。 2 0808台湾M6. 4 0815青森M5. 4 0824福島M5. 5 0829青森M6. 変化を見逃す事ないようにして頂ければ備えにも役立つとおもいます。 そこで「用語」と検索して頂くと地震予知用語解説の記事に行く事ができます。 用語が分からない方は是非参考にしてみてください。 それについても多少触れておりますので 検索窓で「地震予知について」と検索し記事を参照ください。 1 0725千葉M5. 3 0824福島M5. 5 1013千葉M5. 3日目。 ただ 全欠損している時間帯が いつも同じです。 明け方の欠損に理由があるかは分かりませんが ネット環境は通常運転です。 とりあえず様子見しスタンバイ待機となります。 あしたは、晴れですが明後日から、雨模様です 基本的には雨だと揺れにくいので 今回のサブシグナルもどうなる事やら 最近 目立つ地震はないですからね。 ドカンと来なければいいですが。。 国内M6注意のこり7日間です。 各地ご注意ください スポンサーリンク.

次の

地震予知 国内M6注意のこり7日間

グラグラ 地震情報

(栗原市 50代 女性) 地震が起きた時は、仕事先の調理場にいました。 棚の中の食器は飛び出し、なべやヤカンなどその場にあるものは全部ひっくり返って、お湯やなべに入っていたものなどが飛び散りました。 ドーンときて、グラグラ。 どこかに隠れるなんてとんでもない。 まったく動くこともできませんでした。 どのくらい揺れが続いたのか、ずいぶん長かったような気がします。 とにかく外に出ようと思ったのですが、入り口付近は倒れた冷蔵庫やモノがいっぱいで、私ひとりの力ではドアを開けることができませんでした。 しばらくして組合長さんが声をかけてくれて、助け出してもらったのです。 で、自分の家に行ってみると、見るも無惨な状況でした。 新しく建てた部分は残っていたけれど、古くからある本家は全壊に近かったです。 主人のめがねを探したり、携帯電話を探したりしましたが、どこに何があるかわからないぐらい家の中はグチャグチャでした。 仕事場でも運良くケガはしないですみましたが、激しい揺れだと一歩も動けなくなるってことを忘れずに、物が倒れてこないようにしておかなければと思います。

次の